0


twitter share icon line share icon

【ドラクエウォーク】ダーマの試練の攻略|ドラゴンが追加【DQウォーク】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【ドラクエウォーク】ダーマの試練の攻略|ドラゴンが追加【DQウォーク】

ドラクエウォークのダーマの試練の攻略です。ドラゴン・守り人・魔剣士・ニンジャ(忍者)・大神官・大魔道士・ゴッドハンドの試練の効率的な進め方や、コンプリートで習得できるスキル、ダーマ神殿出張所の場所、いつまで、挑戦方法と条件についても掲載。

目次

ダーマの試練の最新情報

ダーマの試練にドラゴンが追加!

ダーマの試練にドラゴンが追加
実装日1/1(月)0:00

新春ウォーク2024の開催および辰年を記念して新特級職ドラゴンが登場。同時にダーマの試練も追加されており、試練をクリアすることでドラゴンのこころ道を解放可能だ。

ドラゴン性能と評価

ドラゴンの試練の効率的な進め方

ドラゴンの試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1飢餓を10回発動させよう
第2自制心を10回発動させよう
第3竜の血の段階を5回下げよう
第4ウォーカーズスキル「ドラゴンの導き」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1行動終了時に竜の血を2段階上昇させよう
第2竜の血の段階を最大まで5回上昇させよう
第3ドラゴンを含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容飢餓を10回発動させよう
ポイント基本職向けのほこら、強敵戦などでひたすら防御して飢餓の発動を待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していればOK。効率良く進めたければドラゴンを複数人入れて発動機会を増やすといい。

第2の試練

試練内容自制心を10回発動させよう
ポイント基本職向けのほこら、強敵戦などでひたすら防御して自制心の発動を待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

※第1の試練と同じやり方でOK

第3の試練

試練内容竜の血の段階を5回下げよう
ポイント基本職向けのほこら、強敵戦などを利用するのがおすすめ
竜の血が1段階のときは通常攻撃などをして2段階以上になるのを狙う
竜の血が2段階以上のときはひたすら防御して自制心発動時に段階が下がるのを狙う
※5回発動後は敵を倒してクリアすること

第3の試練も同様に、基本職向けのほこらや強敵戦を利用するといい。竜の血の段階を下げることを狙うためには、まず竜の血を2段階以上にしよう。2段階以上になったら自制心発動時に防御など(攻撃以外)を選択して段階を下げるのを繰り返そう。

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「ドラゴンの導き」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、ドラゴンの導き発動中に3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容行動終了時に竜の血を2段階上昇させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などで通常攻撃をして竜の血2段階上昇を待てばOK
※最後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などを利用するのがおすすめ。竜の血が2段階上昇するまで通常攻撃をし続けよう。事前にこころ道で竜の血の上昇率を上げておくと効率良く進められる。

第2の試練

試練内容竜の血の段階を最大まで5回上昇させよう
ポイント・基本職向けのほこらや強敵戦などで通常攻撃をして竜の血の段階を最大まで上昇させる
・最大まで上昇したら防御などをして竜の血の段階を下げ、再度竜の血の段階最大を目指す
※最後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などで通常攻撃をして竜の血の段階最大を目指せばOK。第1の試練と同様に、あらかじめこころ道で竜の血の上昇率を上げておこう。なお制御不能となって敵を倒してしまった場合は、クリア後に再度挑戦し直そう。

第3の試練

試練内容ドラゴンを含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイントドラゴンを編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練はドラゴンを含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

守り人の試練の効率的な進め方

守り人の試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1グレイトウォールを10回発動しよう
第2挑発を10回発動しよう
第3いのちのオーラを10回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「守護者のつばさ」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1守り人でグレイトウォールを発動し合計3,000ダメージ引き受けよう
第2守り人でオーラ特性を2段階まで5回上げよう
第3守り人を含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容グレイトウォールを10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこら、強敵戦などでひたすら防御してグレイトウォールの発動を待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していればOK。効率良く進めたければ全体攻撃中心の敵を選ぶようにしよう。

第2の試練

試練内容挑発を10回発動しよう
ポイント強敵戦などで守り人は通常攻撃、他のキャラはひたすら防御して挑発の発動を待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、強敵戦などで守り人が通常攻撃をして挑発の発動を狙い、他のキャラはひたすら防御するなどすればOK。ムチやブーメランで通常攻撃をすれば一度に複数の敵に攻撃できるので、効率良く挑発の発動が狙える。

第3の試練

試練内容いのちのオーラを10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していのちのオーラが発動するのを待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第3の試練では、いのちのオーラが発動するまで攻撃を受けて待つだけでOK。守り人が攻撃を受けやすくなるように、キャラを1番左に並び替えたり、ゴッドハンド/パラディンといった盾役を外したりしておくといい。

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「守護者のつばさ」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、守護者のつばさ発動中に3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容守り人でグレイトウォールを発動し合計3,000ダメージ引き受けよう
ポイントほこらや強敵戦など、全体攻撃多めの敵を相手に発動を狙うのがおすすめ
※最後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、ほこらや強敵戦などで全体攻撃多めの敵を相手に発動を狙うといい。事前にこころ道でグレイトウォールの発動率だけ上げておくと効率良く進められる。

第2の試練

試練内容守り人でオーラ特性を2段階まで5回上げよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して神のオーラが発動するのを待てばOK
※最後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していのちのオーラの発動を待てばOK。敵の攻撃によってダメージを受ける程度の守備力にし、他の味方を戦闘不能にしておけばすべての攻撃で効率良く発動を狙える

ライターライターDQこころ道でベホイミだけは使えるようにしておくのがおすすめです。クリアするときには他の味方を蘇生すればいいので、守り人を無理に攻撃役にする必要はありません。

第3の試練

試練内容守り人を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント守り人を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練は守り人を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

魔剣士の試練の効率的な進め方

魔剣士の試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1剣魔合一を10回発動しよう
第2フォースチャージを20回発動しよう
第3因果を10回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「勇士召喚」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1魔剣士でフォースチャージを6段階まで1回上昇させよう
第2魔剣士で因果を6段階まで1回上昇させよう
第3魔剣士を含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容剣魔合一を10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して剣魔合一が発動するのを待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していればOK。効率良く進めたければ魔剣士を複数人編成しておこう。

第2の試練

試練内容フォースチャージを20回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや少しレベルを上げた強敵戦において、火力の低いキャラがドルクマやマヒャド斬りなどを繰り返すのがおすすめ
※20回発動後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、装備やこころを外した火力の低い魔剣士を使うのが効率的。基本職向けのほこらや少しレベルを上げた強敵戦で数を稼ぐといい。

第3の試練

試練内容因果を10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して因果が発動するのを待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

※第1の試練と同じやり方でOK

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「勇士召喚」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、勇士召喚発動中に3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容魔剣士でフォースチャージを6段階まで1回上昇させよう
ポイントほこらや強敵戦などで物理魔剣士がイオラなどの呪文で攻撃する
※6段階まで上昇した後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、ほこらや強敵戦などで物理魔剣士にイオラなどの呪文で攻撃させればOK。効率良く進めたければアンコールも活用するといい。

第2の試練

試練内容魔剣士で因果を6段階まで1回上昇させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して因果が発動するのを待てばOK
※6段階まで上昇した後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して因果の発動を待てばOK。敵が複数いる戦闘や全体攻撃多めの敵を選び、魔剣士を複数人編成して試行回数を増やしておけば効率良く進められる。

第3の試練

試練内容魔剣士を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント魔剣士を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練は魔剣士を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

ニンジャの試練の効率的な進め方

ニンジャの試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1影縫いを10回発動しよう
第2威圧・強を10回発動しよう
第3分身の術を5回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「五感澄明」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1ニンジャで威圧・強を3段階まで5回蓄積しよう
第2ニンジャで大海の浪漫を5回発動しよう
第3ニンジャを含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容影縫いを10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや少しレベルを上げた強敵戦など、敵が複数出現する戦闘で繰り返すのがおすすめ
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、敵が複数出現しているときにシノビカッターなどの全体攻撃で影縫いを狙うのが効率的。また、挑戦する前にこころ道で影縫いの発動率を上げておくといい。

第2の試練

試練内容威圧・強を10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して威圧・強が発動するのを待てばOK
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御していればOK。効率良く進めたければニンジャを複数人編成しておこう。ただし、威圧・強はブレスでダメージを受けたときは発動対象外なので、物理/呪文主体の敵を選択しよう。

第3の試練

試練内容分身の術を5回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御して分身の術が発動するのを待てばOK
※5回発動後は敵を倒してクリアすること

※第2の試練と同じやり方でOK

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「五感澄明」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、五感澄明発動中にを3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容ニンジャで威圧・強を3段階まで5回蓄積しよう
ポイントほこらや強敵戦など、敵が単体かつ行動回数多めで物理/呪文攻撃主体の戦闘でひたすら防御する
※3段階まで5回蓄積した後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、ほこらや強敵戦などの行動回数多めで物理/呪文攻撃主体の敵を選べば効率良く進められる。ニンジャを先頭にして狙われやすくするかニンジャを複数人編成し、ひたすら防御して威圧・強の蓄積を待とう。

第2の試練

試練内容ニンジャで大海の浪漫を5回発動しよう
ポイントほこらや強敵戦などで威圧・強が発動次第、大海の浪漫を発動すればOK
※大海の浪漫発動後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などで威圧・強が発動次第、大海の浪漫を発動すればOK。大海の浪漫発動後は威圧・強が発動しづらくなるので、一旦クリアしてから別のほこらや強敵戦に挑戦するのもあり。

第3の試練

試練内容ニンジャを含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイントニンジャを編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練はニンジャを含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

大神官の試練の効率的な進め方

大神官の試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1セイントエコーを10回成功させよう
第2鼓舞激励を10回発動しよう
第3おすそわけを5回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「癒しの陽光」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1戦闘中に大神官でHPを20,000回復しよう
第2大神官で5回状態異常をなおそう
第3大神官を含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容セイントエコーを10回成功させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでホイミやスカラなどをひたすら使う
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

大神官のダーマの試練(壱ノ道)第1の試練は、セイントエコーを10回発動させるだけなので、そこまで難しくない。弱い敵との戦闘でセイントエコーが10回発動するまでホイミやスカラをひたすら繰り返せばOKだ。

第2の試練

試練内容鼓舞激励を10回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでスカラやまもりのたてなどをひたすら使う
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

※第1の試練と同じやり方でOK

第3の試練

試練内容おすそわけを5回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでひたすら防御しておすそわけが発動するのを待てばOK
※5回発動後は敵を倒してクリアすること

第3の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などでおすそわけが5回発動するのを待っていればOK。おすそわけが発動するまではひたすら防御しておけばいいので、効率良く進めたければ大神官を複数人編成するといい。

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「癒しの陽光」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、癒しの陽光発動中にを3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容戦闘中に大神官でHPを20,000回復しよう
ポイントほこらや強敵戦など、全体攻撃多めの敵との戦闘でひたすら回復をすればOK
※HPを合計20,000回復した後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、ほこらや強敵戦などで全体攻撃多めの敵を選び、戦闘中にひたすら回復をしていればOK。まもりのたてを使うのは手間がかかるため、できれば行動封じを使ってこない敵を選びたい。

第2の試練

試練内容大神官で5回状態異常をなおそう
ポイント3章6話~9話に出現するどくどくゾンビのもうどくの霧に対してキアリー、イズライールのほこらなど敵が状態異常スキルを頻繁に使ってくるところで解除を狙えばOK
※5回状態異常をなおした後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、3章6話~9話に出現するどくどくゾンビを利用するのがおすすめ。ひたすら防御してもうどくの霧で猛毒状態になるのを待ち、キアリーで解除していこう。もしくはイズライールのほこらなどの敵が頻繁に状態異常スキルを使ってくるようなところでもOK。

第3の試練

試練内容大神官を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント大神官を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練は大神官を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

大魔道士の試練の効率的な進め方

大魔道士の試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1魔人のやまびこを10回成功させよう
第2フォースブレイクを10回成功させよう
第3連続呪文を5回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「魔力のたてごと」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1大魔道士でじゅもんを5回暴走させよう
第2大魔道士で状態異常・状態変化を5回成功させよう
第3大魔道士を含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容魔人のやまびこを10回成功させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでルカニやバイシオンなどの補助呪文をひたすら使う
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

大魔道士のダーマの試練(壱ノ道)第1の試練は、魔人のやまびこを10回発動させるだけなので、そこまで難しくない。弱い敵に対して、魔人のやまびこが10回発動するまで補助呪文をひたすら繰り返せばOKだ。

第2の試練

試練内容フォースブレイクを10回成功させよう
ポイント基本職向けのほこらや少しレベルを上げた強敵戦など、敵が複数出現する戦闘で繰り返すのがおすすめ
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、敵が複数出現しているときにイオラなどの全体攻撃でフォースブレイクを狙うのが効率的。また、挑戦する前にこころ道でフォースブレイクの成功率をあげておくといい。

第3の試練

試練内容連続呪文を5回発動しよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などで連続呪文発動時にルカニやバイシオンなどの補助呪文を使う
※5回発動後は敵を倒してクリアすること

第3の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦などで連続呪文発動時に補助呪文を5回使用すればOK。連続呪文が発動するまでは防御しておけばいいので、効率良く進めたければ大魔道士を複数人編成するといい。

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「魔力のたてごと」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
※第4の試練解放までは自動発動をOFFにしたほうがいい
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、魔力のたてごと発動中にを3回戦闘をするわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容大魔道士でじゅもんを5回暴走させよう
ポイントほこらや強敵戦などに大魔道士を2人以上入れて挑戦し、理力道4で使えるようになる暴走魔法陣を使った後で呪文を使う
※呪文を5回暴走させた後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、ほこらや強敵戦などで大魔道士を2人以上入れ、暴走魔法陣を使いつつ暴走を狙うのがおすすめ。暴走魔法陣は理力道4で使えるようになるので、あらかじめこころ道で使えるようにしておくのを忘れないようにしよう。

第2の試練

試練内容大魔道士で状態異常・状態変化を5回成功させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦でルカニやラリホーなどを使えばOK
※状態異常・状態変化を5回成功させた後は敵を倒してクリアすること

第2の試練では、基本職向けのほこらや強敵戦でルカニやラリホーなどの有効なスキルを使えばOK。効率良く進めるなら、敵が複数いる戦闘でこころでも習得可能なメダパニーママヌーサなどを使うといい。

第3の試練

試練内容大魔道士を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント大魔道士を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練は大魔道士を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

ゴッドハンドの試練の効率的な進め方

ゴッドハンドの試練の内容

壱ノ道試練の内容
第1ゴッドレイジを10回発動しよう
第2ゴッドガードを10回発動しよう
第3ゴッドチェインを5回発動しよう
第4ウォーカーズスキル「ゴッドパンチ」を3回発動しよう
弐ノ道試練の内容
第1ゴッドハンドで会心の一撃を5回出そう
第2ゴッドハンドでガードを5回成功させよう
第3ゴッドハンドを含むパーティで15,000歩以上あるこう

壱ノ道の各試練の解説はこちら!

壱ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容ゴッドレイジを10回発動しよう
ポイントメタルホイミンのほこらなどの難易度の低いほこらでひたすら防御して10回発動させる
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

ゴッドハンドのダーマの試練(壱ノ道)の第1~3の試練は、固有特性を特定の回数発動させるだけなので、そこまで難しくない。同じやり方で第3の試練まで一気に進めてしまおう。

第2の試練

試練内容ゴッドガードを10回発動しよう
ポイントメタルホイミンのほこらなどの難易度の低いほこらでひたすら防御して10回発動させる
※10回発動後は敵を倒してクリアすること

※第1の試練と同じやり方でOK

第3の試練

試練内容ゴッドチェインを5回発動しよう
ポイントメタルホイミンのほこらなどの難易度の低いほこらでひたすら防御して5回発動させる
※5回発動後は敵を倒してクリアすること

※第1・2の試練と同じやり方でOK

第4の試練

試練内容ウォーカーズスキル「ゴッドパンチ」を3回発動しよう
ポイント第4の試練を解放するまでにウォーカーズスキル発動ゲージを溜めておく
※第4の試練解放までは自動発動をOFFにしたほうがいい
注意点「ウォーカーズスキルを3回発動する」なので、ゴッドパンチを3回発動するわけではない
1度ウォーカーズスキルを使った後は、再度歩数を稼いでウォーカーズスキル発動ゲージを溜める必要がある

急がないなら日を跨いでクリアするのがおすすめ

第4の試練は第1~3の試練とは異なり、クリアするまでにかなりの時間を要する。1度ウォーカーズスキルを発動した後は、再度歩数を稼ぐ必要があるため、急がないのであれば翌日以降に進めると必要歩数が少なくて済む

ウォーカーズスキルの効果とおすすめの使い方

弐ノ道の各試練の解説はこちら!

弐ノ道の各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容ゴッドハンドで会心の一撃を5回出そう
ポイント事前にこころなどで会心率を上げ、ばくれつけんなどの多段攻撃スキルを使えばOK
※会心の一撃を5回出した後は敵を倒してクリアすること

第1の試練では、会心率に特化させたゴッドハンドが多段攻撃を使えるようにしておくといい。ほこらや強敵戦などを利用して一気に5回終わらせるのもあり。仮にメタルキングの剣を持っているなら、会心必中のかまえを使うとすぐに終わらせることが可能だ。

第2の試練

試練内容ゴッドハンドでガードを5回成功させよう
ポイント基本職向けのほこらや強敵戦などでビッグシールドを使い、その後はひたすら防御してガードが成功するのを待てばOK
※ガードを5回成功させた後は敵を倒してクリアすること

第2の試練は基本職向けのほこらや強敵戦などでビッグシールドを使い、その後はひたすら防御してガードが成功するのを待てばOK。敵が複数かつ物理攻撃主体の敵を選べば効率良く進められる。

第3の試練

試練内容ゴッドハンドを含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイントゴッドハンドを編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

第3の試練はゴッドハンドを含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

まものマスターの試練の効率的な進め方

まものマスターの試練の内容

試練試練の内容
第1スカウトサーチを4回発動しよう
第2まものマスターを含むパーティでなかまモンスターを5匹仲間にしよう
第3まものマスターを含むパーティでなかまモンスター4匹のレベルをMAXにしよう
第4まものマスターを含むパーティでタマゴを2個ふかしよう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容スカウトサーチを4回発動しよう
ポイント・パーティに最低1人まものマスターを編成し、10分に1回ずつスカウトサーチを使う

第1の試練では、スカウトサーチを4回使うだけでクリアできる。ただし、まものマスターを編成しないといけないのに加え、スカウトサーチは10分に1回ずつしか使えないので、時間をおいて進める必要がある。

第2の試練

試練内容まものマスターを含むパーティでなかまモンスターを5匹仲間にしよう
ポイント・外でプレイすると効率良く進めることが可能
└周囲を散策し、仲間モンスターを積極的にスカウト
└歩いて手持ちのタマゴを孵化する
・スカウトサーチを使う

第2の試練では、まものマスター入りの編成で仲間モンスターを5匹仲間にする必要がある。外でスカウトやタマゴ孵化をすると効率良く進められる。なお、スカウトサーチでも運次第ではあるが、仲間になればカウントを進めることが可能だ。

第3の試練

試練内容まものマスターを含むパーティでなかまモンスター4匹のレベルをMAXにしよう
ポイント・パーティに最低1人まものマスターを編成し、まもののエサを使ってレベルをMAXにする
・まもののエサを使わない場合は、5,000歩族を4匹育成する

第3の試練を最も効率良く進めるには、まものマスター入りの編成でまもののエサを使うのが効率的。5,000歩族を4体育成するには、合計20個のまもののエサがあればOK。まものマスター入りの編成で戦闘をしなくて済むので、まもののエサを使うのがおすすめだ。

仲間モンスター図鑑|レア度別の分類

第4の試練

試練内容まものマスターを含むパーティでタマゴを2個ふかしよう
ポイント・あらかじめ孵化までに必要な歩数を進めておくとラク
・5,000歩の紫タマゴや7,000歩の銀もしくは紫タマゴを孵化する
・同時に2個進めるならレンタルふか装置を購入する

第4の試練は、まものマスター入りの編成時にタマゴを2個孵化するだけでクリアできる。ラクにクリアするには、必要歩数の少ない紫や銀タマゴ、第4の試練到達までにあらかじめ孵化ギリギリまで歩数を貯めておくといった方法がおすすめ。

賢者の試練の効率的な進め方

賢者の試練の内容

試練試練の内容
第1やまびこを10回成功させよう
第2賢者を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
第3賢者を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
第4賢者を含むパーティで15,000歩以上あるこう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容やまびこを10回成功させよう
ポイント・賢者を4人編成しておくと発動させやすい
・ザコ敵にひたすら呪文を使えばOK
・敵を1体残して、スカラなどの補助呪文を使えば敵を倒さずに回数を稼げる
最後は敵を倒しきること
※攻略班はスカラ60回ほどでやまびこが10回発動しました

賢者4人でザコ敵相手に進めるのが最速

第1の試練ではやまびこを10回発動させればいいだけなので、ザコ敵に呪文を使っていれば達成できる。スカラなどの補助呪文を使って敵を倒さないようにすれば回数を稼ぎやすい。なお戦闘から逃げるとカウントされないので、最後は敵を倒しきろう。

第2の試練

試練内容賢者を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
ポイント・フィールドのザコモンスター相手に進める
・1章1話で進めるのが楽
・においぶくろを使うと早い

レベリングついでに進めよう

第2の試練は賢者を含むパーティでモンスターを200匹倒すというもの。においぶくろを使いながら、レベリングついでに進めれば自然と達成できる。なおレベリングパーティに賢者の編成をし忘れないように注意しよう。

第3の試練

試練内容賢者を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
ポイント賢者を必ず編成する
・難易度の低いほこらがおすすめ
・戦闘不能になったらやり直そう

基本職向けやメタル系のほこらが楽

戦闘中に戦闘不能になってから蘇生してもカウントされないので、戦闘不能になってしまった場合はやり直そう。戦闘不能にならないようHPを満タンにした状態で、基本職向けやメタル系のほこらを周回するのがおすすめだ。

第4の試練

試練内容賢者を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント賢者を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

歩くだけで試練達成

第4の試練は賢者を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

海賊の試練の効率的な進め方

海賊の試練の内容

試練試練の内容
第1威圧を20回成功させよう
第2海賊を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
第3海賊を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
第4海賊を含むパーティで15,000歩以上あるこう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容威圧を20回成功させよう
ポイント・海賊を4人編成しておくと発動させやすい
・7章程度の相手にひたすら「防御」していればOK
・全体攻撃を使用する敵がいると発動機会が豊富
最後は敵を倒しきること
ブレスでは威圧は発動しない

海賊4人でザコ敵相手に進めるのが最速

第1の試練では威圧を発動させればいいだけなので、ザコ敵に防御を繰り返していれば達成できる。全体攻撃を使用する敵がいると威圧が発動しやすいため、ある程度ザコ敵が強い7章程度で行うと良い。なお戦闘から逃げるとカウントされないので、最後は敵を倒しきろう。

第2の試練

試練内容海賊を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
ポイント・フィールドのザコモンスター相手に進める
・1章1話で進めるのが楽
・においぶくろを使うと早い

レベリングついでに進めよう

第2の試練は海賊を含むパーティでモンスターを200匹倒すというもの。においぶくろを使いながら、レベリングついでに進めれば自然と達成できる。なおレベリングパーティに海賊の編成をし忘れないように注意しよう。

第3の試練

試練内容海賊を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
ポイント海賊を必ず編成する
・難易度の低いほこらがおすすめ
・戦闘不能になったらやり直そう

基本職向けやメタル系のほこらが楽

戦闘中に戦闘不能になってから蘇生してもカウントされないので、戦闘不能になってしまった場合はやり直そう。戦闘不能にならないようHPを満タンにした状態で、基本職向けやメタル系のほこらを周回するのがおすすめだ。

第4の試練

試練内容海賊を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント海賊を編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

歩くだけで試練達成

第4の試練は海賊を含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩あるくにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやレベル上げなどと並行して進めよう。

パラディンの試練の効率的な進め方

パラディンの試練の内容

試練試練の内容
第1パラディンを含むパーティ全員のHPが満タンの状態でモンスターを50匹倒そう
第2パラディンを含むパーティでモンスターを200匹倒そう
第3パラディンを含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
第4パラディンを含むパーティで15,000歩以上あるこう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容パラディンを含むパーティ全員のHPが満タンの状態でモンスターを50匹倒そう
ポイント・すばやさの高いキャラを複数編成する
・フィールドの雑魚モンスター相手に進める
・1章1話で進めるのが楽
・全員のHPを満タンにしてから戦闘する

雑魚敵相手に進めるのが楽

パラディンはこころですばやさを上げにくいため、別のアタッカー3人がすばやさを盛った状態で攻撃に専念するのがおすすめ。敵のすばやさの高さやメタル系モンスターの出現を考慮すると、11章などで進めるよりも1章1話でやるのが効率的だ。

第2の試練

試練内容パラディンを含むパーティでモンスターを200匹倒そう
ポイント・フィールドの雑魚モンスター相手に進める
・1章1話で進めるのが楽
・においぶくろを使うと早い

レベリングついでに進めよう

第2の試練はパラディンを含むパーティでモンスターを200匹倒すというもの。においぶくろを使いながら、レベリングついでに進めれば自然と達成できる。なおレベリングパーティにパラディンの編成をし忘れないように注意しよう。

第3の試練

試練内容パラディンを含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
ポイントパラディンを必ず編成する
・難易度の低いほこらがおすすめ
・戦闘不能になったらやり直そう

基本職向けやメタル系のほこらが楽

戦闘中に戦闘不能になってから蘇生してもカウントされないので、戦闘不能になってしまった場合はやり直そう。戦闘不能にならないようHPを満タンにした状態で、基本職向けやメタル系のほこらを周回するのがおすすめだ。

第4の試練

試練内容パラディンを含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイントパラディンを編成することを忘れずに
・仲間モンスター集めやレベル上げと並行する

歩くだけで試練達成

第4の試練はパラディンを含むパーティで15,000歩あるくのみ。15,000歩歩くにはだいたい2〜3時間かかるため、仲間モンスター集めやほこら周回などと並行して進めよう。

バトルマスターの試練の効率的な進め方

バトルマスターの試練の内容

試練試練の内容
第1怒りを10回発動しよう
第2バトルマスターを含むパーティでモンスターを200匹倒そう
第3バトルマスターを含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
第4バトルマスターを含むパーティで15,000歩以上あるこう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容怒りを10回発動しよう
ポイント・バトルマスターをできるだけ多く編成する
・フィールドのザコ敵を相手に、防御を続けるだけでOK
・1章1話でやるのが楽
助っ人はオフにする
・戦闘から逃げるとカウントされないため注意

雑魚相手にひたすら防御するだけが楽

第1の試練は怒りを10回発動すればいいだけなので簡単。素早く達成したいなら、パーティ全員をバトルマスターにして、雑魚相手に防御を続けるだけで楽に10回を満たせる。11章などでやるよりも、被ダメージが極小の1章でやるのがおすすめだ。

怒りの詳しい解説

第2の試練

試練内容バトルマスターを含むパーティでモンスターを200匹倒そう
ポイントバトマスを編成することを忘れずに
・においぶくろを使うと早い
・1章1話が最効率

ひたすらザコ敵を倒すだけ

第2の試練はザコ敵を200匹倒しさえすれば達成できる。レベル上げをしていれば自然と達成できるが、バトマスを編成していることが必須なので忘れずに。なお素早く達成したいなら、1章1話をプレイしてにおいぶくろを使おう。

第3の試練

試練内容バトルマスターを含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
ポイントバトマスを編成することを忘れずに
・基本職向けの難易度の低いほこらが楽
・戦闘不能になった瞬間に達成不可になる
 └蘇生しても達成不可
 └戦闘不能になったら「あきらめる」で再挑戦

難易度が低いほこらだと楽に達成できる

戦闘不能にならずにほこらをクリアする必要があるので、難易度が低いほこらで挑戦しよう。メタルホイミンのほこらなどの推奨Lvが基本職のものがおすすめ。なお戦闘不能になったら蘇生しても達成できないので、「あきらめる」を使って再挑戦するといい。

第4の試練

試練内容バトルマスターを含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイントバトマスを編成することを忘れずに
・レベル上げやこころ集めと並行する

歩くだけでOK

第4の試練まで来たら残すはひたすら歩くのみ。15,000歩歩くにはだいたい2〜3時間かかるので、レベル上げや仲間モンスター集めと並行して進めよう。

魔法戦士の試練の効率的な進め方

魔法戦士の試練の内容

試練試練の内容
第1フォースブレイクを10回成功させよう
第2魔法戦士を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
第3魔法戦士を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
第4魔法戦士を含むパーティで15,000歩以上あるこう

各試練の解説はこちら!

各試練の攻略法を開く

第1の試練

試練内容フォースブレイクを10回成功させよう
ポイント・魔法戦士をできるだけ多く編成する
・フィールドのザコ敵に全体攻撃を使う
 └ベギラマやイオラがおすすめ
・魔法戦士以外がいるなら、魔法戦士が最初に行動できるようにすばやさを上げる
・助っ人はオフにする

全体攻撃がおすすめ

第1の試練はフォースブレイクを発動させやすい状況を作るのがポイント。全体攻撃を使用してまとめてフォースブレイクを狙うおう。バトマスなどが魔法戦士よりも先に行動するなら、防御を使って魔法戦士に攻撃の機会を譲ろう。

フォースブレイクの詳しい解説

第2の試練

試練内容魔法戦士を含むパーティでモンスターを200匹倒そう
ポイント魔法戦士を編成することを忘れずに
・においぶくろを使うと早い
・1章1話が最効率

ひたすらザコ敵を倒すだけ

第2の試練はザコ敵を200匹倒しさえすれば達成できる。レベル上げをしていれば自然と達成できるが、魔法戦士を編成していることが必須なので忘れずに。なお素早く達成したいなら、1章1話をプレイしてにおいぶくろを使おう。

第3の試練

試練内容魔法戦士を含むパーティで、戦闘不能にならずにほこらを10箇所クリアしよう
ポイント魔法戦士を編成することを忘れずに
・難易度の低いほこらで挑戦する
・戦闘不能になった瞬間に達成不可になる
 └戦闘不能になったら「あきらめる」

難易度が低いほこらだと楽に達成できる

戦闘不能にならずにほこらをクリアする必要があるので、難易度が低いほこらで挑戦しよう。メタルホイミンのほこらなどの推奨Lvが基本職のものがおすすめ。なお戦闘不能になったら「あきらめる」を使って再挑戦するといい。

第4の試練

試練内容魔法戦士を含むパーティで15,000歩以上あるこう
ポイント魔法戦士を編成することを忘れずに
・レベル上げやこころ集めと並行する

歩くだけでOK

第4の試練まで来たら残すはひたすら歩くのみ。15,000歩歩くにはだいたい2〜3時間かかるので、レベル上げや強敵狩りと並行して進めよう。

ダーマの試練での習得スキル

ドラゴンが習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【竜道】
バフスキルアイコンドラゴニックバースト(消費MP:最大MPの10%)
自分の斬撃・体技・ブレスダメージを50%上昇させた強力な一撃を放つ。この攻撃はガードやみかわしされない(竜の血3以上で使用可能)
【人道】
バフスキルアイコン深呼吸(消費MP:最大MPの10%)
竜の血を2段階さげ、自身の悪い状態変化とすべての状態異常を解除し、さらにそれらを防ぐ効果を付与する(戦闘中1回のみ使用可能)
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

ドラゴンの評価

守り人が習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【まもり道】
バフスキルアイコンにおうだち(消費MP:最大MPの10%)
仲間の前に立ち、味方のダメージを全て引き受け、引き受けるダメージを40%軽減する。致死ダメージ時HP1で生き残る(戦闘中3回のみ使用可能)
▶詳細な効果を確認する
【ささえ道】
バフスキルアイコン聖なる祈り(消費MP:15)
回復呪文の回復量を上げる
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

守り人の評価

魔剣士が習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【魔道】
バフスキルアイコンフォースブラスト(消費MP:最大MPの10%)
自分の全属性ダメージを125%上昇させた強力な一撃を放つ。その反動で自分の最大HPの50%を消費する(戦闘中1回のみ使用可能)
【刃道】
バフスキルアイコン因果の極み(消費MP:最大MPの10%)
自分の与えるスキルダメージと因果の発動率が上がり攻撃するが、受けるダメージが増える(戦闘中1回のみ使用可能)
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

魔剣士の評価

ニンジャが習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【風道】
バフスキルアイコン空蝉の術(消費MP:20)
自分のみかわし率とこうげき力を上げる
【波道】
バフスキルアイコン鬼殺し(消費MP:24)
自分の斬撃・体技ダメージをかなり上げる
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

ニンジャの評価

大神官が習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【祈道】
バフスキルアイコンまもりのたて(消費MP:10)
使用時含む5ターンの間、自分に対する不利な状態異常効果を無効化
【舞道】
バフスキルアイコンアンコール(消費MP:最大MPの25%)
仲間ひとりを行動可能にする
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

大神官の評価

大魔道士が習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【魔力道】
バフスキルアイコン魔響の詠唱(消費MP:最大MPの20%)
自分の攻撃呪文の威力が少し上がり、やまびこが発動しやすくなるが消費MPが増加する
【理力道】
バフスキルアイコンフォースバースト(消費MP:最大MPの10%)
4ターンの間、自分の全属性ダメージを約1.3倍上げ、1段階目のフォースブレイクの成功率を100%にする。2段階目の確率は通常と変わらず、25%ほどの成功率
バフスキルアイコン暴走魔法陣(消費MP:最大MPの10%)
自分と自分の両隣りにいる味方の魔力の暴走率を上げる
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

大魔道士の評価

ゴッドハンドが習得するスキル

ダーマの試練(壱ノ道:レベル30)で習得するスキル
【武道】
バフ戦鬼解放(消費MP:最大MPの1/10)
自分の斬撃・体技ダメージを上げるが、受けるスキルのHP回復効果が下がり、命令できなくなる
【守護道】
バフ騎士道精神(消費MP:最大MPの1/10)
自分の斬撃・体技ダメージをかなり上げ、ガード率を少し上げる。ゴッドガード発動の度に効果が大きくなる
ダーマの試練(弐ノ道:レベル60)で習得するスキル
※該当なし

※ダーマの試練壱ノ道クリアでレベル30以降、弐ノ道クリアでレベル60以降のこころ道が解放できる

ゴッドハンドの評価

まものマスターが習得するスキル

パーティスキル
なし
固有特性
「いつでもスカウトサーチ」を習得
・まものマスターをパーティに編成していなくても、いつでもスカウトサーチが発動できる
スキル・特殊効果
「いつでもスカウトサーチ」使用可能回数が2回に増加
※Lv60で習得
「いつでもスカウトサーチ」使用可能回数が3回に増加
※Lv70で習得
「いつでもスカウトサーチ」使用可能回数が4回に増加
※Lv90で習得
まものマスターの評価

賢者が習得するスキル

パーティスキル
呪文耐性+2%
[同効果の重複不可]
固有特性
「やまびこのさとり」を習得
・やまびこの対象に回復とくぎも含まれるようになる
・「やまびこのさとり」は「やまびこ」と同じ発動確率
・「いのちの祈り」など、一部の回数限定の回復とくぎは対象外
スキル・特殊効果
バフスキルアイコン魔響の詠唱(消費MP:最大MPの20%)
自分の攻撃呪文の威力が少し上がり、やまびこが発動しやすくなるが、消費MPが増加する
※Lv50以上で解放
賢者の評価

海賊が習得するスキル

パーティスキル
パーティ全員のすべての状態異常耐性+10%
パーティ全員の悪い状態変化耐性+10%
[同効果の重複不可]
固有特性
「威圧」を「威圧・強」に強化
斬撃・体技または呪文ダメージを受けたとき、たまに敵を威圧し、相手の攻撃や呪文を弱めることができる
→斬撃・体技または呪文ダメージを受けたとき、たまに敵を強く威圧し、相手の攻撃や呪文を弱めることができる。また相手がごくまれに斬撃・体技・呪文攻撃を「ミス」するようになる。
スキル・特殊効果
威圧状態の相手へのダメージ+5%
※Lv25以上で解放
バフ大海の浪漫(消費MP:最大MPの1/10)
ロマンあふれる一撃を放つ。この一撃は威圧の段階に応じてスキルの斬撃・体技・ブレスダメージが上昇し、攻撃後に全ての威圧を解除する
※Lv50以上で解放
海賊の評価

パラディンが習得するスキル

パーティスキル
パーティ全員の斬撃・体技耐性+2%
[同効果の重複不可]
スキル
回復ザオ(消費MP:15)
仲間ひとりをHP25%で復活させる
※Lv25以上で解放
バフ騎士道精神(消費MP:最大MPの1/10)
自分の斬撃・体技ダメージをかなり上げ、ガード率を少し上げる。パラディンガード発動の度に効果が大きくなる。
※Lv50以上で解放
パラディンの評価

バトルマスターが習得するスキル

パーティスキル
パーティ全員の会心率+2%
パーティ全員の魔力の暴走率+2%
[同効果の重複不可]
固有特性
「怒り」を「激怒」に強化
ターン開始時たまに斬撃・体技・ブレスダメージがアップ
→ターン開始時たまに斬撃・体技・ブレスダメージがかなりアップ
スキル
バフ戦鬼解放(消費MP:最大MPの1/10)
自分の斬撃・体技・ブレスダメージを上げるが、受けるスキルのHP回復効果が下がり、命令できなくなる
※Lv50以上で解放
バトルマスターの評価

魔法戦士が習得するスキル

パーティスキル
パーティ全員の全属性ダメージ+5%
[同効果の重複不可]
スキル
バフマホバリア(消費MP:10)
仲間ひとりの呪文耐性を1段階上げる
※Lv25以上で解放
バフフォースバースト(消費MP:最大MPの1/10)
自分の全属性ダメージを上げ、さらに耐性が下がっていない属性のフォースブレイク成功率を大幅に上げる
※Lv50以上で解放
魔法戦士の評価

ダーマの試練とは?

特級職のこころ道を解放できる

特級職のこころ道を解放できる

特級職には特級職限定のこころ道があり、ダーマの試練をクリアすることで職業毎のこころ道を解放できる。こころ道を解放することでステータスの強化や固有特性の発動率アップなどができるので、挑戦できるようになれば早めに進めておきたい。

ダーマの試練解放済みの特級職

▶過去に登場していた守護天使の詳細はこちら

上級職も強化できる

ダーマの試練とは?

ダーマの試練では、対象となっている上級職に専用のスキルを付与して、上級職を強化することができる。なお試練に挑戦するには対象の上級職がLv50以上になっている必要がある。

ダーマの試練で強化できる上級職

現時点ではダーマの試練では魔法戦士・バトルマスター・パラディン・海賊・賢者・まものマスターしか強化できない。強化できる上級職は今後も追加されると考えられるので、他の上級職の追加も期待して待とう。

全ての試練をクリアする必要がある

ダーマの試練のクリア画面

ダーマの試練には試練1〜試練4までが用意されている。これら全部の試練をクリアすることで、専用のスキルを習得できる仕組みだ。

いつまで開催されている?

ダーマの試練は常設のコンテンツなので、いつでも挑戦することができる。対象の職業が特定のレベルに到達次第挑戦すれば問題ない。

ダーマの試練の挑戦方法

スキル習得までの流れ

ダーマの試練の挑戦方法

1:特定のレベルまで育成する

ダーマの試練に挑むには、対象職業を特定のレベルまで育成する必要がある。特級職のダーマの試練壱ノ道はLv30以上、弐ノ道はLv60以上。上級職だとLv50以上になっている必要がある。1人でも条件を満たしていればいいので、全員のレベルを上げる必要はない。

レベル上げの効率的なやり方

2:特定レベルに到達したら試練を解放

試練解放クエスト

試練解放クエストは対象の特級職がLv30以上で壱ノ道、Lv60以上で弐ノ道。上級職はLv50以上になっていれば挑戦できる。目的地に行くだけでクリアでき、このクエストをクリアすることでダーマの試練に挑戦できるようになる。また報酬として300ジェムが貰える。

3:ダーマ神殿出張所で試練に挑戦する

ダーマ神殿出張所

試練解放クエストをクリアしたら、フィールドのダーマ神殿出張所に向かう。1箇所のダーマ神殿出張所では1つの試練しか挑戦できなので、試練を1つクリアするたびに別の場所のダーマ神殿出張所を目指そう

4:試練4のクリアでコンプリート

魔法戦士の試練コンプリート報酬

無事に試練を4つクリアすると専用のスキルを習得できる。試練4までクリア後はダーマの試練でやることはないので、他の上級職の追加を楽しみに待とう。

ダーマの試練の実装日一覧

過去に実装されたダーマの試練

実装日対象職業
2024/1/1(月)ドラゴン(壱ノ道/弐ノ道)
2023/10/26(木)守り人(壱ノ道/弐ノ道)
2023/9/12(火)守護天使(壱ノ道/弐ノ道)
※期間限定
2023/5/27(土)ゴッドハンド(弐ノ道)
大魔道士(弐ノ道)
大神官(弐ノ道)
ニンジャ(弐ノ道)
魔剣士(弐ノ道)
2023/4/4(火)まものマスター
2023/3/10(金)魔剣士(壱ノ道)
2023/1/17(火)ニンジャ(壱ノ道)
2022/10/27(木)大神官(壱ノ道)
2022/10/11(火)大魔道士(壱ノ道)
2022/9/27(火)ゴッドハンド(壱ノ道)
2022/7/7(木)賢者
2022/4/11(月)海賊
2022/1/4(火)パラディン
2021/11/11(木)バトルマスター
2021/7/8(木)魔法戦士

ドラクエウォークの関連記事

イベント最新記事

攻略最新記事

ガチャ最新記事

人気のランキング記事

この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

(C)2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
攻略メニュー
リセマラ
最強ランキング
最強こころ
最強仲間
最強装備
最新イベント情報
ガラスのくつを目指して
特級職
ギガモンスター攻略
メガモンスター攻略
強敵攻略
ほこら攻略
覚醒千里行攻略
錬金百式攻略
古代の遺跡攻略
超連戦組手攻略
ガチャ関連
開催中のガチャ
異世界情報(CM)関連
宝の地図関連
カジノ関連
仲間モンスター関連
装備関連
武器錬成
こころ関連
心珠関連
職業関連
お土産関連
ストーリー攻略
攻略お役立ち
初心者おすすめ記事
×