プリンセスコネクト
プリコネ攻略|プリンセスコネクト!Re:Dive徹底解説
正月キャル編成(ニャル編成)の使い方/運用方法まとめ

プリコネR | プリンセスコネクト 正月キャル編成(ニャル編成)の使い方/運用方法まとめ

最終更新 : プリンセスコネクト攻略班
正月キャル編成(ニャル編成)の使い方/運用方法まとめ

プリコネRの正月キャル編成(ニャル編成)についてまとめています。プリンセスコネクトで正月キャル編成の使い方や運用方法について知りたい場合におすすめです。

目次

正月キャルの評価はこちら

正月キャル編成でのダメージの出し方

UBでしっかりとダメージを出す

ダメージが大きいほどバフの効果が強力に

正月キャルは、UBの追加効果で自身の攻撃力をアップできる。この攻撃アップはUBのダメージが高いほど効果量が高くなるため、基本的にある程度防御力を下げた状態でUBを使うのが理想的。

攻撃バフの効果量を上げる

UB攻撃バフの効果量が小さいと戦闘時間内にバフを盛りきれないので、1回で出すUBダメージは高いほうが良い。なので、デバフで防御下限にするだけでな、キャル自身の攻撃性能(攻撃力/魔クリ)を上げるバフも有効だ。

UBバフ時間中(18秒)に必ずUBを使う

キャルのTPを溜めてUBを回す

自身の攻撃バフを利用してUBダメージを伸ばし攻撃バフを伸ばすといったループを組むのが正月キャル編成。ただし攻撃バフには18秒の制限時間があるので、このバフ時間内にUBを1~2回使うのが必須となる。

TPの溜め方は様々

TPを溜める手段はボスの能力によって変わるが、基本的にはTP回復持ちを編成してUBを回すことが多い。とはいえ、ボスに応じて調整が必要なので、正月キャル編成に使う可能性のあるキャラはなるべく育成しておこう。

正月キャル編成で必要なキャラ/役割

魔法防御デバフを持つキャラ

デバフで防御を下げないとダメージが出せないので1~2枠は必須。ボスにあったデバフキャラを選択していく。

TP周りの支援ができるキャラ

TP回復

スキルやUBなどでTPを回復できるキャラ。デバフキャラと同様に基本必須。単体TP回復持ちはそれぞれTP付与に条件があるので、キャラの特性を把握しておこう。

TPの仕様解説はこちらTP回復キャラの解説はこちら
ユカリTP付与対象
パーティ内でTPが1番少ないキャラ1体

パーティ内で一番TPの少ないキャラを対象にTP回復ができる。ループ後は通常→通常→HP回復→通常→TP回復の順に行動するので、HP回復や次の通常攻撃あたりでキャルなどTP支援したいキャラのUBを使いTP支援が飛ぶように調整したい。ネネカなどの分身系にもTPステがあるのでネネカとセットで運用する場合は注意。
ルナTP付与対象
パーティ内で最もHP割合の高いキャラ1体

開幕に短い周期で効果量の多いTP回復が可能なため、ニャル編成で非常に有用なキャラ。配置などで稀に変化するが、全員のHPが最大の場合は4番手に、4番手のみダメを受けている場合は3番手にTP回復が飛ぶ。
また、TP回復にダメージがついてるので、ダメージ部分でTPが溜まればそのままUBを使える。(ダメージでTPが溜まる→UB→TP回復といった判定に)
チカ
(クリスマス)
TP付与対象
周囲のキャラ
UBの妖精で味方全体

スキルで自身の周囲のキャラに、UBの妖精が味方全体にTPを付与できる。妖精を倒させるUB誘発系の編成で採用される。物理防御バフを持ち、TP支援かつ耐久目的で編成されることもある。
水着サレンTP付与対象
開幕に全体回復(その後使用しない)

開幕の全体TP回復+攻撃バフが優秀。ただし、継続的なTP回復はできないので他のTP枠と合わせるのが前提となる。水着サレンはUBも有効で、味方のTP支援スキルの頻度をあげたり、敵の行動速度デバフを打ち消すために編成される。
マホTP付与対象
味方全体(TP回復+TPリジェネ)

UBでの使用なので初動は遅いが、その分TP回復量が非常に多い。TP回復には魔法攻撃バフもついており、正月キャルのダメージを底上げできる。単体ヒールや防御バフなどの防御面の支援もあり耐久補助に役立つ。ただし、UBでの防御バフは被ダメの軽減になり、敵物理UBで獲得できるTPを減らしてしまうことから、結果的にTP周りが遅くなる場合がある。物理敵で編成する場合は注意しよう。
ユキTP付与対象
パーティ内でTPが1番多いキャラ
(TP最大の場合は効果の対象にならない)

効果量の高い単体TP回復持ち。TPの高いキャラに飛ばすので、配置を調整しないと開幕のTP回復でキャルなどの重要キャラにTP回復できない点がネック。配置を調整するとキャラの選択肢が狭まるので、ユカリやルナよりは採用頻度が低い。とはいえTP回復量は十分に多く、敵次第では編成される。
サレンTP付与対象
サレンに1番近いキャラ

単体TP回復キャラの中では一番運用がわかりやすいキャラ。キャルをサレンに一番近くなるようなパーティ調整を行う。その分、ネネカやアンナなどの正月キャルよりサレンに近いキャラは編成できない点に注意。
ウヅキTP付与対象
味方全体

スキルで味方全体にTP回復+TPステバフを付与できる。UBでバフを使用しニャルとの相性は良いが、配置上先頭になりやすい。ウヅキ自身の耐久はあまり高くないので、先頭にしても耐久できるようなボスで採用することになる。
ジータTP付与対象
味方全体

ウヅキとほぼ同じTP支援能力。ウヅキよりも更に前に配置される。入手難易度が易しめかつクラバトにおいては物理パでもかなり優秀なので、使用する際は慎重に。
アンTP付与対象
味方全体

専用装備で味方全体のTP回復が可能。攻撃バフ、行動速度バフでの支援がシンプルに強い。ニャル編成ではニャル単体に効果量の高いTP回復を付与したいので、採用頻度は控えめ。優秀なキャラではあるので育てておこう。
コッコロ(プリンセス)TP付与対象
味方全体

TP回復、攻撃バフ、デバフ、クリダメアップと様々な支援能力を持つ。デバフが足りているならかなり強力だが、物理でも必須級のキャラなのでニャル編成で使うには手持ちが充実していないと厳しい

TP上昇ステバフ

行動の際のTP獲得や被ダメによるTP獲得に影響のあるステ。バフを付与することでTPが溜まりやすくなるが、TP回復キャラよりは優先度が落ちる。

行動速度バフ

通常攻撃やスキルなどの行動を早められる。行動のたびにTPを獲得できるので、間接的にTP周りを補える。効果量にもよるが基本はTP回復を優先して良い。

正月キャルの編成例

TP支援を使う編成

魔防デバフ少なめ

1~3段階目のような防御がある程度低めの段階で有効な編成。デバフ枠のアンナやバフ枠のクウカなどが入れ替え候補。クウカの開幕バフがかなり強力なので、初動のUBでもダメージを出せるためニャルの自己バフが盛りやすい。

高防御用

高防御の場合は効果量の高い魔防デバフを持つカスミが採用されやすい。カスミのデバフ中にキャルのUBを合わせて高ダメージを狙う。

先頭キャル

ボスの通常攻撃などを利用して、正月キャルに被ダメを受けさせてTPを溜める編成。この編成パターンはデバフキャラを盛りづらいので高防御の敵にはやや不向き。

UB誘発系

プリコネの敵を倒すと一定のTPが溜まる仕様を活かす編成。この仕様はボスにも適応されるので、チカが召喚した妖精をボスが倒すとボスのTPが回復する。全体UBのボスなどに有効で、ボスのUBダメージを高頻度で受けてTPを溜める。

(C) Cygames, Inc. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶プリンセスコネクトRe:Dive公式サイト

攻略記事ランキング
  1. キャラ別推奨ランクまとめ|ランクはどこまであげるべき?
    キャラ別推奨ランクまとめ|ランクはどこまであげるべき?
    1
  2. 水着ジュン(サマー)の評価とステータス/スキル
    水着ジュン(サマー)の評価とステータス/スキル
    2
  3. 最強キャラランキング/役割別でおすすめのキャラを徹底解説!
    最強キャラランキング/役割別でおすすめのキャラを徹底解説!
    3
  4. 全キャラ評価一覧
    全キャラ評価一覧
    4
  5. リセマラ当たりランキングをガチ勢が考察(最新版)
    リセマラ当たりランキングをガチ勢が考察(最新版)
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
掲示板/Q&A
アニメBlu-ray情報
2.5周年情報
イベント/アップデート情報
新キャラ情報
37章の攻略情報
ルナの塔攻略
復刻イベント情報
星6情報まとめ
ランクアップ情報
キャラ専用装備情報
プリコネR/リセマラ情報
キャラ評価/ランキング
初心者必見!
初心者向け情報まとめ
才能開花/メモリーピース
キャラ育成方法
パーティ編成まとめ
アイテムの集め方/使い道
攻略のコツ
クエスト攻略
ダンジョン攻略
アリーナ攻略
ルナの塔攻略
クランバトル攻略
探索攻略
ドロップ情報
コラボ情報
デレステコラボ
リゼロコラボ
マナリアコラボ
プリコネRツール/コラム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中