FGO
FGO攻略wiki
マーリンの評価と再臨素材

マーリンの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【NEWS更新】ハロウィン2017詳細判明!舞台は姫路城…?

FGO(Fate/Grand Order)に登場するマーリンの評価を掲載。スキルやNP効率、再臨素材や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のマーリン運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

マーリンの評価と主要データ2

──こんにちは、カルデアのマスター君。
私はマーリン。人呼んで花の魔術師。
気さくにマーリンさんと呼んでくれ。
堅苦しいのは苦手なんだ。。

主要なデータ

クラスキャスター(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
5HIT
A:
2HIT
Q:
3HIT
EX:
6HIT
宝具:
0HIT
属性秩序 / 善 / 地属性
▶天地人一覧はこちら
特性-
▶特性一覧はこちら
入手方法期間限定ピックアップガチャでのみ排出
HP / ATK14259 / 10546(Lv最大時)
スキル1夢幻のカリスマA【CT:7~5】
味方全体の攻撃力をアップ[Lvで強化]
味方全体のNPを20増やす
スキル2幻術A【CT:9~7】
味方全体に無敵状態を付与(1T)
味方全体のスター発生率をアップ(1T)[Lvで強化]
敵全体のクリティカル発生率をダウン(3T)[Lvで強化]
スキル3英雄作成EX【CT:8~6】
味方単体のBusterカード性能をアップ[Lvで強化]
味方単体の最大HPを増やす[Lvで強化]
味方単体のクリティカル威力をアップ[Lvで強化]
宝具「永久に閉ざされた理想郷」
5ターン味方全体に毎ターンHP回復状態を付与[Lvで強化]
毎ターンNP回復状態を付与
自身に毎ターンスター獲得状態を付与[OCで変動]
クラススキル陣地作成C:
Artsカードの性能を6%アップ
道具作成C:
弱体付与成功率をアップ
混血EX:
毎ターンNP5獲得状態を付与
合計
再臨素材
×17×17
×6×8×10×5
合計スキル
強化素材
×17×17×17×1
×15×15×11×10

特徴と評価の理由

評価:〔S〕
FGOの”現環境”といえる性能/1人でクエスト難度を緩和
・周回、高難易度の両対応可能なサポーター
・全体にNPを付与しつつ攻撃力を強化
・全体に無敵とスター発生率アップを付与
・更に敵のクリティカル率ダウンが高難度で活躍
・味方単体のBusterを強化しつつクリティカル威力強化
・更に単体のHPも回復可能(最大HP増加)
・宝具により毎ターン全体のHP/NPを回復
・更に宝具ではスターも獲得可能
・所持していると周回速度やクエスト難度に大きな影響
・フレンドとあわせてのWマーリンPTがあまりにも優秀
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。絆礼装大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

基本的に「全く使えない」「弱い」と断言できるサーヴァントはゲームにほぼ存在しないので、パーティの構成難度や育成優先度などをメインに検討。

[S]別格。
所持している場合、全プレイヤーが育成すべきサーヴァント。
[A]育成優先度が高い部類。
明確な強みがあり、分かりやすく優秀なサーヴァント。
大体が万人におすすめできる性能。
[B]競合相手が居るが、キャラが揃うまではずっと第一線で使える性能。
もしくは自己完結しておらず、単体のみでは活躍しにくい場面があるタイプ。
[C]競合相手が多く、手持ちのサーヴァント次第では採用頻度が減るタイプ。
好きなら問題なく使っていけるだけの性能はある。
[D]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]単体での評価が不能。上記どこにも属さない。
特定の状況に特化、もしくは専用PTを組むことで輝くタイプ。ゲームシステムの理解度で評価が変わるサーヴァント。
大体の場合上級者向け。

マーリンのスキル/宝具2

宝具「永久に閉ざされた理想郷」ガーデン・オブ・アヴァロン

──星の内海、物見の台。
楽園の端から君に聞かせよう。
君たちの物語は祝福に満ちていると。
罪無き者のみ通るがいい。
──『永久に閉ざされた理想郷』!

5ターンの間
味方全体に毎ターンHP回復状態を付与
Lv1:
1000
Lv2:
1500
Lv3:
1750
Lv4:
1875
Lv5:
2000
5ターンの間
毎ターンNP獲得状態を付与
Lv1:
5
Lv2:
5
Lv3:
5
Lv4:
5
Lv5:
5
5ターンの間
自身に毎ターンスター獲得状態を付与
OC1:
5
OC2:
10
OC3:
15
OC4:
20
OC5:
25

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『夢幻のカリスマA』

【効果】
味方全体の攻撃力をアップ[Lvで強化]
味方全体のNPを20増やす

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

3ターンの間
味方全体の攻撃力をアップ
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:
20

スキル2『幻術A』

【効果】
味方全体に無敵状態を付与(1T)
味方全体のスター発生率をアップ(1T)[Lvで強化]
敵全体のクリティカル発生率をダウン(3T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

スキル3『英雄作成EX』

【効果】
味方単体のBusterカード性能をアップ[Lvで強化]
味方単体の最大HPを増やす[Lvで強化]
味方単体のクリティカル威力をアップ[Lvで強化]

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

3ターンの間
味方単体のBusterカード性能をアップ
Lv1:
30
Lv2:
32
Lv3:
34
Lv4:
36
Lv5:
38
Lv6:
40
Lv7:
42
Lv8:
44
Lv9:
46
Lv10:
50
3ターンの間
最大HPを増やす
Lv1:
2000
Lv2:
2100
Lv3:
2200
Lv4:
2300
Lv5:
2400
Lv6:
2500
Lv7:
2600
Lv8:
2700
Lv9:
2800
Lv10:
3000
1ターンの間
クリティカル威力をアップ
Lv1:
50
Lv2:
55
Lv3:
60
Lv4:
65
Lv5:
70
Lv6:
75
Lv7:
80
Lv8:
85
Lv9:
90
Lv10:
100

クラススキル

陣地作成CArtsカードの性能を6%アップ
道具作成C弱体付与成功率をアップ
混血EX毎ターンNP5獲得状態を付与
クラススキル一覧はこちら

ステータス徹底解析

マーリンのHP

Lv90
14259
22位 / 182体
以降は聖杯転臨
Lv100
15621
22位 / 182体

マーリンのATK

Lv90
10546
70位 / 182体
以降は聖杯転臨
Lv100
11544
71位 / 182体

再臨・スキル強化素材必要個数2

再臨必要素材

1段階キャスターピースx5
2段階キャスターピースx12
無間の歯車x8
3段階キャスターモニュメントx5
禁断の頁x10
智慧のスカラベx2
最終再臨キャスターモニュメントx12
智慧のスカラベx4
竜の逆鱗x5
合計数×17×17
×6×8×10×5

スキル強化必要素材

Lv1術の輝石x5
Lv2術の輝石x12
Lv3術の魔石x5
Lv4術の魔石x12
禁断の頁x5
Lv5術の秘石x5
禁断の頁x10
Lv6術の秘石x12
無間の歯車x5
Lv7無間の歯車x10
精霊根x3
Lv8精霊根x8
蛮神の心臓x10
Lv9伝承結晶x1
合計数×17×17×17×1
×15×15×11×10

マーリンの強い点/弱い点

マーリンの長所(強い点)

1.ほとんどのクエストで採用できるサポーター

全てのスキルや宝具に複数の効果があり、その全てが非常に優秀。ほとんどのクエストや編成で性能を活かすことができる優秀なサポーター。

2.運用方法はカルデアごとに違う

マーリンのスキルや宝具は多機能なので、BクリティカルやNP付与を活かした速攻や周回での運用。持続的なHP回復や全体無敵付与を活かした耐久戦など方向性の違う多くの運用が可能。

中の人A全ての効果を活かしきることは難しいですが、全部の効果を使わなくていいと割り切ると、ほとんどのクエストで使えるようになります。
例えば「英雄作成」を回復スキルとして使用して、チャンスがある時だけB強化&クリティカル威力UPとして頼るような考え方もありです。
もちろんマーリンが最適解にならない状況もあるでしょうが、考えずにとりあえずマーリンに頼れたりします。

3.便利すぎる「夢幻のカリスマA」

スキル「夢幻のカリスマA」は全体に3ターンの攻撃力UPとNP20%付与の効果がある。倍率も高く、基本的に効果がどんな編成でも効果を発揮するスキル。NP50%礼装を装備したNP30チャージスキル持ちなどと組み合わせた宝具周回の起点になれる。

中の人Bカレイドスコープの所持数、自身NPチャージスキル持ちサーヴァントの所持数が増えるほど恩恵が大きくなる部分。
例えばアーラシュなどNP30%チャージできるサーヴァントはイベント礼装NP50%+マーリンでNP20%+自身でNP30%で合計100%にできたりします。

4.敵の全体宝具の対処がしやすい「幻術A」

スキル「幻術A」は味方全体に1ターンの無敵状態と3ターンのクリティカル発生率DOWNを付与する効果がある。敵のほとんどの全体宝具の対処ができ、長期戦・耐久戦で頼りにしやすい。

5.長期戦の支えにできる宝具のHP回復状態

マーリンの宝具効果は味方全体に5ターンの間、HP回復とNP獲得状態を付与と自身へのスター獲得状態付与の効果になっている。HP回復は宝具LV依存だが宝具1から合計5000のHP回復が期待でき、長期戦の支えになれる。

6.強烈なダメージUPスキルを所持

スキル「英雄作成EX」は3ターンのB強化と高倍率1ターンのクリティカル威力UPに、3ターンの最大HP上昇の効果がある。スキルMAXの場合、未使用状態と使用後のBクリティカルのダメージを比べると約3倍のダメージ差になる。

TIPS【ダメージの伸ばし方】
FGOにおけるダメージの計算は主に
〔攻撃UP/防御DOWN〕〔特攻や宝具威力UPなど〕
〔カード強化〕〔宝具特攻〕という4種類の項目。
これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。
マーリンは3種類の項目を強化付与できるので、ダメージを伸ばしやすい。

7.NPも貯めやすい

自身のスキルで全体にNP20%を付与でき、Aチェインもしやすく、AチェインをしなければNPを稼ぎづらいという事もない。NPチャージ系礼装に頼らずとも宝具が撃ちやすいので支援に振り切った概念礼装を装備しても◎。

TIPS【Aチェイン】
Artsを3枚並べた際のボーナス。
カードを選んだサーヴァントのNPが20増える。

8.クラススキルでもNP獲得が可能

クラススキル「混血EX」で毎ターンNP5%を獲得できる。単独では効果を実感しづらいが、自身の宝具効果のNP5%と重ねて10%。概念礼装「プリズマコスモス」と重ねて18~20%と、宝具の連発の支えとなる。

9.ステータスも十分にある

自身で攻撃力UPスキルも所持しており、ATKが特別低いわけでもない。例えフレンドマーリンが最後の1人になっても、B宝具AやAAAで粘り強く戦い、ダメージを与えながら回復しつつ粘り勝つような状況も。

マーリンの短所(弱い点)

1:特筆すべき弱い点はない

サポーターとして考えた場合、特筆すべき弱い点はなく編成で補える。編成の要となることが多いので、マーリンを戦闘不能にしないようにマスターが気を使う必要がある。

マーリンが活躍しにくい場面

1.PTにマーリンのみで耐久戦は難しい

マーリンは宝具での回復効果や、全体無敵付与スキルがあるので長期戦に向いているように見えるが、マーリン1人では敵の全体宝具を一度かわせても次の全体宝具までにスキル再使用は間に合わない。

2.敵のクリティカルが集中することを考慮する

敵のクリティカル率は推定10~30%に設定されているのが特徴。長期戦の場合は敵のクリティカルがマーリンに集中して落ちることを防ぐため、クリティカル発生率DOWN持ちも同時に編成しておくのをおすすめ。

3.毎ターン大ダメージを受けるクエストは苦手

マーリンの耐久戦は、1ターンに受ける特大ダメージを全体無敵付与でかわしながら敵からの通常攻撃を宝具効果で回復していく形となる。通常攻撃のダメージが回復を大きく上回るクエストであれば、マーリンでの耐久戦は向いていない可能性がある。

中の人Aマーリンが苦手なクエストは、ほぼ毎ターン宝具や全体攻撃が繰り返されるクエスト、固定ダメージを受け続けるクエストなどです。
向いていないクエストが存在するのは当然なので、大きな弱みにはなりませんが、そういう場合でも「英雄作成」などを活かした速攻型で対応できたり、Wマーリンなら崩れる前に倒しきれる場合も多いです。
あくまで耐久戦が向いていないクエストがあるだけで、マーリンで勝つことが可能なクエストは非常に多いです。
マーリン本当になんなんだ…。
中の人B↑でも書いてありますが、マーリンの弱点はもう一人マーリンを組むことでほぼ全て解消できます。
「FGOは同じ役割の鯖と組み合わせると強い」の例に漏れないですね。

マーリンの運用

1.周回から高難易度まで幅広く活躍

マーリンは非常に多機能で優秀なサポーターなので周回/高難易度はもちろん、序盤からフレンドマーリンを頼っても役に立つ。踏み込んだ内容についてはこちらの運用や、相性のいいサーヴァントとあわせて解説していく。

2.様々な周回に採用可能

スキル「夢幻のカリスマ」の全体NP20付与効果は、NP50%礼装を装備したNP30~50チャージスキル持ちなどと組み合わせた宝具周回の起点になれる。マスター礼装「カルデア戦闘服」のオーダーチェンジやアーラシュの戦闘不能による4人目との交代で3連続の攻撃宝具が使用可能。

◆比較的相性のいいNP30%チャージ持ち

アーラシュ(★1)
周回で使うサーヴァントの代名詞。自身のスキル「弓矢作成」のスキルLv10でNP30%チャージ可能。
スパルタクス(★1)
アーラシュと並び、周回でよく使われるサーヴァント。自身のスキル「不屈の精神」のスキルLv10でNP30%チャージ可能。

3.クリティカルを周回にも取り入れやすい

スキル「幻術A」には3ターンの敵全体のクリティカル発生率DOWN効果もある。例えばキメラなどクリティカルが怖いエネミーへは1ターン目の使用も◎。2~3ターン目の大ダメージの予防になる。攻撃を受ける回数が増える長期戦では特に活躍する。

TIPS【クリティカル】
クリティカルはダメージが2倍、NP獲得量も2倍となり、スターも増えやすくなる。

4.「英雄作成EX」で安定して20~30万ダメージ

安定してクリティカルを狙えるだけのスターを得られるのであれば、周回においても「英雄作成EX」での最大6倍ダメージを前提とした編成を組めるようになる。B枚数が多く、スター集中持ちと相性が超良好。

中の人A相性がいいサーヴァントの項目で全体宝具が多段ヒットするサーヴァントをまとめてあります。
私はマーリン実装以降のイベント周回では、ボーナス礼装をつけたマーリンを借りて3WAVEはクリティカルで突破することが増えました。
強力な単体宝具のサーヴァントにだけ頼らなくてよくなり、選択肢が増えて楽しいです。

◆マーリン&呂布&狂ランスロットの周回運用動画

※動画中のランスロットは宝具Lv4ですが、運用には特に変化無いです
・フレンドマーリン(自前でも可)
・2Wave目でマーリンのスキル使用。スター発生率UPした後に宝具発動
・3Wave目で「英雄作成EX」入りBクリ
・動画中呂布と組ませているのは、呂布とランスロットのうちBの引きが偏った方がスター集中を行い、「英雄作成EX」を付与するため。

5.「英雄作成EX」の為の編成も◎

「英雄作成EX」でのダメージ上昇はゲーム中でも屈指の性能となっており、「英雄作成EX」の為の編成を組む価値がある。オーダーチェンジなどで登場し、確実なクリティカルをサポートできるサーヴァントの活躍の場となる。

中の人A同じく、こちらも相性のいいサーヴァントにまとめてあります。
クリティカルが成功する/しないで大きな違いとなってしまうので、確実なクリティカルを補助できるサーヴァントに大きな価値が産まれるようになりました。

6.大ダメージの予防にも使える「幻術A」

スキル「幻術A」には3ターンの敵全体のクリティカル発生率DOWN効果もある。例えばキメラなどクリティカルが怖いエネミーへは使用して1ターン目の使用も◎。2~3ターン目の大ダメージの予防にも、長期戦での予防にも使える。

7.効果を重ねやすい宝具

マーリンの宝具効果はすべて5ターンとなっており、Aチェインやクリティカルを意識した編成であれば簡単に2回分の宝具効果を重ねることができ、途切れのない回復が狙える。

8.OCとスター獲得を意識しよう

マーリンの5ターンのスター獲得はOCで獲得数が増える。マーリンの宝具チェイン2つ目以降を意識したい。OC2で2回分の効果を重ねることができると毎ターン20個のスター獲得が可能。更にスター獲得礼装やスキルで補うことで高確率のクリティカルが狙える。

TIPS【宝具とOC】
OC=OverChageの略。NPを貯めた量や、他の宝具と続けて宝具を発動するなどで値が上昇し、この値が上昇すればするほど宝具に付与された特定の効果が強化される。

9.クリティカルで王の話が止まらない

クリティカル時は2倍NPが稼げるようになる。宝具効果で安定したスター供給が可能になってくると宝具がまた撃ちやすくなってくる。王の話を止めない編成を意識すると高難易度などで特に有効。

マーリンと相性のいい概念礼装

1.通常使用であれば特に無い

マーリンは短期戦であれば宝具はあまり必要なく、攻撃性能よりもスキルが本体となるのでランチタイムなど経験値稼ぎ系や、イベントでボーナス効果を発揮する概念礼装を装備させやすい。

カルデア・ランチタイム(バランス型)
クエストクリア時に得られる絆EXPを2~10%増やす
旅の始まり(HP/ATK+50)
サポートで得られるフレンドポイントが+75される
英霊肖像(HP/ATK+50)
クエストクリア時に得られる絆を50増やす

2.クリティカルを狙う概念礼装

マーリンの宝具効果のスター獲得や、「英雄作成EX」のクリティカル威力UPを活かすにはスター獲得系の概念礼装と相性が良い。またスター獲得はOC依存となっているのでOCを上昇させるものとも相性がよい。

魔性菩薩(バランス型)
宝具使用時にOCを2上昇させる(1回)
戦闘開始時NP50~60%獲得
2030年の欠片(HP型)
毎ターンスター8~10個獲得状態を付与
至るべき場所(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
戦闘開始時NP30~50%獲得
ゴールデン捕鯉魚図(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
登場時にスターを15~20個獲得(1回)
オペレーション・フィオナ(バランス型)
B強化UP8~10%
登場時にスターを10~12個獲得(1回)

3.高難易度での定番装備

マーリンは防御力UP系のスキルは所持していない。概念礼装で補う、もしくは宝具をより多く使用して押し切る必要がある。NP稼ぎはクリティカル狙いや、毎ターン確実に入手するなど複数の手段があるのでクエストや編成ごとに選びたい。

鋼の鍛錬(HP型)
自身の防御力を15~20%アップする
2030年の欠片(HP型)
毎ターンスター8~10個獲得状態を付与
プリズマコスモス(バランス型)
自身に毎ターンNP8~10%獲得状態を付与する

マーリンと相性の良いキャラ

1.ダビデ

1.全体回避付与とB宝具が強烈

ダビデは全体回避付与のスキルを所持しており、必中や無敵貫通や強化解除のないサーヴァント相手であればマーリンとダビデが交互にスキルを使用することでお互いのスキル再使用が間に合うようになる。

2.ダビデは宝具効果も重要

ダビデの宝具効果はスキル封印。敵が宝具前に強化解除など特定のタイミングで厄介なスキルを使用する場合に有効。A3枚で宝具も撃ちやすく、NPさえ貯まっていれば再使用がしやすい。

3.ダビデはダメージも出せる

ダビデは★3の中では非常にATKが高く、全体の攻撃力UPスキルも所持している。B宝具にスターの集まりやすいアーチャークラスも利点になりやすく、チャンスがあれば「英雄作成EX」入りの宝具ABクリティカルで大ダメージが出せる。

中の人A敵がランサーではなければ勝てるのでは? というくらい強い組み合わせです。3人目はマーリンや玉藻の前が非常に良く、回避無敵手段が豊富でA枚数も既に6枚なのでマシュも選択肢に入ります。
ダビデの評価はこちら

2.玉藻の前

1.マーリンが宝具を発動しやすくなる

マーリンの最短5ターンの全体NP付与と宝具効果の毎ターンのNP付与と、玉藻の宝具効果のNP付与とスキルCT短縮が噛み合うので3人目のアタッカーがNPを稼ぐことが苦手でも3人の宝具を何度も撃ちやすくなる。

中の人A玉藻の宝具を撃つまでだけ時間がかかるので、真ん中にアマデウスを挟んでスター50個獲得からのA強化クリティカルで一気にNPを稼いでしまうと良いです。ターゲット集中概念礼装があるとアマデウスがすぐに戦闘不能になるので、超高難易度でもおすすめです。

2.マーリンの打たれ弱さが際立つ

玉藻は自身で高倍率の防御力UPスキルを所持しており、戦闘不能になりづらい。その為、長期戦の場合はマーリンからやられてしまうことが多い。3人目は宝具効果で攻撃力/クリティカル発生率DOWNを持つアタッカーにすると補いやすい。

中の人Aマーリンには鋼の鍛錬を装備させて、玉藻とマーリンの宝具&スキルの豊富な回復手段で押し切るということも十分可能です。

3.玉藻の前とマーリンで敵宝具を管理

玉藻はスキルLV10で確定のチャージ減スキルがあり、宝具効果のCT1減効果とあわせてマーリンの全体無敵付与スキルの再使用が敵宝具に間に合いやすくなる。3人目を宝具効果でチャージ減を持つアタッカーにするとさらに安定性が増す。

4.全てのスキル効果を活かす必要がない

マーリンの「英雄作成EX」と玉藻の「狐の嫁入りEX」はB強化とA強化で1人のアタッカーを強化する場合は噛み合いづらいが、どちらのスキルも複合効果を持っているので片方を回復スキルと割り切っても十二分に強い。

中の人Aこの組み合わせの場合、アタッカーがB/A宝具のどちらであっても大ダメージが出しやすくなります。
玉藻とマーリンを両方引いていればW玉藻でA宝具、WマーリンでB宝具と超強烈ですが、この2人であればどちらか片方引けていれば十二分に活躍できます。
玉藻の前の評価はこちら

3.万能に近い解決手段の最終兵器

1.不都合が起こる前にクリアできる

Wマーリンでの運用は敵に大ダメージを与えられ続け、毎ターンのHP&NP&スター獲得が行なえ、敵の宝具は2つの全体無敵付与スキルでかわすことができる。そのため、多くのクエストではこちらに不都合が起こる前にクリアできる。

2.Wマーリンは弱点を補い合える

Wマーリンは2つの「幻術A」を気軽に使用できるので敵の宝具をかわせるだけでなく、3ターンのクリティカル発生率DOWNを使い続けられるので戦闘不能になりづらい。

3.Wマーリンは利点を重ねられる

WマーリンはAチェインしやすくNP獲得スキルも2倍になったので宝具を撃ちやすい。2人の宝具をOCさせることでスター獲得数を上乗せして合計15個のスターが獲得可能。5ターンの効果中に2回の宝具OCで合計30個のスターが毎ターン獲得できる。

4.クリティカルが当たり前になる

OCを意識した「王の話」を4つ重ねると、多くの場合はクリティカルが発生することの方が多くなりAクリティカルでNPが更に稼ぎやすくなり更に宝具が撃ちやすくなる。この状態を維持することがWマーリンの目標となる。

5.四重の「王の話」は別次元

四重になったマーリンの宝具は毎ターンのNP獲得は20%になり、HP回復は宝具1であっても合計4000になる。Aチェインとクリティカルで2~3ターンに1度は宝具が撃てるようになる。

6.英雄作成は使い分けもできる

王の話が重なった状態であればスターも多く、クリティカルをしやすいので「英雄作成EX」での大ダメージは狙いやすくなる。アタッカーのBが複数枚来たら2つ重ねて使用してもよいし、次のターン狙いで分けて使用しても良い。

中の人Aこの辺りはブレイクゲージやガッツなどクエストごとに対応が変わると思います。
クリティカル成功する/しないでダメージが激変するので「直感」などのスター獲得スキルが非常に重要になってきます。あとひと押しのスターは確定クリティカル状況を産めます。
 

7.BBAAQのB宝具を3人目に

3人目のアタッカーはAチェインがしやすく、Bクリティカルが狙いやすく3ターンのB強化の恩恵の大きいB宝具が好ましい。なのでBBAAQのB宝具のサーヴァントが一番の好相性となる。

中の人Aアルジュナや武蔵といったB宝具にA3枚、B3枚といったサーヴァントも十分活躍可能です。Bクリティカルを狙う場面とAチェインを狙う場面の見分けが少し難しくなる程度です。

4.ATKが高ければ相性無視が可能

1.クラス混成の解答

チャレンジクエストなど高難易度のクエストはクラス混成の複数サーヴァントが出現する場合がある。その場合、アタッカーは敵ごとに変えるよりもATKが高くBが多く相性不利の少ないサーヴァントに任せるのが安定しやすい。

2.天草四郎&ジャンヌオルタを英雄に

天草四郎とジャンヌオルタはBBAAQのB宝具となっており、マーリンとのAチェインもしやすく「英雄作成EX」を受けてのB強化の恩恵も受けやすい。スター獲得/スター集中スキルもありクリティカルも狙いやすい。

3.ルーラー&アヴェンジャーは使い分け

天草四郎の宝具は全体へ強化解除をしてからのダメージなのでガッツや無敵などの敵スキル効果を無視することができる。ジャンヌオルタの宝具は単体だが強化無効を付与できる。どちらも高難易度など、厄介なスキルを使用する敵との相性が非常に良い。

中の人Aどちらも相性無視&敵スキルに依存しないという点が非常に魅力で複数/単体の敵数で使い分けができます。
高難易度は敵がサーヴァントであることが非常に多いので同じくBBAAQのB宝具で特攻持ちのギルガメッシュやニコラテスラも強力です。特にWマーリンであればギルガメッシュは防御系のスキルがないという弱点が消えます。

詳細な性能はこちら

5.序盤に頼りやすいマシュマーリン

1.防御力アップを補える

マーリンの宝具で持続的な回復と、スキルでの全体無敵付与。マシュはスキルと宝具での防御力UPとお互いの所持していない要素を補い合うことができる。

2.防御スキルを途切れさせないことが大事

全体防御力UPスキルを早めに使い、「奮い断つ決意の盾」をターゲット集中ではなくNP獲得量UPの効果目当てに使用していく。1枚目Aにした状態でマシュのAを3枚目に置くとNPが非常に貯まりやすく、宝具とスキルどちらかを途切れさせないことができる。

中の人Aマシュのスキルが上がってきた場合は、どちらかというとマシュはマーリンよりも玉藻の前やアンデルセンとの相性が良くなってきます。スキル補助に特化し、防御力UPを重ねやすいマシュの強みをより活かせるからです。

3.敵が単体宝具の場合、非常に有効

マーリンのスキルによる全体無敵付与と、マシュのターゲット集中+無敵付与スキルを交互に使用することでスキルの再使用を狙いやすい。

4.3人目はA枚数多めのアタッカー

3人目のアタッカーはB/A宝具でA枚数多めのアタッカーが好ましい。ある程度の難易度のクエストであれば、攻撃力/クリティカル発生率DOWNや追加の防御力UPや回避を持ったサーヴァントが好ましい。

5.ダビデと好相性

上記の条件で探していく場合、自身で防御スキルを所持しており全体回避付与で全体宝具を更にかわしやすくなるダビデは好相性となる。その場合、マシュのターゲット集中+無敵はマシュのNP稼ぎと割り切って使用できるようになる。

6.アタッカーを自分で用意する場合

フレンドからマーリンを連れてきている場合、自身でアタッカーを用意する必要がある。その場合はBAAAQでB宝具のサーヴァントや、BBAAQでB宝具が好ましいが、該当サーヴァントが高レアにしか存在しない場合も多い。その場合はいっそアタッカーを借りてしまうか、マーリンではなく玉藻や孔明の方が相性がよい場合も多い。

中の人Aマーリンは多くのサーヴァントが揃っている場合はほとんどのクエストに対応できますが、まだ揃い切っていない場合は他のサポーターの方が好ましい場合もあります。全体回避付与のダビデや、宝具での持続的な回復が可能なアンデルセンといった選択肢を持てると楽になれますので、マシュマーリンで苦戦する場合はずっと活躍できる子達ですので彼等の採用/育成もおすすめです。
マシュの評価はこちら

敵宝具を防いで耐久戦ができる候補

全体回避付与や全体無敵付与がもう1人使えることで、敵の全体宝具を簡単に防げるようになる。特にWマーリンやダビデとは安定性と攻撃力を同時に得られるので好相性。

ダビデ(★3)
・スキルで全体回避付与を所持
・A3枚B宝具でAチェインしやすく、B強化の対象にもできる
・宝具効果にスキル封印があり、宝具前に強化解除スキルを使用する敵にも対処可能
トリスタン(★4)
・スキルで全体回避付与を所持
・強化解除スキルもあり、無敵貫通や必中などを解除できる場合もある
マーリン(★5)
・スキルで全体無敵付与を所持
・全体無敵付与を気軽に使え、3ターンのクリティカル発生率DOWNを活かしやすい
・A3枚A宝具でAチェインしやすい
・Wマーリンの宝具をOC意識することで簡単に毎ターン30個のスターが手に入り、更に宝具が重ねやすくなる
マシュ
・敵が単体宝具であれば、ターゲット集中+無敵付与で対応できる
・全員に概念礼装「鋼の鍛錬」を装備させ、敵宝具にスキルと宝具を重ねることで全体宝具もある程度の対応は可能
・スキルMAX&凸であれば敵が攻撃力UPや防御力DOWNを付与しない限りダメージはほぼ0になる
ジャンヌ(★5)
・宝具で全体無敵付与を所持
・スキルではなく宝具なのでNPさえ貯まってしまえば再使用まで待たなくて良い
・スター獲得スキルもありクリティカル狙いも◎

敵宝具をチャージ減などで引き伸ばす候補

チャージ減やスタン付与などを使用することでマーリンのスキル再使用までの時間を作り、全体宝具を全体無敵付与でかわし続ける戦い方に向いたサーヴァント。1人だけではなく2人でこなせると安定しやすい。

オリオン(★5)
・A2枚のA宝具効果で確定のチャージ減
・攻撃&クリティカル発生率DOWNも所持
・防御力UPと回避も所持しており耐久性◎
・高難易度アタッカーの最適解の1人
玉藻の前(★5)
・A3枚のA宝具効果で全体NP付与、回復、CT1減
・スキル10で確定のチャージ減スキル所持
静謐のハサン(★3)
・A2枚のA宝具効果で確率でスキル&宝具封印効果
・確定のチャージ減スキルを所持
・スキルで宝具効果の確率UPが可能
水着アルトリア(★5)
・A2枚のA宝具効果で確率のチャージ減
・宝具を連発しやすいのでチャージ減を繰り返せる
・全体の防御力UPと、自身への回復スキルで耐久性が○
水着オルタ(★5)
・A2枚のQ宝具効果でクリティカル発生率DOWN
・CT1減できるスキルがマーリンと好相性
・Q強化1回の自身のスキルは、ダメージの高いQ宝具をAチェイン中心の運用では活かしやすい
弁慶(★2)
・A2枚のA宝具でスタン効果
・スキルで宝具&スキル封印が可能
・指定されたタイミングで厄介な行動をする高難易度で活躍
不夜城のキャスター(★5)
・A3枚のA宝具でAチェインがしやすい
・スキルMAXで確定のチャージ減を所持
・男性魅了を所持
・王相手の場合、大幅な攻撃DOWNが可能
*王の対象は非常に広く、エネミーにも多数存在している*
エウリュアレ(★3)
・A2枚のA宝具で男性魅了
・スキルで男性へ確率魅了が可能
・スキルで確率チャージ減が可能
メフィストフェレス(★3)
・3枚の防御無視のB宝具
・確率でチャージ減を所持
・スキルで5回の強化無効を付与
・無敵貫通などスキルや宝具で厄介な行動をする高難易度で活躍
カリギュラ(★2)
・A1枚のA宝具で3ターンの確率宝具&スキル封印
・NP稼ぎの問題点をマーリン&玉藻宝具のNP付与で補えればそもそも敵に宝具を撃たせない事が可能
・通常攻撃の非常に強いサーヴァントなので攻撃力UPやB強化やクリティカルの相性が◎

全体宝具でスターを稼ぎやすい周回向き

高HPのボスが出る直前のWAVEに敵3体に対して多段ヒットする全体宝具を使うことである程度のスターを稼ぐことができる。マーリンの「幻術A」のスター発生率UP効果を重ねると非常に安定してクリティカルを狙えるようになる。

ランスロット(★4)
・B3枚と高倍率のスター集中を所持
・クリティカル威力UPのスキルを所持
・相性を問わないバーサーカーなのでほとんどのクエストで採用可能
鈴鹿御前(★4)
・B2枚とNP獲得スキルを所持
・宝具効果で自身のクリティカル威力UP
アルトリア(リリィ)(★4)
・B2枚と全体NP獲得量UPスキルを所持
・スター獲得スキルでスターを追加できる
エミヤ(★4)
・B1枚なものの、高倍率のスター発生率UPを所持
・BAQ全てのカード強化を所持
・高倍率のクリティカル威力UPを所持
アタランテ(★4)
・B1枚なものの、大量のスター獲得が可能
・高倍率の全体Q強化を所持
・高威力なQ宝具のサーヴァントと組んだ際に非常に有用
織田信長(★4)
・B2枚にスター集中を所持
・クリティカル威力UPのスキルを所持
・神性への特攻と、騎乗特効スキルを所持
子ギル(★3)
・B2枚にB宝具で全体攻撃力UPスキル所持
ロムルス(★3)
・B2枚にB宝具で自身への大幅な攻撃力UPを所持
・皇帝特権は確率となるが、成功時は★5並のステータス
・B強化付与を所持
フランシス・ドレイク(★5)
・B2枚に宝具効果でスター獲得
・ライダーなのでスターが集まりやすい
・周回ではあわせづらいが、NPチャージスキルにスター獲得効果もあり
イスカンダル(★5)
・B2枚高威力でオーバーキルしやすい宝具
・B強化とスター発生率UPスキルを所持
・全体攻撃力UPと宝具威力UPを所持
・ライダークラスなのでスターが集まりやすい
ギルガメッシュ(キャスター)(★4)
・A3枚にA宝具でその後のクリティカルは狙いづらい
・全体攻撃力UPとスター発生率UPを所持
シェイクスピア(★2)
・A3枚にB宝具でその後のクリティカルは狙いづらい
・全体B強化と、単体へのスター発生率UPを所持
クレオパトラ(★5)
・B2枚にB宝具で自身へ大幅な攻撃力UPを所持
・皇帝特権は確率となるが、成功時は洒落にならないステータス
・スター獲得スキルでスターを追加できる
水着スカサハ(★4)
・Q3枚にQ宝具なものQ強化スキルを所持
・自身へのクリティカル威力UPでダメージを出せる
源頼光(★5)
・B2枚と高倍率のスター集中を所持
・B強化と、地・天属性特攻を所持
茶々(★4)
・スターを自身に集めづらいバーサーカークラス
・カードのヒット数が多く、自身の攻撃でもスターを稼ぎやすい
・スキルによりスターを獲得(※)
(※味方のスター集中率がダウンする効果があるが、倍率的にバーサーカー同士以外でほぼ影響なし)
ダレイオス(★3)
・スターを集めないので狙ったサーヴァントへスターを渡しやすい
巌窟王(★5)
・B2枚とスター獲得スキルを所持
・無敵貫通と攻撃力UPスキルを所持
・スターを集めないので狙ったサーヴァントへスターを渡しやすい

クリティカルを補助する組み合わせ

マーリンの「英雄作成EX」は超高倍率のクリティカル威力UPとなっており、クリティカルが成功しなかった際のダメージ差が非常に大きい。確実なクリティカルをサポートできるサーヴァント/概念礼装に大きな価値が産まれる。

アマデウス(★1)
・スキルで最大50個のスターを即時獲得できる
ヒロインX(オルタ)(★5)
・スター獲得とスターの偏りを起こせるスキルを所持
・スターを集めないバーサーカーのクラス特徴
・スター獲得礼装との併用でオーダーチェンジから2ターンのクリティカルも狙いやすい
ゴールデン捕鯉魚図(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
登場時にスターを15~20個獲得(1回)
オペレーション・フィオナ(バランス型)
B強化UP8~10%
登場時にスターを10~12個獲得(1回)

Bクリティカルを狙いやすいキャラ

スター集中スキルとスター獲得スキルをあわせて所持しているサーヴァントは自身だけでもBクリティカルを狙いやすい。

ランスロット(★4)
・B2枚にスター集中と獲得を所持
・NPチャージスキルとクリティカル威力UPも所持
水着アンメア(★4)
・B2枚とB宝具にスター集中と獲得を所持
・複数の攻撃力UPスキルも所持
アルトリア(槍)(★4)
・B2枚とB宝具にスター集中と獲得を所持
・攻撃力UPスキルとB強化も所持

マーリンのプロフィール2

イラストレーター/声優

イラストタイキ
▶イラストレーター一覧はこちら
担当声優櫻井孝宏
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

楽園の放浪者。
アーサー王伝説に登場する宮廷魔術師にして助言者、予言者。数多の敵や苦難を乗り越えんとするアーサー王を時に導き、時に悩ませ、時に助けた。
しかし、賢人であっても基本的には非人間。なにしろ夢魔と人間の混血である。
「人間の世界は大好きだが、個人個人となると、わりと、ほら、まあ、うん!よし、言わぬが花の気がしてきたぞぅ!」
この通り、別に人間の味方、という訳でもない。
最高位のキャスターの一人だが、本人は魔術を得意としていない。
なぜって呪文はかむからね。

パラメーター

筋力
B
耐久
E
敏捷
D
魔力
A
幸運
C
宝具
C

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──こんにちは、カルデアのマスター君。
私はマーリン。人呼んで花の魔術師。
気さくにマーリンさんと呼んでくれ。
堅苦しいのは苦手なんだ。。

1段階目

霊基再臨とは、また面白いシステムだ。
随分と手間がかかっただろう?その苦労に報いるとしようか。

2段階目

なに、先は長いんだ。
気楽にいこう。

3段階目

さて、霊格の強化はここでお終いだ。
ここから先は趣味の世界だが、君は諦めそうにないな。

最終再臨

おめでとう!君がここまで凝り性とは思わなかった。全く嬉しい誤算だとも!
グランドキャスターの名に恥じない活躍を約束……はできないけど、努力することを誓わせてもらうよ、マスター。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:178cm・68kg
出典:アーサー王伝説、その他
地域:西欧諸国
属性:秩序・善   性別:男性
「呪文を使わないのか、だって?
喋るより殴った方が早いのに?」

絆Lv.2で開放

母はウェールズ王妃であったとされるが、父に
ついては月と大地との間に生きる超自然的な
夢魔であったとされる。
年若くして多くの予言を行ったという。中でもマーリンの名を広く知らしめるに至った
預言が、エリル山の地下に眠る赤と白の竜の
存在を言い当てた後、目覚めた赤き竜と白き竜が
互いに戦うさまを語ったものである。マーリンの予言として後世に伝わったその言葉は
赤き竜はブリテンを示し、
白き竜はサクソンを示すし、
偉大なる王の下にやがてブリテンは力を集め、
ガリアとローマを制するであろう――――
といった内容だった。
彼は他にも多くの予言を残し、中には戦争や
王の死に関わるものさえあった。マーリンはアーサーの父ウーサー・ペンドラゴン
と妃の結婚を手助けし、アーサー王を誕生の
以前から見守り、逸話によっては幼いアーサーに
多くを教え、その成長を見届けた義父のような
存在であったという。

絆Lv.3で開放

『永久に閉ざされた理想郷』
ランク:C 種別:対人宝具
ガーデン・オブ・アヴァロン。
マーリンが今も幽閉されている『塔』を
周囲に再現する。
地面には花が咲き乱れ、どのような暗闇・地獄で
あろうと暖かな陽差しが差し込む。
たとえ彼に許された空間がわずか十メートル
四方の牢獄であり、彼に与えられた風景が
遥か上空にある切り取られた空だけであろうと、
そこは理想郷として在り続ける。花の魔術師マーリンいるところ、
そこは地獄ではなく、希望に満ちた大地とならん。幻術:A
人を惑わす魔術。精神への介入、現実世界への
虚像投影などを指す。
Aランクともなると精神世界における悪夢は
もちろん、現実においても一つの村程度の
虚像を軽く作り上げ、人々を欺くことが出来る。

絆Lv.4で開放

草原に吹く風のような青年。
彼の前では誰もが肩の力を抜いてしまう、
爽やかな正義の人。
ただどうも緊張感やら責任感が欠如しているよう
に見える為、胡散臭い詐欺師に見られる事も。
物事を客観的に捉え、人間世界は残酷なものと
認めながらも
『でも、それだと楽しくはないだろう?』と
明るいものに変えていく弁士でもある。人間の世界好き、悪戯好き、女の子好き。
たいていの事は「まあまあ」と爽やかな笑顔で
切り替えしていく花の魔術師。何の悩みもないパーフェクトハッピーな人格に
見られがちだが、マーリン自身、自分が
人間社会において異物だと自覚しているので
最後の一歩……親友といえる壁……を壊せない。
最終的に、人類がハッピーなオチになるよう、
日夜世界を見守っている。

絆Lv.5で開放

英雄作成:EX
王を人為的に誕生させ、育てる技術。
アーサー王の真の父と言えるマーリンは、
世界でも有数のキングメイカーとして知られる。混血:EX
人間以外のヒトの血が混ざっている。
マーリンは夢魔との混血とされ、夢魔としての
特性を完全に受け継いでいる。単独顕現:A
単体で現世に現れるスキル。
本来、マーリンは英霊として召喚されない。
どのような未来においても死亡していない為だ。
彼がサーヴァントとしてマスターに仕えるのは
個人的な欲望の発散、
ありていにいえば趣味である。
彼はその趣味を実現させるため、ある特殊クラス
しか持ち得ないこのスキルを自力で獲得し、
サーヴァントとして召喚されるフリをしている。

第七特異点をクリア・絆Lv.5で開放

優れた千里眼を持ち、円卓の崩壊もブリテンの
危機もすべてが見えていたにも関わらず、
アーサー王に伝える事なくブリテンを後にした。マーリンがなぜアーサー王に運命を伝えなかった
かは諸説様々だが、彼は個人には肩入れせず、
運命だけを愛するものだったからでは、と
言われている。その後、マーリンは理想郷アヴァロンに渡り、
そこで自ら『塔』に幽閉された。
死ぬ事もできず、この世の終わりまで
人間の世界を見届けること。
……それが、遊び気分でひとりの少女の運命に
関わった、愚かな男の末路だと言うかのように。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

最果ての塔

そこは色とりどりの花が咲き乱れる最後の楽園。昼は春の陽差しと夏の匂いに満たされ、夜は秋の空気と冬の星空に覆われる。地には花々と虫たち。森には水と緑と獣たち。そして水場には見目麗しい妖精たち。神話において常春の国とも、林檎の島とも呼ばれた小世界。知恵持つ獣(けもの)には叶えようのない、辿り着きようのない理想郷(ユートピア)。その名をアヴァロン。星の内海―――地球という惑星が持つ魂、その置き場所の別名。その場所で、男は自ら道を閉ざした。幽閉塔に身を置き、星の終わりまで死ねない未来を選択した。もう見るべきものは見た。―――いや。十分すぎるほど、美しいものは見たからだ。「さあ、お行きキャスパリーグ。ボクはここでいい。おまえは自由に、本当に美しいものに触れてきなさい」男は何の感慨もなく、最後の同居人を窓から離した。魔術師は飽きる事なく、唯一の窓から世界を見渡した。これはただそれだけの、世界の終わりのおとぎ話。

「最果ての塔」の詳細な性能はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!
この記事を読んだ人におすすめ

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中