FGO
FGO攻略wiki
クーフーリン(オルタ)の評価と再臨素材

クーフーリン(オルタ)の評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【NEWS更新】ローソンコラボの詳細が発表!

FGO(Fate/Grand Order)に登場するクーフーリン(オルタ)の評価を掲載。スキルやNP効率、再臨素材や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のクーフーリン(オルタ)運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

その他のクーフーリンはこちら

スポンサーリンク

クーフーリン(オルタ)の評価と主要データ0

──クー・フーリン。
召喚に応じ参上した。
……俺の色がお前に関係あるのか?

主要なデータ

クラスバーサーカー(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
3HIT
A:
3HIT
Q:
4HIT
EX:
5HIT
宝具:
12HIT
属性混沌 / 悪 / 地属性
▶天地人一覧はこちら
特性神性 / 愛する者
▶特性一覧はこちら
入手方法五章クリアでストーリーガチャに追加
HP / ATK12210 / 12805(Lv最大時)
スキル1精霊の狂騒A【CT:8~6】
敵全体のクリティカル発生ダウン(3T)[Lv.1〜]
攻撃力ダウン[Lv.1〜]
スキル2矢避けの加護C【CT:7~5】
自身に回避状態を付与(2回)
防御力アップ[Lv.1〜]
スキル3戦闘続行A【CT:9~7】
自身にガッツ状態を付与[Lv.1〜]
宝具「噛み砕く死牙の獣」
1ターン自身の攻撃/防御アップ[OCで変動]敵単体に超強力な攻撃[Lvで強化]
クラススキル狂化EX:
Busterカードの性能を6%アップ(ランクC相当)
神性C:
与ダメージ150プラス状態を付与
合計
再臨素材
×17×17
×6×22×6×8
合計スキル
強化素材
×17×17×17×1
×9×44×20×48

特徴と評価の理由

評価:〔S〕
最良。所持しているなら必ず育成したい。
・生存力の高い、相性を問わない強アタッカー
・回避2回スキルを即使う事で、再使用が狙える
・回避→回避再使用→ガッツで最後まで活躍可能
・防御性能の高いスキルもあり高難易度にも対応
・イベント含めストーリーでは大半を任せられる
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。絆礼装大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

基本的に「全く使えない」「弱い」と断言できるサーヴァントはゲームにほぼ存在しないので、パーティの構成難度や育成優先度などをメインに検討。

[S]別格。
所持している場合、全プレイヤーが育成すべきサーヴァント。
[A]育成優先度が高い部類。
明確な強みがあり、分かりやすく優秀なサーヴァント。
大体が万人におすすめできる性能。
[B]競合相手が居るが、キャラが揃うまではずっと第一線で使える性能。
もしくは自己完結しておらず、単体のみでは活躍しにくい場面があるタイプ。
[C]競合相手が多く、手持ちのサーヴァント次第では採用頻度が減るタイプ。
好きなら問題なく使っていけるだけの性能はある。
[D]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]単体での評価が不能。上記どこにも属さない。
特定の状況に特化、もしくは専用PTを組むことで輝くタイプ。ゲームシステムの理解度で評価が変わるサーヴァント。
大体の場合上級者向け。
スポンサーリンク

クーフーリン(オルタ)のスキル/宝具0

宝具「噛み砕く死牙の獣」クリード・コインヘン

──全呪解放。
加減はなしだ。絶望に挑むがいい。
──『噛み砕く死牙の獣』!

1ターンの間
自身の攻撃力&防御力アップ
OC1:
30
OC2:
40
OC3:
50
OC4:
60
OC5:
70
敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
600
Lv2:
800
Lv3:
900
Lv4:
950
Lv5:
1000

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『精霊の狂騒A』

【効果】
敵全体のクリティカル発生ダウン(3T)[Lv.1〜]
攻撃力ダウン[Lv.1〜]

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

3ターンの間
攻撃力をダウン
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:
20

スキル2『矢避けの加護C』

【効果】
自身に回避状態を付与(2回)
防御力アップ[Lv.1〜]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

3ターンの間
防御力をアップ
Lv1:
7
Lv2:
7.7
Lv3:
8.4
Lv4:
9.1
Lv5:
9.8
Lv6:
10.5
Lv7:
11.2
Lv8:
11.9
Lv9:
12.6
Lv10:
14

スキル3『戦闘続行A』

【効果】
自身にガッツ状態を付与[Lv.1〜]

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

5ターンの間1回のみ発動
自身にガッツ状態を付与
Lv1:
1000
Lv2:
1150
Lv3:
1300
Lv4:
1450
Lv5:
1600
Lv6:
1750
Lv7:
1900
Lv8:
2050
Lv9:
2200
Lv10:
2500

クラススキル

狂化EXBusterカードの性能を6%アップ(ランクC相当)
神性C与ダメージ150プラス状態を付与
クラススキル一覧はこちら
スポンサーリンク

ステータス徹底解析

クーフーリン(オルタ)のHP

Lv90
12210
108位 / 182体
以降は聖杯転臨
Lv100
13377
108位 / 182体

クーフーリン(オルタ)のATK

Lv90
12805
2位 / 182体
以降は聖杯転臨
Lv100
14017
2位 / 182体

再臨・スキル強化素材必要個数0

再臨必要素材

1段階バーサーカーピースx5
2段階バーサーカーピースx12
凶骨x22
3段階バーサーカーモニュメントx5
混沌の爪x6
蛮神の心臓x2
最終再臨バーサーカーモニュメントx12
蛮神の心臓x4
血の涙石x8
合計数×17×17
×6×22×6×8

スキル強化必要素材

Lv1狂の輝石x5
Lv2狂の輝石x12
Lv3狂の魔石x5
Lv4狂の魔石x12
混沌の爪x3
Lv5狂の秘石x5
混沌の爪x6
Lv6狂の秘石x12
凶骨x15
Lv7凶骨x29
蛇の宝玉x5
Lv8蛇の宝玉x15
虚影の塵x48
Lv9伝承結晶x1
合計数×17×17×17×1
×9×44×20×48
スポンサーリンク

クーフーリン(オルタ)の強い点/弱い点

クーフーリン(オルタ)の強い点(長所)

1.スタメンに最適なバーサーカー

狂化のランクは低いものの、ATKが非常に高く全てのカードでダメージを出しやすいアタッカー。回数回避やガッツなど生存力にも優れており、編成次第ではスタメンから最後の1人まで通して活躍できる希少なバーサーカー。

▲ストーリー序盤であれば一撃でエネミーを倒してくれるので頼りやすい。

2.高難易度で活躍しやすい

ほぼ相性を問わずに1.5倍のダメージを与えられるので高難易度でのアタッカーとしても優秀。ターゲット集中&防御系のサーヴァントとの相性が良く、クーフーリン(オルタ)を守っているだけでクリアできてしまうことも多い。

3.バーサーカーで屈指の耐久性を持つ

スキル「矢避けの加護C」は自身へ2回の回避を付与する効果。バーサーカーの打たれ弱さを補える強力なスキル。攻撃されるまで効果は残り続け、CT7~5と再使用までも短いのでなるべく早めに使用したい。

▲回避が残っている状態でスキルを使用してしまうと、回数追加ではなく回避付与失敗扱いになるので要注意。

4.優れた効果のあるB単体宝具

クーフーリン(オルタ)の宝具は1ターン、自身の攻撃力&防御力UPを行った後にダメージを与える単体攻撃宝具。どちらも倍率が高く、OCで10%ずつ上昇する。そのターンのダメージも伸びるので可能であれば宝具ブレイブを狙いたい。

▲宝具効果がダメージよりも先の宝具は、基本的には有用。

5.高難易度でも使いやすい防御スキル

スキル「精霊の狂騒A」は敵全体へ3ターンのクリティカル発生率&攻撃力DOWNの効果。敵クリティカルの大ダメージを予防できるだけでなく、確実にダメージも減らすことができる。

中の人A基本的にはターゲット集中に守ってもらえる場合は早めに、そうでなければ自身の矢避けがなくなりそうな際に使用すると良いです。

6.使い勝手のよいガッツスキル

スキル「戦闘続行A」は5ターンの間、自身に1回のガッツ付与の効果。効果ターンが長く、矢避けの回避が無くなる前に気軽に使いやすい。

クーフーリン(オルタ)の弱い点(短所)

1.宝具周回にはあまり向かない

非常に優秀なバーサーカーだが、じっくり戦い続けるための性能となっている。スター集中&クリティカル威力UPといった1ターンで数十万のダメージを出す運用には向きづらい。

中の人AATKがトップクラスに高くB3枚B宝具なので、出来ないこともないです。
ですが1ターンの大ダメージを狙うにはより向いているサーヴァントは多く、持ち味ではないぐらいの意味です。サーヴァント揃ってなければ普通に周回には使いますしね。

2.自身が毎ターン攻撃を受けるクエストは苦手

クーフーリン(オルタ)は基本的に回避スキルなどでダメージを受ける回数を減らすことで高い耐久性を持つ。そのため繰り返しの全体攻撃や必中・無敵貫通を使用する敵であれば、クーフーリン(オルタ)の採用は向いていない可能性がある。

3.ダメージを食らいやすい

回避やガッツなどでダメージを避けることは得意なものの、攻撃を受けた場合はバーサーカーの共通の問題としてほぼどのクラスからも2倍のダメージを受けてしまう。打たれ弱さについては変わらない。

クーフーリン(オルタ)の運用

1.ターゲット集中持ちと好相性

スキル「矢避けの加護C」の回避付与2回は、自身が攻撃を受けるまで残るので3ターンのターゲット集中持ちと好相性。ターゲット集中スキルの効果の切れ目を回避付与2回やガッツで耐えきる、もしくは温存したままのスキル再使用が狙いやすい。

中の人A手っ取り早いのはLV1レオニダス、育てたゲオルギウス~デオンやバトンを繋いでいく形です。鍛えたゲオルギウスと孔明を組ませてマスター礼装アトラス院を組み合わせると相当粘ってくれます。

2.矢避けの温存は効果大

回避付与2回の効果とターゲット集中を途切れずに使用できると、敵の全体宝具など重要な攻撃だけをかわし続けることができる。全体宝具までCT3の敵アーチャーにも対応がしやすい。

3.概念礼装「月霊髄液」と好相性

回避付与2回持ちのクーフーリン(オルタ)は無敵付与3回の概念礼装「月霊髄液」と特に好相性。回避と無敵は同時に使用することができ、攻撃を受けた際は無敵の回数が先に消費されて合計5回の攻撃を耐えらえる。

中の人AFGOは似た性能のものを重ねると効果を活かしやすいの典型例です。
スキルの再使用で7回。更にHPやガッツと耐えながらの反撃を簡単に行なえます。

4.最後の1人になってからも強い

ターゲット集中や防御系サーヴァントを揃えていた場合、クーフーリン(オルタ)は最後の1人まで生き残りやすい。ガッツの仕様や、スキルの使用タイミングなどを心がけることで数ターン敵の攻撃を耐えながら攻撃し続けることができる。

TIPS:【ガッツの特殊な仕様】
最後の1人のサーヴァントがガッツを使用した場合、敵の行動回数が残っていても行動終了する。
ガッツで復活した後、次の攻撃で戦闘不能になることなく1ターンしのげる。敵のAI設定など、何らかの理由で行動する場合もある。

5.防御力UP系は重ねると強い

スキル「矢避けの加護C」には3ターンの防御力UP効果もある。回避付与がなくなっても、スキルと宝具の攻撃力DOWNとあわせることで大幅なダメージ減が可能。敵から集中攻撃を食らっても1ターンであればHPで耐えきりやすい。

TIPS【防御力の倍率】
防御力40%の場合、敵からのダメージは約4割減となる。
防御力100%の場合、ダメージはほぼ0となる。敵への攻撃力DOWNも基本的には加算される。

6.概念礼装「魔性菩薩」と好相性

クーフーリン(オルタ)の宝具効果の攻撃力&防御力UPはOCで10%の上昇と伸びが非常に良い。NP50チャージ+OC2上昇1回の効果を持つ概念礼装「魔性菩薩」を装備した場合、宝具だけで50%。スキル2つを重ねた場合、67~84%のダメージ減が可能となる。

7.敵の宝具はガッツで受けるのも◎

自身が戦闘不能になった場合、被オーバーキルとして攻撃を受けた際のNPは1.5倍得ることができる。回避ではなく自身へガッツを使用し、敵の宝具であえて戦闘不能になることでNPを大きく稼ぐこともできる。

TIPS:【被攻撃時のNP獲得】
攻撃を受けると1ヒットごとにNPを獲得できる。敵により1攻撃のヒット数は変わる他、若干の増減がかかる場合もある。

剣/弓/騎/術/盾/裁/月はNP3:槍/殺/分はNP4
狂/讐はNP5:アストルフォは例外的にNP1

スポンサーリンク

1人になってからの戦い方例

※汎用的な運用例です。

1人でも7~8ターンの生存が狙える

概念礼装の補助や、自身のスキルの育成・使用の仕方で敵の攻撃をかわしながら7~8ターン攻撃し続けることができる。あくまで理想形だが、ストーリーボスやチャレンジクエストでも似た動きは可能。

事前準備

基本的にはマスター礼装「アトラス院」&概念礼装「月霊髄液」を使用する。礼装の無敵3回、スキルの回避2回の付与状態を維持するため、ターゲット集中持ちのサポーターに守ってもらいながらCTを稼ぐ。「矢避けの加護」を再使用できる状態にし、ガッツも使用。この状態で、最後の1人の状態に持ち込む。

1~2ターン目

事前に使用していた回避スキルと、概念礼装の無敵(効果が残っていれば)で耐える。

3ターン目

攻撃力DOWN&クリティカル発生率DOWNスキルや事前にCTを消化していた回避スキルを使用。回避スキルが使用できなかった場合でもHPで敵の攻撃を受け切る。

▲予想外のダメージを受けてしまうと、のちの数ターンに影響する。予期せぬクリティカルを防げるのは非常にありがたい。

4~5ターン目

宝具の防御力UPで通常攻撃を耐え、敵宝具はガッツで受けてNPを貯める。耐え切れない場合は、マスター礼装の無敵スキルを使用することも視野に入れよう。

6~7ターン目

マスター礼装のCT2減少スキルを使用し、回避やガッツスキルを再使用できる状態にする。ここまででブレイブチェインが8回ほど行えるため、多くのストーリーボスは倒すことができる。

似た性能の2人が並んでも強い

上記の戦い方は、フレンドとあわせて2人のクーフーリン(オルタ)を並べるのもよい。2人の状態ではどちらかは必ずブレイブチェインを行え、スキルも2倍使用できる。どちらかが深手を負ったタイミングでマスタースキルをどちらかに偏らせるとよい。

クーフーリン(オルタ)と相性のいい概念礼装

1.打たれ弱さを補う礼装

バーサーカーの打たれ弱さを補う場合、短期戦であれば無敵付与。自身の防御力UPなどを活かす場合は防御力UPなどが選択肢となる。

月霊髄液(HP型)
自身に無敵状態を3回付与
与ダメージプラス200~500状態を付与
メルティ・スイートハート(HP型)
自身の〔男性〕に対する防御力100%UPを3回付与
スター発生率UP10~20%
鋼の鍛錬(HP型)
自身の防御力を15~20%アップする
目醒め前(ATK型)
BAQカード強化8~10%獲得
自身の防御力を8~10%アップする

2.宝具を撃ちやすいチャージ系礼装

回避があれば攻撃対象になっても戦闘不能になりづらいバーサーカーなので概念礼装でNP50%ほど補えれば十分に宝具を撃ちやすい。通常攻撃を補える概念礼装が基本的には好ましいが、敵のヒット数が多い場合はNP獲得量UPも選択肢になる。

ファースト・サンライズ(ATK型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
B性能UP15~20%
王の相伴(ATK型)
戦闘開始時NP50~60%獲得
B性能UP10~15%
ゴールデン相撲~岩場所~(ATK型)
自身の攻撃力UP10~15%
戦闘開始時NP30~50%獲得
魔性菩薩(バランス型)
宝具使用時にOCを2上昇させる(1回)
戦闘開始時NP50~60%獲得
宝具の攻撃&防御UPが30%→50%に
蒼玉の魔法少女(ATK型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
NP獲得量UP25~30%
ハロウィン・プチデビル(ATK型)
戦闘開始時NP50~60%獲得
NP獲得量UP20~25%

3.クリティカルをサポート

クーフーリン(オルタ)は自身へスターが集まりづらいので、20~30個のスターがあると残り2名のクリティカルが狙いやすい。1人では確保しづらいので編成全体で補う必要がある。

カルデアを導く乙女(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
B強化10~15%
壬生狼(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
BQ強化8~10%
至るべき場所(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
戦闘開始時NP30~50%獲得
2030年の欠片(HP型)
毎ターンスター8~10個獲得状態を付与

4.通常攻撃を高める礼装

クーフーリン(オルタ)は通常攻撃のダメージが大きい。ATK型の礼装などでそれだけを補うだけでも十分な強さを発揮できる。B強化や特攻などを選べると使用しやすい。

リミテッド/ゼロオーバー(ATK型)
A強化25~30%
死の芸術(ATK型)
自身に[人型]特攻状態を25~30%付与
我らが征くは星の大海(ATK型)
NP獲得量UP15~20%
B強化15~20%
スポンサーリンク

クーフーリン(オルタ)と相性の良いキャラ

1.3ターンのターゲット集中は強い

1.メリットの大きいターゲット集中

ゲオルギウスは3ターンのターゲット集中スキルを持っており、クーフーリン(オルタ)の被ダメージ回数を簡単に減らすことができる。スキル「矢避けの加護」の使用回数も守りつつ、再使用までの時間も稼ぐことができる。

2.LV1から役に立つ

ゲオルギウスはLV1からターゲット集中スキルを使用できるので、LV1の段階で採用しても1ターン守りきることができる。LV1のレオニダス。LV1の水着スカサハも同様の使い方ができる。

TIPS:【ターゲット集中の特殊な仕様】
ターゲット集中持ちのサーヴァントが戦闘不能になった場合、敵はスキルだけを使用して行動終了する場合がある。
敵のAI設定など、何らかの理由で行動を行う場合もある。

3.育成で更に役立つ

ゲオルギウスのターゲット集中スキルと宝具には防御力UPの効果もあり、概念礼装「鋼の鍛錬」などの併用で被ダメージを大幅に軽減できる。HP回復スキルもあり、3ターン耐えきりやすい。

4.スキルの再使用もしやすい

ゲオルギウスのターゲット集中スキルはCT7~5と再使用がしやすい。スキルLV6~10まで上げると高難易度ふくめて多くの場面で活躍できる。スキル再使用まで2~3ターンであればクーフーリン(オルタ)は回避2回の効果で耐えやすい。

5.3人目のおすすめ

ゲオルギウス自身のATKは低い。3人目はダメージの出せる各クラスのアタッカーであればゲオルギウスの弱点を補いやすい。マシュや孔明などで防御力の長所を伸ばすのもよい。

6.バーサーカー2名も選びやすい

ゲオルギウスが生存している限り、全体攻撃以外のダメージを食らうことはほぼないのでバーサーカー2名の採用でも十分に活躍できる。ナイチンゲールであればゲオルギウスの回復も行える。

7.4人目のおすすめ

ゲオルギウスにダメージが集中するので戦闘不能になりやすい。4人目以降にも同様にターゲット集中スキルや礼装を持ったサーヴァントを並べておくとバーサーカーを守り続けやすい。

ゲオルギウスの評価はこちら

2.矢避けは並べると強い

1.ターゲット集中役がいれば安泰

ゲオルギウスやデオンなどのターゲット集中役を採用した場合、ダメージを受けないことのメリットが大きいサーヴァントとして自身も有力な候補となる。

2.4人目以降も守り続けるのもおすすめ

4人目以降も複数ターンのターゲット集中役を採用した場合、ほとんどダメージを受けずに回避回数を温存することができる。2~3ターンであればターゲット集中スキルのない状況でも耐えやすい。

3.「精霊の狂騒A」の使い勝手が増す

スキル「精霊の狂騒A」を合計2回使えるようになるので重ねての攻撃力DOWN用途や、ズラして使用してクリティカル発生率DOWNを期待するなどクエストにあわせた使い方ができるようになる。

4.最後の2人になってからも強い

クーフーリン(オルタ)以外をターゲット集中持ちで固めると簡単に2人だけが残った状態を作れる。回避やガッツなどのスキルの使い方次第で毎ターンブレイブチェインをしながら二桁近いターンを耐えることもできる。

クーフーリン〔オルタ〕の評価はこちら

3.攻撃補助や防御も頼れる後輩「マシュ」

1.1ターン目から被ダメージを大幅軽減

マシュのAがあるタイミングで「奮い断つ決意の盾」を使用し、NP獲得量UP状態でマシュのAカードを3枚目に置くことでNPを大きく稼げる。この運用を続けることで宝具&スキルの防御力UPが途切れづらくなる。

2.敵の全体宝具は防御力で防げる

クーフーリン(オルタ)の攻撃力DOWNと防御力UPと、マシュのスキル&宝具を重ねることで敵のダメージを大幅に減らせる。回避や無敵に頼らない敵の宝具対策が可能。

TIPS【防御力の倍率】
防御力40%UPの場合、敵からのダメージは約4割減となり、防御力100%UPの場合のダメージはほぼ0となる。敵への攻撃力DOWNの倍率も防御UPとほぼ同じものとして加算してしまって良い。

3.バーサーカーを守りやすい

マシュばBBAAQとB2枚のカードがあり、B3枚のバーサーカーとのBチェインでのダメージ底上げも狙いやすい。特にサーヴァント間の相性を考えなくても防御力UPやターゲット集中、無敵付与は生存に繋がるので組ませやすい。

4.6人目の採用もおすすめ

マシュとクーフーリン(オルタ)は揃ってスタメンでの採用も活躍できるが、6人目に採用しておくとクーフーリン(オルタ)を最後の1人を強化した状態で戦闘不能になりやすい。

5.スムーズな退場の仕方

敵の全体宝具にあわせてスキルや宝具で防御力UPを残しておき、クーフーリン(オルタ)だけに無敵付与をした退場。単体宝具やチャージ攻撃にあわせたターゲット集中を行えると運に頼らずクーフーリン(オルタ)を1人の状態に残すことができる。

マシュの評価はこちら

W攻撃力UPが可能

クーフーリン(オルタ)は悪・男性・神性と複数のW攻撃力UPの対象となっている。相性のいいクラスであれば採用も検討したい。

新宿のアーチャー(★5)
・A3枚のB単体宝具
・悪属性へ攻撃力UPが2回入るスキルがあり大ダメージを与えやすい
メイヴ(★5)
・A2枚のB単体男性特攻宝具
・男性へ攻撃力UPが2回入るスキルがあり大ダメージを与えやすい
・メイヴにスターが集まりやすく、クリティカルで補えれば対キャスター以外のクエストでも使用しやすい
ステンノ(★4)
・神性持ちへ攻撃力UPが2回入るスキルがあり大ダメージを与えやすい
・ステンノ自身にも入り、地属性のワイバーンなどへは非常に好相性
・オーダーチェンジで攻撃力UPを行うだけでも活躍しやすい

主なターゲット集中持ち

自身の矢避けを守る、最後の1人の状態にスムーズに持ち込むなど多くの場面でターゲット集中持ちとの相性は良い。概念礼装「ぐだぐだ看板娘」があれば、どのサーヴァントでも似た活躍が可能。

ぐだぐだ看板娘(HP型)
自身に3ターンターゲット集中状態を付与
3ターン攻撃力UP60~80%
3ターン誰でも盾になれる
デオン(★4)
・3ターンのタゲ集中スキルで守れる
・ステータスが高くB2枚でダメージがだせる
パッションリップ(★4)
・再使用しやすいタゲ集中スキルを所持
・自身のクラス相性で混成クエストに強い
レオニダス(★2)
・ターゲット集中スキル&宝具を所持
・更に全体B強化がある
ヴラド(EXTRA)(★4)
・タゲ集中スキルであと1ターンの生存を狙える
・スター獲得スキルもあり3人目次第でクリティカルも◎
フィン(★4)
・再使用しづらいがターゲット集中スキルを所持
弁慶(★2)
・タゲ集中スキルであと1ターンの生存を狙える
・スキルで宝具&スキル封印が可能
・指定されたタイミングで厄介な行動をする高難易度で活躍
水着スカサハ(★4)
・タゲ集中スキルであと1ターンの生存を狙える
・全体宝具で大量スター獲得可能
水着ニトクリス(★4)
・タゲ集中スキルであと1ターンの生存を狙える
被ダメージでNPを貯めての連続宝具も狙いやすい
エミヤ(殺)(★4)
・タゲ集中付与スキルであと1ターンの生存を狙える
・任意のサーヴァントのHPを減らす目的でも使用可能
玄奘三蔵(★5)
・タゲ集中スキルであと1ターンの生存を狙える
・NPが貯まりやすく連続宝具も狙いやすい

並べやすいバーサーカー

ターゲット集中持ちがいて、防御面に心配が少ない際に並べやすいバーサーカー。基本的にはサポートもできるか、ATKが高いものがよい。

エルドラドのバーサーカー(★4)
・全体攻撃力&B強化スキルを所持
・ターゲット集中持ちと組むことで、自身の防御スキルの無さを補いやすい
茨木童子(★4)
・全体攻撃力UPスキルを所持
・自身への防御力UPと回復があり、ターゲット集中の回復待ちのターンも耐えやすい
ナイチンゲール(★5)
・高倍率のB強化付与を所持
・使いやすい回復スキルでターゲット集中持ちのフォローが可能
・人型防御である程度のダメージ減が可能
カリギュラ(★2)
・通常攻撃でダメージを出しやすい
・自身のスキルとATK型礼装やATKフォウで星4~5バーサーカーに迫るダメージを出せる
ランスロット(★4)
・B3枚と高倍率のスター集中を所持
・クリティカル威力UPのスキルを所持
・ライダーからもスターを集めやすく、僅かなスターからでもクリティカルを狙いやすい
土方歳三(★5)
・HPが減ることでクリティカル&宝具威力が上昇
・ターゲット集中で減ったダメージの維持がしやすい
・スター獲得を補う必要がある
スポンサーリンク

クーフーリン(オルタ)のプロフィール0

イラストレーター/声優

イラストしまどりる
▶イラストレーター一覧はこちら
担当声優神奈延年
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

ケルト・アルスター伝説の勇士。赤枝騎士団の一員にしてアルスター最強の戦士であり、異界「影の国」の盟主スカサハから授かった無敵の魔槍術を駆使して勇名を馳せた。通常とは異なりバーサーカーとして現界している。何らかの要員によって全身の装備が変化し、性格も反転。表情は冷酷、宝具である魔槍も黒混じりの赤となっており、禍々しい気配を湛えている。

パラメーター

筋力
A
耐久
B+
敏捷
A+
魔力
C
幸運
D
宝具
A

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──クー・フーリン。
召喚に応じ参上した。
……俺の色がお前に関係あるのか?

1段階目

だいぶ力を取り戻したというところか。

2段階目

フン、いいだろう。

3段階目

俺をここまで信頼するとは。豪胆なのか愚かなのか。。

最終再臨

打ち止めだ。これ以上は無意味だな。
呆れたマスターだ。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:185㎝・72㎏
出典:ケルト神話
地域:欧州
属性:混沌・悪  性別:男性
ルーン魔術は己の肉体の補強のみに使用している。

絆Lv.2で開放

精霊の狂騒:A
クー・フーリンの唸り声は、
地に眠る精霊たちを目覚めさせ、
敵軍の兵士たちの精神を砕く。精神系の干渉。
敵陣全員の筋力と敏捷とパラメーターが一時的にランク
ダウンする。

絆Lv.3で開放

クー・フーリンが女王メイヴの願望によって
変転した姿。狂王クー・フーリンとして
アメリカの大地を食い荒らした。
生前の狂戦士状態ですらない、
本来のバーサーカーとはまた異なる姿での召喚。
聖杯のバックアップを受けていた時はランサー、あるい
はキャスターの状態よりも強さでは上回っていた。

絆Lv.4で開放

『抉り穿つ鏖殺の槍』
ランク:B++ 種別:対軍宝具
レンジ:5~50 最大捕捉:100人
ゲイ・ボルク。
ホーミング魔槍ミサイル。
オルタの場合は自らの肉体の崩壊も辞さないほどの全力
投擲であるため、通常の召喚時よりも威力と有効範囲が
上昇している。
敵陣全体に対する即死効果があり、即死にならない場合
でも大ダメージを与える。
(ルーン魔術によって「崩壊する肉体を再生させなが
ら」投擲しているため、クーフーリンがダメージを受け
ることはない――途方もない苦痛を除けばだが)

絆Lv.5で開放

『噛み砕く死牙の獣』
ランク:A 種別:対人宝具(自身)
レンジ:- 最大捕捉:1人
クリード・コインヘン。
荒れ狂うクーフーリンの怒りが、魔槍ゲイ・ボルクの
元となった紅海の怪物・海獣クリードの外骨格を一時的
に具象化させ、鎧のようにして身に纏う。
攻撃型骨アーマー。着用することで耐久がランクアップ
し、筋力パラメーターはEXとなる。
この宝具を発動している最中は『抉り穿つ鏖殺の槍』は
使用できない。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

たった一人の戦争

万軍を相手取り、万物と向き合い、万人を駆逐する。そこに余人が入り込む猶予はなく、恋人も、戦友も、子供も、王すらも、全てが不要。常に孤高、常に最強、常に勝利を奪い去る。殺して、殺して、殺し続けて。行き着く果ては、積み上げられた死体の丘。最強を謳え、最強を誇れ、最強を轟かせよ。誰が認めずとも、俺が認めよう。彼の名はクー・フーリン。アルスター最強の戦士である。

「たった一人の戦争」の詳細な性能はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!
この記事を読んだ人におすすめ

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中