MHRise
モンハンライズ攻略wiki|MHRise
百竜ノ淵源ナルハタタヒメの攻略と弱点 | 周回装備
攻略班@MH_Rise_GW

モンハンライズ 百竜ノ淵源ナルハタタヒメの攻略と弱点 | 周回装備

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
百竜ノ淵源ナルハタタヒメの攻略と弱点 | 周回装備

百竜ナルハタタヒメ(淵源ナルハタタヒメ)の弱点や肉質、解放条件、周回装備などを掲載。

▶通常のナルハタタヒメ攻略はこちら

目次

百竜ノ淵源ナルハタタヒメの弱点・耐性・解放条件

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ

百竜ノ淵源ナルハタタヒメの解放条件

解放条件ハンターランク50に到達
▶HRの上げ方と解放要素まとめ

弱点部位・状態異常・アイテム耐性

※◎=非常に有効。◯=有効。△=効きづらい。×=非常に効きづらい。無効=効果なし。

切断打撃
×
×××

弱点肉質の詳細

※()内は帯電時の肉質です。弱点特効と弱点特効【属性】が発動する部位を赤字にしています。

部位破壊耐久値・エキス

※耐久値が0になると怯み、破壊値を与えると部位破壊が発生。

状態異常・やられ耐性

※◎=非常に有効。◯=有効。△=効きづらい。×=非常に効きづらい。無効=効果なし。

アイテム耐性

怒りによる行動への影響

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ素材の入手確率

上位から入手

なし
通常落とし物雷神龍の上皮(25%)
淵源の嵐玉(1%)
雷神龍の尖爪(10%)
古龍の血(27%)
龍秘宝(30%)
帯電を解除してダウンを奪う(3回/100%)
操竜落とし物雷神龍の上皮(25%)
雷神龍の尖爪(10%)
操竜攻撃で怯ませる(3回/100%)

百竜ノ淵源ナルハタタヒメの周回装備とポイント

斬裂ライト装備

おすすめ武器

武器名
王牙弩【野雷】
パーツ:ロングバレル
攻撃会心防御
19610%-
装飾品節弾珠【2】
速射Lv2通常弾、貫通電撃弾、斬裂弾
百竜スキル攻撃力強化Ⅱ

おすすめ装備(防具)

名前装飾品
ヴァイクSヘルム節弾珠【2】
抑反珠【1】
ヴァイクSメイル速射珠【3】
節弾珠【2】
抑反珠【1】
ジュラアーム速射珠【3】
痛撃珠【2】
抑反珠【1】
クロムメタルコイル速射珠【3】
超心珠【2】
早填珠【1】
金色ノ袴早填珠【1】
早填珠【1】
護石弱点特効Lv2-
スキル
超会心Lv3 / 弱点特効Lv3 / 弾丸節約Lv3 / 反動軽減Lv3 / 速射強化Lv3 / 装填速度Lv3 / 装填拡張Lv2 / 力の解放Lv1
防御
268-17-6-90
防具作成に必要な素材(タップで開閉)
この装備の特徴とポイント
モンハンライズ攻略班・超会心3と速射強化3で火力増強
・切断弱点の部位を狙う
・歩き射撃と歩きリロードはできない

周回の手順

事前準備・短期催眠術/射撃術/KO術の団子を食べておく
・鬼人薬G/怪力の種/鬼人の粉塵を使ってボスエリアへ移動
・イブシマキヒコは胸部の風袋を先優先で攻撃
┗次点で頭と腕の風袋
・ナルハタタヒメは帯電部位を優先で攻撃
┗腹部の発電器官が帯電したら最優先で攻撃
・大技中にモドリ玉で戻って斬裂弾を補充

イブシマキヒコは胸部を狙っていれば簡単に倒せる。ナルハタタヒメは帯電部位を攻撃し、腹部の発電器官が帯電したら最優先で攻撃する。切断100の部位なのでダメージを稼ぎやすい。なお、持ち込み分の斬裂弾だけでは足りないので、大技中に取りに戻るといい。確実に生存できるので一石二鳥。

百竜ノ淵源ナルハタタヒメの攻略ポイント

虹ヒトダマドリを取る
気絶対策をしよう
マキヒコの周りの岩を壊すとダメージ
残りの体力に応じて形態変化
帯電部位を攻撃してダウンさせよう
ダウン時は岩に乗って腹を攻撃
環境生物を使おう

虹ヒトダマドリを忘れずに回収しよう

虹ヒトダマドリ

キャンプエリアには虹ヒトダマドリがいる。スタート位置から支給品ボックスに直行すると気づかず取り逃す可能性があるので気をつけよう。

気絶を対策しよう

雷やられ

淵源ナルハタタヒメは、雷属性の攻撃を多用する。雷攻撃を受けると雷やられになり、気絶しやすくなってしまう。雷耐性を上げるか、気絶耐性のスキルを発動させて対策しよう。雷耐性があがるうさ団子や、気絶を無効にする狩猟笛の旋律などもある。

マキヒコの周りの岩を壊すとダメージ

岩

イブシマキヒコと一定時間戦っていると、マップ中央で岩をまとい滞空する。この時にバリスタで岩を攻撃すると爆発してダメージを与えられるので、必ず狙おう。

▶︎イブシマキヒコの弱点と攻略を見る

残りの体力に応じて形態変化

淵源ナルハタタヒメは、通常個体と同様一定以上HPを削ると形態変化する。形態変化の回数は2回。見た目に大きな変化はないが、攻撃パターンがより強力なものに変化する。

大技を使うと形態変化

淵源ナルハタタヒメは、形態変化の際に2つの大技を連続で使用する。その際宙に浮く岩の上に速射砲が出現するので、活用して帯電部位を攻撃しよう。すぐに怯むともったいないので、あまり攻撃していない帯電部位を狙えるとベスト。

2度目の形態変化前はモンスターが乱入

クシャ操竜

2度目の形態変化前には、マガイマガドや古龍がランダムで1体登場する。乱入モンスターはナルハタタヒメに攻撃されて操竜ができるようになる。操竜前に回復や砥石なども済ませておこう。

▶操竜のやり方はこちら

帯電部位を攻撃してダウンさせよう

帯電部位を攻撃してダウン

ナルハタタヒメは頭/腕/胸/背中に紫色の雷袋がある。帯電している雷袋にダメージを蓄積させると、帯電を解除できる。帯電を2箇所解除するたびにダウンさせることができるので、積極的に狙っていこう。帯電中の部位は肉質も柔らかくなるので、ダメージも稼げる。

帯電解除時は鳴き声を上げて怯む

雷袋の帯電を解除すると、ナルハタタヒメが鳴き声を上げて一瞬怯む。音声を聞いていないと気付きづらいので注意。帯電解除後は発光が収まり電気を帯びるエフェクトも消えるので、視覚的にも見分けることは可能。

帯電していない時は肉質が硬い

帯電部位

帯電部位は帯電していないと硬く、ダメージを与えづらい。帯電解除を確認したらその部位は狙わず、他の帯電部位を攻撃しよう。特に柔らかい頭部と腕に的をしぼろう。

ダウン時は岩に乗って腹を攻撃

腹部を攻撃

ナルハタタヒメがダウンすると、大弱点の腹に接近できるような配置で岩が隆起する。腹は最も肉質が柔らかい部位なので、急いで岩に乗って腹を攻撃しよう。

環境生物を活用しよう

環境生物

フィールドには多数の環境生物が存在する。一定時間モンスターの動きを遅くできる雪石コロガシや、1度だけ根性効果を発動できるヌリカメなど、優秀な効果が多いので拾って活用しよう。

出現する環境生物一覧

火石コロガシ・当てると火やられを付与
・一定時間継続ダメージを与える
・怯みやすくなる
泥玉コロガシ・当てると水やられを付与
・一定時間肉質が柔らかくなる
雪石コロガシ・当てると氷やられを付与
・モンスターの動きが遅くなる
ホムラチョウ・一定時間、ハンターの攻撃力が上昇する
ヒャクメマダラ・一定時間スタミナ消費を抑えられる
ヌリカメ・一定以上HPがある場合に、残りHP以上のダメージを受けるとHPが1残る効果を得る
・一度発動すると逃げてしまう
提灯オバケムシ・別枠でHPが追加される
・追加されたHPから消費される

立ち回りのコツ

新大技は撃龍槍を避けて速射砲で攻撃
雷輪は中心を通って避ける
雷輪落としは離れて回避する
叩きつけ後の地面の発光には近づかない
放電ボディプレスは離れて回避
放電腕叩きつけは引きつけて回避
薙ぎ払いブレスは足場と気流を使って回避
噛みつきは受け身をしない

新たな大技は槍を避けてから速射砲で攻撃

手順1回転しながら移動する撃龍槍を避けて中心部へ
└間隔が広がるのを待つ
手順2速射砲が出現したら使用する
手順3大技終了まで速射砲の岩から降りない
└岩の上にいれば最後の攻撃も回避可能

撃龍槍はしばらく待ってから安全に回避

まずは動く撃龍槍を避けて、ナルハタタヒメがいる中心部に向かおう。撃龍槍は広がるように移動し、徐々に間隔が空いていく。しばらく待って安全に間を抜けよう。慣れたら一気に翔蟲で中心に飛ぶのもおすすめ。また、モドリ玉を使えば確実に避けられる。

速射砲が出たらすぐに乗る

手順2

空中の岩の上に速射砲が出現したら、すぐに乗って攻撃しよう。ダメージを稼げるだけでなく、岩の上にいれば最後の一撃も回避できる。また速射砲で一定以上ダメージを与えられれば、途中でダウンさせることも可能。

雷輪は中心を通って避ける

雷の輪

ナルハタタヒメは雷輪を発生させる攻撃を使うが、雷輪を使った攻撃は複数パターン存在する。ただし基本的にどの技でも徐々に大きくなっていくため、輪の内側にいれば避けられる。複数の輪が交差する攻撃もあるが、落ち着いて抜けられるポイントを探そう。

雷輪落としは離れて回避する

直前までチャンス

ナルハタタヒメが地面に手を付いて力を溜めると、頭上に雲のように雷の輪が出現する。中心部から順番にサイズの異なる雷の輪が4つ落ちてくるので、ナルハタタヒメから離れて攻撃範囲外に出よう。

タイミングを掴めばチャンスにできる

雷の輪が落ちてくるのは、ナルハタタヒメが地面から手を離した後。その前に長めの溜め時間があるため、タイミングを掴めば直前までフリーに攻撃できるチャンスにもなる。

叩きつけ後の地面の発光には近づかない

叩きつけ後の雷の柱

ナルハタタヒメが前脚や尻尾で地面を叩きつけた後、地面が発光したらそこには時間差で雷の柱が発生する。叩きつけ後は隙ができるので攻撃のチャンスだが、雷の柱には当たらないように気をつけよう。地面の発光は直線状に発生し、1方向の場合と3方向の場合がある。

球体ブレス後は攻撃チャンス

球体ブレス

前方に球体の雷ブレスを出す技の後は、両前脚を地面につけた状態で少し動きが止まる。帯電部位を攻撃するチャンスなので、積極的に狙っていこう。

縦ブレス後の隙もチャンス

縦ブレス

下から上に向かって縦にブレスを吐く攻撃の後は、頭と前脚が下がる。隙もできるので弱点の頭や帯電部位を攻撃しよう。

放電ボディプレスは離れて回避

雷と風の合わせ技である放電ボディプレスは、非常に攻撃範囲が広く安全地帯も少ない。直前に両前脚に風をまとう予備動作があるので、これを確認したらすぐに距離を取ろう。もし当たってしまった場合は、連続ヒットしないように受け身は控えよう。

放電腕叩きつけは引きつけて回避

腕を放電させながら振り上げたら、突っ込んでくる瞬間に前転しよう。これで叩きつけ部分は回避できる。同時に雷が発生するが、冷静に地面を見れば避けられる。この攻撃のあとは大きなスキが生まれるぞ。

薙ぎ払いブレスは足場と気流を使って回避

薙ぎ払い

ナルハタタヒメが薙ぎ払いブレスを使う時、地面には2箇所の足場と3箇所の気流が出現する。足場はブレスを貫通しないため、手前に隠れたり上に乗ることで回避できる。気流はハンターを空中に飛ばしてくれるため、翔り蟲と合わせて空中に逃げることが可能。

噛みつきは受け身をしない

噛みつき

噛みつき攻撃は近距離で受けると避けづらい。また第3形態では2連続で噛みつきをした後、雷の球体と輪を飛ばして追撃してくる。連続で当たると危険なので、翔蟲受け身は使わずやり過ごしてから起き上がろう。

主な攻撃の威力

威力が高いほど、ガード時の後退が大きくなります。
◯=ガード可能、ガ強=ガード強化が必要、×=ガード不可能。

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ関連記事

▶通常のナルハタタヒメ攻略はこちら

モンスター攻略情報

実装済みの大型モンスター

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. おすすめ装備・最強装備
    おすすめ装備・最強装備
    1
  2. 弓の最強おすすめ装備
    弓の最強おすすめ装備
    2
  3. 最強武器ランキング | 全武器種評価
    最強武器ランキング | 全武器種評価
    3
  4. アップデート3.2の最新情報 | ロードマップ
    アップデート3.2の最新情報 | ロードマップ
    4
  5. 金冠クエスト一覧と効率的な集め方
    金冠クエスト一覧と効率的な集め方
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
最新情報
便利ツール
素材・アイテム
効率的な集め方
マップ・クエスト
クエストデータ
マップ情報
武器種解説・立ち回り
派生表・一覧
百竜武器
護石・スキル・装飾品
モンスター一覧
ヌシモンスター
オトモ情報
オトモアイルー
オトモガルク
お役立ち
新要素
その他
手記(先人の遺物)
環境生物
重ね着
English Wiki Guide
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×