FGO
FGO攻略wiki
スカサハの評価と再臨素材

スカサハの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
FGO秋葉原まつりで公開された最新情報まとめ中…。だわわ…

FGO(Fate/Grand Order)に登場するスカサハの評価を掲載。スキルやNP効率、再臨素材や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のスカサハ運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

その他のスカサハはこちら

ランサー水着

スカサハの評価と主要データ0

──影の国よりまかりこした。スカサハだ。
マスター…と呼べば良いのかな、お主を?

主要なデータ

クラスランサー(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
6HIT
A:
3HIT
Q:
2HIT
EX:
7HIT
宝具:
1HIT
属性中立 / 善 / 星属性
▶天地人一覧はこちら
特性
▶特性一覧はこちら
入手方法期間限定ピックアップガチャでのみ排出
HP / ATK14825 / 11375(Lv最大時)
スキル1魔境の智慧A+【CT:7~5】
自身にさまざまな効果を一定確率で付与
・自身のクリティカル威力をアップ(3T)[Lvで強化]
・自身にスター集中状態を付与(3T)[Lvで強化]
・自身に回避状態を付与(1T)
スキル2原初のルーン【CT:8~6】
味方単体のクイック性能をアップ(1T)[Lvで強化]
スキル3神殺しB【CT:7~5】
自身に[神性/死霊]特攻状態を付与(1T)[Lvで強化]
宝具「貫き穿つ死翔の槍」
敵単体にスタン付与
敵単体に超強力な攻撃[Lvで強化]
中確率で即死効果[OCで変動]
クラススキル対魔力A:
弱体耐性をアップ
合計
再臨素材
×17×17
×9×22×20×5
合計スキル
強化素材
×17×17×17×1
×30×44×20×10

特徴と評価の理由

評価:〔A+〕
癖のある通常攻撃と、高い宝具ダメージのアタッカー
・屈指の単体宝具の火力を持つアタッカー
・カード強化や神性特攻で更に伸ばしやすい
・スター集中とクリティカル威力UPでも大ダメージ
・宝具の確定スタンや回避など生存力も備える
・高難易度の攻略&周回において活躍しやすい
・2枚のQの性能が低く、NP貯めには慣れが必要
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。

スカサハのスキル/宝具0

宝具強化後の性能を掲載しています。

宝具「貫き穿つ死翔の槍」ゲイ・ボルク・オルタナティブ

──刺し穿ち。突き穿つ!
──『貫き穿つ死翔の槍』!

敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
1600
Lv2:
2000
Lv3:
2200
Lv4:
2300
Lv5:
2400
敵単体に中確率で即死効果
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-
1ターンの間
敵単体にスタン付与(弱体耐性無視)
Lv1:
-
Lv2:
-
Lv3:
-
Lv4:
-
Lv5:
-
強化前の性能はこちら

宝具「貫き穿つ死翔の槍」ゲイ・ボルク・オルタナティブ

敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
1200
Lv2:
1600
Lv3:
1800
Lv4:
1900
Lv5:
2000
敵単体に中確率で即死効果
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-
1ターンの間
敵単体にスタン付与(弱体耐性無視)
Lv1:
-
Lv2:
-
Lv3:
-
Lv4:
-
Lv5:
-

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『魔境の智慧A+』

【効果】
自身にさまざまな効果を一定確率で付与
・自身のクリティカル威力をアップ(3T)[Lvで強化]
・自身にスター集中状態を付与(3T)[Lvで強化]
・自身に回避状態を付与(1T)

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

一定確率で3ターンの間
自身のクリティカル威力をアップ
Lv1:
30
Lv2:
32
Lv3:
34
Lv4:
36
Lv5:
38
Lv6:
40
Lv7:
42
Lv8:
44
Lv9:
46
Lv10:
50

スキル2『原初のルーン』

【効果】
味方単体のクイック性能をアップ(1T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

1ターンの間
味方単体のQuickカード性能をアップ
Lv1:
30
Lv2:
32
Lv3:
34
Lv4:
36
Lv5:
38
Lv6:
40
Lv7:
42
Lv8:
44
Lv9:
46
Lv10:
50

スキル3『神殺しB』

【効果】
自身に[神性/死霊]特攻状態を付与(1T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

1ターンの間
自身に〔神性/死霊〕特攻状態を付与
Lv1:
50
Lv2:
55
Lv3:
60
Lv4:
65
Lv5:
70
Lv6:
75
Lv7:
80
Lv8:
85
Lv9:
90
Lv10:
100

クラススキル

対魔力A弱体耐性をアップ
クラススキル一覧はこちら

ステータス徹底解析

スカサハのHP

Lv90
14825
11位 / 189体
以降は聖杯転臨
Lv100
16241
11位 / 189体

スカサハのATK

Lv90
11375
38位 / 189体
以降は聖杯転臨
Lv100
12452
38位 / 189体

再臨・スキル強化素材必要個数0

再臨必要素材

1段階ランサーピースx5
2段階ランサーピースx12
凶骨x22
3段階ランサーモニュメントx5
虚影の塵x20
混沌の爪x3
最終再臨ランサーモニュメントx12
混沌の爪x6
蛮神の心臓x5
合計数×17×17
×9×22×20×5

スキル強化必要素材

Lv1槍の輝石x5
Lv2槍の輝石x12
Lv3槍の魔石x5
Lv4槍の魔石x12
虚影の塵x10
Lv5槍の秘石x5
虚影の塵x20
Lv6槍の秘石x12
凶骨x15
Lv7凶骨x29
鳳凰の羽根x5
Lv8鳳凰の羽根x15
蛮神の心臓x10
Lv9伝承結晶x1
合計数×17×17×17×1
×30×44×20×10

スカサハの強い点/弱い点0

スカサハの強い点(長所)

1.宝具が非常に強力なアタッカー

スカサハの宝具は幕間の物語をクリアすることで宝具強化を得ることができる。さらに自身のQ強化付与と、神性と死霊に対する高倍率な特攻も所持。サポートなしでも大ダメージを出せる。また宝具効果に確定スタンもあり、被ダメージ減にも繋がる。

▲自身のNPの稼ぎづらさを補えれば、2回目の使用も可能。頼れるアタッカーとなる。

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算
 ATKフォウは1000を想定して計算

スカサハ宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時Q強化のみ】
宝具ダメージ:平均97700
ATKフォウあり:平均105800
【スキルLV1時特攻1つのみ】
宝具ダメージ:平均112800
ATKフォウあり:平均122000
【スキルLV1時Q強化+特攻1つ】
特攻あり:平均146600
ATKフォウあり:平均158700
(宝具ダメージ比較はこちら)

単体宝具のランサー

スカサハ宝具1/宝具強化後
【スキルLVMAX時Q強化のみ】
宝具ダメージ:平均112800
ATKフォウあり:平均122000
【スキルLVMAX時特攻1つのみ】
宝具ダメージ:平均150400
ATKフォウあり:平均162700
【スキルLVMAX時Q強化+特攻1つ】
特攻あり:平均225600
ATKフォウあり:平均244100
ブリュンヒルデ宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均88100
ATKフォウあり:平均95300
特攻あり:平均132000
ATKフォウあり:平均142800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均101900
ATKフォウあり:平均110200
特攻あり:平均152800
ATKフォウあり:平均165300
水着頼光宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均60100
ATKフォウあり:平均66100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均76000
ATKフォウあり:平均83600
ディルムッド宝具5/宝具強化後
宝具ダメージ:平均71100
ATKフォウあり:平均80300
ジャガーマン宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均69700
ATKフォウあり:平均78600
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均104400
ATKフォウあり:平均117800
呂布宝具5/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均72900
ATKフォウあり:平均81100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均92000
ATKフォウあり:平均102000

2.高倍率な特効スキルでダメージが稼げる

スキル「神殺しB」は自身へ1ターンの間、〔神性〕と〔死霊〕にそれぞれ50~100%の特攻状態付与の効果。火力の高い宝具のダメージを更に伸ばすことができる。また宝具だけでなくクリティカルと組み合わせても優秀。

▲それぞれ加算されるので、ストーリーボスなど非常に機会は限られるが重複した場合は2つ分の効果となる。

特性の確認はこちら

3.優秀なQ強化付与を所持

スキル「原初のルーン」は単体へ30~50%のQ強化付与の効果。サポート目的としても使えるが、自身に付与することで宝具ダメージを伸ばせるのが強み。ただし自身のQuickカードの性能は低く、スター発生やNP獲得には効果が小さい点に注意。

4.確率成功だが強力なクリティカル用のスキル

スキル「魔境の智慧A+」は3ターンの自身へ30~50%のクリティカル威力UPとスター集中度UPの効果。2つの効果はそれぞれ確率成功となっており、およそ80%の確率で成功する。再使用までCT7~5と短めなのも利点。

▲クリティカルできなければ威力UPしても無意味なので要注意。

5.敵の宝具対策としても使用可能

スキル「魔境の智慧A+」は1ターンの回避の効果もある。仮想敵となるアーチャーは宝具CT3と短めなことが多い。クリティカル狙いで使用した場合は敵宝具までにスキル再使用ができるようにターン数を調節したい。

6.特徴的な6ヒットするBuster

スカサハのBusterは6ヒットするため、1stボーナスの影響を受けやすい。特に1枚目にArtsを置いた場合はQuickよりもNPを得ることができる。高いダメージを活かしてオーバーキルなどを積極的に狙い、BusterでもNPを貯めたい。

▲画像では対術へ、仲間のArtsからのBAクリティカルで66%のNPを稼げた。

TIPS【オーバーキル】
NP獲得量が1.5倍となり、スターも増えやすくなる。
クリティカルとあわせるとNP獲得量は3倍になり効果的

7.1枚のみだがNPが稼げるArts

スカサハの1枚のArtsはNPを稼ぎやすい。3枚目に置くことで大きくNPを稼ぐことが可能。「魔境の智慧A+」を活かしてクリティカルオーバーキルができれば1枚目がArtsでなくても約38%のNPが稼げる。

▲NPを稼ぐ際はクリティカルも意識するとよい。

8.スターを獲得しやすいEX

EXは7ヒットとトップクラスの性能。最低7個はスターが増える。そのためQuick単体の性能は悪いものの宝具QQEXでのQチェインも有効。「ルーン魔術」のスキルLv1でも最低26個のスターが得られる。

▲Qチェインが絡むスター稼ぎはBusterよりもQを優先したい。

TIPS:『ヒット数とスター発生の関係』
スター発生は攻撃の1ヒットごとに判定される。また1ヒットごとのスター発生の上限は3個となっている。
そのため基本的にはヒット数が多いサーヴァントがスターを発生させやすい。

スカサハの弱い点(短所)

1.Quickの性能が低め

スカサハは1枚目にArtsを置いてQuickクリティカルをしてもNP7~9%とNPが貯めづらく、2ヒットのためスターも稼ぎづらい。そのため編成でスター供給を補い、ArtsクリティカルやオーバーキルでNP獲得を補う必要がある。

2.Artsが1枚のカード構成

ランサークラスほぼ共通の問題だが、A1枚のサーヴァントが多くAチェインを行いづらい。優秀なサポート性能を持ちがちなA枚数の多いキャスターなどと組み合わせづらくなるのはデメリット。

3.確率スキルが存在する

スター集中度UP&クリティカル威力UPは確率成功のため、重要な場面で使用したいにも関わらず失敗する可能性がある。クリティカルを成功させなければ威力UPの効果は適用されないので、編成段階でもスターの偏りを意識して補いたい。

各クラスのスターの集まりやすさは
クラス特性をチェック

スカサハの運用

1.クリティカルを狙おう

スカサハがクリティカルを狙う場合、スター獲得系のスキルや概念礼装を編成で補うと良い。自身のBusterでNPを得たい場合は1枚目Artsを担当してもらうためにArts枚数が多めのサーヴァントを1人入れると良い。

▲スカサハはBusterのヒット数が多いのでスター発生率UP付与とも好相性。

2.ダメージ配分が重要

スカサハの宝具ダメージは非常に高く、敵の残りHPよりも過剰なダメージを与えてしまうことがある。倒しきれるのであればダメージアップスキルを全て使用せず、翌ターン以降の通常攻撃のダメージを上げると効率的。

▲画像は神性の狂に自身の2つのスキルを使用した過剰ダメージ。特攻の方が倍率は高いので、敵HPにあわせて使用したい。

3.ブレイク時はNPを稼ごう

ブレイクゲージのある敵との戦闘時、HPを削りきって以降の攻撃はターゲット切り替えができず『オーバーゲージ』と表示される。オーバーキル同様にNPを1.5倍得られるので、自身のArtsがあった場合は使用していきたい。

4.敵の攻撃を受けてNPを貯めよう

仮想敵となるアーチャーは宝具CT3と短めなので、ランサーは他クラスに比べて敵の宝具を受けやすい。FGOは被ダメージでもNPを得られるので、比較的ヒット数の多い宝具をあえて受け、自身のNPの稼ぎづらさを補うことも視野に入れたい。

TIPS:『被攻撃時のNP獲得』
攻撃を受けると1ヒットごとにNPを獲得できる。敵により1度のヒット数は変わる他、若干の増減がかかる場合もある。
剣/弓/騎/術/盾/裁/月はNP3:槍/殺/分はNP4
狂/讐はNP5:アストルフォは例外的にNP1

5.オーダーチェンジとも好相性

宝具使用後のスカサハをオーダーチェンジを使用して最後尾に移動させる。もしくは最後のブレイクを削りきってもらう為に後列から登場させるのも有効。NPを稼ぎ直す手間を省ける。

6.最後の1人なってからも活躍できる

スカサハが最後の1人になった場合、優秀な1枚のArtsとEXアタックが毎ターン使えるようになる。自身のNPの貯めづらさを解決でき、宝具連発で大ダメージとスタン付与が可能。

中の人Aあまり一般的な状況ではありませんが、敵宝具CTが溜まった状態で宝具QQでスターを稼ぎつつスタン。
次ターンで回避を使用しながらクリティカルと被ダメージでNPを貯めて、再度宝具使用という戦い方もできます。
新サーヴァントほどヒット数が多い傾向なので、新クエストや新イベントでは狙いやすいです。

スカサハのプロフィール0

イラストレーター/声優

イラストこやまひろかず
担当声優能登麻美子
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

ケルト・アルスター伝説の戦士にして女王。
異境・魔境「影の国」の女王にして番人であり、槍術とルーン魔術の天才である。
数多のの亡霊に溢れる「影の国」の門を閉ざし、支配せしめるに足る絶大な力を有している。
後にアルスターの英雄になる若きクー・フーリンの師となって彼を導き、技の悉くを授け、愛用の魔槍さえ与えたという。
彼の息子コンラをも教え導いた。

パラメーター

筋力
B
耐久
A
敏捷
A
魔力
C
幸運
D
宝具
A

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──影の国よりまかりこした。スカサハだ。
マスター…と呼べば良いのかな、お主を?

1段階目

ん……?姿が変わったな。こういう趣向か。
せっかく顔を隠していたのにな。

2段階目

喜ばしいことではないぞ。
私の力は、強大に過ぎる。
だが、お主の執念は評価しよう。

3段階目

やはり顔を隠させてはくれないのだな。
面白いものでもなかろうに。
この顔立ち、よもや気に入りでもしたか?

最終再臨

お前が求めるのは槍か?
それとも……いや、聞くまい。
聞いても意味のないことだ。
求められても、私は叶えてやれるかどうか……。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:168cm・55kg

出典:ケルト神話地域:アイルランド属性:中立・善性別:女性槍の一撃極まれば、神さえ殺してみせようか

絆Lv.2で開放

○魔境の知慧:A+

人を超え、神を殺し、世界の外側に身を置くが故に得た深淵の知恵。英雄が独自に所有するものを除いたほぼ全てのスキルを、B~Aランクの習熟度で発揮可能。また、彼女が真に英雄と認めた相手にのみ、スキルを授けることもできる。戦闘時によく彼女が使用するスキルは「千里眼」による戦闘状況の予知。アルスター伝説でも、彼女はよくこの予知によって未来を予言した。愛弟子たるクー・フーリンの最期さえをも。

絆Lv.3で開放

『貫き穿つ死翔の槍』

ランク:B、種別:対人宝具ゲイ・ボルク・オルタナティブ。形は似ているが、実はクーフーリンの持っている槍とは別物。一段階古い、ゲイ・ボルクよりも前に使っていた同型の得物。それが、一本だけではなく二本ある。

絆Lv.4で開放

誇り高く、何者にも傅かない。

生まれながらの支配階級。王者の気質を有しており、民に幸福を与える女王として君臨することを自明とする。才能に溢れ、凡人とは違う事を自分が一番よく理解している。その在り方と瞳の赤色は、二十世紀の東京に存在したとある人物に近いという。

絆Lv.5で開放

自己を把握しているのと同じく、他者の素質と気質を見抜く(特に凡人かそうでないか)確かな目を有している。

つまりクー・フーリンは、彼女が導くに値する天才性を有した稀有な人物であったと言える。

キル・ミー・イフ・ユー・キャン

長き年月の果てに半ば神霊と化したスカサハは、人のように死ぬことはできない。美しい死も。醜い死もない。

ただ、世界と、その外側が消えゆくその時まで、在り続けなければならない。聖杯なるものが真に万能ならば、自分を殺してみせる何者かを寄越すがいい。そして願わくば、その者が、かつてこの手で授けた槍を持つ者であれば――

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

魔境に臨みて

影の国が如何なるものか知りたいか?名の通りだとも。至るところを影が覆い尽くす魔境、陽の光など差さぬであろう暗がり、死の世界だ。思えばクー・フーリンが訪れたのは皮肉だな。そら、奴は太陽の御子だろう?……影の国には、七つの城壁が在る。いや。これは言葉通りの意味ではない。お主も知る道理を示す象徴のようなものだ。すなわち、"死者は蘇らない"影の国の住人は、壁を越えて地上へ姿を見せはしない。本来であればな。それこそ道理だ。さて。みごと世界を救い、私をかの国へと叩き返してみせる日を楽しみにしているぞ。マスター。

「魔境に臨みて」の詳細な性能はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!
この記事を読んだ人におすすめ

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中