FGO
FGO攻略
ディルムッド(セイバー)の評価と再臨素材

【FGO】ディルムッド(セイバー)の評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【随時更新】バトル・イン・ニューヨークの攻略はこちら!
おすすめの関連記事

FGO(Fate/Grand Order)に登場するディルムッド(セイバー)の評価を掲載。スキルや再臨素材、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のディルムッド(セイバー)運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

ディルムッド(セイバー)の評価と主要データ

──剣も槍も使えてこその英雄だ
────苦手な分野など存在しないさ

主要なデータ

クラスセイバー(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
4HIT
A:
3HIT
Q:
4HIT
EX:
4HIT
宝具:
10HIT
属性秩序 / 中庸 地属性
▶天地人一覧はこちら
特性騎乗
▶特性一覧はこちら
入手方法復刻 Fate/Accel Zero Orderピックアップ召喚(日替り)
期間終了後にストーリー召喚に追加
HP / ATK11362/ 10048(Lv最大時)
スキル1魔力放出(跳躍)A【CT:7~5】
自身に回避状態を付与(1T)
自身のQuick性能アップ(1T)[Lvで強化]
自身の攻撃力をアップ(1T)[Lvで強化]
スキル2フィオナ騎士の誉れB【CT:7~5】
自身のスター集中度をアップ(3T)[Lvで強化]
スターを獲得[Lvで強化]
スキル3激情の細波B+【CT:7~5】
自身の防御力をアップ(3T)[Lvで強化]
自身のNP獲得量をアップ(3T)[Lvで強化]
宝具「憤怒の波濤」
敵単体に超強力な攻撃[Lvで強化]
防御強化状態を解除
中確率で即死効果[OCで変動]
クラススキル対魔力A+:自身の弱体耐性をアップ
騎乗B:自身のQuick性能を常時アップ
合計
再臨素材
×14×14
x18x16x6x6
合計スキル
強化素材
×14×14×14×1
x24x36x48x60

特徴と評価の理由

評価:〔B〕
火力不足を補えれば使いやすいアタッカー
・ダメージ後に防御強化解除付きのQuick単体宝具
・宝具10ヒットと多く、スター獲得+集中スキルも所持
・★4ながら自身が主力アタッカーとなる構成
⇒そのためステータスや宝具レベルが問題点
⇒自己火力アップは1Tなのでサポートも重要
・BBAQQだがQとAが優秀でNPもスターも稼げる
⇒★3槍のA2枚+強化解除の耐久構成に比べると不安定
・単体剣の★3,5に優秀なサーヴァントが多いのが難点
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。
全サーヴァントの評価はこちら

ディルムッド(セイバー)のスキル/宝具

宝具「憤怒の波濤」モラ・ルタ

敵単体に超強力な攻撃
防御強化状態を解除
Lv1:
1200%
Lv2:
1600%
Lv3:
1800%
Lv4:
1900%
Lv5:
2000%
中確率で即死効果
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『魔力放出(跳躍)A』

【効果】
自身に回避状態を付与(1T)
自身のQuick性能アップ(1T)[Lvで強化]
自身の攻撃力をアップ(1T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

自身のQuick性能をアップ(1T)
Lv1:
10%
Lv2:
11%
Lv3:
12%
Lv4:
13%
Lv5:
14%
Lv6:
15%
Lv7:
16%
Lv8:
17%
Lv9:
18%
Lv10:
20%
自身の攻撃力をアップ(1T)
Lv1:
10%
Lv2:
11%
Lv3:
12%
Lv4:
13%
Lv5:
14%
Lv6:
15%
Lv7:
16%
Lv8:
17%
Lv9:
18%
Lv10:
20%

スキル2『フィオナ騎士の誉れB』

【効果】
自身のスター集中度をアップ(3T)[Lvで強化]
スターを獲得[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

スターを獲得
Lv1:
5個
Lv2:
6個
Lv3:
7個
Lv4:
8個
Lv5:
9個
Lv6:
10個
Lv7:
11個
Lv8:
12個
Lv9:
13個
Lv10:
15個

スキル3『激情の細波B+』

【効果】
自身の防御力をアップ(3T)[Lvで強化]
自身のNP獲得量をアップ(3T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

自身の防御力をアップ(3T)
Lv1:
20%
Lv2:
21%
Lv3:
22%
Lv4:
23%
Lv5:
24%
Lv6:
25%
Lv7:
26%
Lv8:
27%
Lv9:
28%
Lv10:
30%

クラススキル

対魔力A+自身の弱体耐性をアップ
騎乗B自身のQuick性能を常時アップ
クラススキル一覧はこちら

優先度別おすすめのスキル上げ

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。
どれか1つであればスキル2のみLv上げによる倍率と獲得数の影響を受けやすいので優先する。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
まずは目指したいスキルレベル。
クリティカルはダメージもNP獲得量も2倍となり、もっとも効率がよいのでスキル2を優先する。どのスキルもスキルCT短縮の恩恵が大きいので、上げる際はLv6までをひとまずの目標にしたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントを快適に運用できるスキルレベル。
スキル2はCT5となり、気軽に使いやすくなるので運用に直結する。使い続ける予定があれば、伝承結晶の使用がおすすめ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。
スキル1・3ともに最短CT5となり再使用しやすくなるものの、高難易度採用の予定がなければ優先度は低い。
どちらかだけであれば、防御力アップPT運用時はスキル3、回避に頼るのであればスキル1を優先したい。
セイバーのスキル上げ優先度一覧はこちらスキル上げの育成ステップについて
Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

再臨・スキル強化素材必要個数

再臨必要素材

1段階セイバーピースx4
2段階セイバーピースx10
英雄の証x18
3段階セイバーモニュメントx4
大騎士勲章 x16
呪獣胆石x2
最終再臨セイバーモニュメントx10
呪獣胆石x4
血の涙石x6
合計数×14×14
x18x16x6x6

スキル強化必要素材

Lv1剣の輝石x4
Lv2剣の輝石x10
Lv3剣の魔石x4
Lv4剣の魔石x10
大騎士勲章x8
Lv5剣の秘石x4
大騎士勲章x16
Lv6剣の秘石x10
英雄の証x12
Lv7英雄の証x24
万死の毒針x12
Lv8万死の毒針x36
宵哭きの鉄杭x60
Lv9伝承結晶x1
合計数×14×14×14×1
x24x36x48x60
素材のドロップ場所一覧はこちら

ディルムッド(セイバー)の強い点/弱い点(長所/短所)

ディルムッド(セイバー)の強い点(長所)

1.スターを稼ぎやすいQuick宝具を所持

剣ディルムッドの単体宝具は10ヒットするQuick宝具なので10個以上のスターを稼げる。防御強化状態解除にQuickチェインや、自身スキルでのスター獲得最大15個とあわせる事でスター50個も目指せる。

▲自身のQuick性能アップを入れてもNP回収は15%以下なので宝具単体でのNP回収は不向き。

2.自身のQuickダメージを効率よくアップ

スキル「魔力放出(跳躍)A」は自身へ1ターンの間、Quick性能と攻撃力を同時に伸ばせる。倍率は各10~20%と低めだが、2種類の強化のため自身のQuickのダメージを効率よく伸ばせる。

▲画像はスキル使用前。NPCの宝具5:スキルLv10。推定で天地人有利となっている。

▲画像はスキル使用後。

3.選びやすい2枚のQuick持ち

剣ディルムッドの2枚のQuickは4ヒットと多め。クラススキル「騎乗B」で常時Q強化されているので、ダメージの低さも補えている。1枚目ArtsからもNPをある程度稼げ、3枚目時はスター8個確定、2枚目でも稼ぎやすくQuickながら選びやすい。

▲数値が重なりやすく、非常に見づらいが等速+コマ送りで4ヒットが確認できた。

4.使いやすいNP獲得量アップ持ち

スキル「激情の細波B+」は自身へ3ターンの防御力とNP獲得量アップの効果。スキルCT7〜5と短いだけでなく倍率も高め。宝具使用や回避スキルの攻撃目的の使用など、間接的に運用が広がる。

▲まさに輝く貌のディルムッド。自身を活躍させるための優秀な効果。

5.2枚目に置きやすいBuster持ち

剣ディルのBusterはヒット数が多く、1枚目ボーナスの影響を受けやすい。味方のArtsを1枚目に置き、自身の「Buster⇒Arts/Quick」などを続けて選ぶことでダメージを与えつつ、ある程度のNPも稼げる。

TIPS:『Artsボーナス』
1枚目にAを置くと宝具以外のカードのNP獲得が上昇する。ヒット数によって変動するがBusterでも1枚目Quick程度のNPを得られるようになり、Quickも約1.5~1.66倍のNPを得られる。

TIPS:『オーバーキル』
敵を倒しきった後の攻撃はNP獲得量が1.5倍となり、スターも獲得しやすくなる。クリティカル時の2倍の効果と合わせればNP獲得量は3倍になり効果的。NP獲得量UPなどのスキルとは更に別枠の乗算となる。

6.NP稼ぎは1枚のArtsとオーバーキル

剣ディルのArtsは1枚なものの、NPを稼ぎやすい。なるべく3枚目に置き、オーバーキルを狙いたい。スター集中からのクリティカルや、NP獲得量アップスキルの併用も行えるとNP稼ぎは十分行える。

TIPS:『ArtsカードのNP獲得の傾向』
傾向として、自身の所持しているArtsカードが少なければ少ないほど1枚辺りのArtsでのNP獲得はしやすくなる。
非常に多くの仕様が絡むので、あくまで目安となる。
例えばキャスターは陣地作成によるArts性能アップによる上昇が加わるが、殺への攻撃時にはNP獲得に0.9倍のマイナス補正が入る。
逆にライダーやアサシンは騎術への攻撃時には1.1倍、1.2倍のプラス補正が入るので陣地作成がなくてもNPを稼ぎやすい。

ディルムッド(セイバー)の弱い点(短所)

1.主力アタッカー以外にはなりづらい

スキル「フィオナ騎士の誉れB」のスター集中は3ターン効果となっている。そのため味方のスターを奪い続けてしまい、自身よりもATKの高いサーヴァントと組んだ場合は味方の邪魔をしてしまう。聖杯やATKフォウ、ATK型礼装育成で補う必要がある。

中の人ALv80の宝具1では高火力&スター獲得役の★3カエサル、高性能Quick&クリティカルの★5沖田総司など比較対象は多いですが、聖杯やフォウを注いで宝具Lvを上げてしまえば「スターを集め続けやすい主力アタッカー」になります。

★4アーチャーインフェルノや★3サリエリや★3岡田以蔵など、最近実装された★3〜4サーヴァントに多めの調節です。

2.★4共通の問題として宝具火力が低い

★4サーヴァント共通の問題点として、ステータスで★5に劣り、★3は宝具Lv5が容易なことから相対的な宝具ダメージが低くなりやすい。また新実装サーヴァントのため宝具強化も迎えておらず、宝具1では主力アタッカーとしては使いづらい。

ディルムッド(セイバー)宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均62100
ATKフォウあり:平均67800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均73400
ATKフォウあり:平均80200
スカディ入り:平均139500
他セイバーの宝具ダメージはこちら

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算

ベディヴィエール宝具5/強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均97800
ATKフォウあり:平均109400
上記+宝具Lv1時:平均73000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均105000
ATKフォウあり:平均117500
上記+宝具Lv1時:平均78400
エリザベート(ブレイブ)宝具5
【NP100%消費スキルは未使用】
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均88500
ATKフォウあり:平均96800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均103200
ATKフォウあり:平均112900
ネロ(ブライド)宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均88900
ATKフォウあり:平均96100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均95800
ATKフォウあり:平均103500
宮本武蔵宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均82800
ATKフォウあり:平均89300
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均95600
ATKフォウあり:平均103000
呂布宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均72900
ATKフォウあり:平均81100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均92000
ATKフォウあり:平均102000
カエサル宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均77600
ATKフォウあり:平均87000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均90200
ATKフォウあり:平均101100
沖田総司宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均74900
ATKフォウあり:平均74900
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均86300
ATKフォウあり:平均93000
水着フラン宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均60700
ATKフォウあり:平均66700
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均72200
ATKフォウあり:平均79300
坂田金時(狂)宝具1
(※クラス相性は1.5倍として計算)
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均61300
【ATKフォウ入り】
宝具ダメージ:平均65800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均70700
ATKフォウあり:平均75900
クーフーリン(オルタ)宝具1
【OC1時】
(※スキルによるダメージUPなし)
宝具ダメージ:平均60300
ATKフォウあり:平均64800
ランスロット宝具1
【スキルLVでダメージ変化なし】
宝具ダメージ:平均57800
ATKフォウあり:平均63200
ラーマ宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均48200
ATKフォウあり:平均52700
上記+特攻:平均79000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均52200
ATKフォウあり:平均57100
上記+特攻:平均85500

ディルムッド(セイバー)の運用

1.コマンドカードを使い分けよう

Quickでもある程度NPを稼げるものの、1枚のArtsの効率を最大限に高めるのがよい。基本はQuickでスターを稼ぎ、Artsがあるタイミングで「フィオナ騎士の誉れB」を使用してクリティカルを狙うとよい。

▲Busterはオーバーキルを狙うためのダメージ調節に使用する。

中の人A1枚目Qの場合、Q性能100%があっても3枚目Quickよりも3枚目Artsの方がNPを稼げます。

2.NP獲得量アップを活かそう

剣ディルのNP獲得量アップスキルは3ターン効果なので、NP付与やクリティカルなどNPを稼げる状況を作ることで宝具ブレイブを狙い続けやすい。スター獲得状態持ちのサポーターや礼装、カード固定持ちなどと組みたい。

中の人A曲芸に近いですが、Wスカディのスカスカサポートを最大限に活かしたい場合は剣ディル以外を敵全体宝具などで全滅させるとスムーズです。
マスター礼装「カルデア戦闘服」であれば剣ディルだけ逃がしやすく、自身の回避+ガンドで3ターン間は安全に宝具やクリティカルで殴りっぱなしになります。

ディルムッド(セイバー)と相性のいい概念礼装

BusterやQuick、Artsのいずれも使用する。一色のカード性能アップのみに絞った礼装は非推奨。全てのカードに影響があるクリティカル威力やNP獲得量アップ、宝具に影響を与えるQuickを優先したい。

ゴールデン相撲~岩場所~(ATK型)
自身の攻撃力UP10~15%
戦闘開始時NP30~50%獲得
蒼玉の魔法少女(ATK型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
NP獲得量UP25~30%
トゥリファスにて(ATK型)
自身のNP獲得量を10〜15%アップ&クリティカル威力を10〜15%アップ
毎ターンスター3〜4個獲得状態を付与
真夏のひと時(ATK型)
自身にQ強化10~15%付与
クリティカル威力UP10~15%
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
壬生狼(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
BQ強化8~10%
その他のおすすめ概念礼装(タップで開閉)
至るべき場所(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
戦闘開始時NP30~50%獲得
キュート・オランジェット(ATK型)
NP獲得量UP25~30%
宝具威力UP15~20%
黒の聖杯(超ATK型)
宝具威力UP60~80%
毎ターンHP減少500
ナイツ・オブ・マリーンズ(ATK型)
戦闘開始時NP50~60%獲得
Q強化10~15%
ハロウィン・プチデビル(ATK型)
戦闘開始時NP50~60%獲得
NP獲得量UP20~25%
ゴールデン捕鯉魚図(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
登場時にスターを15~20個獲得(1回)
恋知らぬ令嬢(バランス型)
自身にQ強化10~12%付与
NP獲得状態付与4~5%

ディルムッドと相性の良いキャラ

自身に不足する攻撃力アップやクリティカル威力アップ、スター獲得を補えると好相性。Quick性能は3ターンに2枚と宝具にしか影響を与えられないので、特定PT編成時以外は優先度が下がる。

アルトリア(★5)
・全体宝具と単体宝具なので2人を肩を並べて採用しやすく好相性
・スター獲得と攻撃力アップ付与のサポートが行える
マシュ
・スキル宝具で高倍率の防御力アップ付与で剣ディルの被ダメージを大幅に減らせる
アンデルセン(★2)
・スター獲得とクリティカル威力アップ付与が好相性
・NPチャージで宝具を使用しやすく、1枚目Arts役として優秀
スカサハスカディ(★5)
・Quick性能アップとNP付与で宝具ダメージを大幅に伸ばせる
・Q限定のクリ威力アップは強力なものの3ターンに2枚しか使用できないので、自身のスムーズな戦闘不能や水着BBのカード固定など対策をとる必要がある
刑部姫(★5)
・スキルではなく宝具でのQ性能アップ付与となるが、同時に防御力アップ付与も行えるため好相性
・自身も高倍率の防御力アップを所持しており、剣ディルと釣り合う生存力を発揮できる

小ネタ:剣ディルの初出はどこ?

1部5章CMに登場

ディルムッドは2016年3月の1部5章実装前に公開されたCMにて、二刀流を披露していた。しかしセイバーディルムッドは5章開幕時には実装されず、2018年8月の復刻:Fate/Zeroコラボのピックアップガチャでの実装となった。

▲CMで披露した足技。

▲こちらも再現された。

公式チャンネルのCM動画

ディルムッド(セイバー)のプロフィール

イラストレーター/声優

イラストAzusa
担当声優緑川光
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

二本の魔槍、二振りの魔剣を駆使する屈強の騎士。
妖精王にして愛の神オインガスと
海神マナナンに育てられた絶世の美男子。
フィン・マックールを盟主とするフィオナ騎士団随一の
騎士であり、妖精王アヴァータと騎士団との共同戦線に
おいて大いに活躍したという。

此度においてはセイバーの霊基で現界した。
これは彼が槍のみならず、
剣をも得意とするためだが―――
こちらの霊基では『神話・伝説の英雄』としての側面が
強調され、神の手になる宝具を複数所有しているため
か、召喚に対するコスト・難易度がランサー時よりも高
い。

パラメーター

筋力
B+
耐久
B
敏捷
A
魔力
D
幸運
E
宝具
A

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

調査中

1段階目

調査中

2段階目

調査中

3段階目

調査中

最終再臨

調査中

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:184㎝・85㎏
出典:ケルト神話、フィオナ騎士団
地域:アイルランド
属性:秩序・中庸
性別:男性
スキル「愛の黒子」はこの霊基では基本的に使用されな
い。制御が効いている。

絆Lv.2で開放

忠義に篤く、誠実さを有する高潔な英霊。
基本的にはランサー時と同一人物だが、
セイバーとして召喚された彼は『騎士』としての自覚が
特に強くなっている。
強敵との戦いを楽しみ、求めている自分自身を憚らな
い。また、自覚的なのか無自覚的なのか、ランサー時よ
りも自己肯定感がやや強い。

霊基性能はランサーの時より増しているが、反面、召喚
の難易度もあがっている。
召喚者の技量がどれほど優れていようと、特定の条件が
揃わなければ霊基として成立せず、雲散霧消する事も。

絆Lv.3で開放

◯魔力放出(跳躍):A
神々に育てられたディルムッドは
超人的な跳躍力を獲得している。
セイバーとして現界した彼は、ランサー時よりも
敏捷パラメーターが低下している代わりに本スキルを所
有する。
魔力を放出することで爆発的に機動性を上昇させ、総合
的な攻撃力を底上げする。

◯フィオナ騎士の誉れ:B
ディルムッドの類い希なる覚悟。
筆頭騎士としての精神性が形となったもの。

絆Lv.4で開放

『憤怒の波濤』
ランク:B 種別:対人宝具
レンジ:1〜20 最大補足:1人

モラ・ルタ。
ディルムッド・オディナが操る多くの武具の中で最も強
力なものを挙げるとすれば、この恐るべき魔剣を措いて
他ない。
一撃必殺、初撃必勝。
抜き放たれた魔剣はディルムッドに確実な勝利を与え、
敵対者に敗北と死をもたらす。

絆Lv.5で開放

運命をも操るが如き魔剣モラ・ルタは、
ケルトにおける海と異界の神マナナンによって授けられ
た。マナナンこそは太陽神ルーに宝具フラガラック等を
与えた神性であり、数多くの宝具を所有、提供する存在
であった。

真名解放時には、セイバーのクラスでの現界によって顕
れた人智を超えた超跳躍を利用した落下攻撃を遂行す
る。この時、モラ・ルタは伝説に語られる『マナナン神
の脚』にも似て、三本の刃となって敵を寸断する。

双剣、来たる

逸話によれば、真に生死を懸けた冒険へと赴くディル
ムッドは魔剣モラ・ルタと魔槍ゲイ・ジャルグを持ち歩
き、危険は少ないと判断した際には魔剣ベガ・ルタと魔
槍ゲイ・ボウを持ったという。

───ディルムッドが死した時、
身につけていた装備は後者であった。

前者の装備で山に入っていれば、魔猪は倒され、フィオ
ナ騎士団最強の騎士は命を永らえていたかもしれない。

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. バトルインニューヨーク/ネロ祭2018の効率良い攻略方法
    バトルインニューヨーク/ネロ祭2018の効率良い攻略方法
    1
  2. 検証勢が考えたサーヴァントランキング(9月版)
    検証勢が考えたサーヴァントランキング(9月版)
    2
  3. ボックスガチャを徹底解説!いつリセットすべきかも考察!
    ボックスガチャを徹底解説!いつリセットすべきかも考察!
    3
  4. 全サーヴァントの評価一覧(絞込み機能付き)
    全サーヴァントの評価一覧(絞込み機能付き)
    4
  5. ミドラーシュのキャスターの評価と再臨素材
    ミドラーシュのキャスターの評価と再臨素材
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール/コラム

サーヴァント一覧

概念礼装/指令紋章一覧

その他一覧

ストーリー/フリクエ攻略

第1部ストーリー

第1.5部ストーリー

第2部ストーリー

優先度別おすすめのスキル上げ

京まふ2018

バトル・イン・ニューヨーク

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
3
攻略トップへ