FGO
FGO攻略wiki
アビゲイルの評価と再臨素材

【FGO】アビゲイルの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【おすすめ】概念礼装のおすすめランキング(12月版)

FGO(Fate/Grand Order)に登場するアビゲイルの評価を掲載。スキルやNP効率、再臨素材や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のアビゲイル運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

異端なるセイレムの関連記事はこちら

アビゲイルの評価と主要データ

こんにちは!
私、アビゲイル──アビゲイル・ウィリアムズ。
私が、フォー……リナー……で、
あなたがマスター、なの?
よければアビーって呼んでくださいな。
すぐお友だちになれると思うわ。

主要なデータ

クラスフォーリナー
カード構成
HIT数B:
4HIT
A:
6HIT
Q:
4HIT
EX:
5HIT
宝具:
4HIT
属性-
▶天地人一覧はこちら
特性-
▶特性一覧はこちら
入手方法期間限定ガチャで入手
HP / ATK 13770 / 12100(Lv最大時)
スキル1信仰の祈りC【CT:9~7】
味方全体へNP獲得状態付与(3T)
宝具威力アップ付与(3T)[Lvで強化]
スキル2正気喪失 B【CT:9~7】
敵全体へ恐怖状態付与[Lvで強化]
防御力ダウン付与(3T)[Lvで強化]
スキル3魔女裁判 A+【CT:9~7】
敵単体へチャージ減
攻撃力ダウン付与(3T)[Lvで強化]
宝具「光殻湛えし虚樹」
敵の強化全解除
敵単体に強力な攻撃
クラススキル領域外の生命 EX:自身に毎ターンスター2個獲得状態を付与&弱体耐性をアップ
狂気 B:自身のBusterカードの性能をアップ
神性 B:自身に与ダメージプラス状態を付与
合計
再臨素材
虚栄の塵×10 蛇の宝玉×10 禁断の頁×10
混沌の爪×10 黒獣脂×10 宵哭きの鉄杭x10 血の涙石×10 呪獣胆石×10
合計スキル
強化素材
世界樹の種x10 愚者の鎖x10 魔術髄液x12 ホムンクルスベビーx12 鳳凰の羽根x12
封魔のランプx15 精霊根x15 蛮神の心臓x15

特徴と評価の理由

評価:〔A〕
混成クエスト向きのアタッカー
・バーサーカー相手に中~長期戦ができる希少なクラス
・汎用性は高いが、最適解となる場面は少なめ
・敵単体の強化解除してからダメージの希少な宝具持ち
・攻撃有利の場面が少なく通常攻撃でNPを稼ぎ辛い
・短所はサポーターや編成で補える
・サポーター側からみて好相性なスキル等を多数所持
・NP獲得状態と宝具威力up付与が優秀で周回適正も○
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。絆礼装大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

基本的に「全く使えない」「弱い」と断言できるサーヴァントはゲームにほぼ存在しないので、パーティの構成難度や育成優先度などをメインに検討。

[S]別格。
所持している場合、全プレイヤーが育成すべきサーヴァント。
[A]育成優先度が高い部類。
明確な強みがあり、分かりやすく優秀なサーヴァント。
大体が万人におすすめできる性能。
[B]競合相手が居るが、キャラが揃うまではずっと第一線で使える性能。
もしくは自己完結しておらず、単体のみでは活躍しにくい場面があるタイプ。
[C]競合相手が多く、手持ちのサーヴァント次第では採用頻度が減るタイプ。
好きなら問題なく使っていけるだけの性能はある。
[D]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]単体での評価が不能。上記どこにも属さない。
特定の状況に特化、もしくは専用PTを組むことで輝くタイプ。ゲームシステムの理解度で評価が変わるサーヴァント。
大体の場合上級者向け。

アビゲイルのスキル/宝具

宝具「光殻湛えし虚樹」クリフォー・ライゾォム

敵の強化全解除
OC1:
OC2:
OC3:
OC4:
OC5:
敵単体に強力な攻撃
Lv1:
600
Lv2:
800
Lv3:
900
Lv4:
950
Lv5:
1000

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『信仰の祈り C』

【効果】
味方全体へNP獲得状態を付与(3T)
味方全体の宝具威力をアップ(3T)

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

味方全体の宝具威力をアップ(3T)
Lv1:
20
Lv2:
21
Lv3:
22
Lv4:
23
Lv5:
24
Lv6:
25
Lv7:
26
Lv8:
27
Lv9:
28
Lv10:
30

スキル2『正気喪失 B』

【効果】
敵全体に恐怖状態を付与(3T)
敵全体の防御力をダウン(3T)

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

敵全体の防御力をダウン(3T)
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:

スキル3『魔女裁判 A+』

【効果】
敵単体のチャージを1減
敵単体の攻撃力ダウン(3T)

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

-
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:
20

クラススキル

領域外の生命 EX自身に毎ターンスター2個獲得状態を付与&弱体耐性をアップ
狂気 B自身のBusterカードの性能をアップ
神性 B自身に与ダメージプラス状態を付与
クラススキル一覧はこちら

再臨・スキル強化素材必要個数

再臨必要素材

1段階虚栄の塵×10 禁断の頁×10
2段階蛇の宝玉×10 混沌の爪×10
3段階黒獣脂×10 血の涙石×10
最終再臨宵哭きの鉄杭x10 呪獣胆石×10
合計数-

スキル強化必要素材

Lv1世界樹の種x10
Lv2愚者の鎖x10
Lv3魔術髄液x12
Lv4ホムンクルスベビーx12
Lv5鳳凰の羽根x12
Lv6封魔のランプx15
Lv7精霊根x15
Lv8蛮神の心臓x15
Lv9伝承結晶x1
合計数-

新クラス『フォーリナー』とは

狂に対して有利を取れる新クラス

狂に対して2.0倍ダメージ

アビゲイルのクラス『フォーリナー』はバーサーカーに対して有利が取れる新クラス。バーサーカーに与えるダメージが2.0倍となり、受けるダメージは0.5倍となる。

アルターエゴから受けるダメージは2.0倍に

『フォーリナー』はバーサーカーに対して完全に有利なクラスとなるが、アルターエゴに対しては完全な不利。与えるダメージが0.5倍となり、受けるダメージは2.0倍となってしまう。

フォーリナーへは互いに与ダメージアップ

フォーリーナーに攻撃した場合、与えるダメージは大きくなる。またフォーリナーから攻撃された場合、受けるダメージも大きくなる。

スター集中度は高め

フォーリナーのスター集中度は高め。推定だがアーチャーと同等のスター集中度を持ち、ライダーを除けば最高峰のスター集中度となっている。そのため少ないスターからでもクリティカルを狙うことが可能。

フォーリナーのクラス相性まとめ


バーサーカー
相性有利
与ダメージ2.0倍+被ダメージ0.5倍

アルターエゴ
相性不利
与ダメージ0.5倍+被ダメージ2.0倍
フォーリナー相互関係
与ダメージ2.0倍+被ダメージ2.0倍
その他のクラス与ダメージ、被ダメージともに等倍

アビゲイルの強い点/弱い点(長所・短所)

アビゲイルの強い点(長所)

1.強化解除後にダメージを与える希少な宝具

アビゲイルの単体宝具は強化解除後にダメージと1ターンのクリティカル発生率ダウン付与を行う。敵の使用する無敵や防御力アップなどを気にせずダメージを与え、敵の無敵貫通や攻撃力アップなど厄介な効果も解除できる。

▲強化解除後にダメージを与えられるのは大きなメリット。

2.クラス混成クエスト向きのアタッカー

フォーリナーの相性不利なアルターエゴは通常出現しづらいだけでなく、バーサーカーに対して被ダメージ半減になるので戦闘不能になりづらい。サポート次第では自身の優秀な宝具効果を活かしたアタッカーになれる。

3.通常攻撃も宝具もヒット数が多め

アビゲイルは全てのカードのヒット数が多く、スター発生率アップ付与と好相性。4ヒットのQuickと5ヒットのEXはスターを得やすい。Quickは1枚なので自身だけでは十分なスターは稼ぎづらいので注意。

TIPS:『ヒット数とスター発生の関係』
スター発生は攻撃の1ヒットごとに判定される。また1ヒットごとのスター発生の上限は3個となっている。
そのため基本的にはヒット数が多いサーヴァントがスターを発生させやすい。

4.NP獲得と宝具威力を補う「信仰の祈りC」

スキル「信仰の祈りC」は全体へ3ターン10%のNP獲得状態付与と、20~30%の宝具威力アップ付与の効果。NP獲得の倍率はスキルLvを問わず固定。3ターン目開始時にはNP20%獲得となる。礼装次第ではカードに左右されずに宝具使用が狙える。

▲編成やクエスト次第となるが、周回でも採用できる。

5.ダメージを補える防御力ダウン付与も所持

スキル「正気喪失B」は敵全体へ3ターンの10~20%の防御力ダウン付与の効果。スキル再使用までCT9~7と長めなので、基本的には宝具などにあわせて使用したい。

▲実質的な攻撃力アップとして使用できる。

TIPS:『攻撃力UPと防御力DOWN』
自身の「攻撃力UP」と敵への「防御力DOWN」は合算されてダメージ計算される。
例えば自身に40%の攻撃力UP、敵に20%の防御力DOWNの場合は合計で60%。よってこの時のダメージは通常の1.6倍となる。

TIPS:『全体攻撃力UPは優秀』
味方全体への攻撃力UPは、BAQのカード指定やサーヴァントの指定、クリティカルなどの状況の指定もないので基本的には必ず効果を発揮できる。また3ターンの効果であれば、カードの偏りにも左右されづらい。

6.クセはあるが成功率は高めの恐怖状態

スキル「正気喪失B」には敵全体へ3ターンの恐怖状態付与の効果もある。恐怖状態は毎ターン確率で1度までのスタン付与の判定が行われる。敵単体へ3回の判定が全て失敗する確率はスキルLv1でもおよそ3割と低めだが、いつ成功するか分からないのが難点。

TIPS:『スタンや魅了時の敵の行動回数』
魅了やスタンなどが成功した場合、敵全体の最大行動数が成功数だけ減少する。
敵3体のうち、スタンにかからなかったエネミーが1体の場合、最大行動数が3回であっても1回の行動で敵ターンは終了する。

7.自身だけでも宝具ダメージは伸ばしやすい

クラススキル「狂気B」は自身への常時Buster性能アップの効果。自身の所持している宝具威力アップと防御力ダウンスキルと、3種類の強化を所持しているので効率的に宝具ダメージを伸ばせる。

TIPS:『ダメージの伸ばし方』
FGOにおけるダメージの計算は主に
〔攻撃UP/防御DOWN〕〔特攻や宝具威力UPなど〕
〔カード強化〕〔宝具特攻〕という4種類の項目。
これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

8.確定のチャージ減スキルを所持

スキル「魔女裁判A+」は敵単体へスキルLv1から確定のチャージ減と、3ターンの10~20%の攻撃力ダウン付与の効果。敵の宝具を引き伸ばし、仲間の無敵付与などの再使用までのターン数を稼げる。こちらもスキル再使用までCT9~7と長め。

9.少量だが常にスター獲得のクラススキル

クラススキル「領域外の生命EX」は弱体耐性アップと、毎ターン2個のスター獲得状態付与の効果。クラススキルだけでは足りないがスター獲得系のスキルや概念礼装をパーティ全体で用意するとクリティカルが狙える。

アビゲイルの弱い点(短所)

1.宝具ダメージが低め

フォーリナーの攻撃有利なクラスはバーサーカーのみなので、実質攻撃有利が存在しない。Buster宝具なのでサポートで補いやすいとはいえ、クラス補正でATKへ上方修正も入らないので相対的に低め。

TIPS:『クラス補正とは?』
クラス補正とは、サーヴァントのクラスごとに設定された隠しステータス。ATKなどに若干の倍率がかかるようになっている。
▶詳細な倍率まとめはこちら

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算

アビゲイル宝具1(※相性等倍)
【スキルLv1】
宝具ダメージ:平均38200
ATKフォウあり:平均41200
【スキルLvMAX】
宝具ダメージ:平均45100
ATKフォウあり:平均48600
狂や等倍アタッカーとの比較(タップで開閉)

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算

宝具Lvを上げやすい★3や、配布★4。もしくは宝具Lv1の★4~5単体宝具の等倍ダメージの比較となります。バーサーカーのみ1.5倍。

ジャンヌオルタ宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均45700
ATKフォウあり:平均48900
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均57500
ATKフォウあり:平均61600
BB宝具5
宝具ダメージ:平均51100
ATKフォウあり:平均56800
クーフーリンオルタ宝具1
宝具ダメージ:平均64100
ATKフォウあり:平均68800
ヴラド三世宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均50400
ATKフォウあり:平均54400
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均54500
ATKフォウあり:平均59000
謎のヒロインXオルタ宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均57200
ATKフォウあり:平均62000
上記+剣特攻:平均93000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均73300
ATKフォウあり:平均79000
上記+剣特攻:平均118500
土方歳三宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均50600
ATKフォウあり:平均54500
上記+HP1時:平均108900
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均55000
ATKフォウあり:平均59200
上記+HP1時:平均118400
呂布宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均72900
ATKフォウあり:平均81100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均92000
ATKフォウあり:平均102000

2.通常攻撃でNPを貯めづらい

アビゲイルは通常攻撃でNPを貯めづらい。1枚目Arts補正入りでもArtsはNP約6~11%と低めなだけだが、EXとQuickはNP約2~3%と特筆して低い。

TIPS:『Aチェイン』
Artsを3枚並べた際のボーナス。
カードを選んだサーヴァントのNPが20増える。

TIPS:『攻撃時のNP獲得のエネミー補正』
特定のクラスやエネミーを攻撃した際、NP獲得は約0.8~1.2倍ほど増減する場合がある。
術は約1.2倍:騎は約1.1倍と貯まりやすくなる。
殺は約0.9倍:狂は約0.8倍は貯まりづらくなる。
またスケルトン、ゴーストなど一部死霊系のエネミーもNPが貯まりやすい傾向にあるが、当てはまらない場合もある。
クリティカルやオーバキルと重ねることで大きな違いとなる。NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算。

3.スターを供給する必要がある

基本的にNP獲得のためにArtsチェインを狙うのでスターは稼げずダメージは低めとなる。ダメージやNP獲得を補うためにはクリティカルが必要となるのでスター獲得系のスキルや礼装で補う必要がある。

4.狂への攻撃有利2倍は標準的

フォーリナーはバーサーカーに対して被ダメージ半減となり、中~長期戦の耐久戦であれば際立った活躍が予想できる。しかし与ダメージは2倍と他のクラスと変わらないので、常にバーサーカーに対する最適解とはならないのが難点。

5.スキルLvが運用に直結する

効果量という意味ではスキルLvは運用に直結しづらいが、「信仰の祈りC」と「魔女裁判A+」はCT短縮という点でスキルLVMAXにする恩恵が非常に大きい。高難易度で採用する場合はまずはLv6を目指したい。

6.活かし切るには編成難易度たかめ

アビゲイルはサポーターと組むことで自身の短所を補い、長所を伸ばせる。だが相性のいいサーヴァントが玉藻やマーリンなど高レアリティに固まっており、活かし切るには編成難易度たかめ。

アビゲイルの運用

1.周回で活躍する「信仰の祈りC」

「信仰の祈りC」の宝具威力アップとNP獲得状態付与は味方全体への効果なのが特徴。2ターン目開始時にはNP10%、3ターン目開始時にはNP20%貯まるのでクエスト次第となるが周回でも採用できる。自身もBuster性能アップや攻撃力アップが貰えれば十分なダメージが出せる。

画像はエレナの全体NP20%付与、シェイクスピアの単体NP20%付与、マーリの全体NP20%付与を順番に使用した3ターン連続宝具を狙った編成。

虚数魔術未凸1枚で可能。諸葛孔明や、アーラシュなどNPチャージ持ちの採用で全員NP50%礼装でも可能。

スキルLv依存のNPチャージ持ちのスキルを上げきらずとも宝具が撃ちやすくなるのもメリット。

2.積極的にサポーターと組ませよう

アビゲイルは通常攻撃だけではNPを貯めづらい。しかし3ターン味方全体へのNP10%付与と3枚のArtsを所持しているので、Arts枚数多めのサポーターと組むことで宝具使用には困らない。

3.フォーリナーはスターが集まりやすい

フォーリナーは比較的スターの集まりやすい。標準的なスターの集まり方のマシュからもスターを集められるので、少ないスターでもクリティカルが狙いやすく、ArtsでNPを2倍稼げる。またATKは高めなので等倍相手にもクリティカルで十分なダメージが出る。

▲クリティカルが出来れば3ターンに2回の宝具使用も狙え、3ターンの宝具威力アップを活かせる。

TIPS:『クリティカルの効果』
クリティカルはダメージが2倍になる他、NP獲得量も2倍となり、スターも増えやすくなる。ダメージ上昇以外にも恩恵がある。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

4.「信仰の祈りC」はサポート宝具と好相性

「信仰の祈りC」のNP獲得状態付与は味方全体への効果なのが特徴。サポート宝具を1回使用してから本領発揮する玉藻やマーリンなどのサポーターを、アビゲイル側からもサポートできる。

5.NP獲得はなるべく100%で抑えよう

Artsチェインを繰り返す編成の場合、NPを100%以上貯めてしまうことも多い。NP100~199%は効果が変わらないので、特にNP獲得状態付与中は過剰にNPを入手することがないように、味方全体のカード選びには気を配りたい。

6.NP獲得状態とチャージの違い

NP獲得状態とNPチャージ系スキルの大きな違いだが、NP獲得状態は宝具使用後にもNPを得られるので宝具再使用を狙いやすくなる。細かい違いだが、NP付与スキルやカード選びを意識することで味方全体のNPをより貯めやすくなる。

相性のいい概念礼装

NPチャージ系礼装

Artsチェインが可能な場合、「信仰の祈りC」の効果でNPチャージ50%ほどあれば3~4ターン目開始時には宝具使用が狙える。等倍ダメージを補うため、ATK補正などダメージアップに繋がる礼装を装備したい。

エアリアル・ドライブ(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
B性能UP8~10%
宝具威力UP8~10%
ゴールデン相撲~岩場所~(ATK型)
自身の攻撃力UP10~15%
戦闘開始時NP30~50%獲得
聖夜の晩餐(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
宝具威力10~15%UP
クリティカル威力10~15%UP
バトルオリンピア(ATK型)
戦闘開始時NP50~60%獲得
B&A性能8~10%UP

クリティカルを狙う礼装

アビゲイルのArtsは性能が低めなため、補うためにArts性能アップやNP獲得量アップ系の礼装を装備しよう。3枚のArts持ちの標準的なキャスターと同等以上となり、クリティカルすれば十分にNPを獲得できる。

キュート・オランジェット(ATK型)
NP獲得量UP25~30%
宝具威力UP15~20%
トリック・オア・トリートメント(ATK型)
クリティカル威力UP15~20%
NP獲得量UP25~30%
もう一つの結末(超ATK型)
A強化10~15%
クリティカル威力UP20~25%
最大ATK2400となる希少な礼装
蒼玉の魔法少女(ATK型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
NP獲得量UP25~30%
フォーマルクラフト(ATK型)
A強化25~30%

スター獲得系礼装

アビゲイルは比較的スターが集まりやすい。とはいえArts中心の使用ではスターを得づらいので、スター獲得状態付与系のスキルや概念礼装で補う必要がある。パーティ全体で入手できればよいので、アビゲイルはなるべくATK型を選びたい。

2030年の欠片(HP型)
毎ターンスター8~10個獲得状態を付与
狐の夜の夢(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
NP獲得量UP20~25%
カルデアを導く乙女(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
B強化10~15%
月の湯治(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
クリティカル威力20~25%UP
チア・フォー・マスター(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
BAQ強化6~8%
ショコラティエ(バランス型)
自身にA強化15~20%付与
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与

アビゲイルと相性のいいサーヴァント

特筆して相性のいいマーリン

1.長所を伸ばし、短所を補える

マーリンの宝具とスキルでアビゲイルの通常攻撃でのNPの得づらさとダメージの低さを補うことができる。また自身のスターの集まりやすさやBuster宝具を「英雄作成EX」で効率よく伸ばせるのでマーリンは特筆して好相性となる。

2.マーリンからみても好相性

マーリンは宝具効果は5ターン有効で重複するので、宝具連発できば効果量が増えていく。宝具を継続的に使用しやすくなるNP獲得状態付与スキルはマーリン側からみても非常に好相性となる。

3.マーリンの宝具をOCさせよう

マーリンの宝具効果は全体へ5ターンの回復&NP獲得5%と、OCで上昇するスター獲得状態付与。宝具チェインと、2回以上の宝具効果が重なるように意識することでクリティカルに必要なスターを安定入手できる。

▲OC2で2回分重ねられれば毎ターンスター20個の獲得となる。

TIPS【宝具とOC】
OC=OverChageの略。NPを貯めた量や、他の宝具と続けて宝具を発動するなどで値が上昇し、この値が上昇すればするほど宝具に付与された特定の効果が強化される。

5.敵の宝具は無敵付与に頼ろう

マーリンのスキル「幻術A」は1ターンの味方全体への無敵付与と、敵全体へ3ターンのクリティカル発生率DOWN付与の効果。敵宝具への対処と、予期せぬ大ダメージを防ぐことができる。

6.3人目はチャージ減持ちがおすすめ

マーリンの「幻術A」だけでは次の敵宝具までのスキル再使用は難しい。アビゲイルのチャージ減だけでは足らないので、玉藻の前などもう1名のチャージ減やスタン付与持ちがいれば間に合いやすい。もしくはもう1名のダビデやマーリンの採用などで補える。

7.環境が大きく変わるWマーリン

Wマーリンでの運用はマーリンの宝具効果を容易に4つ重ねることができる。クリティカルのための十分なスターもOCを意識することで、毎ターン30~40個入手可能。全員の宝具もクリティカルも連発できる。

8.四重の宝具効果は別次元

4つ重なったマーリンの宝具は毎ターンのNP獲得は20%になり、HP回復は宝具1であっても合計4000になる。NP獲得状態付与スキルも含めるとArtsチェインを意識せずとも宝具連発できる。

マーリンの評価はこちら

短所を大きく補える玉藻の前

1.NP面の不安がなくなる

玉藻は3枚のArtsでAチェインしやすく、宝具効果で全体NP付与とスキルCT1減が行える。最短CT7で3ターン有効なアビゲイルのNP獲得状態付与スキル「信仰の祈りC」が再使用しやすくなり、効果ターンを大幅に増やせる。

2.玉藻の前としても好相性

玉藻の前は、ArtsチェインをしないとNPを貯めづらく、1度目の宝具を使用するまでが難しいという短所がある。アビゲイルはArtsチェインを行いつつNP獲得状態付与で玉藻の前へNP供給することができるので玉藻の前からみても非常に好相性。

3.狐の嫁入りは回復として使用

玉藻のスキル「狐の嫁入りEX」は3ターンの高倍率のA強化と回復の効果。Arts性能アップ付与を行えればアビゲイルのArtsでのNP獲得は標準的なキャスター以上となる。回復効果目当てに使用しても十分な回復量となる。

4.2人で敵宝具のCT管理

アビゲイルの確定チャージ減と、玉藻のスキルLV10で確定チャージ減となる「呪術EX」の使用で敵宝具CTの管理が可能。宝具効果でスキルCT1減も行えるので中~長期戦で敵宝具対策の時間を稼げる。

6.3人目は全体回避など防御役がおすすめ

敵宝具CTの管理がしやすく、全体へのスキルCT1減も可能なのでダビデやマーリンなどの全体回避無敵スキルも再使用がしやすい。また重要なスキルの効果時間が長い、もしくは再使用までが短いマシュとも好相性。

7.玉藻マーリンは超優秀

マーリンの最短5ターンの全体NP付与と宝具効果の毎ターンのNP獲得と、玉藻の宝具効果のNP付与とスキルCT短縮が噛み合うのでWマーリン同様に3人の宝具を何度も撃ちやすくなる。

玉藻の前の評価はこちら

周回におすすめのサーヴァント

味方全体へのNP獲得状態付与と宝具威力アップ付与ができるので周回向き。NPチャージやNP獲得状態持ちのサーヴァント全般と好相性。また宝具効果でのNPリチャージ持ちとも好相性。非常に多いので、特に好相性なものだけ紹介。

▲画像は宝具Lv1でATK13000の育成途中のもの。エレナ、シェイクスピア、マーリンと組んだ3ターン周回。等倍であっても13万以上は容易に狙える。

孔明(★5)
・3つのスキルで強化とNP付与が行える
・3ターン目開始時には全体へ合計40%、単体へ最大70%のNP付与が可能
エレナ(★4)
・味方全体へNP10~20%付与スキルを所持
・Arts全体宝具で自身でも攻撃ができ、道中でのArtsチェインも狙いやすい
・同様に水着エレナも好相性
シェイクスピア(★2)
・スキルLvを問わない単体へNP20%付与スキルを所持
・自身の全体宝具も高火力で全体B強化付与も所持
・スター発生率アップ付与を活かし、スター獲得しクリティカルも狙える
パールヴァティー(★4)
・スキルでのNP付与と、宝具での全体NP付与が好相性
・自身へのスキルNP付与で2ターン目開始時にNP20%貯められる
・宝具使用時、味方全体のNP獲得は合計30%となる
・同様に宝具効果で全体付与可能で、2枚のArtsのゴルゴーンやBBも好相性
アルトリア(槍)(★5)
・宝具効果の自身へのNPチャージが20~60%と特筆して高い
・例えばOC2上昇させる魔性菩薩を装備して1ターン目に宝具を使用した場合、2ターン目開始にはNP50%となる。
自身の最大NP50%チャージスキルと諸葛孔明のNP付与50%で、2ターン連続での宝具使用が可能。
鈴鹿御前(★4)
・NP獲得状態5~10%を所持
・カレイドスコープ装備時限定となるが、あわせて2ターン目開始時にNP20%となり宝具使用できる
・自身の全体宝具で大量スター獲得可能なので、2ターン目に使用できるのは大きなメリット
・宝具効果の自身へクリティカル威力アップ付与で3ターン目にクリティカルで大ダメージを出せる

相性のいいサーヴァント

基本的にはArts枚数が多く、Buster性能やクリティカル威力アップ付与や、スター獲得が行えると相性がよい。ライダーやアーチャーと組みつつクリティカルを狙う場合は「封印指定執行者」などスター集中系か、十分なスター獲得が必要となる。

アンデルセン(★2)
・スター獲得スキルと、高倍率で全体3Tのクリ威力UPスキルが特に好相性
・NPチャージスキルでカードを選ばずともサポート宝具を使用できる
マシュ
・スキルと宝具で高倍率の防御力アップ付与ができる
・NP獲得量UPスキルで少ないカードでも宝具が使用できる
ギルガメッシュ(キャスター)(★4)
・全体A強化&攻撃力UPでダメージを上げやすい
・味方全体の超高倍率のスター発生率UP付与でA中心の使用でもクリティカルが狙える
ナイチンゲール(★5)
・アタッカーとしての役割をこなせる
・3ターンのBuster性能アップ付与が優秀
・自身にスターを集めず、2枚のArtsでArtsチェインができる
・同様の理由で狂ヴラド三世も好相
ジャンヌ(★5)
・宝具効果で全体無敵、回復、防御力UP付与ができるので長期戦しやすい
・対サーヴァント用のスタンを所持しており、アビゲイルと一緒に敵の宝具タイミングを調節できる
・スター獲得でクリティカルも◎
ホームズ(★5)
・宝具効果で味方全体のクリティカルダメージを伸ばせる
・宝具封印スキルで、アビゲイルと一緒に敵の宝具タイミングを調節できる
・宝具封印にスター獲得効果もあり
ダビデ(★3)
・B宝具となるがスキル封印付き
・全体攻撃力持ちでArts3枚の優秀なサポーター
・再使用しやすい全体回避付与1回で敵宝具対策◎
・自身への回復&防御スキルで戦闘不能になりづらい

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください。

(タップで開閉)

初期段階

1段階目

2段階目

3段階目

最終再臨

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中