FGO
FGO攻略wiki
ギルガメッシュ(キャスター)の評価と再臨素材

【FGO】ギルガメッシュ(キャスター)の評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【お知らせ】FGOゲーム攻略ライターを募集中!

FGO(Fate/Grand Order)に登場するギルガメッシュ(術)の評価を掲載。スキルや再臨素材、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のギルガメッシュ(術)運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

その他のギルガメッシュはこちら

ギルガメッシュ(術)の評価と主要データ0

──キャスター、ギルガメッシュ。
ウルクの危機に応じ、この姿で現界した。
貴様の召喚に応じたのではない。付けあがるなよ、雑種。

主要なデータ

クラスキャスター(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
6HIT
A:
5HIT
Q:
2HIT
EX:
5HIT
宝具:
10HIT
属性秩序 / 善 / 人属性
▶天地人一覧はこちら
特性王 / 神性 / 愛する者
▶特性一覧はこちら
入手方法全てのガチャで恒常的に排出
HP / ATK12005 / 8460(Lv最大時)
スキル1王の帰還A【CT:9~7】
味方全体のスター発生率を大アップ(3T)[Lvで強化]
スキル2カリスマA+【CT:7~5】
味方全体の攻撃力をアップ[Lvで強化]
スキル3魔杖の支配者【CT:8~6】
味方全体のArtsカード性能をアップ[Lvで強化]
弱体付与成功率をアップ(3T)[Lvで強化]
宝具「王の号砲」
敵全体に強力な攻撃[Lvで強化]
3ターン防御力をダウン[OCで変動]
3ターン味方全体の防御力をアップ
クラススキル道具作成(偽)A:
弱体付与成功率をアップ
陣地作成A:
Artsカードの性能を10%アップ
神性B:
与ダメージ175プラス状態を付与
合計
再臨素材
×14×14
×8×18×8×4
合計スキル
強化素材
×14×14×14×1
×12×36×20×48

特徴と評価の理由

評価:〔A〕
Artsパーティの動き方が大きく変わるサポーター
・サポートスキルと宝具効果がすべて強力
・特に弱体耐性ダウン付与とスター発生率アップは希少
・通常スターがでない、Artsからもスターが稼げる
・Artsを中心に使用するパーティの動き方が変わる
・スキルCTが長めで再使用しづらいのが難点
・自身のダメージは相対的には低め
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。
全サーヴァントの評価はこちら

ギルガメッシュ(術)のスキル/宝具0

宝具「王の号砲」メラム・ディンギル

──矢を構えよ、我オレが赦す!
至高の財をもってウルクの守りを見せるがいい!
大地を濡らすは我が決意!
――『王の号砲』!

敵全体に強力な攻撃
Lv1:
450
Lv2:
600
Lv3:
675
Lv4:
712.5
Lv5:
750
3ターンの間
防御力をダウン
OC1:
20
OC2:
25
OC3:
30
OC4:
35
OC5:
40
3ターンの間
味方全体の防御力をアップ
Lv1:
20
Lv2:
20
Lv3:
20
Lv4:
20
Lv5:
20

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『王の帰還A』

【効果】
味方全体のスター発生率を大アップ(3T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

スキル2『カリスマA+』

【効果】
味方全体の攻撃力をアップ[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

3ターンの間
味方全体の攻撃力をアップ
Lv1:
10.5
Lv2:
11.6
Lv3:
12.6
Lv4:
13.7
Lv5:
14.7
Lv6:
15.8
Lv7:
16.8
Lv8:
17.9
Lv9:
18.9
Lv10:
21

スキル3『魔杖の支配者』

【効果】
味方全体のArtsカード性能をアップ[Lvで強化]
弱体付与成功率をアップ(3T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

3ターンの間
味方全体のArtsカード性能をアップ
Lv1:
20
Lv2:
21
Lv3:
22
Lv4:
23
Lv5:
24
Lv6:
25
Lv7:
26
Lv8:
27
Lv9:
28
Lv10:
30

クラススキル

道具作成(偽)A弱体付与成功率をアップ
陣地作成AArtsカードの性能を10%アップ
神性B与ダメージ175プラス状態を付与
クラススキル一覧はこちら

優先度別おすすめのスキル上げ0

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないがどのスキルも優秀。特にスキル1はLv上げの効率がよいので最優先する。スキル2と3に関しては余裕があれば上げていく。キャスターと組む場合は既に陣地作成を所持している場合が多いのでスキル2を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
続いてはスキル2のLv6を目指す。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル1はLv6になってもCT8と長めなので、効果量を目当てにLv6の区切りを意識せず上げていく。同様にスキル3も並列して上げておく。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。Artsの使用感が大きく変わる。玉藻の前や、同様にスター発生率アップ持ちのサーヴァントと組む場合は自身の特徴であるスキル1のLv10を目指したい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。全ての3ターン有効な優秀なサポートスキルなので伝承結晶の恩恵が大きい。ここまで育成をすすめる必要はないが、した際のメリットは大きい。相性のいいサーヴァントが多い場合は3つ使用を検討したい。
キャスターのスキル上げ優先度一覧はこちらスキル上げの育成ステップについて
Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

再臨・スキル強化素材必要個数0

再臨必要素材

1段階キャスターピースx4
2段階キャスターピースx10
英雄の証x18
3段階キャスターモニュメントx4
禁断の頁x8
原初の産毛x3
最終再臨キャスターモニュメントx10
原初の産毛x5
智慧のスカラベx4
合計数×14×14
×8×18×8×4

スキル強化必要素材

Lv1術の輝石x4
Lv2術の輝石x10
Lv3術の魔石x4
Lv4術の魔石x10
禁断の頁x4
Lv5術の秘石x4
禁断の頁x8
Lv6術の秘石x10
英雄の証x12
Lv7英雄の証x24
ゴーストランタンx5
Lv8ゴーストランタンx15
万死の毒針x48
Lv9伝承結晶x1
合計数×14×14×14×1
×12×36×20×48
素材のドロップ場所一覧はこちら

ギルガメッシュ(術)の強い点/弱い点

ギルガメッシュ(術)の強い点(長所)

1.キャスターと非常に相性の良いキャスター

ギルガメッシュ(術)は多くの優秀なサポートスキルを所持している。その中でもヒット数の多いカードと相性がよく、今までにない役割を与えられるような大幅な強化が行える。

2.カード性能を大幅に変えてしまう「王の帰還A」

スキル「王の帰還A」は3ターンの間、味方全体へ超高倍率のスター発生率UPの効果。BAからもスターが発生しやすくなるのでヒット数の多いサーヴァントと好相性。編成を意識することで通常攻撃だけでもクリティカルを狙えるようになる。

3.ヒット数の多い通常攻撃

ギルガメッシュ(術)はBが6ヒット。AとEXが5ヒットと、ヒット数が非常に多い。自身のスター発生率UPの効果とあわせて通常攻撃でスターを稼ぎ、クリティカルを狙いやすくなっている。Qのみヒット数が少ない点に注意。

TIPS【クリティカル】
クリティカルはダメージが2倍、NP獲得量も2倍となり、スターも増えやすくなる。

▲画像ではスキルMAX相当の効果にするために2つ分の効果を重ねた。Aであってもヒット数と同じようなスター獲得が可能になる。

4.安定して使えるカリスマ

スキル「カリスマA+」は3ターンの全体攻撃力UPの効果。CT7~5と再使用までも短く、非常に使いやすい。ダメージアップでオーバーキルが狙いやすくなり、更にNPやスターを稼ぎやすくなる点も◎。

TIPS【オーバーキル】
NP獲得量が1.5倍となり、スターも増えやすくなる。クリティカルとあわせるとNP獲得量は3倍になり効果的

5.A主体のパーティと好相性

スキル「魔杖の支配者EX」は3ターンの全体A強化の効果。A強化はダメージだけでなくNPも稼ぎやすくなる。クリティカルも狙えると一気にNPを稼げるので、パーティ全体が宝具を繰り返し使用しやすくなる。

TIPS【ダメージの伸ばし方】
FGOにおけるダメージの計算は主に
〔攻撃UP/防御DOWN〕〔特攻や宝具威力UPなど〕
〔カード強化〕〔宝具特攻〕という4種類の項目。
これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。
ギルガメッシュ(術)は自身だけで味方全体に2種類の強化が行える。

6.非常に優秀な宝具効果

ギルガメッシュ(術)の宝具は3ターンの敵全体の防御力DOWNと味方全体の20%の防御力UPの効果もある。またヒット数が非常に多いので「王の帰還A」を使用していた場合、大量のスターを稼ぎやすい。

▲非常に分かりづらいが、攻撃後に防御力UPの効果がある。

7.相性のいいサーヴァントが増えるスキル

スキル「魔杖の支配者EX」は3ターンの弱体付与成功率の効果もある。自身の宝具効果の防御力DOWN付与だけでなく対魔力持ちへの保険、スキルLVが上がりきっていない仲間のスキルや元々成功率の低いスキルなども活かしやすくなる。

TIPS【対魔力】
クラススキルの1つ。常時自身の弱体耐性が上昇する。

ギルガメッシュ(術)の弱い点(短所)

1.第三再臨がしづらい

LV60で十分なステータスとなるが、全体A強化のスキル「魔杖の支配者EX」を習得する第三再臨で7章素材の「産毛」を使用する。7章までの攻略もしくはイベント参加以外では入手困難となっている。

2.ゲームシステムへの理解が必要

ギルガメッシュ(術)のスキルや宝具効果を活かし尽くすにはヒット数とスターの関係や、防御力UPの仕組み。クリティカルの狙い方などを知って考えていく必要がある。ゲームシステムへの理解が必要となる。

3.スキルの再使用がし辛い

スキル「王の帰還A」は最短CT9~7。スキル「魔杖の支配者EX」は最短CT8~6と、3ターンの効果ターンに対して再使用までの時間がかかる。スキル効果時間以外はどうやって補うかなど考える必要がある。

▲スキルLV上げ以外にも、水着オルタや玉藻の前のスキルや宝具でCT1減を行うことができる。

4.スキルLV上げが重要

ギルガメッシュ(術)はスキルLVが運用に直結しやすい。スキル再使用を狙う場合や、より安定したスター発生を狙う場合はスキルLV6以上を求めたくなる。

5.スキルLVを上げきるには強い意志が必要

基本的には4章までで手に入りやすい汎用的な素材でスキルLV上げが可能。LV8→9のみ7章素材の「万死の毒針」を48本必要となる。毒針はイベント以外では何かのついでには入手しづらい素材なので、狙った素材集めとなりやすい。

ギルガメッシュ(術)の運用

1.アタッカーとしての運用

ギルガメッシュ(術)はパーティ全体でクリティカルを狙って宝具を繰り返し使用するアタッカーとしての運用が可能。ヒット数が多い、もしくはスター集中や獲得スキルを持ったサーヴァントと相性が良い。

▲クリティカルを狙う場合、毎ターン20~30個を目指して複数の獲得手段を持てるようにすると安定しやすい。

2.スターを偏らせよう

スターを集めづらいバーサーカークラスを1名採用すると、キャスターにもスターが集まりやすくなる。茶々、水着信長、クーフーリン〔オルタ〕などヒット数が多いサーヴァントやAチェイン主体のヴラド三世などと好相性。

3.クリティカル&オーバーキルでNPを稼ごう

またバーサーカーはB枚数が2~3枚と比較的多く、1枚目Bからのクリティカルでのダメージ増も狙いやすくなる。Aチェインに頼らなくてもクリティカルやオーバーキルを意識することでNPが稼げる。

TIPS【Aチェイン】
Artsを3枚並べた際のボーナス。
カードを選んだサーヴァントのNPが20増える。

4.サポーターとしての運用

ギルガメッシュ(術)の優秀なサポートスキルを活かして有利クラス以外のクエストに採用してスキル使用やスター獲得。Aチェインの為のA枚数稼ぎに専念させることもできる。その場合、有利クラスのアタッカーはヒット数が多いかA強化を活かせるサーヴァントが好ましい。

5.スターをアタッカーに渡そう

キャスターは比較的スターを集めづらいので、アタッカーに効率的にスターを渡すことができる。NPが特別貯まりやすいサーヴァントでなくてもクリティカルやAチェインを行うことが出来れば素早くNPを貯めることができる。

▲画像では水着オルタがA強化入りの宝具AAクリティカルでNP100回収できた。

6.A枚数多めで固めた編成

ギルガメッシュ(術)はA3枚&A宝具なので、A枚数が多くA宝具のサーヴァントと組むことでAチェインを繰り返しやすくなる。一度誰かのNPが貯まり切るとA宝具で更にAチェインが狙いやすくなる。仲間のNPを貯め続けやすい状況を作ることができる。

▲3名のAが合計7枚あると3ターンに1度必ずAチェインが可能。枚数を増やすとより安定する。

7.防御力UPや攻撃力DOWN持ちと好相性

ギルガメッシュ(術)は回避や無敵などを所持しておらず、自身の宝具効果の防御力20%UPだけでは敵の宝具を防ぎ切るのは難しい。同様の効果をスキルや宝具で所持しているサーヴァントと効果を重ねることで敵宝具を耐えることも狙える。

▲分かりづらいが、アイコンで防御力UPと攻撃力DOWNの合計3つが表示されている。積み重ねることで大きなダメージ減

TIPS【防御力の倍率】
防御力40%の場合、敵からのダメージは約4割減となる。
防御力100%の場合、ダメージはほぼ0となる。敵への攻撃力DOWNも基本的には加算される。

8.スターを稼ぎづらいタイミングの対策

スキル「王の帰還A」の効果が切れるとスターが一気に稼ぎづらくなる。他にもフィンなど高倍率のスター発生率UP持ちをもう1名採用する。そのタイミングを狙ってスター獲得スキルを使用する。スター獲得系の概念礼装の装備などで補うことができる。

ギルガメッシュ(術)のプロフィール0

イラストレーター/声優

イラストギンカ
担当声優関智一
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

不老不死の旅より帰還した、至高の賢王。
伝説において「すべてをみたひと」と語られる。
時に冷酷に、時に人情を認め、厳しくも民を導く偉大なるウルクの王。

パラメーター

筋力
C
耐久
D
敏捷
C
魔力
B
幸運
A
宝具
EX

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──キャスター、ギルガメッシュ。
ウルクの危機に応じ、この姿で現界した。
貴様の召喚に応じたのではない。付けあがるなよ、雑種。

1段階目

いささか動きやすくなったか。
……何を見ている、我の玉体に見惚れて魂を奪われたか?

2段階目

さてどうなることやら……
いいや、貴様の知ったことではない。
括目して見ていろ。

3段階目

成程、こういった姿か……
キャスターとしての現界ではこうなるか。ハハハハハ。

最終再臨

貴様の評価を幾らか修正してやろう雑種。
貴様には、我のとっておきを見せてやる。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:182cm・68kg
出典:シュメール文明、ギルガメシュ叙事詩
地域:バビロニア、ウルク
属性:秩序・善   性別:男性
暴君ではなく、冥界より帰還して王として成長を
果たした状態での現界である。

絆Lv.2で開放

道具作成(偽):A
魔力を帯びた器具を作成する。
本来魔術師ではないギルガメッシュはこの
スキルを持ち得ないが、宝具の存在によって
このスキルと同等の能力を得ている。
作り出される(宝具から取り出される)道具は
すべて「バビロンの宝物庫に在るモノ」である。

絆Lv.3で開放

カリスマ:A+
最も優れた王であったというギルガメッシュの、
賢王としてのカリスマ。魔力や呪いでもあるかの
ような極めて高いカリスマ性を有している。魔杖の支配者:EX
多彩な魔術礼装を操るキャスターとしての
ギルガメッシュの在り方を示すスキル。
魔術系の攻撃にボーナスが付与される。
気を使って戦えば道具を優しく扱える。
そんな王様であった。

絆Lv.4で開放

陣地作成:A
魔術師として道具を作るばかりか、
建築すらやってのける。そもそもウルクの城塞は
ギルガメッシュによるデザインである。
粘土と石の建築では限界があるため、
「もっと木材がほしい。
杉の森に行かねばならんか……」
と呟くも、エルキドゥとの一件が尾を引いて
杉の森には行きたがらない王であった。

絆Lv.5で開放

『王の号砲』
ランク:B 種別:対軍~対城宝具
メラム・ディンギル。
ウルク城塞からの遠距離爆撃。
ギルガメッシュのみならず、神代を生きた
ウルクの民の総力までもが結集された驚異の砲撃。ギルガメッシュは断腸の思いで自らの
コレクションを弩に装填し、
これを兵たちに任せている。
「壊れた幻想ぅ? そんなもの、4000年以上前に
この我がやっているわ!」

第七特異点をクリア・絆Lv.5で開放

人類最古の英雄王ギルガメッシュその人。
その在り方はアーチャー時とは異なっており、
荒ぶる力を体現する英雄ではなく、
民を統べる賢王としてのモノである。「フハハ、属性を見れば一目瞭然であろう!
たいていの苦行、試練は乗り越えるが、
過労死だけは二度と御免だ!」英雄王としての時より背後を護ろうとする為、
戦闘時の細やかさが大幅に上がっている。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

天命の粘土板

遙かなる過去。古き神の時代。神々の王がマルドゥーク(メダロック)ではなく、エンリル神であった頃の事である。或る怪鳥がいた。アッカドに於ける名はアンズー、シュメールに於いてはイムドゥグドと呼ばれる。嵐の魔であり、巨大な雲と強風の顕れたる神であった。この怪鳥はエンリル神に仕えていたが、ある日、主人の入浴中に大宝物を奪い取ってしまった。するとたちまち万物万象のすべては暗黒に包まれ、世界には滅びが迫った。怪鳥アンズーが掠めた稀有なる大宝物、世界と神々とを統べる窮極の王権―――天命の粘土板。是に、怪鳥は触れるべきではなかった。世界の悉くを危機に陥れたからか。否。資格なき者が手を伸ばしても王権は応えず、アンズーは何ひとつとして得られぬが故に。事実、大宝物はエンリル神の息子たる英雄神ニヌルタに奪い返され、世界は修復されたのだった。そして長き時を経て後、人の時代の興りの頃。大宝物は黄金の都へと収蔵された。荒ぶる嵐神アンズーは何を想うか。自らには叶わなかった王権の簒奪を、神の血を引く人たる英雄王が成し遂げたことに―――

「天命の粘土板」の詳細な性能はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール

サーヴァント一覧

概念礼装一覧

その他一覧

フリークエスト攻略

優先度別おすすめのスキル上げ

贋作英霊:復刻ライト版

節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔

Cosmos in the Lostbelt

第2部ネタバレ注意

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中