FGO
FGO攻略wiki
ゴルゴーンの評価と再臨素材

【FGO】ゴルゴーンの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
ぐだぐだ帝都聖杯奇譚の攻略情報をまとめて掲載中!

FGO(Fate/Grand Order)に登場するゴルゴーンの評価を掲載。スキルや再臨素材、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のゴルゴーン運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

その他のメドゥーサはこちら

ゴルゴーンの評価と主要データ

──……ふん。復讐者、ゴルゴーンだ。
上手く使うがいい。私も貴様を上手く使う。
どちらが先に末路を晒すか…見物だな?

主要なデータ

クラスアヴェンジャー(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
3HIT
A:
5HIT
Q:
3HIT
EX:
5HIT
宝具:
3HIT
属性混沌 / 悪 / 地属性
▶天地人一覧はこちら
特性-
▶特性一覧はこちら
入手方法七章クリアでストーリーガチャに追加
HP / ATK10197 / 10706(Lv最大時)
スキル1怪力A+【CT:7~5】
自身の攻撃力大アップ
スキル2変転の魔B【CT:9~7】
自身にガッツ状態を付与(1回)
クリティカル威力をアップ
スキル3魔眼A++【CT:8~6】
敵単体を確率で行動不能状態にする
宝具「強制封印・万魔神殿」
敵全体に強力な攻撃[Lvで強化]
5ターン呪い状態を付与[OCで変動]
味方全体のNPを増加
クラススキル復讐者B:
被ダメージ時に獲得するNPを18%アップ
自身を除く味方全体(控え含む)の弱体耐性をダウン【デメリット】
忘却補正C:
クリティカル威力を6%アップ
自己回復(魔力)A:
毎ターンNP3.8獲得状態を付与
合計
再臨素材
×8×8×8×8
×8×8×8×8
合計スキル
強化素材
×1×10×10×10
×12×12×12

特徴と評価の理由

評価:〔B〕
高めのATKで相性を問わないアタッカーとして活躍可能
・貴重なアヴェンジャークラスのアタッカー
・高倍率の攻撃&クリ威力UPを所持
・スターは編成で補う必要がある
・2枚のArtsと宝具効果のNP全体付与が優秀
・ステータスが重要なため★5讐と比べると出番が少なめ
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。
全サーヴァントの評価はこちら

ゴルゴーンのスキル/宝具

宝具強化後の性能を掲載しています。

宝具「強制封印・万魔神殿」パンデモニウム・ケトゥス

──貴様らの呪いを返してやろう。融け落ちるがいい!
──『強制封印・万魔神殿』!フハハハハハ!

敵全体に強力な攻撃
Lv1:
400
Lv2:
500
Lv3:
550
Lv4:
575
Lv5:
600
5ターンの間
呪い状態を付与
OC1:
1000
OC2:
1500
OC3:
2000
OC4:
2500
OC5:
3000
味方全体のNPを増加
Lv1:
15
Lv2:
15
Lv3:
15
Lv4:
15
Lv5:
15
強化前の性能はこちら

宝具「強制封印・万魔神殿」パンデモニウム・ケトゥス

敵全体に強力な攻撃
Lv1:
300
Lv2:
400
Lv3:
450
Lv4:
475
Lv5:
500
5ターンの間
呪い状態を付与
OC1:
1000
OC2:
1500
OC3:
2000
OC4:
2500
OC5:
3000
味方全体のNPを増加
Lv1:
10
Lv2:
10
Lv3:
10
Lv4:
10
Lv5:
10

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『怪力A+』

【効果】
自身の攻撃力大アップ

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

1ターンの間
自身の攻撃力をアップ
Lv1:
30
Lv2:
32
Lv3:
34
Lv4:
36
Lv5:
38
Lv6:
40
Lv7:
42
Lv8:
44
Lv9:
46
Lv10:
50

スキル2『変転の魔B』

【効果】
自身にガッツ状態を付与(1回)
クリティカル威力をアップ

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

5ターンの間1回のみ発動
自身にガッツ状態を付与
Lv1:
1000
Lv2:
1200
Lv3:
1400
Lv4:
1600
Lv5:
1800
Lv6:
2000
Lv7:
2200
Lv8:
2400
Lv9:
2600
Lv10:
3000
3ターンの間
クリティカル威力をアップ
Lv1:
20
Lv2:
23
Lv3:
26
Lv4:
29
Lv5:
32
Lv6:
35
Lv7:
38
Lv8:
41
Lv9:
44
Lv10:
50

スキル3『魔眼A++』

【効果】
敵単体を確率で行動不能状態にする

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

クラススキル

復讐者B被ダメージ時に獲得するNPを18%アップ
自身を除く味方全体(控え含む)の弱体耐性をダウン【デメリット】
忘却補正Cクリティカル威力を6%アップ
自己回復(魔力)A毎ターンNP3.8獲得状態を付与
クラススキル一覧はこちら

優先度別おすすめのスキル上げ

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。クリティカルが狙えない場合はスキル1を優先して少しでもLvをあげておく
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
ATKが高く、クリティカルの恩恵は大きいのでスキル2も素材に余裕があれば上げておきたい。スキル1は効果ターンが短く、スキル2はCT長めなのでLv6の区切りを気にしすぎなくてOK。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3はLv8〜10まで一気に上げられる場合は優秀。Lv10で弱体耐性のない相手へ確定となるので等倍アタッカーとして使用する際はおすすめ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。等倍アタッカーの運用上、充実したサポートを受けることになるのでスキルLvはそこまで重要ではないが、宝具効果のNP付与の相性がよい玉藻の前と組む際は再使用が狙いやすくなり運用に直結する。その場合、3つの伝承結晶使用もおすすめ。
エクストラクラスのスキル上げ優先度一覧はこちらスキル上げの育成ステップについて
Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

再臨・スキル強化素材必要個数

再臨必要素材

1段階蛇の宝玉x8
凶骨x8
2段階万死の毒針x8
愚者の鎖x8
3段階原初の産毛x8
虚影の塵x8
最終再臨呪獣胆石x8
混沌の爪x8
合計数×8×8×8×8
×8×8×8×8

スキル強化必要素材

Lv1凶骨x8
Lv2愚者の鎖x8
Lv3蛇の宝玉x10
Lv4万死の毒針x10
Lv5血の涙石x10
Lv6原初の産毛x12
Lv7蛮神の心臓x12
Lv8呪獣胆石x12
Lv9伝承結晶x1
合計数×1×10×10×10
×12×12×12
素材のドロップ場所一覧はこちら

ゴルゴーンの強い点/弱い点

ゴルゴーンの強い点(長所)

アヴェンジャークラスとは

アヴェンジャーはルーラーに有利で、ムーンキャンサーに不利なクラス相性となっている。どちらもストーリーやイベント以外では出現しづらく、基本的には相性等倍での戦闘となる。実質的に打たれ弱くない代わりにダメージが控えめのバーサーカーのような扱いとなる。

1.相性等倍でもダメージを出せるアタッカー

★4として全クラストップクラスのATKとクラス補正の上方修正を活かした2枚のBusterでダメージを出しつつ、NPを貯めやすいArtsからの宝具連発を狙うアタッカー。サポートを行う必要はあるが、等倍相性でも多くのクエストで活躍できる。

TIPS:『クラス補正とは?』
クラス補正とは、サーヴァントのクラスごとに設定された隠しステータス。ATKなどに若干の倍率がかかるようになっている。
▶詳細な倍率まとめはこちら

TIPS:『Busterボーナス』
1枚目にBを置くと宝具以外のカードのダメージが上昇する。カードの種類や位置によって異なるが、ダメージは約1.24~1.52倍上昇する。もともとダメージの低いBuster以外のカードほど大きく伸びる。

2.敵のヒット数でNPの貯まりやすさが激変

ゴルゴーンのクラススキル「復讐者B」は被ダメージ時のNP獲得量18%アップの効果となっている。讐の被ダメージのNP獲得量は1ヒットにつき5%とトップな為、攻撃を受けることでNPが非常にためやすい。敵の攻撃のヒット数が多い場合は意識したい。

▲3ヒットであれば約18%。自己回復とあわせて約22%のNPが得られる。

TIPS:『被攻撃時のNP獲得』
攻撃を受けると1ヒットごとにNPを獲得できる。敵により1度のヒット数は変わる他、若干の増減がかる場合もある。
剣/弓/騎/術/盾/裁/月はNP3:槍/殺/分はNP4
狂/讐はNP5:アストルフォは例外的にNP1

3.毎ターンNP獲得できるクラススキルを所持

ゴルゴーンのクラススキル「自己回復(魔力)A」は自身への毎ターンNP3.8%獲得の効果。「復讐者B」の効果とあわせて意識せずともNPを貯めやすいのが特徴。

4.Artsを活かして宝具を狙おう

ゴルゴーンのArtsはアヴェンジャーとしてトップクラス。1枚目Artsに置いても獲得量はあまり増えないので、1stBusterボーナスを活かしてオーバーキルでのNP獲得1.5倍を狙っていきたい。

TIPS:『オーバーキル』
NP獲得量が1.5倍となり、スターも獲得しやすくなる。クリティカルと合わせればNP獲得量は3倍になり効果的。NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算となる。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

5.サポート性能も優秀な全体宝具

ゴルゴーンの全体宝具は5ターンの1000~3000ダメージの呪い付与と、味方全体へのNP15%付与の効果もある。ゴルゴーンが繰り返し宝具を使用することが味方全体へのサポートにもなるので、積極的にカードを選んで宝具を狙いたい。

6.宝具やクリティカル時に使う「怪力A+」

スキル「怪力A+」は1ターン自身への30~50%の攻撃力アップの効果。スキルLv1から高倍率なので自身のBusterクリティカルや宝具などにあわせて使用したい。再使用までCT7~5と短めなのでスキルLv6のCT短縮の効果は大きめ。

7.ガッツとクリ威力アップの複合スキル

スキル「変転の魔B」は自身への5ターン1回のガッツ状態付与と、3ターンの20~50%のクリティカル威力アップ付与の効果。基本的にはクリティカル威力アップの効果として使用する。

▲スキルLv上げで倍率が伸びやすいのでクリティカルが狙う際は少しだけでも上げておきたい。

8.スキルLv上げで優秀なスタン付与

スキル「魔眼A++」は敵単体へ1ターンの高倍率のスタン付与の効果。対魔力のない相手へはスキルLv10で確定となる。高難易度やストーリー難敵との戦いに起用する場合はスキルLvを上げきる恩恵が大きい。

▲上げない場合は頼りづらい点に注意。

9.スキルLv上げが比較的しやすい

あくまで比較的となるがスキルLv上げで各クラスのスキル石を使用せず、低ランク素材も各10個程度で済むのでスキルLvは上げやすい。また後半も「血の涙石」などイベントでの周回や交換を続けていれば余りやすい金素材を多く使用する。

ゴルゴーンの弱い点(短所)

1.クラススキルで味方全体へデメリット

ゴルゴーンのクラススキル「復讐者B」には自身を除く味方全体への弱体耐性ダウンのデメリット効果がある。通常クエストでは問題になりづらいが、高難易度での「追加効果」など低確率の弱体付与の影響を受けやすくなるのは難点。

2.宝具ダメージはそのままだと低め

★4共通の問題となるが、★5に比べてステータスが低く★3と違って宝具Lvを上げづらい。また攻撃有利の2倍ダメージとはなりづらいので相対的に低めの宝具ダメージとなる。ATKは高いので、繰り返しの宝具使用とB性能アップ付与で補おう。

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算
ATKフォウは1000を想定して計算

ゴルゴーン宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均22700
ATKフォウあり:平均24700
上記+マーリンスキル入り:平均42700
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均26200
ATKフォウあり:平均28400
上記+マーリンスキル入り:平均48400
(宝具ダメージ比較はこちら)

等倍orアルターエゴの全体宝具

天草四郎宝具1/宝具強化後
宝具ダメージ:平均21400
ATKフォウあり:平均23200
上記+マーリンスキル入り:平均39500
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均23200
ATKフォウあり:平均25200
上記+マーリンスキル入り:平均41800
巌窟王宝具1
宝具ダメージ:平均21200
ATKフォウあり:平均22800
上記+刑部姫宝具スキル入り:平均38700
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均24500
ATKフォウあり:平均26300
上記+刑部姫宝具スキル入り:平均43300
殺生院キアラ宝具1(※1.5倍で計算)
宝具ダメージ:平均21300
ATKフォウあり:平均23000
上記+玉藻の前スキル入り:平均34500
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均25100
ATKフォウあり:平均27200
上記+玉藻の前スキル入り:平均40700
パッションリップ宝具1
(※1.5倍で計算)
宝具ダメージ:平均18900
ATKフォウあり:平均20600
上記+マーリンスキル入り:平均36600
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均22400
ATKフォウあり:平均24400
上記+マーリンスキル入り:平均42200

3.意識的にサポートする必要がある

ゴルゴーンはクリティカルが重要なサーヴァントにも関わらずスター獲得やスター集中度アップなどのスキルを所持していない。多くの弱点はサポートで補えて利点が上回るようになるが、一定の理解と編成が必要となる。

4.クリティカル威力アップスキルがCT長め

自身のクリティカル威力を上げるスキルはガッツスキルと複合効果のため、CTが9~7と長めなので再使用しづらいのが難点。クリティカル威力アップ付与ができるサーヴァントと組み、使用タイミングをズラすなど対策が必要。

5.QやEXの性能が低め

ゴルゴーンのQuickはヒット数が少なく、NPもスターも稼ぎづらい。またEX攻撃は5ヒットとスターは5個以上獲得できるもののNPは少なめ。そのためダメージが非常に大きい宝具BB以外のブレイブチェインは優先しなくてよい。

6.再臨素材が入手困難

ゴルゴーンは7章クリア後のストーリー限定サーヴァントのため問題になりづらいが第二再臨から7章クリア後素材を使用する。ピックアップなどで入手した場合、ストーリー進行状況によっては育成が困難となる。

ゴルゴーンの運用

1.基本はクリティカル狙い

ゴルゴーンは自身のクラススキル「忘却補正C」と「変転の魔B」の効果でクリティカルのダメージが高め。スターが集まりづらいのでスキルや宝具で大量のスターを得られるサーヴァントと組みたい。

◆大量スター獲得が出来るサーヴァント

アマデウス(★1)
・全体Arts性能アップとスター最大50個獲得スキルで1ターン目から大量NP獲得が狙える
・HPが低く仕事を終えたあとは戦闘不能になりやすい
鈴鹿御前(★4)
・全体宝具で大量のスター獲得が可能
・宝具効果でクリティカル威力UP
パールヴァティー(★4)
・Qと宝具でスターとNPを稼ぎやすい
・宝具とスキルでNP付与が可能
・自身へ1ターンの超高倍率のスター発生率UPを所持
源頼光(★5)
・BBAAQの全体B宝具
・宝具効果のスター発生率UP&多段ヒットでスターを稼ぎやすい

2.スター集中度アップ礼装の注意点

スター集中度アップ礼装を装備する場合、剣槍殺盾秤分と組む場合は600%以上の倍率の礼装でないとスターが集まりづらい。400%以下の場合は術狂讐などスターが集まりやすいクラスと組まないと効果を得づらい点に注意。

◆代表的なスター集中度アップ礼装

弓や騎と組んだ場合は礼装で補ってもクリティカルが狙いづらいので注意。

封印指定執行者(ATK型)
スター集中率UP600~800%
熱砂の語らい(ATK型)
スター集中率UP400~600%
クリティカル威力UP20~25%
ルームガーダー(HP型)
スター集中率UP300~400%
ダメージカット300~400状態付与

3.バーサーカーやキャスターと好相性

比較的スターの集まりづらいバーサーカーやキャスターと組み、スター獲得礼装やスキルで補えればスター集中度アップがなくてもクリティカルが狙えるようになる。

4.クリティカルでゴルゴーンの強みを引き出す

クリティカルが安定して狙えるようになるとBusterで大ダメージを出せる。またArtsでNPを稼いでNP付与付きの宝具連発も狙える。仲間がArts宝具であればAチェインも発生しやすく、宝具使用が宝具使用を補えるようになる。

▲NPリチャージと3枚目Artsクリティカルで50%以上のNPを稼げた。

サポートでゴルゴーンの強みを引き出そう

ゴルゴーンは★4トップクラスのATKを活かす場合、Buster性能アップや3ターンの攻撃力アップ付与。またArtsでのNP獲得や宝具効果を活かす場合は、玉藻の前やマーリンなど宝具でNP付与が行えるサーヴァントと組むとよい。

▲ナイチンゲールは3ターンなのでBBAAQ系と好相性。アンデルセンなども良い。

5.被ダメージでのNP稼ぎも意識しよう

ゴルゴーンは被ダメージでトップクラスにNPを得やすい。ヒット数の多い傾向にある宝具を受ける場合はNPを一気に稼げるので、なるべく宝具使用直後に受けるようにNP付与などで調節を行いたい。

ゴルゴーンと相性の良いキャラ

長所を伸ばせるマーリン

1.クラス混成の最適解の一つ

チャレンジクエストなど高難易度のクエストはクラス混成のエネミーが出現する場合がある。その場合、アタッカーは敵ごとに変えるよりもATKが高くBが多く相性不利の少ない、もしくは覆せるサーヴァントに任せると安定する。

2.3ターンのB強化付与が好相性

ゴルゴーンはBBAAQのB宝具のカード構成なだけでなく、2枚のArtsが優秀でマーリンとのAチェインもしやすい。「英雄作成EX」のB強化で2枚のカードと宝具のダメージを伸ばせるので相性のよいカード構成。

▲宝具連発型なのでチャンス以外はArtsチェインを優先しやすい。

3.宝具BBを狙おう

マーリンのスキル「英雄作成EX」のクリティカル威力UPの倍率は非常に高く、Bであれば同じクリティカルでも最大約3倍のダメージ差となる。チャンスがあれば宝具BBクリティカルでの大ダメージも狙いたい。

▲Busterクリティカルで敵を倒し、ArtsオーバーキルクリティカルでNP大量回収もあり。

4.マーリンの宝具を繰り返そう

マーリンの宝具効果は全体へ5ターンの回復&NP獲得5%と、OCで上昇するスター獲得状態付与。3人目との宝具チェインを意識しながら2回以上の宝具効果が重なるように意識することで概念礼装なしでも十分なスターを得られる。

TIPS【宝具とOC】
OC=OverChageの略。NPを貯めた量や、他の宝具と続けて宝具を発動するなどで値が上昇し、この値が上昇すればするほど宝具に付与された特定の効果が強化される。

5.ゴルゴーンのNP付与が活躍

ゴルゴーンの宝具効果には味方全体へのNP付与の効果がある。宝具チェインを行う際は自身の宝具を最後に使用してマーリンへのNP付与を意識したい。またマーリンもゴルゴーン同様にクラススキルで毎ターンNP獲得できるので意識せずとも宝具連発が狙える。

6.敵の宝具は無敵付与に頼ろう

マーリンのスキル「幻術A」は1ターンの味方全体への無敵付与と、敵全体へ3ターンのクリティカル発生率DOWN付与の効果。敵宝具への対処と、予期せぬ大ダメージを防げる。

▲特に高難易度で役に立つ。

7.3人目もサポーターがおすすめ

ゴルゴーンのスタン付与と、マーリンの「幻術A」だけでは次の敵宝具までにスキル再使用は難しい。チャージ減+宝具のCT1減持ちの玉藻の前、全体回避付与持ちのダビデ。もしくはもう1名のマーリンの採用などで補いやすい。

中の人A敵が単体宝具であればマシュも活躍できます。マーリンや玉藻に比べると回復役が減る点に注意したいです。

8.環境が大きく変わるWマーリン

Wマーリンでの運用はマーリンの宝具効果を容易に4つ重ねることができる。クリティカルのための十分なスターもOCを意識することで、毎ターン30~40個入手可能。全員の宝具が連発しやすくなる。

▲初回の宝具チェインはゴルゴーンのNP付与が損となっても1枚目に使用し、スター獲得を優先するのもあり。

9.四重の宝具効果は別次元

4つ重なったマーリンの宝具は毎ターンのNP獲得は20%になり、HP回復は宝具1であっても合計4000になる。Aチェインとクリティカルで2~3ターンに1度は宝具が撃てるようになる。

▲4つ重なった場合、クラススキル込みで約24%のNPを得られる。こうなると2~3ターンに1度宝具が使用できる。

10.防御面での心配が減る

2つの「幻術A」を気軽に使用できるので敵の宝具をかわせるだけでなく、3ターンのクリティカル発生率DOWNとしての効果も使用しやすい。

11.ダメージも大幅UP

宝具効果が重なった状態であればスターも多く、クリティカルをしやすいので「英雄作成EX」での大ダメージは狙いやすくなる。アタッカーのBが複数枚来たら2つ重ねて使用してもよいし、次のターン狙いで分けて使用しても良い。

中の人A多くのクエストで、こちらに不都合が起こる前にクリアできようになります。

詳細な性能はこちら

マーリンの評価はこちら

ゴルゴーンのプロフィール

イラストレーター/声優

イラスト下越
担当声優浅川悠
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

ギリシャ神話におけるゴルゴン三姉妹の三女。
本来の真名はメドゥーサ。呪わしき成長の成れの果て。
何らかの要因により、大本(オリジナル)である怪物の性質が著しく強調された状態。
女神から完全なる魔物・怪物「ゴルゴーン」へと完全に変成する寸前の段階であり、本来はサーヴァントとして召喚されない。
―――最早、魔獣の女王とでも呼ぶべき存在。

パラメーター

筋力
A++
耐久
A++
敏捷
B
魔力
B
幸運
D
宝具
A

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──……ふん。復讐者、ゴルゴーンだ。
上手く使うがいい。私も貴様を上手く使う。
どちらが先に末路を晒すか…見物だな?

1段階目

私の素顔を見たな?ふふ、そう怖がるな、石になどせん。
貴様は私の大切なマスターだ。最期までたっぷりと、丁寧に扱ってやろう。

2段階目

ふん?苦労をかけるな、マスター。

3段階目

意外か?私も意外だ。
貴様とは何か、与り知らぬところで因縁があったのかも知れないな。しかし……困る。
今更こんな形になってどうしろというのか……。

最終再臨

見るがいい。これが貴様の欲望の果て、浅はかな召喚の末路だ。
フフフ…ハハハハッ!さあ、何から喰ろうてやろうか?
まずはやはり、自ら破滅の匣を開いた愚かな契約者からであろうな。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:172+??㎝・57+??kg
出典:ギリシャ神話
地域:欧州
属性:混沌・悪  性別:女性
人間部分以外の怪物部分を含めると、
相当の身長数値および体重数値となる。

絆Lv.2で開放

「ゴルゴンの怪物/ゴルゴーン」に限りなく近い
存在として顕れてしまった彼女は、本来的には
人類への脅威である。
カルデアのシステムによってサーヴァントとして
召喚されてはいるが、扱いには細心の注意が
必要だろう。
気を抜けば、マスターとはいえ命はない。

絆Lv.3で開放

変転の魔:B
英雄や神が生前に魔として変じたことを示す。
過去に於ける事実を強調することでサーヴァント
としての能力を著しく強化させるスキル。
ゴルゴーンは、人の身では絶対に不可能な
ランクの筋力と耐久力に到達している。

絆Lv.4で開放

魔眼:A++
最高レベルの魔眼「キュベレイ」を所有する。
ただし、通常時には封印状態にある。

絆Lv.5で開放

畏怖の叫び:A++
生物としての本能的な畏怖を抱かせる咆哮。
敵全体に恐怖、継続的な防御ダウン、
瞬間的な防御ダウン大、呪い状態などを付与。
だが、本作では基本的に使用されない。

絆Lv.5で開放

『強制封印・万魔神殿』
ランク:A、種別:対軍宝具
パンデモニウム・ケトゥス。
女神としての最後の名残を放棄し、
最後に行き着くなれの果てである
『ゴルゴンの怪物』を一時的に実体化させ、
指定領域内のあらゆる生命を溶解する。
人間であればただちに命を奪われ、
サーヴァントにも強烈なダメージを与える。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

クリューサーオール

怪物は、英雄に斃された。恐るべきゴルゴーン───或いはゴルゴンの怪物として猛威を振るった存在は数多くの人間を殺戮してみせたが、遂に、最期の刻を迎えた。怪物の死骸を、人々と神はさまざまに利用した。血管からは致死の毒と死者再生の霊薬が作られた。砂漠に落ちた血は毒蛇へと変じた。首は無二の武器となった。毛髪は、三度かざせば軍勢を潰走させるであろうとかの大英雄ヘラクレスは告げた。後世、征服王イスカンダルは自らの肖像にゴルゴーンの首を象った記章を懸けさせたという。怪物の死骸は無二の力であり、ある種の象徴としても長きに渡って扱われ続けた。ならば、英雄ペルセウスの一撃にて引き裂かれた傷口よりこぼれた血から生まれた二体の神秘とは何か。ペガサス。クリューサーオール。伝説にある通り、海神からの贈り物の顕れなのか?或いは。死骸を貪られる事を拒まんとする怪物の、最期の想いか。

「クリューサーオール」の詳細な性能はこちら

バレンタイン礼装(ネタバレ注意)

バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください。

(タップで開閉)

たまごチョコ(複数)

ゴルゴーンからのバレンタインチョコ。
蛇の卵は形状が違う、だと?
何を言っている。蛇の卵として形作ったものではない。
ただの甘い菓子だ。
カタチなどに意味などない。

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


あなたのゴルゴーンの評価は?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール

サーヴァント一覧

概念礼装一覧

その他一覧

優先度別おすすめのスキル上げ

ぐだぐだ帝都聖杯奇譚

イベント攻略記事

関連サーヴァントの評価

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中