第五人格
IdentityV (第五人格)攻略
マッチング拒否、同時マッチング
質問と回答
解決済み
しん Lv1

マッチング拒否、同時マッチング

最近マッチング拒否や同時マッチングという言葉を目にするのですが、それはなんのことですか?
教えて下さいm(__)m

これまでの回答一覧 (1)

高ランク帯(正確にはグリフォン以上)ではランク戦では2人までしかチームを組むことができません。なぜならば、チェイスや立ち回りのしっかりした高ランク帯サバがボイスチャットやリアルの会話で4人連携を取られるとハンターが太刀打ちできなくなるからです。

同時マッチングとは4人パーティを2組に分断してランクマッチに同時入場する事で4人パーティを組むというものです。勿論運がからみますが、グリフォン帯以上は総人数が多くないので(特にシーズン初めは)、2組が出会う確率は高いです。

マッチング拒否とはマッチングした時、準備完了せず放置する事でマッチを拒否することです。強いハンターと当たったり(アイコンから推定)、同時マッチングが失敗したときにマッチングをやり直すために使われます。

同時マッチングを狙う事自体はそこまで問題ではないですが(上記の理由があるのでややマナー違反)、マッチング拒否は拒否された相手の時間を削る行為なので悪質なマナー違反です。上位帯はマッチングに15分、30分以上かかる場合もあるのでされた側は悲惨なことになります。

  • しん Lv.1

    詳しい解説ありがとうございます。 サバイバーからすると利点が多いですが、 ハンターにとってはかなり辛いですね。

質問を投稿

IdentityVについて質問してみよう。

攻略メニュー
人気記事
第五人格掲示板
初心者向け記事
基本的な戦術・立ち回り
サバイバーの立ち回り
形態変化対策
ハンター別対策
ハンターの立ち回り
システム解説
キャラ情報
サバイバー
ハンター
その他
マップ攻略
マップ別攻略一覧
シーズン記事