FGO
FGO攻略
ベオウルフの評価と再臨素材

【FGO】ベオウルフの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
水着イベント2018の攻略情報をまとめて掲載中!
おすすめの関連記事

FGO(Fate/Grand Order)に登場するベオウルフの評価を掲載。スキルや再臨素材、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)のベオウルフ運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

ベオウルフの評価と主要データ

──サーヴァント、バーサーカー。真名、ベオウルフ。
じゃ、殴りに行こうぜマスター。
……おいおい引くなよ?

主要なデータ

クラスバーサーカー(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
1HIT
A:
3HIT
Q:
3HIT
EX:
4HIT
宝具:
12HIT
属性混沌 / 善 / 地属性
▶天地人一覧はこちら
特性王 / 愛する者
▶特性一覧はこちら
入手方法全てのガチャで恒常的に排出
HP / ATK10327 / 10247(Lv最大時)
スキル1ベルセルクA【CT:7~5】
自身の攻撃力をアップ(1T)[Lvで強化]
宝具威力をアップ(1T)[Lvで強化]
スキル2直感B【CT:7~5】
スターを大量獲得[Lvで強化]
スキル3戦闘続行B【CT:9~7】
自身にガッツ状態を付与(4T/1回)[Lvで強化]
宝具「源流闘争」
自身に必中状態を付与(1T)
敵単体に超強力な攻撃[Lvで強化]
クリティカル率をダウン(3T)[OCで変動]
クラススキル狂化E-:
Busterカードの性能を1%アップ
合計
再臨素材
×14×14
×6×18×8×30
合計スキル
強化素材
×14×14×14×1
×12×36×24×48

特徴と評価の理由

評価:〔B〕
高火力宝具アタッカー兼スター獲得持ちサポーター
・宝具強化済で高火力な単体宝具持ち
・自身にスターを集めない狂で希少なスター獲得持ち
・狂のみのパーティーでは特筆して優秀なサポーター
・ガッツである程度の自身の生存をコントロールできる
・2つの役割を同時に行えるのが特徴
・それぞれ特化したサーヴァントと競合するのが難点
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。
全サーヴァントの評価はこちら

ベオウルフのスキル/宝具

宝具強化後の性能を掲載しています。

宝具「源流闘争」グレンデル・バスター

──要するに殴って蹴って立っていた方の勝ちってヤツよ!
オラオラオラァァッッ!ぶっ飛べ!!

1ターンの間
自身に必中状態を付与
Lv1:
-
Lv2:
-
Lv3:
-
Lv4:
-
Lv5:
-
敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
700
Lv2:
900
Lv3:
1000
Lv4:
1050
Lv5:
1100
3ターン
敵単体のクリティカル率をダウン
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-
強化前の性能はこちら

宝具「源流闘争」グレンデル・バスター

1ターンの間
自身に必中状態を付与
Lv1:
-
Lv2:
-
Lv3:
-
Lv4:
-
Lv5:
-
敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
600
Lv2:
800
Lv3:
900
Lv4:
950
Lv5:
1000
3ターン
敵単体のクリティカル率をダウン
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『ベルセルクA』

【効果】
自身の攻撃力をアップ(1T)[Lvで強化]
宝具威力をアップ(1T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

1ターンの間
自身の攻撃力をアップ
Lv1:
20
Lv2:
21
Lv3:
22
Lv4:
23
Lv5:
24
Lv6:
25
Lv7:
26
Lv8:
27
Lv9:
28
Lv10:
30
1ターンの間
宝具威力をアップ
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:
20

スキル2『直感B』

【効果】
スターを大量獲得[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

スターを大量獲得
Lv1:
4
Lv2:
5
Lv3:
6
Lv4:
7
Lv5:
8
Lv6:
9
Lv7:
10
Lv8:
11
Lv9:
12
Lv10:
14

スキル3『戦闘続行B』

【効果】
自身にガッツ状態を付与(4T/1回)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「9」ターン,Lv6「8」ターン,Lv10「7」ターン

4ターンの間、1回のみ発動
自身にガッツ状態を付与
Lv1:
750
Lv2:
875
Lv3:
1000
Lv4:
1125
Lv5:
1250
Lv6:
1375
Lv7:
1500
Lv8:
1625
Lv9:
1750
Lv10:
2000

クラススキル

狂化E-Busterカードの性能を1%アップ
クラススキル一覧はこちら

優先度別おすすめのスキル上げ

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
宝具ダメージを優先する場合はスキル1。味方へのクリティカル支援としてはスキル2を育成する。Lv4では少量のスターとなるが、自身のカードが多いタイミングであれば7個でも活かしやすい。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.3
続いてもスキル1と2。スキル3はLv3にするとHP1000回復となり固定ダメージ対策となる。
【Step3】
Lv.9 Lv.9 Lv.3
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル2はCT短縮の恩恵は多いが、茶々など似た役割のサーヴァントも多く相対的にみると優先しづらい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントの理想形。早めの宝具使用ができるのであればスキル1も再使用しやすくなる。スキル1も2も伝承結晶は優先しづらいが、意味はある。
バーサーカーのスキル上げ優先度一覧はこちらスキル上げの育成ステップについて
Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

再臨・スキル強化素材必要個数

再臨必要素材

1段階バーサーカーピースx4
2段階バーサーカーピースx10
英雄の証x18
3段階バーサーカーモニュメントx4
八連双晶x8
竜の逆鱗x2
最終再臨バーサーカーモニュメントx10
竜の逆鱗x4
凶骨x30
合計数×14×14
×6×18×8×30

スキル強化必要素材

Lv1狂の輝石x4
Lv2狂の輝石x10
Lv3狂の魔石x4
Lv4狂の魔石x10
八連双晶x4
Lv5狂の秘石x4
八連双晶x8
Lv6狂の秘石x10
英雄の証x12
Lv7英雄の証x24
世界樹の種x6
Lv8世界樹の種x18
竜の牙x48
Lv9伝承結晶x1
合計数×14×14×14×1
×12×36×24×48
素材のドロップ場所一覧はこちら

ベオウルフの強い点/弱い点

ベオウルフの強い点(長所)

1.スター獲得と高火力宝具が魅力

ベオウルフの特徴は宝具ダメージの高さと、スターを集めづらいバーサーカーでは希少なスキル「直感B」でのスター獲得4〜14個。いずれも特化したサーヴァントには劣るものの高火力単体宝具とクリティカルのサポートが持ち味。

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算

ベオウルフ宝具1/宝具強化後
(※クラス相性は1.5倍として計算)
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均58600
ATKフォウあり:平均63900
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均69300
ATKフォウあり:平均75500
主な単体宝具との火力比較(タップで開閉)

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)
表記がない場合ATKフォウ1000入りでの計算

呂布宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均72900
ATKフォウあり:平均81100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均92000
ATKフォウあり:平均102000
坂田金時(狂)宝具1
(※クラス相性は1.5倍として計算)
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均61300
ATKフォウあり:平均65800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均70700
ATKフォウあり:平均75900
茨木童子宝具1
(※クラス相性は1.5倍として計算)
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均50700
ATKフォウあり:平均55600
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均60000
ATKフォウあり:平均65700
アタランテ〔オルタ〕宝具1
【スキル未使用時】
宝具ダメージ:平均38600
ATKフォウあり:平均42200
【スキルLv1時】
宝具ダメージ:平均50200
ATKフォウあり:平均57900
【スキルLvMAX時】
宝具ダメージ:平均54900
ATKフォウあり:平均63300
土方歳三宝具1
(※局中法度によるHP1000減あり)
(※ATKフォウ使用時はHPフォウも使用)
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均54800
ATKフォウあり:平均58700
上記+HP1時:平均109000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均59500
ATKフォウあり:平均63800
上記+HP1時:平均118500
謎のヒロインXオルタ宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均57200
ATKフォウあり:平均67600
上記+セイバークラスのサーヴァント特攻:平均93000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均67600
ATKフォウあり:平均73300
上記+セイバークラスのサーヴァント特攻:平均110000
クーフーリン(オルタ)宝具1
【OC1時】
(※スキルによるダメージUPなし)
宝具ダメージ:平均60300
ATKフォウあり:平均64800
【上記+宝具Lv2】
宝具ダメージ:平均80500
ATKフォウあり:平均86400

2.自身の生存に繋がる宝具効果付き

ベオウルフの宝具は自身へ1ターンの必中状態付与と、3ターンのクリティカル発生率ダウン付与の効果もある。バーサーカーに致命的な敵クリティカルを予防できるので、なるべく高HPのボスへ使用したい。

3.「狂化E-」を補うスキル「ベルセルク」

クラススキル「狂化E-」の倍率は1%と、バーサーカーながらBusterダメージが低め。しかしスキル「ベルセルクA」で1ターンの間自身へ攻撃力と宝具威力アップ付与の2種類の強化を所持しており、宝具ダメージに関しては補えている。

▲スキルLv上げで効率よくダメージが伸びるのでLv4までは目指したい。

TIPS:『ダメージの伸ばし方』
FGOにおけるダメージの計算は主に
〔攻撃UP/防御DOWN〕〔特攻や宝具威力UPなど〕
〔カード強化〕〔宝具特攻〕という4種類の項目。
これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

4.スター発生率アップ付与と好相性

ベオウルフの宝具は12ヒットするため、高倍率のスター発生率アップで効率よくスターを稼げる。2wave単体ボスで、3waveにクリティカルを狙いたい場合はスター発生率アップ付与持ちのマーリンやシェイクスピアの組み合わせを検討したい。

▲スキルと宝具の2つのスター獲得手段があると運用は大きく変わる。

ベオウルフの弱い点(短所)

1.宝具倍率が相対的に低め

ベオウルフは単体宝具バーサーカーとして希少な宝具強化を迎えているものの、他クラスの宝具強化済のBuster単体宝具持ちに比べると倍率が低め。ダメージだけが目的の場合、攻撃有利2倍の宝具強化済と比べて採用するメリットは少ない。

2.通常攻撃のダメージが相対的に低め

ベオウルフのATKは★4狂として高めの設定で、Lv80時には1万を超える。しかし2017年以降に同等のATKのサーヴァントが多く増えており、現在では「狂化E+」のランクの低さから通常攻撃のダメージは相対的に低くなりつつある。

▲攻撃力アップ付与などでも補いたい。

3.「直感B」はスキルLv上げが必須

「直感B」はスキルLv1では効果量が少なく、スキルLv6以上は必要。しかし素材としてストーリー6章クリアまで入手困難な「八連双晶」を使用するのも難点。素材に余裕ができたころにはスター獲得状態礼装が揃い、育成優先度が下がることもある。

4.NPを稼ぎづらい

Arts1枚持ちとして標準的なNP獲得性能なため、バーサーカーの打たれ弱さからNPが貯まる前に戦闘不能になりやすい。NP付与やNPチャージ礼装、もしくはArtsクリティカルやオーバーキルで補いたい。

▲対キャスターへのArtsクリティカルオーバーキルでNP49%稼げたが、あくまで特殊な状況。

ベオウルフの運用

1.「直感B」スキルは使い方次第

「直感B」は基本的に既にスターが10〜20個ある状態から、スター配布状況とコマンドカードを見てから使用する。自身のカードにスターがない場合、追加のスターはほぼ自身のカードを避けるため、効率よく仲間のクリティカルが狙える。

▲中央3枚にスターが集まっているのを確認してからのスター獲得で追加した。弱点のNP獲得のしづらさを補えた。

2.スターの偏りを作ろう

術・月・讐・狂はクラス傾向としてスターが集まりづらい。そのため集まりづらいクラス2人の状態であればスター集中がなくても残り1人にスターが集まる。

3.ガッツで「直感B」再使用を狙う

スキル「戦闘続行B」は自身へ4ターンの間、HP750〜2000・1回のガッツ付与の効果。基本的には「直感B」スキルLv6時には3ターン後、スキルLv10時は2ターン後に使用して「直感B」の再使用までの生存を目標にしたい。

4.バーサーカーPTでクリティカルを狙おう

コマンドカードはクラスごとの固定のスター集中率の他に、ランダムで毎ターンスターの集まりやすさが若干変わる。バーサーカーのみのパーティは影響を受けやすく直感Bの追加分の大半は現時点でスター配布が多いカードに向かうので狙いやすい。

▲編成例。なるべくスター獲得状態系の礼装を持たせて補いたい。

▲スター20個ほどあれば安定してクリティカルが狙える。スター獲得状態スキルと直感で、ほぼ途切れないクリティカルが可能。

ベオウルフと相性のいい概念礼装

基本的にはNPチャージ礼装がおすすめ。宝具使用にこだわらない場合はスター獲得系の礼装の装備で「直感B」をより活かしやすくなる。

ゴールデン相撲~岩場所~(ATK型)
自身の攻撃力UP10~15%
戦闘開始時NP30~50%獲得
ゴールデン捕鯉魚図(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
登場時にスターを15~20個獲得(1回)
1ターン目から直感Bを使用しやすく、再使用が狙いやすくなる
至るべき場所(バランス型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
戦闘開始時NP30~50%獲得
エアリアル・ドライブ(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
B性能UP8~10%
宝具威力UP8~10%
その他のおすすめ概念礼装(タップで開閉)
2030年の欠片(HP型)
毎ターンスター8~10個獲得状態を付与
カルデアを導く乙女(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
B強化10~15%
壬生狼(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
BQ強化8~10%
コードキャスト(バランス型)
3ターンの間、攻撃&防御UP25~30%
月霊髄液(HP型)
自身に無敵状態を3回付与
与ダメージプラス200~500状態を付与
メルティ・スイートハート(HP型)
自身の〔男性〕に対する防御力100%UPを3回付与
スター発生率UP10~20%
慈悲無き者(ATK型)
自身がやられた時に味方全体のNP15~20%付与
自身へB強化10~15%

ベオウルフと相性の良いキャラ

相性のいいバーサーカー

自身同様に、スター関連の行動ができるバーサーカーと組むことでお互いの持ち味を活かせる。戦闘不能になりやすくなるので生存力が高い、もしくは戦闘不能前提に行動できると好相性。

茶々(★4)
・最短CT5で3Tのスター獲得状態持ち
・自身にスターを集めずスターを稼げる
・単体へ高倍率の防御ダウン付与持ち
水着信長(★4)
・スター獲得状態とスター集中持ちなので好相性
茨木童子(★4)
・全体攻撃力アップ付与でダメージを補える
・高倍率の防御力アップでバーサーカーながら耐えやすい
・Quickでスターを稼ぎやすい
土方歳三(★5)
・全体スター発生率アップ付与持ちで、クリティカルのダメージが高め
エルドラドのバーサーカー(★4)
・味方全体への攻撃力&Buster性能アップ付与スキルを所持
・NP獲得状態付与スキルでBuster中心でも宝具を使用しやすい
・宝具効果で攻撃力ダウン付与が可能
・戦闘不能のなりやすさを前提にしやすいので、4人目との交代も狙いやすい
ヒロインX(オルタ)(★5)
・全体攻撃力アップとスター獲得持ちなので好相性

相性のいいサーヴァント

高倍率のスター発生率アップ持ちは自身の宝具をスター獲得手段にできるので好相性。低倍率の場合は2つの効果を重なる、もしくは味方のQuick枚数を増やす、スター獲得状態など複数のスター獲得手段で補うように意識するとよい。

マーリン(★5)
・スター発生率アップと無敵で、スター獲得や戦闘不能をコントロールしやすい
・最短CT5で3Tの全体攻撃力アップ付与にNP20%付き
・Buster性能アップ付与も好相性
・自身や味方がクリティカルできるチャンスを作れれば最大100%のクリ威力アップ付与も狙いやすくなる
水着玉藻(★5)
・最短CT5で3Tの全体攻撃力&男性のスター発生率アップ付与持ち
・自身の2枚のQuickでスターを稼ぎやすい
水着頼光(★4)
・最短CT5で3Tの全体攻撃力&のスター発生率アップ付与持ち
・スター集中や宝具効果でのスター獲得など、スター関連の行動が多い
レオニダス(★2)
・スキルと宝具のターゲット集中スキルで打たれ弱いベオウルフを守りやすい
・宝具効果のスター獲得が好相性
・全体Buster性能アップ付与持ち
ヴラド(EXTRA)(★4)
・スキルでのタゲ集中で打たれ弱いベオウルフを守りやすい
・スキルのスター獲得が好相性
加藤段蔵(★4)
・Quickでスターを稼ぎやすく、Buster2枚なので好相性
・スター発生率アップ付与付きの回避・無敵付与を所持しており打たれ弱いベオウルフを守りやすい
その他のおすすめサーヴァント(タップで開閉)
シェイクスピア(★2)
・NP20%付与付きの超高倍率スター発生率アップ付与持ち
・Buster性能アップ付与もあるので、オーダーチェンジからの登場でのサポートがおすすめ
メイヴ(★5)
・男性へ最短CT5で3T最大40%の攻撃力アップスキル持ち
・男性特攻宝具と男性魅了を所持
水着アンメア(★4)
・最短CT5で3Tの全体攻撃力&男性のスター発生率アップ付与持ち
・1ターンのスター集中度アップもあり、ベオウルフのスターを活かしやすい
アーチャーインフェルノ(★4)
・自身へのスター集中度アップと全体へのスター発生率アップ付与持ち
・ベオウルフのスキルと宝具でスター供給しやすく1枚目Busterを提供しやすい

ベオウルフのプロフィール

イラストレーター/声優

イラスト下越
担当声優中井和哉
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

ベオウルフは英文学最古の叙事詩と言われる『ベオウルフ』の主人公である。
叙事詩の舞台となっているのは現在の南スウェーデンからデンマーク近辺。

パラメーター

筋力
A
耐久
A
敏捷
C
魔力
D
幸運
A
宝具
A

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──サーヴァント、バーサーカー。真名、ベオウルフ。
じゃ、殴りに行こうぜマスター。
……おいおい引くなよ?

1段階目

よしよし、ありがとよ。

2段階目

おっと……いい感じじゃねぇか。

3段階目

こいつぁ最高だ!

最終再臨

ありがとよ!お前さんのおかげだ!
さぁ、いっちょ殴り合うか!

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:186cm・81kg
出典:ベオウルフ
地域:北欧
属性:混沌・善  性別:男性
狂化のメリット及びデメリットはほとんど失われてお
り、会話による意思疎通すら可能。

絆Lv.2で開放

狂化:E-
この英雄の真名そのものがバーサーカーという言葉に影
響を受けている。
理性はあり、高等な会話も可能。
多少の凶暴性が残っている程度であり、ステータスにも
何ら影響ない。

絆Lv.3で開放

物語は二部構成であり、第一部はベオウルフが十五人の
部下と共に巨人グレンデルを退治に赴く話が、第二部は
五十年後ドラゴンと死闘を繰り広げる老いたベオウルフ
が描かれている。

絆Lv.4で開放

老いたベオウルフが戦ったドラゴンは、財宝を溜め込
み、炎を吐き出すという――
ファンタジーに登場するドラゴンの原型とでもいえる存
在である。
彼が通常利用している二つの剣も魔剣と呼ぶべき存在で
あるが、ベオウルフの真の力はそこにはない。

絆Lv.5で開放

サーヴァントクラスの一つであるバーサーカーの語源は
北欧神話のベルセルクであるが、ベオウルフの名もまた
ベルセルクが由来であると伝えられている。
だが、老いてなおも理性を保ったままドラゴンスレイ
ヤーを成し遂げた彼に、狂気はその片鱗すら浮かんでこない。

グレンデルの再臨

とはいえ、本作におけるベオウルフは全盛期で召喚され
たこともあり、根っからの戦闘狂。アキレウスやヘラク
レスと出会うと「拳で語り合うしかねえ!」というモー
ドに入ってしまうとか。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

最後の戦い

───部下は散り散りになって逃げ、残されたのは痩せ衰えた己と、震えながらも踏み留まった若騎士が一人。この大盾で、果たして竜の吐息を防げるものか。防げたとして、どうやって倒すべきか。弱点はどこにあって、それを突くためにどれほどの困難を潜り抜けなければならないのか。時間がやけにのろい。だから思考の猶予がある。何故、俺は戦っているのか。戦おうと思ったのか。若かりし頃の情熱はとうに失せて、あるのはただ平穏の望みだったはずなのに。「……いや、そうか」消えたはずの闘志が、再び点り始める。死に場所は此処、己が終わるには相応しい地獄。老いて、グレンデルを打ち破ったときの情熱はない。だけど、己の背後には平穏があった。無数の人々が慎ましい幸福を享受し、厳しくも絶望のない生活を必死になって営んでいる。「たまには、王様らしくなくてはな」己の為でもなく、名誉の為でも、富貴の為でもない。王として、その義務を全うする。蘇れ───ベオウルフ。お前の力は全盛期からは程遠いのだけれど。決して、ゼロではないのだから。

「最後の戦い」の詳細な性能はこちら

バレンタイン礼装(ネタバレ注意)

バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください。

(タップで開閉)

瑞典火竜炭火焼サーロイン

ベオウルフからのバレンタインのお返し。
ドラゴンステーキになっちゃうー!
なった。
ソースは和風しょうゆわさび、洋風にタマネギを
ベースにしたオニオンソースなど。
あまり脂っこくなく、肉本来の旨味が楽しめる。
牛肉というよりは、鶏肉の味わいにやや近い。
グルメブログでは「店長が怖い」と評判。

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 水着BBの評価と再臨素材
    水着BBの評価と再臨素材
    1
  2. 水着イベント2018/サバフェスの効率良い攻略方法
    水着イベント2018/サバフェスの効率良い攻略方法
    2
  3. 水着謎のヒロインXXの評価と再臨素材
    水着謎のヒロインXXの評価と再臨素材
    3
  4. 検証勢が考えたサーヴァントランキング(8月版)
    検証勢が考えたサーヴァントランキング(8月版)
    4
  5. 水着イベント2018/サバフェスの高難易度クエスト攻略一覧
    水着イベント2018/サバフェスの高難易度クエスト攻略一覧
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


あなたのベオウルフの評価は?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール

サーヴァント一覧

概念礼装/指令紋章一覧

その他一覧

ストーリー/フリクエ攻略

第1部ストーリー

第1.5部ストーリー

第2部ストーリー

優先度別おすすめのスキル上げ

3周年イベント情報

水着2018/サバフェス情報

イベント攻略記事

関連サーヴァント評価

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
攻略トップへ