モンハンワールド
アイスボーン攻略ガイド | モンハンワールド(MHWI)
ヘビィボウガンの立ち回りと操作方法
【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンの立ち回りと操作方法【モンハンワールド】

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンの立ち回りと操作方法【モンハンワールド】

最終更新 : モンハンワールド攻略班
モンハンワールド攻略からのお知らせ
マスターランクの上げ方を解説!導きの地が最高率!?
おすすめの関連記事

モンハンワールドアイスボーン(MHWIB)のヘビィボウガンの操作方法と弾毎の立ち回りを解説。特殊弾やパーツの解説や、ブレ、操作方法のほか、アイスボーンでの新アクションと立ち回り予想も掲載しています。

目次

ヘビィボウガンのおすすめテンプレ装備

アイスボーンでの新アクション

ヘビィの新アクション動画はこちら

アイスボーンの最新情報まとめはこちら

抜刀スリンガー照準切替

ヘビィ抜刀スリンガー照準切替

照準モード中にボタン入力で「抜刀スリンガー照準」に切り替わる。抜刀スリンガー照準中は、クラッチクローやスリンガーの弾を発射可能。再度ボタンを入力することで、照準モードに切り替えられる。

特殊照準構え

ヘビィ特殊照準構え

「特殊照準パーツ」装着のみ使用できる照準モード。照準器の表示が変化し、照準がオレンジ色に変化する「超適正距離」でボウガンの弾を当てると威力が上昇する。

ヘビィボウガン専用の新強化パーツ

パーツ効果
機関竜弾・改造機関竜弾を連続して命中させたとき、より威力が上がるようになる。
狙撃竜弾・改造狙撃竜弾の性質が変化する。貫通性を失うが、弱点部位に極めて効果的な弾を放つ。

上記いずれも複数の装着不可

立ち回りは変わらないかも・・・?

機関竜弾と狙撃竜弾はリロードに長い時間がかかるため、これらをメインにした立ち回りが生まれるとは考えづらい。ヘビィは従来通りの立ち回りとあまり変わらなそうだ。

ヘビィボウガンの特徴

武器の特徴を理解しよう

ヘビィボウガンの画像

ヘビィボウガンは機動力を犠牲にライトボウガンよりも高い攻撃力を手に入れた武器。移動/回避動作共にかなり遅いので、攻撃を受けない立ち回りが重要となる。

高Lvの弾を多く装填できる

ヘビィボウガンは「高Lvの弾を多く装填できる」というのが特徴。それに加えて持ち前の攻撃力を生かしてダメージを出していく。装填拡張や弾丸節約との相性がよく、発動させたいスキルの筆頭となっている。

単発自動装填の仕様

単発自動装填
拡大する

発射直後にリロードしてくれる

特定の弾丸の発射タイプには単発自動装填という機能が付いている。これは射撃後に自動でリロードしてくれる仕様で、隙なく撃ち続けられるのが特徴。

行動がワンテンポ遅れる点に注意

射撃後にリロードモーションが入る都合上、連射や射撃後にすぐ回避ができないという面もある。自分のプレイスタイルと相談しながら運用してみよう。

特殊弾とヘビィ専用弾の特徴

機関竜弾

マシンガンのように弾を打つ

機関竜弾の画像
拡大する

機関竜弾は、弾が無くなるまでマシンガンのように弾を打ち続けることができる。敵がダウンした時に打つと一気にダメージを叩き込める。

数発打つと最高ダメージになる

機関竜弾はいきなり最高ダメージで打てるわけではなく、一定数打ち続けると最高ダメージに到達する。機関竜弾を打つ場合は腹を決めて一気に打ち込もう。

狙撃竜弾

狙撃竜弾の画像
拡大する

地面に突っ伏した状態で貫通する弾を打ち出す。この弾は着弾後爆発し、スタンを取ることも可能。ものすごく射程が長いため、かなり長距離でも当たる。また、機関竜弾よりもリロードが短いというも特徴。

拡散弾

ヘビィ専用の弾

拡散弾の画像
拡大する

ライトボウガンでは使えず、ヘビィボウガンだけが使える専用の弾。ボウガンを斜めに構え、大砲の要領で打ち出し着弾地点で爆発する。

攻撃力の影響を受ける

MHWの拡散弾は従来作品とは違い、攻撃力の影響を受けるようになった。拡散弾を運用する際は、攻撃、フルチャージ、各種攻撃力アップアイテムなどを併用して運用すること。

竜撃弾

拡散弾同様にヘビィ専用の弾

竜撃弾の画像
拡大する

拡散弾と同じようにヘビィボウガンでのみ使える弾で、前方に爆発を起こして攻撃する。発射モーションは長いものの、肉質無視なので安定したダメージが見込める

攻撃力の影響を受ける

竜撃弾も拡散弾同様に攻撃力の影響を受ける。竜撃弾でダメージを出したいのであれば攻撃力を上げて運用しよう。

各種パーツの仕様

複数装着で効果アップ!

ボウガンのパーツは、同じパーツを複数装着すると効果が上がる。例えば反動抑制パーツであれば付けただけ反動が少なくなり(一部例外アリ)、近接射撃強化パーツであれば威力が上がる。また、装着できるパーツ数はレア度によって異なる。

パーツの種類

  • 反動抑制パーツ
  • リロード補助パーツ
  • ブレ抑制パーツ
  • 近接射撃強化パーツ
  • 遠距離射撃強化パーツ
  • シールドパーツ

シールドパーツはヘビィの特権

ヘビィのシールドパーツ
拡大する

ライトボウガンよりも機動力が控えめな分、ヘビィボウガンはシールドパーツを装備できる。銃を構えている間、正面の攻撃を防いでくれる強化パーツで、防御系のスキルを揃えれば、歴戦モンスターの攻撃も防御可能。

ブレの仕様

ブレがあると照準がズレる

従来作品のブレは、弾を発射した際その弾がブレの方向へ逸れる、というものだった。MHWでは仕様が変更され、弾を打った後の照準がズレる、ようになっている。このブレは同じ部位を狙いたい時に特に邪魔になるので、打つたびに微調整するクセを付けておこう。

弾毎の立ち回りポイント

使用する弾で立ち回りが変わる

ヘビィボウガンは使用する弾によって立ち回りが大きく変わる。ここではよく使う弾毎に立ち回りを解説する。

貫通弾運用の立ち回りポイント

かなり離れて打ってもクリティカル

貫通弾の画像
拡大する

貫通弾はかなり離れたところから打ってもクリティカル判定が出るため、敵から大きく距離を取りながら安全に戦うことができる。

ヒット数を意識して打つ

貫通弾の1ヒットあたりのダメージは低めなので、いかにヒット数を稼げるように打てるかが重要。敵の頭から尻尾が直線になったタイミングで打とう。

散弾運用の立ち回りポイント

超接近しないとまともなダメージが入らない

散弾の画像
拡大する

MHWの散弾は射程がものすごく短くなっており、剣士並みに接近して攻撃しないとまともなダメージが入らない。ガンナーの防御力で超接近が求められるため、被弾しないような回避センスも求められる。

拡散弾運用の立ち回りポイント

敵の動きを予測して当てる

一箇所に立ち止まりながら弾を打つので正確に言えば「立ち回り」ではないが、いかに敵の動きを予測して弾を当てるかが最も重要となる。これができないと拡散弾の運用は厳しいだろう。

不動や癒しの煙筒を併用しよう

拡散弾の画像
拡大する

武器を構えていても攻撃を受けてしまえばまた構え直さなければならないが、不動を着ていれば心配無用。HPも心配であれば癒しの煙筒も併用して回復しながら拡散弾を打ち込もう。

基本操作方法・コマンド一覧

ボタンアクション
照準
射撃
装填されていない時はリロード
リロード
長押しで連続リロード
特殊弾切り替え
近接攻撃
移動射撃
移動照準射撃
+or弾選択

操作動画

引用元:MHW公式

アイスボーン攻略情報

アイスボーン攻略TOPに戻る

アイスボーン攻略の注目記事

©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. おすすめ最強装備まとめ
    おすすめ最強装備まとめ
    1
  2. 導きの地の地帯レベルの上げ方|システムも解説
    導きの地の地帯レベルの上げ方|システムも解説
    2
  3. ストーリー最速攻略チャート|マスターランク
    ストーリー最速攻略チャート|マスターランク
    3
  4. アンイシュワルダの弱点と | ラスボスの攻略方法
    アンイシュワルダの弱点と | ラスボスの攻略方法
    4
  5. アイスボーン攻略最新情報
    アイスボーン攻略最新情報
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

現在皆様に投稿いただいたコメントについてデータを復旧中です。復旧には時間がかかる事が予想されており、ご不便をおかけいたします。今しばらくおまちください。

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
アイスボーン攻略
クエスト攻略
新要素解説
アイテム入手方法
モンハンワールド(MHW)掲示板
モンスター情報
新モンスター
歴戦王
モンハンW(上位)攻略
コラボ情報
おすすめ装備
武器種別のおすすめ装備
護石・装飾品・スキル情報
素材・アイテム情報
武器一覧
武器種別一覧
防具・特殊装具一覧
クエスト情報
クエスト一覧
ストーリーの進め方
お役立ち情報
初心者向け情報
マップ情報
英語版
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中