モンハンワールド
アイスボーン攻略ガイド | モンハンワールド(MHWI)
攻略班の印象に残ったモンスターランキング

MHWアイスボーン 攻略班の印象に残ったモンスターランキング

最終更新 : アイスボーン攻略班
攻略班の印象に残ったモンスターランキング

MHWアイスボーンの区切りを祝して、攻略班の印象に強く残ったモンスターランキングを作りました。強さはもちろんギミックや仕様といった、様々な要素で闘いを挑んできたモンスター達です。時間がある時に読んでみてください。

印象深いモンスターランキング

惜しくもランク外!

番外編!ある意味モンスター

MHWのアプデの歴史を振り返ろう!

みんなのナンバーワンを確認!

▼印象的なモンスターや出来事を共有しよう!

5位:マムタロト

マムタロト

ここがすごいぞマムタロト

  • 独自のギミックが印象的だった
  • 追加される武器数が圧倒的
  • 装備構築にも幅が生まれた
マムタロトの攻略はこちら

独自のギミックが印象的だった

逃げる画像

▲スキあらば立ち去る姿も印象深い。

攻略班攻略班マムタロトは、痕跡集めや部位破壊などの独自のギミックが印象的です。マスターマムはギミック感が無くなっていたもののの、検証することの多さには手を焼かされました。

追加される武器数が圧倒的

皇金

▲皇金シリーズだけでも多い。

攻略班攻略班マムタロトといえば、全武器種に追加される鑑定武器。性能のデータ収集がとにかく大変で、寝る間を惜しんで周回したものです。
鑑定武器の当たり一覧はこちら

マスターマムで九死に一生を得た

攻略班2マスターマムが初実装される日の前は、通常マムが来ていませんでした。改めて、売却した武器を事前に全て収集していたから良かったものの、それを怠っていればデータ収集に大きな支障が出ていたでしょう。恐ろしいです。

装備構築にも幅が生まれた

攻略班攻略班皇金シリーズは、属性武器として圧倒的な性能を持っています。MHWでもアイスボーンでも、登場時には属性特化の選択肢を様々な武器種に与えました。皇金氷チャアクではしゃぎ倒したことは良い思い出です。

4位:猛り爆ぜるブラキディオス

臨界ブラキ

ここがすごいぞ臨界ブラキ

  • 防具テンプレを一新してきた
  • 武器性能が覚醒武器に匹敵した
  • 唯一無二のデスマッチ仕様
  • PVのインパクトも圧巻
臨界ブラキの攻略はこちら

防具テンプレを一新してきた

カブカカブ

▲伝説のテンプレ「カブカカブ」。

攻略班攻略班臨界ブラキの防具は、それまでの防具性能を明らかに圧倒していました。当然全武器種の装備テンプレが一新され、攻略班は頭を抱えたものです。
臨界ブラキ防具の性能はこちら

たまに使いづらい点がおちゃめ

攻略班2臨界ブラキ防具は、氷/水耐性が鬼のような低さ。歴戦王ネロミ/カーナなどには分が悪く、「とりあえずカブカカブでOK.」といったことができないことがあり、なかなかおちゃめです。

武器性能が覚醒武器に匹敵した

攻略班攻略班当時は正直、覚醒武器一本でOKな環境が続くと思っていました。しかし臨界ブラキは武器性能も恐るべきもの。一体どこまで装備構築に択を増やすつもりかと悩まされたものです。
臨界ブラキの武器性能まとめはこちら

スロットが絶妙すぎた

攻略班2臨界ブラキ武器には、覚醒武器にはない【3】スロが空いています。これがとにかく絶妙でした。基本性能では覚醒武器に劣るものの、装備構築の楽さで差別化してきた点は称賛に値します。

唯一無二のデスマッチ仕様

攻略班攻略班臨界ブラキは、追い詰められるとエリアを封鎖してデスマッチを挑んできます。これは他のモンスターには無い仕様で、戦闘力的にも臨界ブラキが印象に残る大きな要因です。

PVのインパクトも圧巻

攻略班攻略班臨界ブラキのPVを見て震えた人も多いでしょう。大技から漂う危険性と、新BGMまで引っさげてきたので驚きです。古龍級代表格の激昂ラージャンよりも、特別な扱いを受けていた印象。

3位:アルバトリオン

アルバトリオン

ここがすごいぞアルバトリオン

  • まさかの実装に度肝を抜かれた
  • 禁忌にふさわしい強さ
  • 属性武器に鍵を握らせたのが素敵
  • ミラボレアスを睨む装備性能が粋
アルバトリオンの攻略はこちら

まさかの実装に度肝を抜かれた

攻略班攻略班「そもそもアルバは来るのか」という議論もされていた当時、PVで現れた時は衝撃的でした。もちろん実装は予想していたものの、まだ先の話だろうと考えていたため、本当に驚きました。

禁忌にふさわしい強さ

アルバトリオンいつ
攻略班攻略班禁忌モンスターにふさわしく、アイスボーンのそれまでの追加モンスターとは別格の強さです。しかし慣れればテンポ良く楽しく戦うことができ、期待通りの存在感を示してくれました。

属性武器に鍵を握らせたのが素敵

攻略班攻略班アルバトリオンは属性ダメージを与えないと、大技で即死する独自の仕様がありました。物理特化の縛りから出られない武器種もあった中、多くの武器種に属性遊びをさせてくれた点は素敵。

ミラボレアスを睨む装備性能が粋

攻略班攻略班アルバトリオンの武器は龍特化かつ切れ味等も優秀で、防具は安定性に優れます。ミラボレアスへの対策となる性能を感じさせ、禁忌装備で禁忌に挑む構図を意識したかのような調整は、とても粋だと感じました。

2位:ミラボレアス

ミラボレアス

ここがすごいぞミラボレアス

  • 予想していても登場は感慨深かった
  • ただひたすらに強い
  • 装備も笑顔が溢れるほど強い
  • BGMの盛り上がりがすごい
ミラボレアスの攻略はこちら

予想していても登場は感慨深かった

攻略班攻略班アルバトリオンが先に登場した上、最後のアプデと明言されたため、第5弾でミラボレアスが来るだろうとは踏んでいました。しかし分かっていても、PVで登場した際はとても感慨深く、感動的だったことを覚えています。

ただひたすらに強い

ミラボレアスのブレス
攻略班攻略班ミラボレアスは強すぎました。他のモンスターがギミックなどで印象に残った中、純粋な強さでランクインしてきた点は圧巻。さすがの黒龍です。

装備も笑顔が溢れるほど強い

攻略班攻略班ミラボレアスの装備は、臨界ブラキやムフェトがかすむほどの性能。作成難易度は高く理想スキルのための装飾品集めも大変なものの、やりたい放題とも言える強さでした。

BGMの盛り上がりがすごい

攻略班攻略班戦闘BGMはもちろんのこと、撃龍槍からの英雄の証に感動した人は多いはず。しかしそこからミラボレアスが弱みを見せることは決してなく、盛り上がりに飲まれるか、ものにするかが勝敗に影響します。

1位:ムフェトジーヴァ

ここがすごいぞムフェトジーヴァ

  • チラ見せの際の衝撃が忘れられない
  • クエスト仕様がとにかく複雑
  • 一撃周回という概念
  • 武器が強い&複雑
  • もれなく防具も強い
ムフェトジーヴァ攻略はこちら

チラ見せの際の衝撃が忘れられない

▲ジンオウガ亜種が前座となった瞬間でもある。

攻略班攻略班第2弾大型アプデの際、一瞬だけシルエットが映った時は衝撃的でした。ゼノジーヴァの成体説はもちろん、ミラボレアスではないかという予想も飛び交い、混乱したものです。

クエスト仕様がとにかく複雑

攻略班攻略班仕様の複雑さにおいて、ムフェトの右に出るモンスターはMHWにはいません。マルチ前提、地脈エネルギー、部位破壊などなど...ギミック極まれりな印象で、本当に厄介でした。

一撃周回という概念

攻略班攻略班ムフェトを一回で討伐する、いわゆる一撃周回の概念。これが大変でした。どうすればスムーズに突破できるか、何が大切なのかに検証を重ねる必要があり、苦労しました。

武器が強い&複雑

覚醒武器

▲シリーズスキル緩和もできてしまう。

攻略班攻略班覚醒武器が強いことはもちろんですが、何より厄介なのが覚醒能力。可能性を秘めすぎており、装備構築がとても大変でした。覚醒能力の仕様も複雑で、泣かされた印象です。
覚醒武器の入手方法はこちら

もれなく防具も強い

▲抜刀時会心40%と属性値150を付与。

攻略班攻略班防具の龍紋シリーズも、非常に高性能かつ幅広く使えるものでした。臨界ブラキ防具と同じく、多くの装備テンプレを塗り替えました。
EX龍紋の性能はこちら

デメリットがある点に悩まされた

攻略班2龍紋シリーズは自傷がデメリット。慣れれば気にならないものの、始めたての人に無責任におすすめできません。イベント攻略などで、「とりあえず龍紋で良い」ができない点に悩まされました。

惜しくもランク外!

ジンオウガ

鳴神上狼、荒事を成す
ジンオウガの攻略はこちら

イベントで引っ張りだこ!

攻略班2なんといっても伝説のクエスト、「鳴神上狼」での印象が強いです。「ジンオウガよさらば」でも登場し、最も周回されたモンスターです。PVで満を持して登場した際の盛り上がりも印象的。

氷刃佩くベリオロス

ベリオ
氷刃佩くベリオロスの攻略はこちら

PVの驚きがポイント高め

攻略班2第4弾大型アプデのPVでチラ見せされた際の衝撃が強いです。「あんた誰!?」と混乱しました。すぐに鳴き声などからベリオロスと判断したものの、あの数秒のインパクトが高ポイント。

歴戦王ネロミェール

溟鳴り遥か遠く
歴戦王ネロミェールの攻略はこちら

当時のテンプレがなぎ倒された

攻略班2当時の近接の多くは、水耐性の低いカブカカブがテンプレでした。雑にカブカカブをおすすめすることができず、水耐性を意識した近接装備を組むことに悩まされたものです。

歴戦王イヴェルカーナ

歴戦王イヴェルカーナ
歴戦王イヴェルカーナ攻略はこちら

シンプルに強かった

攻略班2歴戦王イヴェルカーナは、ギミックなどではなく純粋な強さで勝負してきました。悩んだり困ったわけではないため、攻略班特有の印象には残りづらいものの、武人肌の素敵なモンスターです。

極ベヒ&エーシェン

人によってはランキング1位?

攻略班2コラボモンスターの強化個体、極ベヒーモスとエンシェントレーシェンは非常に強力でした。当時はソロチャレンジが流行しており、挑戦した人にとってはぶっちぎりの1位ではないでしょうか。

番外編!ある意味モンスター

導きの地

導きの地導きの地の解説はこちら

膨大な要素のエンドコンテンツ

攻略班2導きの地は、地帯レベルに関わる要素がとにかく複雑でした。装備構築には避けて通れないコンテンツだったため、最後の最後まで導きの地と格闘した人も多いはず。

徹甲榴弾のダメージ上限

ボウガン装備構築の壁となった

攻略班2徹甲榴弾にはダメージ上限が存在し、火力スキルを詰め込めばいいというものではありませんでした。こだわるなら猫の砲撃術や各種バフも考慮に入り、ボウガン使いは苦労したものです。

操虫棍傷つけ3回組問題

▲在りし日の操虫棍の日常。

かつては絶大なハンデを背負っていた

攻略班2操虫棍のクラッチ攻撃は特殊で、スカってしまうことが多いです。その結果、傷つけにクラッチ攻撃が3回必要なことがザラでした。クラッチ強化によって救われたものの、かつて操虫棍使いは悲しみを背負っていたのです。

つららなどのギミック

シビレガスガエル

▲覇王の異名を持つ。

新大陸の裏の猛者

攻略班2龍結晶の地のつららや、渡りの凍て地の崖崩れは恐るべきギミックです。泣かされた人も多いでしょう。古龍の訪れにも動じないガスガエルさんも、圧倒的な強者でした。

アイスボーン攻略情報

アイスボーン攻略TOPに戻る

アイスボーン攻略の注目記事

©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 導きの地のレベル上げ方法 | レベル7におすすめの地帯
    導きの地のレベル上げ方法 | レベル7におすすめの地帯
    1
  2. おすすめ最強装備まとめ | ミラボレアス装備を追加!
    おすすめ最強装備まとめ | ミラボレアス装備を追加!
    2
  3. ストーリー最速攻略チャート | マスターランク
    ストーリー最速攻略チャート | マスターランク
    3
  4. ミラボレアスの対策と攻略 | 開幕大砲の当て方
    ミラボレアスの対策と攻略 | 開幕大砲の当て方
    4
  5. やるべきイベントクエストまとめ! | 重要なイベクエ一覧
    やるべきイベントクエストまとめ! | 重要なイベクエ一覧
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
アイスボーン攻略
攻略おすすめ記事
イベントクエスト
ムフェトジーヴァ
マムタロト
装備関連情報
おすすめ装備
防具関連情報
その他装備関連
モンスター情報
ミラボレアス
アルバトリオン
新モンスター攻略情報
導きの地
クエスト攻略
闘技大会マスター級
素材/アイテムの集め方
その他攻略お役立ち記事
環境生物
モンハンワールド(MHW)掲示板
英語版
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×