FGO
FGO攻略 | Fate/Grand Orderを徹底解説
両儀式(アサシン)の評価と再臨素材
【FGO】両儀式(アサシン)の評価と再臨素材

【FGO】両儀式(アサシン)の評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
復刻:ハロウィン2017の攻略情報をまとめて掲載中!
おすすめの関連記事

FGO(Fate/Grand Order)に登場する両儀式(殺)の評価を掲載。スキルや再臨素材、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)の両儀式(殺)運用の参考にどうぞ。

両儀式(殺)のアイキャッチ

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

その他の両儀式はこちら

セイバーアサシン

両儀式(殺)の評価と主要データ

両儀式(殺)のアイキャッチ

──サーヴァント、アサシン。両儀式だ。
……挨拶ってこれでいいのか?変な決まりだな全く。
勝手は違うけど、適当に暴れてやるよ。

主要なデータ

クラスアサシン(▶一覧はこちら)
カード構成
HIT数B:
1HIT
A:
2HIT
Q:
4HIT
EX:
5HIT
宝具:
3HIT
属性混沌 / 善 / 人属性
▶天地人一覧はこちら
特性-
▶特性一覧はこちら
入手方法イベント『空の境界コラボ』で入手
HP / ATK11055 / 8867(Lv最大時)
スキル1直死の魔眼 A【CT:7~5】
自身に無敵貫通状態を付与(1T)
自身のアーツ性能をアップ(1T)[Lvで強化]
敵単体の即死耐性をダウン(1T)[Lvで強化]
スキル2心眼(偽)A【CT:8~6】
自身に回避状態を付与(1T)
自身のクリティカル威力をアップ(3T)[Lvで強化]
スキル3陰陽魚B【CT:8~6】
自身のNPを増やす[Lvで強化]
自身のHPを1000減らす【デメリット】
宝具「唯識・直死の魔眼」
敵単体に超強力な防御無視攻撃[Lvで強化]
確率で即死[OCで変動]
クラススキル気配遮断C:
スター発生率をアップ
単独行動A:
クリティカル威力を10%アップ
合計
再臨素材
×4
合計スキル
強化素材
×14×14×14×1
×36×8×20×20

特徴と評価の理由

評価:〔A〕
Arts2枚と連発しやすい高火力即死宝具が魅力
・配布による宝具LVの恩恵が大きく高ダメージ
・高確率即死宝具と耐性ダウンで即死周回も可能
・宝具AAからのNPチャージで連続宝具も実用範囲
・Arts2枚とArts宝具なのでサポーターと組みやすい
当サイトにおける評価基準(タップで開閉)

当サイトにおける評価について

◆評価しているライター

中の人Aサーヴァント考察ガチ勢。
普段は自サーヴァントLv1で難所をクリアする動画をYoutubeに上げている。
中の人B周回ガチ勢。
全ての素材の在庫が3桁無いと手が震えるので常に周回。和鯖大好き。普段はTwitterで活動。真名はひみつ。

◆評価基準

[S+]別格。
現在の編成環境を作っているといえるサーヴァント。一部の例外を除き、全ての状況で活躍できる
[S]全サーヴァント中で特に優秀。
層を問わずにオススメでき、高難易度やストーリー進行など様々な場で活躍する機会が多い
[A+]同クラス内で特筆して優秀。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかが格段に高い、もしくは総合的に見た場合どれも一定の水準以上。
[A]同クラスで明確な役割を持つ。
汎用性/高難度適正/周回性能のどれかに適正があり、サポートや組み合わせ次第で最適解となる場合があるタイプ。
[B]明確な強みはあるが、相対的に見るとAランク以上と比較して一歩劣るタイプ。所持サーヴァントが少ないうちか確実に活躍できるが、手持ちのサーヴァントが増えるにつれて採用頻度が減りがち。
[C]明確な強みはあるが、相対的に見ると他のキャラで近しいことができてしまうタイプ。好きなら問題なく使っていけるだけの性能はあるが、最適解とはなりにくい。
[D]キャラの強みよりも弱みが目立つ。もしくは上位互換になるようなサーヴァントがおり、活かそうとしても一歩劣ってしまう。
[E]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]上記のランクどこにも属さないタイプ。
上記の指標で測りにくいサーヴァント。主にサーヴァントごとの特性などから「活かすための編成難易度が特筆して高い」「特定状況のみで活躍可能」な2タイプに分類。
全サーヴァントの評価はこちら

両儀式(殺)のスキル/宝具

宝具「唯識・直死の魔眼」ゆいしきちょくしのまがん

──直死。
──死が、俺の前に立つんじゃない。

敵単体に超強力な攻撃[防御力無視]
Lv1:
900
Lv2:
1200
Lv3:
1350
Lv4:
1425
Lv5:
1500
敵単体に確率で即死効果
OC1:
-
OC2:
-
OC3:
-
OC4:
-
OC5:
-

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『直死の魔眼 A』

【効果】
自身に無敵貫通状態を付与(1T)
自身のアーツ性能をアップ(1T)[Lvで強化]
敵単体の即死耐性をダウン(1T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「7」ターン,Lv6「6」ターン,Lv10「5」ターン

1ターンの間
Artsカード性能をアップ
Lv1:
30
Lv2:
32
Lv3:
34
Lv4:
36
Lv5:
38
Lv6:
40
Lv7:
42
Lv8:
44
Lv9:
46
Lv10:
50

スキル2『心眼(偽)A』

【効果】
自身に回避状態を付与(1T)
自身のクリティカル威力をアップ(3T)[Lvで強化]

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

3ターンの間
クリティカル威力をアップ
Lv1:
20
Lv2:
22
Lv3:
24
Lv4:
26
Lv5:
28
Lv6:
30
Lv7:
32
Lv8:
34
Lv9:
36
Lv10:
40

スキル3『陰陽魚B』

【効果】
自身のNPを増やす[Lvで強化]
自身のHPを1000減らす【デメリット】

【CT】
Lv1「8」ターン,Lv6「7」ターン,Lv10「6」ターン

自身のNPを増やす
Lv1:
20
Lv2:
21
Lv3:
22
Lv4:
23
Lv5:
24
Lv6:
25
Lv7:
26
Lv8:
27
Lv9:
28
Lv10:
30

クラススキル

気配遮断Cスター発生率をアップ
単独行動Aクリティカル威力を10%アップ
クラススキル一覧はこちら

優先度別おすすめのスキル上げ

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、まずはスキル1。自身の宝具ダメージや即死を成功しやすくできる。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.4
とりあえずの目標。クリティカルを狙いやすいのでダメージを伸ばせるスキル2。宝具AA後での宝具再使用を狙いやすくするためにスキル3の育成も有効。上げやすいLv4までは揃えたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。NPチャージは25%となり、再使用もしやすくなる1つの区切りとなる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。全スキルが非常に優秀でCT短縮の恩恵も大きい。NP30%を優先する場合はスキル3。クリティカルを優先する場合はスキル2。即死の場合はスキル1となるが、相対的にみると伝承結晶を優先するほどではない。
アサシンのスキル上げ優先度一覧はこちらスキル上げの育成ステップについて
Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

再臨・スキル強化素材必要個数

再臨必要素材

1段階業物ナイフx1
2段階業物ナイフx1
3段階業物ナイフx1
最終再臨業物ナイフx1
合計数×4

スキル強化必要素材

Lv1殺の輝石x4
Lv2殺の輝石x10
Lv3殺の魔石x4
Lv4殺の魔石x10
凶骨x12
Lv5殺の秘石x4
凶骨x24
Lv6殺の秘石x10
混沌の爪x3
Lv7混沌の爪x5
無間の歯車x5
Lv8無間の歯車x15
ホムンクルスベビーx20
Lv9伝承結晶x1
合計数×14×14×14×1
×36×8×20×20
素材のドロップ場所一覧はこちら

両儀式(殺)の強い点/弱い点

両儀式(アサシン)の強い点(長所)

1.宝具を使用しやすいアタッカー

2枚のArtsとNPチャージスキルを持つ宝具連発型のアタッカー。高倍率のArts性能アップスキルを所持しており宝具AAブレイブでのNP回収も狙いやすい。宝具Lvの上げやすさとカード性能の優秀さから霊基再臨だけでも即戦力となる。

※一般的なATK型の概念礼装装備(+786)での計算

両儀式(殺)宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均78000
ATKフォウあり:平均86000
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均89900
ATKフォウあり:平均99200
スキルなし:平均60000
ATKフォウあり:平均66200
(宝具ダメージ比較はこちら)
ジャック宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均74400
ATKフォウあり:平均80400
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均85800
ATKフォウあり:平均92800
上記+OC1特攻あり:平均139200
呂布宝具5
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均72900
ATKフォウあり:平均81100
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均92000
ATKフォウあり:平均102000
荊軻宝具5/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均76200
ATKフォウあり:平均85800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均82600
ATKフォウあり:平均92300
百貌のハサン宝具5/宝具強化後
【スキルLVでダメージ変動なし】
宝具ダメージ:平均72400
ATKフォウあり:平均82100
上記+宝具効果あり:平均94700
エミヤ〔アサシン〕宝具1/宝具強化後
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均60000
ATKフォウあり:平均66200
上記+宝具LV2時:平均82700
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均67800
ATKフォウあり:平均74700
上記+宝具LV2時:平均93400
アサシン・パライソ宝具1
【スキルLV1時】
宝具ダメージ:平均38100
宝具LV2時:平均50800
【スキルLVMAX時】
宝具ダメージ:平均45000
宝具LV2時:平均60000
【スキルLvMAX+ATKフォウあり】
宝具LV1時:平均49900
宝具LV2時:平均66500
静謐のハサン宝具5/宝具強化後
【ダメージに繋がるスキルなし】
宝具ダメージ:平均55300
ATKフォウあり:平均62800

2.NPとスターを稼ぎやすい優秀なカード

両儀式(殺)のArtsはNPを稼ぎやすい上に、Quickは4ヒットExtraは5ヒットとスターも稼ぎやすい。また1枚目にArtsを置いた際のNP獲得も良好。通常攻撃のダメージは低くなるが1枚目にArtsを置いてNPを稼いで宝具連発を狙う戦い方に非常に向いている。

▲一気にNPを稼げるので積極的に選びたい。

3.即死周回にも使える優秀な宝具

両儀式(殺)の宝具は防御無視効果と、OC1から即死耐性のない相手へ確定の即死効果。スキル「直死の魔眼A」の敵単体への即死耐性ダウンをあわせると、OC1時はLv10。OC2時はLv2で、ある程度の即死耐性持ちも確定する。

▲エネミー毎に即死耐性は個別に設定されているが、目安としてはサーヴァント以外の銀枠となる。確定を狙わない場合はLv1から十分な倍率。

4.宝具にあわせたい「直死の魔眼A」

「直死の魔眼A」は自身へ1ターンの無敵貫通状態付与とArts性能30〜50%アップの効果もある。両儀式(殺)はArtsもQuickもNPを稼ぎやすく、スキルもLv1から高倍率なので、宝具ブレイブのチャンスであれば積極的に使用したい。

▲理想は宝具AAだが、スター獲得も稼ぎやすいので十分優秀。

5.宝具連発を支えるNPチャージスキル

スキル「陰陽魚B」は自身のNP20〜30%チャージと、デメリットHP1000減の効果。Lv1から使用しやすく、Lv10でNP30%となるのでNP20%付与持ちと組むことで即宝具も狙える。基本的には1ターン目や、2回目宝具を狙う際に使用する。

直死の魔眼Lv1Lv4Lv10
宝具QA
宝具AA
約44%
約47%
約45%
約49%
約48%
約52%
オーバーキル時約60%
約65%
約62%
約67%
約65%
約72%
クリティカル時約68%
約75%
約70%
約77%
約74%
約84%
クリティカル+
オーバーキル時
約97%
約107%
約99%
約110%
約105%
約119%

※NP獲得が1.1倍となる対ライダー戦でのNP獲得の目安。
オーバーキルは2枚目の1ヒット目からとする。

TIPS:『オーバーキル』
NP獲得量が1.5倍となり、スターも獲得しやすくなる。クリティカルと合わせればNP獲得量は3倍になり効果的。NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算となる。

TIPS:『攻撃時のNP獲得のエネミー補正』
特定のクラスやエネミーを攻撃した際、NP獲得は約0.8~1.2倍ほど増減する場合がある。
術は約1.2倍:騎は約1.1倍と貯まりやすくなる。
殺は約0.9倍:狂は約0.8倍は貯まりづらくなる。
またスケルトン、ゴーストなど一部死霊系のエネミーもNPが貯まりやすい傾向にあるが、当てはまらない場合もある。
クリティカルやオーバキルと重ねることで大きな違いとなる。NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算。

6.攻撃的にも使用できる回避スキル

スキル「心眼(偽)A」は自身へ1ターンの回避と、3ターンのクリティカル威力20〜40%アップの効果。クリティカルが狙えると通常攻撃でのダメージの低さを補えるようになる。CTも8〜6と短めなので、Lv6まで上げておけると使いやすくなる。

TIPS:『Busterボーナス』
1枚目にBを置くと宝具以外のカードのダメージが上昇する。カードの種類や位置によって異なるが、ダメージは約1.24~1.52倍上昇する。もともとダメージの低いBuster以外のカードほど大きく伸びる。

TIPS:『クラス補正とは?』
クラス補正とは、サーヴァントのクラスごとに設定された隠しステータス。ATKなどに若干の倍率がかかるようになっている。
▶詳細な倍率まとめはこちら

TIPS:『クリティカルの効果』
クリティカルはダメージが2倍になる他、NP獲得量も2倍となり、スターも増えやすくなる。ダメージ上昇以外にも恩恵がある。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

両儀式(アサシン)の弱い点(短所)

1.マイナス補正が重なりやすい

アサシン共通の問題だが、クラス補正としてダメージに0.9倍のマイナス補正が入る。また両儀式(殺)などアサシンに多い人属性はドラゴンやウガル、鬼系のエネミーに天地人が不利。そのため与ダメージは攻撃有利1.5倍のバーサーカーやアルターエゴよりも劣る場面が多い。

※攻撃相性有利の、実質の倍率。狂のみ「狂化A」前提の10%の補正入り。

天地人:有利天地人:等倍天地人:不利
狂:1.1倍約1.997倍約1.815倍約1.633倍
術殺:0.9倍約1.98倍約1.8倍約1.62倍

TIPS【天地人と星とは?】
敵を含み、ユニットごとに設定された隠しステータス。ゲーム内ではシナリオで仄めかされるのみで確認はできない。
「天→地→人→天」の3すくみと、相性の影響を受けない「星」で構成されており、有利の相手には与ダメージが約1.1倍のプラス補正が入る。また不利の相手には約0.9倍のマイナス補正が入る。

2.耐久戦には向きづらい

通常のクエストでは問題となりづらいが、高難易度の対ライダー戦ではキャスターを採用しづらい都合上、サポーターが限られやすい。そのためHP回復手段は他クラスに比べて少なく「陰陽魚B」のHP減のデメリットは重め。

▲クエストによっては使用しづらく、スキル枠が1つ少ない状態になる。

3.自身のカードを選ぶ必要がある

両儀式(殺)のカードは優秀なものの、仲間へのサポートスキルを所持していない。純粋なアタッカーなので、自身のカードを選び続ける必要がある。★5殺は人属性以外の比率が高く、自身よりもATKが高めのサーヴァントが揃うと使用率が下がりやすい。

中の人A2016年の実装時は単体宝具の高レアアサシンが少なく、非常に役に立つ強力なサーヴァントでした。もちろん魅力的なカード性能は今も変わらずに優秀です。
ですがアサシンの数が増えて、宝具強化を迎えた低レアサーヴァントの現状を考えると最適解とならない場面もあります。

両儀式(アサシン)の運用

1.クリティカルを狙おう

通常攻撃でのダメージ不足を補う場合、両儀式(殺)はスターを稼ぎやすくクリティカル威力アップを所持しているのでクリティカルが効率的。基本的にはATK補正の概念礼装を装備して、味方からもスター獲得状態付与系の概念礼装やスキルで補うとよい。

▲編成例。2名のアサシンがスターを稼ぎやすいのでクリティカルが狙いやすい。敵宝具対策も全員所持。

2.Artsチェインを狙おう

両儀式(殺)はアサシンでは少数派の2枚以上のArtsとArts宝具を併せ持っている。そのためジャンヌや玉藻の前などArtsチェインを前提としたサポーターとも相性がよく、NPを貯めやすい。状況をみて自身の優秀なブレイブと使い分けたい。

▲画像では宝具効果と3枚目ArtsクリティカルオーバーキルでNP100%貯め直せた。

TIPS:『Artsチェイン』
Artsを3枚並べた際のボーナス。
カードを選んだサーヴァントのNPが20増える。

3クリティカルの安定を目指そう

アサシンよりもスターの集まりづらい術狂讐と編成することでアサシンにスターが集まりやすくなる。もしくはQuickやスキルでのスター獲得などで補い、毎ターン20〜30個のスター獲得を目指してしまうのも◎。

▲アサシンはスターを稼ぎやすいクラスなので、うまくヒット数が多いアサシンと組んで補いたい。

4.ダメージを伸ばす際は攻撃力とArts

両儀式(殺)は高倍率なArts性能アップを持つが、1ターン効果なので2回目の宝具にスキル再使用は間に合いづらい。そのため両儀式(殺)のダメージを伸ばす場合は攻撃力アップやArts性能アップなど、複数種類の強化をバランス良く行えると効率的。

▲玉藻の前は戦闘不能になりづらいキャスターなので好相性。

▲編成例のPTにて。地属性の天地人不利へ約19万。防御力ダウンとArts性能アップにマスター礼装の宝具威力アップを重ねたもの。

TIPS:『ダメージの伸ばし方』
FGOにおけるダメージの計算は主に
〔攻撃UP/防御DOWN〕〔特攻や宝具威力UPなど〕
〔カード強化〕〔宝具特攻〕という4種類の項目。
これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。
▶詳しいダメージの伸ばし方についてはこちら

両儀式(殺)と相性のいい概念礼装

アタッカー向きの礼装がおすすめ

Arts、Quickとも優秀でクリティカルと宝具連発でのダメージが重要なサーヴァント。基本的にはATK補正を気にしながら、Arts性能やクリティカルや宝具威力を同時に強化できるもの。もしくは宝具連発を目指してNP獲得量を強化できるとよい。

熱砂の語らい(ATK型)
スター集中率UP400~600%
クリティカル威力UP20~25%
キュート・オランジェット(ATK型)
NP獲得量UP25~30%
宝具威力UP15~20%
トリック・オア・トリートメント(ATK型)
クリティカル威力UP15~20%
NP獲得量UP25~30%
もう一つの結末(超ATK型)
A強化15~20%
クリティカル威力UP20~25%
最大ATK2400となる希少な礼装
その他のおすすめ概念礼装はこちら
カレイドスコープ(ATK型)
戦闘開始時NP80~100%獲得
スキルLv1から即宝具が狙える
虚数魔術(バランス型)
戦闘開始時NP60~75%獲得
最大開放時、スキルLv6から即宝具
足どりは軽やかに(バランス型)
スター集中率UP400~600%
A強化UP10~15%
フォーマルクラフト(ATK型)
A強化25~30%
静穏なひと時(ATK型)
QA強化10~15%
NP獲得量UP10~15%
メリー・シープ(ATK型)
毎ターンスター3~4個獲得状態を付与
AQ強化8~10%
蒼玉の魔法少女(ATK型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
NP獲得量UP25~30%
聖夜の晩餐(ATK型)
戦闘開始時NP30~50%獲得
宝具威力10~15%UP
クリティカル威力10~15%UP
ニュー・ビギニング(バランス型)
戦闘開始時NP40~50%獲得
Arts性能10~15%UP
クリティカル威力10~15%UP
ゴールデン相撲~岩場所~(ATK型)
自身の攻撃力UP10~15%
戦闘開始時NP30~50%獲得
宝石剣ゼルレッチ(バランス型)
戦闘開始時NP25~40%獲得
NP獲得量UP5~10%

両儀式(殺)と相性の良いキャラ

おすすめサポーター

ジャンヌ(★5)
・宝具効果の無敵付与、HP回復状態、防御力アップ付与が好相性
・スキルでスター獲得状態も所持
マシュ(★3-4)
・宝具効果の攻撃力アップ付与が好相性
・スキルと宝具での防御力アップ付与も優秀
・少ないカード選びでも宝具を使用しやすい
玉藻(★5)
・スキルの3ターンのArts性能アップ付与と回復が好相性
・宝具効果のスキルCT減とNP付与と回復も優秀
・対騎も、3ターン高倍率の防御力アップで耐えやすい
刑部姫(★5)
・宝具効果の防御力アップと最大HP上昇や、スキル最大40%の防御力ダウン付与が好相性
・優秀なQuickとArtsでスターもNPも稼ぎやすい
・宝具効果の3ターンのQuick性能アップ付与も、両儀式(殺)のQuickでのダメージとNP獲得が通常時Artsを上回るようになるので腐りづらい
その他のおすすめサポーターはこちら
フィン(★4)
・スター発生&NP獲得量アップ付与のサポートスキルが優秀
・2枚のArtsでArtsチェインもしやすい
・ターゲット集中スキルでの退場もスキル育成状況では狙える
ギルガメッシュ(術)(★4)
・Artsやスター発生率などサポートが優秀
・スキルCT長めだが、対騎であれば戦闘不能になることで補いやすい
新宿のアヴェンジャー(★4)
・スターを集めないクラスながらBAAQQの好相性なカード構成
・両儀式(殺)の苦手クラス出現時も、スター集中からのクリティカルで補いやすい
アンデルセン(★2)
・3ターン高倍率のクリティカル発生率アップ付与と、宝具効果の攻撃&防御アップ&回復状態付与が好相性
・対騎であっても戦闘不能になる前提の運用がしやすい
・NPチャージスキルも所持しているので第一再臨状態での採用も◎

おすすめアタッカー

ジャック(★5)
・両儀式(殺)の2枚のArtsを1枚目に置くことで、QuickでNPを稼ぎやすくなる
・Quick3枚持ちとしてトップクラスにスターを稼げる
ヒロインX(★5)
・Arts2枚を所持し、Quickも優秀なアタッカー
・スター獲得スキルも所持しているのでクリティカルを狙い続けやすい
・無敵スキルも所持
メルトリリス(★5)
・両儀式(殺)の2枚のArtsを1枚目に置くことで、QuickでNPを稼ぎやすくなる
・スター獲得スキルでクリティカルサポートも可能
百貌のハサン(★3)
・Arts2枚のアサシンとしてトップクラスに優秀なアタッカー
・HP回復とCT5の回避を併せ持つので、耐え続けやすい
ヴラド三世(★5)
・Arts中心のバーサーカーなので好相性
・宝具効果にスター獲得もあり、自身にスターを集めづらいので好相性
巌窟王(★5)
・自身にスターを集めず、Quickと宝具とスキルでスターを稼げる
その他のおすすめアタッカーはこちら

おすすめアタッカー

シャーロック・ホームズ(★5)
・宝具効果で味方全体へ大幅なダメージアップが可能
エミヤ(殺)(★4)
・Arts2枚のアサシンの中で優秀なサポートスキルを所持
・スターが十分にある状況であれば優秀なQuickとクリティカル威力アップを活かしやすい
呪腕のハサン(★2)
・両儀式(殺)の2枚のArtsを1枚目に置くことで、QuickでNPを稼ぎやすくなる
・スキルLv上げは必要だが、スター獲得とクリティカル威力アップスキルが好相性
酒呑童子(★5)
・Arts2枚のアサシンの中で特筆してATKが高め
・Quickでスターも稼ぎやすいのでクリティカル狙いが可能
殺生院キアラ(★5)
・スターを十分に用意できれば、宝具連発とクリティカルを狙う運用は共通なので好相性

両儀式(殺)のプロフィール

イラストレーター/声優

イラスト武内崇
担当声優坂本真綾
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

変異特異点・境界式にて遭遇した少女。和洋折衷の出で立ち、男性のような口調、迷いのない行動力。いずれも日常の中では際だった異常と捉えられる。
死を視てしまう特異体質なため、様々な怪奇事件に遭遇し、これを斬り伏せてきた。本人はまったく関知していないが、彼女自身、深夜に逍遥する都市伝説の一つになっているようだ。

パラメーター

筋力
E
耐久
D
敏捷
A+
魔力
C
幸運
A+
宝具
EX

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──サーヴァント、アサシン。両儀式だ。
……挨拶ってこれでいいのか?変な決まりだな全く。
勝手は違うけど、適当に暴れてやるよ。

1段階目

はあ?着替えないのかって?ほかの連中は着替えるの?
割とおしゃれなんだな、英霊って。

2段階目

段位昇格っと。まだ先は長いぜ、マスター。

3段階目

煩いなぁ。
この服装は気に入ってるんだ、着替えない。
着物の柄は変えるかもしれないけど、ジャケットだけは変えないぞ。

最終再臨

なんだよ。オレだって休憩ぐらいする、というか、出番以外は大抵こうだ。
お前なら……ま、部屋に上げるぐらいはいいか。
アイスクリームなら冷蔵庫にまだあるから、食べていけ。

マテリアル(ネタバレ注意)

絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

絆Lv.1で開放

身長/体重:160cm・47kg
出典:空の境界
属性:混沌・善  性別:女性
猫を思わせる身の軽さ。むしろ心身ともに猫。

絆Lv.2で開放

直死の魔眼:A
魔眼と呼称される異能の中でも最上級のもの。
異能の中の異能、希少品の中の希少品。
無機・有機問わず、“活きている”ものの死の
要因を読み取り、干渉可能な現象として視認する。直死の魔眼から見た世界は“死の線”で満ちた
終末の風景であり、まっとうな精神構造では
これと向き合っての日常生活は難しい。
式は普段、焦点をズラして物事を俯瞰することで
この異様な視界と折り合いをつけている。

絆Lv.3で開放

陰陽魚:B 
陰陽螺旋。
是を生かしたくば即ち是を殺し、
是を叶えたくば即ち是を損なう。
恩恵と損失は表裏一体。
さながら男女の関係のように。痛覚残留。こちらの式はHPを失う事でNPを補う。

絆Lv.4で開放

『唯識・直死の魔眼』
ランク:種別:対人宝具
レンジ:1最大捕捉:1
ゆいしき・ちょくしのまがん。
直死の魔眼を最大限に見開き、
対象の“死の線”を切断する攻撃。
何億という寿命、停止状態から蘇生する回復力、
何百という命のストックを持っていようが、
“その個体における死の概念”を露わにする為、
それらの不死身性を無視して致命傷を与える。死に難い命はあれ、死から逃れられる命はなく。
―――終わりは、万物に共通する。

絆Lv.5で開放

両儀家は古い歴史を持つ家柄で、代々、
『理想の人体』を研鑽、実践してきた。
理想の人間に“我”など不要。
その用途ごとに切り替わる人格(ソフト)と、
その命令を的確にこなす万能の肉体(ハード)が
有れば良い。その信仰、信念は数百年の歳月を以て
証明されたものの、それは彼らが考えていた
ものとは別のものだった。その結果として生まれた両儀家の今代の跡取りが
両儀式である。

五階 四号室

一見して冷たく、排他的な性格。
男口調かつ男性のように振る舞ってはいるものの、
根はどうしようもなく女性的なので『男装の麗人』
とはまた違っている。
アウトローに気取っているが、根は寂しがり屋かつ
姐さん気質なので、気に入った相手はとことん面倒
を見てしまう。
彼女がなぜ男性口調なのか、
二重人格者に対して当たりがきついのかは
「小説・空の境界」を参照してほしい。

絆礼装(ネタバレ注意)

絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

赤いジャンパー

それはある少年の懐い出。夕暮れの教室に残った記憶。束の間だけ繋いだ温かな光を見送った、織という夢の名残。

「赤いジャンパー」の詳細な性能はこちら

バレンタイン礼装(ネタバレ注意)

バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください。

(タップで開閉)

紅白のチョコ

両儀式(アサシン)からのバレンタインチョコ。
いたって普通のハート型チョコ。手作り。
紅白の飾りがそえられている。目出度い。
しかし作っている時に何か思い立ってしまったのか、
ハートを穿つようにナイフが突き刺さった跡がある。
ネコはイライラすると枕を滅多刺しにし、
ニマニマするとチョコの死を突く。

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの性能をまとめて確認!役割ごとなどの絞込機能付き。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶Fate Grand Order公式

攻略記事ランキング
  1. 復刻:ハロウィン2017の効率的なミッション攻略
    復刻:ハロウィン2017の効率的なミッション攻略
    1
  2. 復刻:ハロウィン2017の効率良い攻略方法とドロップ素材
    復刻:ハロウィン2017の効率良い攻略方法とドロップ素材
    2
  3. イベント攻略記事一覧
    イベント攻略記事一覧
    3
  4. 検証勢が考えたサーヴァントランキング(10月版)
    検証勢が考えたサーヴァントランキング(10月版)
    4
  5. 速報/最新ニュースまとめ
    速報/最新ニュースまとめ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


あなたの両儀式(殺)の評価は?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール/コラム

サーヴァント一覧

概念礼装/指令紋章一覧

その他一覧

ストーリー/フリクエ攻略

第1部ストーリー

第1.5部ストーリー

第2部ストーリー

優先度別おすすめのスキル上げ

復刻:ハロウィン2017

イベント攻略関連記事

イベント関連の評価記事

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中