ポケモン剣盾
ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略
ムゲンダイナ詰め構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

ポケモンソードシールド ムゲンダイナ詰め構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
ムゲンダイナ詰め構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

ポケモン剣盾のシングルバトル(竜王戦)で使えるパーティ(構築)を紹介しています。構築のコンセプトや強い点・弱い点、採用ポケモンの解説も掲載しているので、ムゲンダイナ主軸のパーティを探している方は参考にしてください。

目次

ユウキさんのシングル構築まとめはこちら

ムゲンダイナ詰め構築のコンセプト

※この構築はレンタルすることができません。

パーティメンバー

パーティ構築記事
拡大する

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotom)

チームID0000 0000 6MK4 R1

今回は竜王戦の構築

今回の構築記事は竜王戦用の構築記事となっている。レンタルパーティで大会に参加することはできないが、パーティ構築の参考にして欲しい。

竜王戦2020予選の環境考察はこちら

構築のコンセプト

  • ムゲンダイナで詰める
  • ムゲンダイナを突破する積み技持ちをメタモンでコピーして全抜き
  • ダイマックス性能の高い一般枠

ムゲンダイナで詰める

高い素早さから「コスモパワー」「じこさいせい」が使えるムゲンダイナで要塞化し、相手を詰ませる勝ち筋を狙う構築。初手ダイマックスで荒らしてムゲンダイナで逃げ切るパターン、初手ムゲンダイナで相手の出方を伺いながら後発ダイマックスで切り返すパターンを取る。

ムゲンダイナを突破する積み技持ちをメタモンでコピーして全抜き

「コスモパワー」で高耐久となったムゲンダイナを突破する手段として、「つるぎのまい」「わるだくみ」「ジオコントロール」等の積み技がある。そこに対して裏から特性「かわりもの」のメタモンを出して相手の能力上昇したポケモンをコピーする戦術が強力。

ダイマックス性能の高い一般枠

ムゲンダイナはダイマックスが出来ないため、非伝説の一般枠でダイマックスを切ることになる。相手の伝説枠に対しても殴り合いが出来る、攻撃性能の高いサンダーとエースバーンをダイマックスエースとして採用し、構築のパワーを高めた。

ムゲンダイナ詰め構築の使い方

選出率の高いポケモン

ムゲンダイナを主軸にした選出で竜王戦ルールで一番多かった選出メンバー。もちろん、相手の構築に応じて順番や選出は柔軟に変えるべきだが、基本選出は上記のポケモンとなっている。

初手サンダーでダイマックス

高い素早さと特攻に加えタイプ一致「ダイジェット」使いのサンダーで攻めて行く。ザシアンの「きょじゅうざん」が半減のため対面しても恐れずにダイマックスを切って行ける。

飛行技の一貫性はかなり高いので相手を1~2匹削って後続に繋げる。

ムゲンダイナで「コスモパワー」

ダイマックス終了後のサンダーが生存していたら「バトンタッチ」でムゲンダイナに繋いで行き、「コスモパワー」を積んで行く。「バトンタッチ」のタイミングで大ダメージを負いそうな場合は、サンダーを倒させてムゲンダイナを体力満タンで出して同様に展開する。

メタモンで相手のアタッカーをコピー

サンダーで頭数を減らされた相手はムゲンダイナの突破ソースが限られるため、そのまま逃げ切りを狙える。ムゲンダイナが積み技や急所で倒されてしまっても、裏のメタモンで相手をコピーして全抜きを狙えば良いという二段構え。

構築の強い点と注意点

強い点

ムゲンダイナの詰め性能
相手のメタモンに強い伝説
基本選出のパワーが高い

ムゲンダイナの詰め性能

ムゲンダイナはアタッカー性能も高いが、下記の要素により耐久ポケモンとしてのスペックも高い点がポイントだ。

耐久ポケモンとしても強い理由

  • 高い素早さや特攻のお陰で「ちょうはつ」で機能停止になりづらい
  • 「どくどく」無効
  • 必中「どくどく」が使える
  • 伝説ポケモンの専用技はPPが少なく特性「プレッシャー」が活きやすい

さらに先制「コスモパワー」でランドロスやマンムーのようなタイプ一致弱点持ちですら対面から起点にしてしまえるため、サポートなしで活躍出来るのも強み。

相手のメタモンに強い伝説

ムゲンダイナ最大の特長はメタモンに強い伝説である点。このルールでは伝説が1匹しか使えないがメタモンで伝説をコピーすれば実質2匹使えるため、メタモンをうまく使うことが勝利のカギになることが多い。

その環境において、メタモンにコピーされても下記の通り全く痛くないというのは軸にする上で安心感がある。

コピーされても問題ない理由

  • 自身に有効打がない技構成とすることで「へんしん」されても倒されない
  • 特性「プレッシャー」がPP5のメタモンに刺さる
  • ダイマックス出来ないため「へんしん」後のメタモンにダイマックスの選択肢を与えない

基本選出のパワーが高い

ムゲンダイナがダイマックス抜きで強い伝説であり、メタモンで相手の伝説をコピー出来る場合も多いため選出した3匹のパワーを高く維持しやすいのが特長。

太い勝ち筋が複数あるため、どこかで失敗してもリカバリーが効く。

注意点

急所に注意
「ちょうはつ」に注意
メタモンの扱いに注意

急所に注意

「コスモパワー」で能力を上げて耐久戦をする場合に、最大の敵となるのが急所の存在。タイプ一致の弱点技が急所に当たると崩されるため、リスクが高い相手は迅速に処理するように注意。

過剰に恐れる必要はないが立ち回りに気をつける

このパーティにおいては勝ち筋がムゲンダイナのみではなく、急所で倒されてしまってもメタモンで切り返すことで第二の勝ち筋に移行出来るため、急所をそこまで恐れずに済むのが利点。

それでもムゲンダイナでなるべく相手を倒した方が良いため、悠長な立ち回りで事故率を上げないように気を付ける必要がある。

「ちょうはつ」に注意

ムゲンダイナは「ちょうはつ」を撃たれると行動が制限されてしまい本来の性能を発揮出来ない。一般枠ではカプ・コケコやオーロンゲ、伝説枠ではイベルタル等が持っている場合があるため、それらを見たらなるべく他のポケモンで倒してから展開したい。

メタモンの扱いに注意

こだわりスカーフを持っているため、ダイマックスを先に消費した後はどの技で固定すれば全抜きを狙えるか、どのポケモンに化ければ一貫性のある攻撃を撃てるかを考えて立ち回る必要がある。

また、相手のメタモンが先に変身している場合や「みがわり」を貼られた場合は、こちらの特性「かわりもの」が不発になるため注意して扱う。

採用ポケモンの解説・型

採用ポケモン一覧

ムゲンダイナ

ムゲンダイナ
特性プレッシャー
性格おくびょう (S↑/A↓)
持ち物くろいヘドロ
実数値247-*-144-166-116-168
努力値H252/B228/C4/D4/S20
技構成どくどく
かえんほうしゃ
コスモパワー
じこさいせい
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Bの調整意図

努力値調整意図
A222(+1)ザシアン(剣の王)の「きょじゅうざん」を通常時+B(+1)時でくろいヘドロ込み2発耐え
=初手で対面しても「コスモパワー」の起点に出来る
B(+2)時A222(+3)ザシアン(剣の王)の「きょじゅうざん」をくろいヘドロ込み2発耐え
=「コスモパワー」のターンに「つるぎのまい」ザシアン(剣の王)を出されても勝てる

Cの調整意図

努力値調整意図
「かえんほうしゃ」で168-136ザシアン確定2発

Dの調整意図

努力値調整意図
C222カイオーガの「れいとうビーム」を通常時+D(+1)時でくろいヘドロ込み2発耐え
=初手で対面しても「コスモパワー」の起点に出来る

Sの調整意図

努力値調整意図
S最速100族+1

耐久詰めエース

メタモンに強い勝ち筋となれる、耐久詰めによる全抜きを狙うエース。素早さが高いためサポートなしで展開出来たり、上から倒されそうになっても一度退いてから再度自身より遅い相手との対面を作ることで立て直せる点が素晴らしい。

必中「どくどく」使い

火力が高いポケモンではあるが、「じこさいせい」や「コスモパワー」で時間を稼ぐだけで相手を倒せる点を買って「どくどく」をメインに採用した。毒タイプのため必中で撃てるのも嬉しい。

「ねむる」のない積みポケモン全般に対しても崩し手段として有効。

「かえんほうしゃ」の採用理由

残りの攻撃技は毒を無効にする鋼タイプを意識した「かえんほうしゃ」とした。毒+ドラゴン技だとザシアンに何も出来なくなるため、炎技の採用が望ましい。

相手のドラゴンへの有効打に欠けるが、相手のメタモンにコピーされた時に自身に有効打を持たせないことでメタモンに強くなれるというメリットもある。

ムゲンダイナの覚える技と種族値

メタモン

メタモン
特性かわりもの
性格なまいき (D↑/S↓)
持ち物こだわりスカーフ
実数値155-**-69-**-110-47
努力値H252/B4/D252
技構成へんしん

ストッパー兼エース

ムゲンダイナを突破して来る「ジオコントロール」ゼルネアス等の積み技持ちに対するストッパー。相手の能力上昇を利用してそのまま全抜きを狙うエースとしても動かせるのが強み。

伝説戦では相手の伝説をコピー出来ればアドバンテージが大きく、自分だけ実質2匹の伝説を使えるようになる。

こだわりスカーフの採用理由

メタモンは基本的に変身した相手と同速になるため、非ダイマックス時に確実に先制するためにこだわりスカーフを持たせた。一度技を固定してしまってもダイマックス技であれば別の技を選べるため、以前の世代よりも使い勝手が向上している。

メタモンの覚える技と種族値

テッカグヤ

テッカグヤ
特性ビーストブースト
性格なまいき (D↑/S↓)
持ち物たべのこし
実数値204-121-124-127-168-72
努力値H252/B4/D252
技構成ヘビーボンバー
やどりぎのタネ
かえんほうしゃ
まもる

相性補完役

ムゲンダイナが苦手とする地面、エスパー、ゼルネアスに強めな受けポケモンとして採用。テッカグヤの苦手な炎や電気はムゲンダイナで受けられるため、「やどりぎのタネ」や「どくどく」で有利なサイクルを形成出来る。

ゼルネアス意識の構成

配分を特防特化、攻撃技を物理技にしているのはいずれもゼルネアスを意識したもの。メタモン以外にもゼルネアスに対抗出来るポケモンを採用し、隙を少なくする。

相手のダイマックス枯らしが得意

高耐久、耐性と「まもる」を駆使することで相手のダイマックスを枯らすのが得意。ムゲンダイナとのコンビで相手のダイマックスを凌いでから切り返す動きが強力。

テッカグヤの覚える技と種族値

サンダー

サンダー
特性せいでんき
性格おくびょう (S↑/A↓)
持ち物いのちのたま
実数値165-**-106-177-110-167
努力値B4/C252/S252
技構成ライジングボルト
ぼうふう
ねっぷう
バトンタッチ

初手ダイマックスエース

高い種族値から、伝説ありルールにおいても伝説に見劣りしないアタッカーとして採用。「きょじゅうざん」半減でザシアンに一方的に弱くないという条件も満たしており、積極的に選出しやすい。

飛行半減の「ダイジェット」使い

自身が飛行半減のため「ダイジェット」を撃たれにくく、撃たれてもダメージレースで有利。これによりダイマックス同士の殴り合いで上を取りやすく、行動回数を稼げる。

「バトンタッチ」の採用理由

「ダイウォール」の媒体となる他、死に際にムゲンダイナやテッカグヤに「ダイジェット」の素早さ上昇を渡すことでハメられる相手が増えるため採用。

サンダーの覚える技と種族値

キョダイエースバーン

エースバーン
特性リベロ
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物とつげきチョッキ
実数値155-184-95-**-96-171
努力値A252/D4/S252
技構成かえんボール
とびひざげり
とびはねる
アイアンヘッド

初手ダイマックスエース

サンダーが出せないバンギラス入りに対して代わりに出して行くダイマックスエース。広い攻撃範囲で崩しを行える上、サンダー同様「きょじゅうざん」半減によりザシアンに弱くないため選出しやすい。

とつげきチョッキの採用理由

いのちのたまをサンダーに渡しているため、ゼルネアスに対して強くなれるとつげきチョッキとした。対ゼルネアス以外にも特殊全般に対するタイマン性能を上げるのに役立つ。

アイアンヘッドの採用理由

主にゼルネアスを意識して採用。「ダイスチル」で先手で防御を上げる動きで物理との殴り合いを優位に進めることも可能になったり、非ダイマックス時の安定した攻撃技となる。

エースバーンの覚える技と種族値

ウオノラゴン

ウオノラゴン
特性がんじょうあご
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物こだわりハチマキ
実数値166-156-120-**-100-127
努力値H4/A252/S252
技構成エラがみ
ドラゴンダイブ
サイコファング
かみくだく

受け崩し要員

サンダーやエースバーンだけでは複数の高耐久受けポケモンの組合せを崩せない場合がある。ムゲンダイナの「どくどく」で崩せるなら良いが、バンギラスに「ねむる」があったりラッキーやハピナスの特性が「しぜんかいふく」だと崩しきれない。

そのため、低速な受けサイクルに対して単体で強烈に強く出られるウオノラゴンを採用。

高い非ダイマックス性能

崩し要員でありながらダイマックスを必要としないため選出に組み込みやすい。また、積み技を利用した崩しではないため相手のメタモンや「てんねん」ヌオー、ピクシーにも弱くない。

こだわりハチマキの採用理由

低速な受けサイクルを仮想敵にしているため、瞬間火力を重視してこだわりハチマキを採用。素早さをサンダーの「ダイジェット」+「バトンタッチ」で補えると更なる破壊力となる。

ウオノラゴンの覚える技と種族値

その他の構築記事はこちら

最新構築記事(即レンタル可)

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotomu)

公式大会専用の構築記事

GameWith杯の優勝構築記事

過去の構築記事はこちらポケモンソードシールド攻略トップに戻る

冠の雪原の攻略情報

冠の雪原のストーリー攻略チャート冠の雪原の攻略情報まとめ

鎧の孤島の攻略情報

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ソードシールドの違い解説!どっちを買う?
    ソードシールドの違い解説!どっちを買う?
    1
  2. アニポケのサトシパ解説と使い方 | コンセプト構築
    アニポケのサトシパ解説と使い方 | コンセプト構築
    2
  3. ダイマックスアドベンチャーの攻略と仕様解説
    ダイマックスアドベンチャーの攻略と仕様解説
    3
  4. ストーリー攻略チャート
    ストーリー攻略チャート
    4
  5. シングルバトルの使用率ランキング
    シングルバトルの使用率ランキング
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
ポケモン図鑑
ポケモンデータ
巣穴情報
冠の雪原関連
各ルートの攻略
攻略レポート
冠の雪原の新要素
伝説ポケモンの厳選
鎧の孤島の新要素
便利ツール
掲示板
ランクバトル関連記事
お役立ち記事
ポケモンホーム
ソードシールドの新要素
ストーリー・ジム・マップ攻略
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×