ポケモン剣盾
ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略
定数逃げ切り構築の解説と使い方

ポケモンソードシールド | ポケモン剣盾 定数逃げ切り構築の解説と使い方

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
定数逃げ切り構築の解説と使い方

ポケモン剣盾のシングルバトルですぐに使えるパーティ(構築)を紹介しています。構築のコンセプトや強い点・弱い点、採用ポケモンの解説も掲載しているので、ペンドラー主軸のパーティを探している方は参考にしてください。

目次

シングルバトルのパーティまとめはこちら

定数逃げ切り構築のコンセプト

※禁止ポケモン実装のため、この構築はレンタルすることができません。

パーティメンバー

定数ダメージ
拡大する

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotom)

チームID0000 0006 XPDF 65

構築のコンセプト

  • 定数ダメージ+「みがわり」連打の時間稼ぎで逃げ切り
  • 「どくどく」「どくびし」ペンドラーを採用
  • 毒無効の鋼に強い「キョダイゴクエン」リザードン
  • 時間稼ぎ性能、タイマン性能重視のポケモンで固める

定数ダメージ+「みがわり」連打の時間稼ぎで逃げ切り

タイプ相性に左右されず、相手に毎ターン一定の割合でダメージを与える「定数ダメージ」を軸にした戦術。定数ダメージ手段を設置した状態で「みがわり」連打で粘ることで、相手のHPを着実に削り勝利を目指す。

「どくどく」「どくびし」ペンドラーを採用

第一の定数ダメージ要員として、「どくどく」と「どくびし」で相手を毒状態にすることに特化したペンドラーを採用。「どくびし」のお陰で後ろから出てくる接地したポケモンに毒を入れられるため、幅広い相手に定数ダメージを入れられる。

毒無効の鋼に強い「キョダイゴクエン」リザードン

第二の定数ダメージ要員として、毒無効の鋼に強いリザードンを採用。「キョダイゴクエン」の定数ダメージは4ターン限定だが最大HPの1/6と大きく火力も高いため、相手を倒すエースアタッカーの役割も担える。

時間稼ぎ性能、タイマン性能重視のポケモンで固める

残りは「みがわり」を使い時間稼ぎが出来るポケモンを多く採用し、あらゆる盤面から定数ダメージを最大限に稼ぎつつ逃げ切りを狙う。

定数逃げ切り構築の使い方

選出率の高いポケモン

定数ダメージを主軸にした選出でランクバトルで一番多かった選出メンバー。もちろん、相手の構築に応じて順番や選出は柔軟に変えるべきだが、基本選出は上記のポケモンとなっている。

「どくどく」「どくびし」を撒く

基本はペンドラーを先発させ、対面した相手に「どくどく」を入れつつ後続に刺さる「どくびし」の設置を狙う。特性「かそく」ときあいのタスキで2回以上行動出来る相手が多いため、大半の場合はここまでの仕事を実行出来る。

リザードンで対面を突破しつつ「キョダイゴクエン」を設置

削れた相手を倒しつつリザードンを展開する。「ダイジェット」で倒しながら相手の高速ポケモンに備えるとリザードンの行動回数を稼ぎやすい。3ターンのうちどこかで「キョダイゴクエン」を撃つことを心掛ける。

タイマン性能の高いミミッキュで逃げ切り

「どくびし」と「キョダイゴクエン」を受けた相手をミミッキュの特性「ばけのかわ」+「みがわり」連打で削る。この動きで後発ダイマックスも枯らせる為、相手のダイマックスが切れた後にチイラの実で上がった攻撃で相手を削り切る。

構築の強い点と注意点

強い点

コンセプト上、プレイヤー負担が少ない
読みや運に左右されにくい安定した試合運び
相手のダイマックスを凌ぐ手段に長ける

コンセプト上、プレイヤー負担が少ない

選出パターンがほぼ固定されており、立ち回りも一度パターンに入れば機械的に決められるのでプレイヤーが悩まずに済む。連戦しても頭が疲れにくく、レートを稼ぐのに向いている。

運に左右されにくい安定した試合運び

先制「みがわり」は相手の攻撃が急所に当たったり、追加効果が発生する可能性を排除出来る。そのため、通常のパーティと比べて運負けも減らせる。

相手のダイマックスを凌ぐ手段に長ける

「みがわり」「まもる」を始めとした時間稼ぎ手段を豊富に用意しているため、いかなるタイミングから相手にダイマックスを切られても被害を最小限に抑えられる。ダイマックスをうまく凌げばダメージレースで優位に立てるため、現在のゲーム性にマッチした戦術と言える。

注意点

「どくびし」無効のポケモンに注意
接地している毒タイプに注意
特性「マジックガード」は要注意
特性「すりぬけ」や音技、連続技に注意

「どくびし」無効の飛行タイプ、特性「ふゆう」に注意

環境に多いトゲキッスやロトム、ギャラドスには「どくびし」でダメージレースで有利を取れない。そのため、浮いているポケモンが多い並びにはペンドラー選出を控え、それらに強いパッチラゴンを通すことを意識する。

接地している毒タイプに注意

接地している毒タイプ入りには設置した「どくびし」を回収されてしまうため、ペンドラーが有効に働かない。フシギバナやドヒドイデ入りにはペンドラーは出さず、リザードンやパッチラゴンの高火力でゴリ押して行くことになる。

特性「マジックガード」は要注意

数は少ないがランクルスやピクシー、フーディン等の特性「マジックガード」はこのパーティの天敵。全ての定数ダメージが無効なので純粋な力押しが求められる。リザードンやパッチラゴン、ミミッキュの火力で突破を狙いたい。

特性「すりぬけ」や音技、連続技に注意

ドラパルト等の特性「すりぬけ」やニンフィアの「ハイパーボイス」、パルシェンの「つららばり」等は「みがわり」を貫通でダメージを与えてくるため、時間を稼ぎにくい。これらのポケモンが見えた場合は耐久が高く時間稼ぎができるポリゴン2を選出する。

採用ポケモンの解説・型

採用ポケモン一覧

ペンドラー

ペンドラー
特性かそく
性格ようき (S↑/C↓)
持ち物きあいのタスキ
実数値167-120-121-**-89-168
努力値H252/B92/S164
技構成どくどく
どくびし
じしん
まもる
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
C172(+1)ポリゴン2の「Dれいとうビーム」+霰ダメ1回62.5%耐え

Bの調整意図

努力値調整意図
A182ウーラオスのこだわりハチマキ「すいりゅうれんだ」81.3%耐え
A200ウーラオスの「すいりゅうれんだ」+「アクアジェット」91.3%耐え
A189(+1)ドラパルトの「ドラゴンアロー」確定耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
S最速100族抜き

素早さは主に最速ウーラオスを抜くことを意識。

ウーラオスより速いメリット

ウーラオスより速い場合
初手先制「どくびし」から後攻「ちょうはつ」を受けても最低限「どくびし」を撒いてから「じしん」でウーラオスのきあいのタスキを削るところまで仕事が出来る
こだわりスカーフや「ダイジェット」ウーラオスに対しても特性「かそく」込みで2回以上行動出来るため「どくびし」+αまで完遂出来る

ウーラオスより遅いデメリット

ウーラオスより遅い場合
先制「ちょうはつ」を受けると「どくどく」「どくびし」が出せない
「まもる」で「ちょうはつ」を回避しようにも、攻撃技を選ばれていた場合は特性「ふかしのこぶし」で貫通されてしまうため1回しか行動出来ない

先発「どくびし」「どくどく」要員

目の前の相手を猛毒にする「どくどく」も併せて、裏が「みがわり」連打でダメージを稼げる状況を作り出す能力に長ける。特性「かそく」のお陰で2回以上行動出来る相手が多く、安定して仕事が出来る。

初手妨害を回避できる「まもる」を採用

初手のこだわりスカーフ「トリック」や上からの「ちょうはつ」を食らうと想定した展開が出来ず苦しくなるため、これらを解決出来る「まもる」を採用した。また「こらえる」も候補に挙がるが妨害対策を優先とした。

ペンドラーの覚える技&種族値はこちら

リザードン

リザードン
特性もうか
性格おくびょう (S↑/A↓)
持ち物いのちのたま
実数値153-**-98-161-106-167
努力値C252/D4/S252
技構成ブラストバーン
ぼうふう
ソーラービーム
みがわり
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
HP奇数(「ステルスロック」2発耐え)

Sの調整意図

努力値調整意図
「どくびし」無効のドリュウズを上から倒せるように最速

ダイマックスエース

「キョダイゴクエン」の定数ダメージがパーティ全体の時間稼ぎ手段との相性が抜群で、タイプ相性を無視した定数ダメージで削りを入れて行ける。また「どくびし」が無効の鋼タイプに滅法強いため補完の意味でも相性が良い。

「みがわり」の多岐に渡る用途の流れ

非ダイマックス時
時間稼ぎとして「どくどく」「どくびし」「やどりぎのタネ」と相性が良く、その他「あくび」や「でんじは」の状態異常対策になる。
ダイマックス時
「みがわり」は「ダイウォール」のタネになり、相手のダイマックス技に対しても安定してターンを稼げる。
ダイマックス終了時
・「キョダイゴクエン」で特性「がんじょう」やきあいのタスキを無力化
・HPを減らして特性「もうか」を発動+「ブラストバーン」も強力。
・相手のダイマックスターン稼ぎにも有効。
リザードンの覚える技&種族値はこちら

ミミッキュ

ミミッキュ
特性ばけのかわ
性格ようき (S↑/C↓)
持ち物チイラの実
実数値132-142-100-**-125-162
努力値H12/A244/S252
技構成じゃれつく
かげうち
ゴーストダイブ
みがわり
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
4n(「みがわり」3回でチイラの実発動)
HP8n+4(「ステルスロック」+「ばけのかわ」+「みがわり」3回耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
「どくびし」無効で特性「かたやぶり」が厄介なドリュウズを抜くため、最速

時間稼ぎのスペシャリスト

特性「ばけのかわ」で攻撃を耐えて「みがわり」を使えるため、相手が火力を上げても安定して展開出来る。相手のダイマックスターンを稼ぐのも得意。更に「ゴーストダイブ」を採用しているため、時間稼ぎ性能を上げている。

高いタイマン性能

先制技とチイラの実のお陰で高いタイマン性能も持ち合わせているため、ラスト1匹にしても腐ることが少ない。A(+1)「じゃれつく」or「ゴーストダイブ」+「かげうち」を叩き込めば、「どくびし」や「キョダイゴクエン」の削りと併せて多くの相手を倒せる。

ミミッキュの覚える技&種族値はこちら

エルフーン

エルフーン
特性いたずらごころ
性格ずぶとい (B↑/A↓)
持ち物たべのこし
実数値161-**-122-98-123-141
努力値H204/B44/C4/B33/D220/S36
技構成ムーンフォース
やどりぎのタネ
みがわり
まもる
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
HP16n+1

Bの調整意図

努力値調整意図
B<Dで「ダウンロード」対策
A187ドリュウズの「アイアンヘッド」14/16耐え
「みがわり」→たべのこし1回のHPからA189ドラパルトの「Dゴーストダイブ」13/16耐え

Dの調整意図

努力値調整意図
C200ジバコイルの「ボルトチェンジ」を「みがわり」が確定耐え
C152ドラパルトのいのちのたま「だいもんじ」確定耐え
「みがわり」→「たべのこし」1回のHPからC152ドラパルトのいのちのたま「かえんほうしゃ」確定耐え
C167ドラパルトの「Dかえんほうしゃ」確定耐え
C189トゲキッスの「エアスラッシュ」確定耐え
「ステルスロック」+C172トゲキッスの「エアスラッシュ」15/16耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
S準速88族+1

先制「みがわり」が貼れる時間稼ぎ要員

ほとんどのダイマックスに対して特性「いたずらごころ」による先制「みがわり」連打で被害を最小限に抑えられる。

「やどりぎのタネ」の汎用性

「やどりぎのタネ」は自身が一発でやられない盤面からのハメ性能を手に入れるだけでなく、ハメられない相手にも死に際に放つことで後続の「みがわり」連打に繋げられるのが強い。

パーティの苦手なWロトムに強い

「どくびし」無効でリザードンも苦手なWロトムに滅法強く、電気耐性により「ボルトチェンジ」で「やどりぎのタネ」+「みがわり」ループから抜け出す動きにも強い。

パーティの苦手なギャラドスに強い

パーティが苦手気味なギャラドスに対してもダイマックスを枯らせば有効打が「とびはねる」だけになるため、「みがわり」+「まもる」+「やどりぎのタネ」を絡めて逆に返り討ちに出来る。

エルフーンの覚える技&種族値はこちら

ポリゴン2

ポリゴン2
特性アナライズ
性格おだやか (D↑/A↓)
持ち物しんかのきせき
実数値191-**-132-126-133-86
努力値H244/B172/C4/D44/S44
技構成トライアタック
れいとうビーム
みがわり
じこさいせい
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
HP16n-1

Bの調整意図

努力値調整意図
B<Dで「ダウンロード」対策
A168エースバーンのいのちのたま「とびひざげり」15/16耐え
「みがわり」がA133カバルドンの「じしん」耐え

Dの調整意図

努力値調整意図
「みがわり」がC172ポリゴン2の「トライアタック」耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
S無振り65族+1
S麻痺した最速100族+3

時間稼ぎ性能が最も高い耐久要員

相手に毒が入っていれば「みがわり」「じこさいせい」で時間を稼ぐだけで勝てる上、タイマン性能と汎用性も高い。また「みがわり」戦術で警戒したい特性「すりぬけ」持ちのドラパルト等、音技持ちのニンフィア等、連続技持ちのパルシェン等にも弱くない。

「みがわり」による安定感

「みがわり」は状態異常や一撃必殺技対策になり、ポリゴン2の処理ルートを限定出来る。また交代から格闘タイプを出されたり、「トリック」持ちを出されても崩されなくなる。「みがわり」人形自体の耐久も高く、時間稼ぎ性能も上がる。

安定感のある特性「アナライズ」

特性は相手に左右されずに安定してダメージを稼ぐコンセプトを反映して「アナライズ」を採用。

ポリゴン2の覚える技&種族値はこちら

パッチラゴン

パッチラゴン
特性はりきり
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物じゃくてんほけん
実数値166-167-110-**-90-127
努力値H4/A252/S252
技構成でんげきくちばし
げきりん
つばめがえし
けたぐり
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Sの調整意図

努力値調整意図
S(+1)で最速エースバーン+2

「どくびし」無効な相手に強い裏エース

「どくびし」や「キョダイゴクエン」が効きにくい相手に選出する。有利対面からサイクルを崩す性能に長けるため、序盤に1~2匹倒してからタイマン性能の高い後続で勝ち切る。もしくは物理受けを定数ダメージで削ってから後発ダイマックスで全抜きを狙う。

パッチラゴンの覚える技&種族値はこちらポケモンソードシールド攻略トップに戻る

DLCの攻略情報

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 冠の雪原の新要素と新伝説ポケモンまとめ
    冠の雪原の新要素と新伝説ポケモンまとめ
    1
  2. 冠の雪原で追加されるポケモン一覧
    冠の雪原で追加されるポケモン一覧
    2
  3. ヨロイ島図鑑 | 図鑑コンプと解禁ポケモンについて
    ヨロイ島図鑑 | 図鑑コンプと解禁ポケモンについて
    3
  4. シングルバトルの使用率ランキング
    シングルバトルの使用率ランキング
    4
  5. ランクバトルのルール詳細とバトルスタジアム解説
    ランクバトルのルール詳細とバトルスタジアム解説
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
ポケモン図鑑
便利ツール
最新情報
DLC(エキスパンションパス)
鎧の孤島の新要素
冠の雪原の新要素
掲示板
ランクバトル関連記事
お役立ち記事
ポケモンホーム
ワイルドエリア
エリア別出現ポケモン
ポケモンデータ
ガラル地方の新ポケモン
技データ
ストーリー・ジム・マップ攻略
ソードシールドの新要素
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中