ポケモン剣盾
ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略
ブラックキュレム全抜き構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

ポケモンソードシールド ブラックキュレム全抜き構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
ブラックキュレム全抜き構築の解説と使い方 | 竜王戦構築

ポケモン剣盾のシングルバトル(竜王戦)で使えるパーティ(構築)を紹介しています。構築のコンセプトや強い点・弱い点、採用ポケモンの解説も掲載しているので、ブラックキュレム主軸のパーティを探している方は参考にしてください。

目次

ユウキさんのシングル構築まとめはこちら

ブラックキュレム全抜き構築のコンセプト

パーティメンバー

構築画像
拡大する

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotom)

今回は竜王戦の構築

今回の構築記事は竜王戦用の構築記事となっている。レンタルパーティで大会に参加することはできないが、パーティ構築の参考にして欲しい。

竜王戦2020予選の環境考察はこちら

構築のコンセプト

  • ブラックキュレムをエースにした全抜きパ
  • 起点作りのクレッフィ
  • 補完のメタモン

ブラックキュレムをエースにした全抜きパ

特性「テラボルテージ」により、相手の特性を無視出来るブラックキュレムを軸にしたパーティ。「りゅうのまい」で全抜きを狙う際、ミミッキュの「ばけのかわ」やピクシー、ヌオー等の「てんねん」で止まらないのが最大の強み。

起点作りのクレッフィ

ブラックキュレムが全抜きするために「まきびし」による削りと壁サポートを1匹で行えるクレッフィを採用。縦の相性も良く、ブラックキュレムの苦手なドラゴン、フェアリー、岩に耐性を持つためブラックキュレムの苦手ポケモンを遠ざけやすい。

補完のメタモン

クレッフィは「ちょうはつ」を持たないため相手の積み技を許してしまうが、メタモンを控えさせることでそれを逆利用して崩しや全抜きを狙える。ストッパーとしてだけでなく単純にタイマン性能も高いため、ブラックキュレムで暴れた後の最後のフィニッシャーとしても優秀。

同じポケモン同士のミラーではこだわりスカーフのお陰で先手を取れ、高い勝率が見込める。

ブラックキュレム全抜き構築の使い方

選出率の高いポケモン

ブラックキュレムを主軸にした選出で竜王戦ルールで一番多かった選出メンバー。もちろん、相手の構築に応じて順番や選出は柔軟に変えるべきだが、基本選出は上記のポケモンとなっている。

クレッフィで起点作り

まずはブラックキュレムの「りゅうのまい」を使いやすくするために「リフレクター」「ひかりのかべ」を貼る。ブラックキュレムの特性「テラボルテージ」により相手の特性「がんじょう」や「マルチスケイル」は対策不要。

ただし、きあいのタスキを削ったり足りない火力を底上げするために「まきびし」を採用。余裕があれば「まきびし」を複数回狙いたい。

ブラックキュレムで「りゅうのまい」

クレッフィを倒されるか「てっていこうせん」で自主退場後、ブラックキュレムを出して「りゅうのまい」を積んで行く。壁があればダメージを少なく抑えられ、比較的ローリスクで積める。

必要に応じてダイマックスを使用する

「りゅうのまい」を積んだあとは、必要に応じてダイマックスして攻めて全抜きを狙う。火力が非常に高い上にミミッキュやヌオーで止まらないため、一度「りゅうのまい」を決めればかなりの制圧力となる。

メタモンでフィニッシュ

ブラックキュレムだけで3タテ出来なくても2匹は倒せていることが多く、ラスト1体同士のタイマンになればメタモンで大体の相手に勝てる。また、先発クレッフィに対して相手が積み技を使ってくるなら、メタモンを出して能力上昇をコピーして相手の全抜きを阻止する。

うまく行けば能力が上がったメタモンがそのまま3タテすることもある。

構築の強い点と注意点

強い点

ブラックキュレムの制圧力
クレッフィのサポート性能の高さ
複数の全抜きエース

ブラックキュレムの制圧力

一度「りゅうのまい」を決めたブラックキュレムは高い火力、素早さ、特性「テラボルテージ」により制圧力が非常に高い。

クレッフィのサポート性能の高さ

特性「いたずらごころ」のお陰で相手を選ばず複数回の行動を狙いやすく、サポート性能が高い。裏のポケモン達が最大限に動きやすい場を作れる。

複数の全抜きエース

ブラックキュレム以外も積み技を採用しており、それぞれが全抜きを狙うことが出来る。片方で全抜き出来ずとも、もう片方でそこから全抜きを狙う積みリレーの形を取れる。

注意点

急所に注意
想定外の補助技に注意
メタモンに注意

急所に注意

壁を貼った状態で積み技を使う戦術は急所が弱点となる。なるべく被弾回数を最小限に抑えて立ち回るべき。

想定外の補助技に注意

起点を作って全抜きを狙う際に、警戒していないところから「ほえる」や「でんじは」等の起点回避技を撃たれると一気にペースを崩されてしまうので注意。怪しい相手には積まずに殴る等の立ち回りも選択肢。

メタモンに注意

積み技を使って全抜きを仕掛ける際に邪魔になるのがメタモンの存在。メタモンにコピーされてもこちらが全抜きされないように選出、立ち回りに気を付ける。

ブラックキュレムで「りゅうのまい」を使う場合は、「リフレクター」を貼っておくか裏にハッサム、エースバーンを控えさせる。

採用ポケモンの解説・型

採用ポケモン一覧

クレッフィ

クレッフィ
特性いたずらごころ
性格ずぶとい (B↑/A↓)
持ち物ひかりのねんど
実数値164-**-157-100-108-95
努力値H252/B252/D4
技構成リフレクター
ひかりのかべ
まきびし
てっていこうせん

先発サポート要員

「リフレクター」「ひかりのかべ」「まきびし」で裏のエースをサポートする役。特性「いたずらごころ」のお陰で仕事を遂行しやすい。

「まきびし」の強み

事前に「まきびし」を撒くことでブラックキュレムの縛り範囲が格段に増える。複数回撒ければ本来苦手とする相手も攻撃圏内に押し込めるようになり、壁ターンを交代連打で稼ぐ動きにも強くなれる。

「てっていこうせん」の採用理由

壁ターンを無駄にせずに自主退場して裏に繋ぐため採用。「みがわり」を壊せるのも重要。

クレッフィの覚える技&種族値はこちら

ブラックキュレム

ブラックキュレム
特性テラボルテージ
性格ようき (S↑/C↓)
持ち物いのちのたま
実数値201-222-120-**-110-161
努力値H4/A252/S252
技構成つららばり
クロスサンダー
シャドークロー
りゅうのまい

全抜きエース

「りゅうのまい」から一気に攻めて全抜きを狙う。特性「テラボルテージ」のお陰でミミッキュやピクシーで止まらない点が非常に強い。

「つららばり」の強み

連続技なので相手の「みがわり」に強い。クレッフィの「まきびし」が撒けなかった場合にきあいのタスキ対策になる点も優秀。

「げきりん」不採用の理由

メタモンにコピーされた場合に簡単に倒されないように「げきりん」は不採用。こちらのHPがしっかり残せていて「リフレクター」がある場合は、ダイマックスして殴り合いで勝ちに行く選択肢を取れる。

他にもエースバーンへの有効打をなくすことで、裏のエースバーンで対処する選択肢も取れる。

ブラックキュレムの覚える技&種族値はこちら

メタモン

メタモン
特性かわりもの
性格なまいき (D↑/S↓)
持ち物こだわりスカーフ
実数値155-**-69-**-110-47
努力値H252/B4/D252
技構成へんしん

ストッパー兼エース

クレッフィを起点に積み技を使ってくるポケモンに対するストッパー。相手の能力上昇を利用してそのまま全抜きを狙うエースとしても動かせるのが強み。

伝説戦では相手の伝説をコピー出来ればアドバンテージが大きく、自分だけ実質2匹の伝説を使えるようになる。

こだわりスカーフの採用理由

メタモンは基本的に変身した相手と同速になるため、非ダイマックス時に確実に先制するためにこだわりスカーフを持たせた。一度技を固定してしまってもダイマックス技であれば別の技を選べるため、以前の世代よりも使い勝手が向上している。

メタモンの特性&覚える技はこちら

キョダイエースバーン

エースバーン
特性リベロ
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物ラムのみ
実数値157-184-96-**-97-168
努力値H12/A252/B4/D12/S228
技構成かえんボール
とびひざげり
とびはねる
ビルドアップ
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Dの調整意図

努力値調整意図
B<Dで「ダウンロード」対策

Sの調整意図

努力値調整意図
S最速100族+1

対鋼用エース

ブラックキュレムが苦手とする鋼タイプ全般に強いエースとして採用。「キョダイカキュウ」でミミッキュやピクシーで止まらないようにするためキョダイマックス個体。

ラムの実+「ビルドアップ」型

壁と相性の良い積み技である「ビルドアップ」を採用し、クレッフィが隙を見せがちな「あくび」持ちを起点に崩して行けるラムの実を持たせた。

ブラックキュレムに強め

自身のブラックキュレムをメタモンでコピーされた場合も、ドラゴン技を敢えて採用していないためこちらのエースバーンに対する有効打がなく、ダイマックスから切り返して行ける。

エースバーンの覚える技と種族値はこちら

ハッサム

ハッサム
特性テクニシャン
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物オボンのみ
実数値177-200-120-**-101-85
努力値H252/A252/D4
技構成バレットパンチ
どろぼう
ダブルウィング
つるぎのまい

対ブラックキュレム要員

自身のブラックキュレムをメタモンにコピーされた場合に切り返す枠。「バレットパンチ」のお陰で相手がどんなに素早さを上げていても先制で弱点を突ける上、ブラックキュレムからハッサムに対して有効打がない。

対鋼用エース

ブラックキュレムが苦手とする鋼タイプの多くに強い。特に日食ネクロズマやメタグロスに対しては弱点を突かれずに「つるぎのまい」の起点に出来、「どろぼう」で打点を持てるため有利。

ハッサムの覚える技と種族値はこちら

ガラルファイヤー

ガラルファイヤー
特性ぎゃくじょう
性格おくびょう (S↑/A↓)
持ち物カゴのみ
実数値166-**-110-152-145-156
努力値H4/C252/S252
技構成もえあがるいかり
ぼうふう
わるだくみ
ねむる

特殊エース

パーティが物理アタッカーに偏っているため物理受けや「てっぺき」「ダイスチル」等が辛くなる。そこに強めに出られる特殊アタッカーとしてガラルファイヤーを採用。壁+「わるだくみ」+「ダイジェット」で全抜きを目指せる。

対日食ネクロズマ、メタグロス要員

ブラックキュレムが苦手とする日食ネクロズマやメタグロスに対して「ダイスチル」の影響のない特殊技で弱点を突けるため殴り合いで非常に有利。「ダイアース」無効で特殊耐久を強化させないのも偉い。

カゴの実+「ねむる」

壁+積み技で消耗したHPを全回復してからダイマックスを切る動きが強力。特性「ぎゃくじょう」を2回発動させる動きも狙える。また「あくび」持ち全般に強く出られる点も優秀。

ガラルファイヤーの覚える技と種族値はこちら

その他の構築記事はこちら

最新構築記事(即レンタル可)

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotomu)

公式大会専用の構築記事

GameWith杯の優勝構築記事

過去の構築記事はこちらポケモンソードシールド攻略トップに戻る

冠の雪原の攻略情報

冠の雪原のストーリー攻略チャート冠の雪原の攻略情報まとめ

鎧の孤島の攻略情報

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ソードシールドの違い解説!どっちを買う?
    ソードシールドの違い解説!どっちを買う?
    1
  2. シングルバトルの使用率ランキング
    シングルバトルの使用率ランキング
    2
  3. ガラル図鑑一覧!入手・進化方法&出現場所
    ガラル図鑑一覧!入手・進化方法&出現場所
    3
  4. 遺伝で個体値や特性を引き継ぐ方法 | 孵化厳選のやり方解説
    遺伝で個体値や特性を引き継ぐ方法 | 孵化厳選のやり方解説
    4
  5. クリア後(殿堂入り後)に出来ることまとめ
    クリア後(殿堂入り後)に出来ることまとめ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
ポケモン図鑑
ポケモンデータ
巣穴情報
冠の雪原関連
各ルートの攻略
攻略レポート
冠の雪原の新要素
伝説ポケモンの厳選
鎧の孤島の新要素
便利ツール
掲示板
ランクバトル関連記事
お役立ち記事
ポケモンホーム
ソードシールドの新要素
ストーリー・ジム・マップ攻略
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×