DbD
DbD(デッドバイデイライト)攻略wiki
トンネルとは?対策と意味
DbD攻略班

デッドバイデイライト トンネルとは?対策と意味

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
トンネルとは?対策と意味

DbD(デッドバイデイライト)のトンネルについての解説記事です。対策方法とやり方、トンネルのメリット/デメリット(意味)についても掲載。

目次

トンネルとは?

同じサバイバーを狙う戦法を指す

攻撃後

トンネルとは、一人のサバイバーを執拗に狙い、早々に吊り段階を進め処刑してしまう戦法のこと。確実に1人ずつ減らされていってしまうので、時間が経つにつれサバイバーが減らされ不利になっていく。

フック救出後に狙われやすい

離れる

フックから救出された直後は、負傷状態のため攻撃一回で瀕死になってしまう。キラーにとっては、即座に瀕死にさせてしまえばチェイスの時間を減らせるので、格好の獲物となる。

違反行為にはならない

公式フォーラムにて、通報対象にならない行為として挙げられている。特にマナー違反ではないことはキラー/サバイバーどちらをプレイする上でも覚えておこう。

トンネルの対策方法

発電機の修理を最優先に

発電機

キラーがトンネルしていると感じたら、狙われている人にチェイスに時間を稼いでもらおう。その間に発電機を2〜3個直せてしまえば一気に脱出が近づく。

▶発電機の修理方法を見る

与えられた猶予を編成する

名前/役割種別/効果
与えられた猶予の画像与えられた猶予【サバイバー】ビルの画像ビル(Lv35解放)
【効果】
生存者をフックから外すと、8/10/12秒間、我慢のステータス効果を得る。

与えられた猶予(ボロタイ)は、救助した味方に一定時間「我慢」を付与することができる。我慢状態のサバイバーは攻撃を1回だけ耐えることができるので、救助→即瀕死の悪循環を防げる

狙われている人の身代わりになる

トンネルされている人がいて自分が無傷の場合は、キラーと対象の人の間に割り込んで自らを犠牲に攻撃を身代わりしよう。キラーの注意をこちらに向けてしまうので、狙われるリスクはあるもののトンネル対象の味方を守ることが可能だ。

無理にする必要は無い

身代わりは自分が吊られるリスクを伴う行為。そこから自分がトンネルされて処刑され、ランクが下がってしまうリスクもある。発電機などを充分に直して評価を獲得した後に行おう。

トンネル対策パーク

名前/役割種別/効果
与えられた猶予の画像与えられた猶予ビルの画像ビル(Lv35)
・救助後1度攻撃を無効化できる
・トンネルされている人の救助時に有効
デッド・ハードの画像デッド・ハードデイビッドの画像デイビッド(Lv35)
・フックから救助された後は負傷状態なので発動条件を満たせる
・安全な場所までの逃走に使える
決死の一撃の画像決死の一撃ローリーの画像ローリー(Lv40)
・フック救助後、一定時間内に再び担がれることでキラーをスタンさせる
・スタンで逃げる時間も稼げる

キラー側のトンネルのやり方

チェイスが苦手な人を見つける

痕跡

トンネルをする時は、サバイバーの腕前を見極めることが重要。上手い人をずっと追いかけていると大きく時間をロスしてしまい、その間に発電機が直ってしまう。攻撃をしっかり当てられるサバイバーを見つけて狙いを定めよう

攻撃を当てて早々に吊るす

キャンプ

狙いを付けた人(以下ターゲット)を決めた後は、通常通りチェイスして瀕死まで持ち込もう。できるだけ時間をかけずに発電機を修理させないように急いで行うといい。

救助されたらターゲットを追いかける

ターゲットが救助されたら、すぐさま戻ってターゲットを追いかけよう。救助された直後は負傷状態なので、パークなどがなければ一撃で再び瀕死に持ち込める。

フックから離れないのもアリ

フックから離れすぎないことで、救助→即チェイスに持ち込める。与えられた猶予を持っていない場合、吊りまでの時間を大幅に短縮しサバイバーを減らしやすい。

▶キャンプの対策方法とやり方を見る

全滅まで一人狙いを繰り返す

一人を処刑してしまえば後は同じことの繰り返し。全滅までひたすら1人ずつ減らしていこう。人が減るに連れサバイバーの作業が遅れていくので、最終的に楽になる。

トンネルと相性のいいパーク

パーク名取得/ポイント
狡猾の画像狡猾【共通】
・停止している間、探知不可になる
・フック近辺に潜み救助者を狙える
バーベキュー&チリの画像バーベキュー&チリカニバルの画像カニバル(Lv35)
・フックに吊った際に遠くのサバイバーがわかる
・トンネル可否の判断材料に
呪術:破滅の画像呪術:破滅ハグの画像ハグ(Lv35)
・全ての発電機を遅延できる
・周回しにくいトンネルと相性◯
イタチが飛び出したの画像イタチが飛び出したクラウンの画像クラウン(Lv40)
・吊り後に蹴る発電機を即座に後退
・トンネル付近発電機の遅延に
堕落の介入の画像堕落の介入プレイグの画像プレイグ(Lv30)
・開始時に3台の発電機をブロック
・トンネル時の時間稼ぎになる
不協和音の画像不協和音リージョンの画像リージョン(Lv30)
・複数で修理している発電機が通知される
・トンネルを続けるかの判断材料に

トンネルのメリット/デメリット

メリット

1サバイバーの人数を確実に減らせる
2サバイバーを減らせるので後半戦いやすい

人数を減らしやすい

トンネルを徹底していると、サバイバーを1人ずつを減らしていけるので、その後の試合がかなり楽になる。ただし、救助されないとトンネルも完遂できないのでサバイバー次第とも言える。

後半戦で戦いやすい

マッチ開始〜中盤は、1人ずつを相手にするので他の3人に作業を進められてしまう。しかし、サバイバーを着実に減らしていけば後半サバイバーが少なくなってからの作業速度が激減する。パークなどを使い序盤に発電機修理を進ませないようにしておこう。

デメリット

1発電機の修理が進みやすくなる
2パークによる対策が取られやすい

発電機の修理が進みやすい

トンネルがサバイバー側にバレると、発電機を進める大きなチャンスを与えてしまう。修理意識が高いと感じたら、トンネルはやめて発電機周回へ向かおう。

パークによる対策が取られやすい

トンネルは、メジャーな戦法のためサバイバー側も対策パークを編成するのがポピュラーとなっている。与えられた猶予決死の一撃など非常に採用率が高いので、思ったようにトンネルが決まらないこともしばしば。

関連記事

キラーおすすめ記事

▶キラー初心者の立ち回りを見る

サバイバーおすすめ記事

▶サバイバー初心者の立ち回りを見る

お役立ち記事

(C)Behaviour / Starbreeze. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 呪術:不死の効果と見分け方・確認方法
    呪術:不死の効果と見分け方・確認方法
    1
  2. PIP(米粒)とは?稼ぎ方と獲得条件
    PIP(米粒)とは?稼ぎ方と獲得条件
    2
  3. アップデート・パッチノート最新情報
    アップデート・パッチノート最新情報
    3
  4. ダンス・ウィズ・ミーの効果と入手方法
    ダンス・ウィズ・ミーの効果と入手方法
    4
  5. 輝くコインの効果と入手方法
    輝くコインの効果と入手方法
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
攻略メニュー
DbD攻略TOP 最新アップデート情報まとめ 5.1.0パッチノート 今週の聖堂おすすめ セール情報まとめ 引き換えコードまとめ DLCのおすすめ パーク構成投稿掲示板 自己紹介カード作成メーカー
最新イベント
最新イベント情報
5周年イベント
バイオコラボ
ランキング
キラー
サバイバー
パーク構成
データベース
アーカイブ攻略
マップ
初心者・お役立ち
キラー向け
サバイバー向け
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×