ポケモン剣盾
ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略
ポットデスバトン構築の解説と使い方

ポケモンソードシールド | ポケモン剣盾 ポットデスバトン構築の解説と使い方

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
ポットデスバトン構築の解説と使い方

ポケモン剣盾のシングルバトルですぐに使えるパーティ(構築)を紹介しています。構築のコンセプトや強い点・弱い点、採用ポケモンの解説も掲載しているので、ポットデス主軸のパーティを探している方は参考にしてください。

目次

ユウキさん監修のシングル構築記事はこちら

ポットデスバトン構築のコンセプト

パーティメンバー

ポットデスバトン構築
拡大する

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotom)

チームID0000 0000 P68C 3P

構築のコンセプト

  • 壁サポートからのポットデス展開
  • 「バトンタッチ」で能力上昇を引き継いで全抜きを狙う
  • 「バトンタッチ」無しでも全抜き性能を持たせたアタッカー

壁サポートからのポットデス展開

オーロンゲの壁サポート+ポットデスの「からをやぶる」から全抜きを狙う。特性「ばけのかわ」ミミッキュや特性「すりぬけ」ドラパルトが使用禁止になったため、以前よりも壁からの全抜きを仕掛けるコンセプトを通しやすい。

「バトンタッチ」で能力上昇を引き継いで全抜きを狙う

ポットデス自身も高い攻撃性能を持つが、自身で全抜きが出来なくとも「バトンタッチ」で能力上昇を引き継げるのが最大の強み。バトン先によりポットデスの苦手な範囲をカバーし、自身かバトン先のどちらかで全抜きを目指せる。

「バトンタッチ」無しでも全抜き性能を持たせたアタッカー

バトン先のアタッカーは能力上昇を活かせるだけでなく、単体でも全抜きを狙える。これによりポットデスを出せない場合や「バトンタッチ」が難しい場合、急所や事故で「バトンタッチ」に失敗した場合も勝ち筋を残せる。

ポットデスバトン構築の使い方

選出率の高いポケモン

ポットデスを主軸にした選出でランクバトルで一番多かった選出メンバー。もちろん、相手の構築に応じて順番や選出は柔軟に変えるべきだが、基本選出は上記のポケモンとなっている。

オーロンゲで壁貼り

ポットデスで「からをやぶる」を安全に使うため「リフレクター」と「ひかりのかべ」を展開する。壁を貼ることで「バトンタッチ」をした際のダメージも軽減出来る。

補助技対策の「ちょうはつ」でサポート

「からをやぶる」のターンに「ほえる」「ふきとばし」「ほろびのうた」等の補助技を使わせないように、「ちょうはつ」を当てた状態でポットデスに繋ぐことを意識する。

ポットデスで「からをやぶる」

「からをやぶる」で能力を上げて、目の前の相手を攻撃して行く。倒し切れずに相手の攻撃で返り討ちに遭いそうな場合は後続に「バトンタッチ」をして能力上昇を繋いで行こう。

「バトンタッチ」ウーラオスで全抜き

能力上昇を引き継いだウーラオスで全抜きを狙う。「すいりゅうれんだ」が相手のきあいのタスキに強いため、ダイマックスせずに攻撃する選択肢があることも頭に入れておこう。

また、ダイマックスすれば更にメイン技の火力を上げながら攻撃出来るため、一気に全抜きを狙える。

構築の強い点と注意点

強い点

やりたいことが明確で使いやすい
コンボ成功後の爆発力がある
バトン先によって対応範囲を変えられる

やりたいことが明確で使いやすい

メインコンセプトが明確で選出パターンもほぼ固定となっているため、選出や立ち回りが複雑化しにくく誰にでも扱いやすいパーティ。連戦した際のプレイヤー負担も少なく、レートを上げるのに向く。

コンボ成功後の爆発力がある

「からをやぶる」は攻撃・特攻・素早さ2倍という破格な性能で、壁があれば耐久が2倍、ダイマックスも絡めればとてつもないステータスになる。コンボに成功すれば単純な殴り合いではまず負けないパワーが手に入る。

バトン先によって対応範囲を変えられる

ポットデスだけでは対応出来ない範囲も、バトン先でカバーが可能。また複数のバトン先候補によって対応範囲を増やしており、相手のパーティを見て臨機応変に対応して行ける。

注意点

特性「すりぬけ」に注意
「クリアスモッグ」に注意
きあいのタスキ、特性「がんじょう」に注意

特性「すりぬけ」に注意

壁展開が前提のため、壁を無視されると耐久力に不安が残る。特にシャンデラはポットデスの弱点を突いてくるので、「からをやぶる」を狙うのが難しくなる点に注意だ。ウーラオスやサザンドラ等の有利なポケモンで殴り勝ちたい。

「クリアスモッグ」に注意

「クリアスモッグ」は攻撃技なので「ちょうはつ」で止められない点に注意。サザンドラであれば「みがわり」で「クリアスモッグ」を耐えつつ起点にできるため、モロバレルやトリトドンがいたらサザンドラを選出して行きたい。

きあいのタスキ、特性「がんじょう」に注意

きあいのタスキや特性「がんじょう」には注意する。攻撃を耐えられて切り返されることが予想出来る場合は、早めにウーラオスに「バトンタッチ」して「すいりゅうれんだ」、またはマタドガスで特性「がんじょう」を無視して倒すことを意識する。

採用ポケモンの解説・型

採用ポケモン一覧

オーロンゲ

オーロンゲ
特性いたずらごころ
性格わんぱく (B↑/C↓)
持ち物ひかりのねんど
実数値201-141-121-**-102-82
努力値H244/A4/B196/D52/S12
技構成ちょうはつ
ソウルクラッシュ
リフレクター
ひかりのかべ
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Bの調整意図

努力値調整意図
A200ハッサムのこだわりハチマキ「バレットパンチ」確定耐え

Dの調整意図

努力値調整意図
C177サザンドラの「Dラスターカノン」15/16耐え
C194サザンドラのこだわりメガネ「ラスターカノン」15/16耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
S4振り60族+1

特性により安定して仕事が可能なサポート役

「ちょうはつ」で「ほえる」「ふきとばし」「ほろびのうた」等を封じ、安全にポットデスで展開出来る。運用時は後続に壁ターンを多く回すことを意識し、余裕がある時は「ちょうはつ」や「ソウルクラッシュ」から入って倒される間際に壁を貼る。

ポットデスの苦手な悪タイプに強い

「ソウルクラッシュ」でポットデスが苦手とする悪タイプとの殴り合いを制するか一度退かせることで、裏のポットデスを展開しやすくなる。

オーロンゲの覚える技&種族値はこちら

ポットデス

ポットデス
特性のろわれボディ
性格おくびょう (S↑/A↓)
持ち物しろいハーブ
実数値145-**-112-155-135-128
努力値H76/B212/C4/D4/S212
技構成シャドーボール
アシストパワー
からをやぶる
バトンタッチ
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Bの調整意図

努力値調整意図
A182連撃ウーラオスの「すいりゅうれんだ」+「アクアジェット」@リフレクター99.8%耐え
A152パッチラゴンの「はりきり」いのちのたま先制「でんげきくちばし」@リフレクター75%耐え

れんげきウーラオス意識の物理耐久振り

「すいりゅうれんだ」の確定急所で「リフレクター」を無視して来るウーラオス(れんげきの型)に対しても展開出来るように物理耐久を重視した配分とした。

壁込みでほとんどの相手に展開可能

ここまで物理耐久を上げるとアローラガラガラの「シャドーボーン」も「リフレクター」込みでほぼ耐えられるようになる。そのため、大半の弱点技持ちに対して壁込みで無理やり展開出来る。

Sの調整意図

努力値調整意図
S準速パッチラゴン(S127)+1
S(+2)でS(+1)の最速100族+6

パーティの主軸となるアタッカー兼バトン役

火力無振りの配分となった結果攻撃性能が若干低いが、後続に「バトンタッチ」をすることで火力不足は解決出来る。特性「のろわれボディ」が地味に強く、運次第ではあるが「バトンタッチ」を安全に使える盤面を生み出せる。

ポットデスの覚える技&種族値はこちら

ウーラオス(れんげきの型)

ウーラオス(れんげきの型)
特性ふかしのこぶし
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物ラムの実
実数値175-200-120-**-81-149
努力値A252/D4/S252
技構成インファイト
すいりゅうれんだ
かみなりパンチ
れいとうパンチ

バトンエース

メインウェポンに連続技「すいりゅうれんだ」を持ち、相手のきあいのタスキや特性「がんじょう」、「みがわり」等に対して強く出られるのが非常に優秀。火力が高い上に攻撃範囲も広く、バトンが決まればまず止まらない。

ダイマックス適正が高い

ダイマックス適正も高く、メインウェポン2種がダイマックス技で更に自身の火力を上げて行けるため単体でも全抜きを狙いやすい。

特性による時間稼ぎ封じ

特性「ふかしのこぶし」のお陰で「まもる」等による時間稼ぎもさせないで済むのが壁パーティと相性が良い。

機能停止対策のラムの実を採用

持ち物は不意の追加効果や「あくび」で機能停止しないためのラムのみが安定。

ウーラオスの覚える技&種族値はこちら

ガラルマタドガス

ガラルマタドガス
特性かがくへんかガス
性格ひかえめ(C↑/A↓)
持ち物たつじんのおび
実数値151-**-141-150-91-101
努力値H84/B4/C252/D4/S164
技構成ヘドロウェーブ
ワンダースチーム
かえんほうしゃ
10まんボルト
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Sの調整意図

努力値調整意図
S(+2)で最速130族+2

特性による全抜き障害の突破

特性「かがくへんかガス」により全抜きの障害となる特性「がんじょう」や特性「てんねん」を無視出来るのが最大の強み。

特性による被ダメージ軽減

攻撃時に相手の特性を無視する特性「かたやぶり」とは異なり相手の特性そのものを発動させないため、マリルリやパッチラゴンの火力を削いで被ダメージを抑えながら「バトンタッチ」を受けられたり、「すいすい」等を発動させずに上から殴れる等の利点もある。

「どくどく」無効

「どくどく」無効でフェアリー半減なのでピクシーやヌオー、ナマコブシにローリスクで繰り出せる。

「からをやぶる」+「バトンタッチ」の相性が非常に良い

攻撃範囲は広いが火力と素早さが中途半端という元の性能と「からをやぶる」+「バトンタッチ」の相性が非常に良く、コンボが決まれば全抜きを狙える。

バトンタッチなしでも自力で火力を上げられる

「ダイアシッド」で火力を上げつつ相手を倒しに行ける点が優秀で、ポットデスがいなくても自力で火力を上げられる。

「ダイフェアリー」による「あくび」対策

タイプ一致「ダイフェアリー」を使えるため、汎用性のある「あくび」対策枠になれる。特にウーラオスでは対応しにくい「あくび」ニンフィアに強いのが優秀。

ガラルマタドガスの覚える技&種族値はこちら

ドラピオン

ドラピオン
特性スナイパー
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物ピントレンズ
実数値165-156-130-**-95-128
努力値H156/A252/S100
技構成クロスポイズン
つじぎり
つるぎのまい
こうそくいどう
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Sの調整意図

努力値調整意図
S準速パッチラゴン(S127)+1
S(+2)でS(+1)の最速100族+6

オーロンゲ対策の積みエース

ポットデスを展開する上で、以下の理由により相手のオーロンゲが最大の障害であることが分かる。

理由
こちらのオーロンゲの「ちょうはつ」は悪タイプにより無効化される
ポットデスは相手の「ちょうはつ」で「からをやぶる」も「バトンタッチ」も封じられてしまう上に攻撃も通らない

これにより専用の対策枠としてドラピオンを採用した。

ドラピオンの採用理由

理由
悪タイプで相手のオーロンゲの補助技を全て無視して「つるぎのまい」や「こうそくいどう」を積んで全抜きを狙える
フェアリーが弱点ではない
「クロスポイズン」「つじぎり」+ピントレンズで50%で急所を狙う戦術が相手の壁オーロンゲに滅法強い

ややピンポイントではあるがオーロンゲ入りには非常に有利に展開出来る。さらにダイマックス抜きで強い型なので、穴埋めとして選出にも組み込みやすい。

特性による高火力

特性「スナイパー」で急所時の威力が2.25倍になるため、攻撃の数値以上の火力が出る。

ドラピオンの覚える技&種族値はこちら

サザンドラ

サザンドラ
特性ふゆう
性格いじっぱり (A↑/C↓)
持ち物いのちのたま
実数値168-172-110-**-110-150
努力値H4/A252/S252
技構成ドラゴンダイブ
かみなりのキバ
みがわり
りゅうのまい
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Hの調整意図

努力値調整意図
「みがわり」がC129「クリアスモッグ」確定耐え

Aの調整意図

努力値調整意図
A(+1)「Dかみなりのキバ」で207-101マリルリ確定
A(+1)「Dかみなりのキバ」で308-98リザードン確定

「クリアスモッグ」を持ち対策の積みエース

「ちょうはつ」で止められない起点回避技の「クリアスモッグ」を持つモロバレルやトリトドン対策の積みエース。モロバレル、トリトドンの主要な技全てに「みがわり」を残せるため起点にできる。

アシレーヌやマリルリ対策の「りゅうのまい」+「かみなりのキバ」

「りゅうのまい」は素早さを上げられるため、こだわりスカーフパッチラゴンでも止まらないのが優秀。サザンドラは特殊型が一般的だが、現環境に限りアシレーヌとマリルリを崩せる物理型にも採用価値がある。

「すりぬけ」シャンデラに対して非常に強い

壁パーティが苦手とする「すりぬけ」シャンデラに対して非常に強いのも採用理由の1つだ。

パーティのタイプバランスを向上

これまでの5匹に一貫する地面技を無効化し、電気技にも耐性があるためパーティのタイプバランスを向上させてくれる。

サザンドラの覚える技&種族値はこちらポケモンソードシールド攻略トップに戻る

DLCの攻略情報

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 冠の雪原の新要素と新伝説ポケモンまとめ
    冠の雪原の新要素と新伝説ポケモンまとめ
    1
  2. ヨロイ島図鑑 | 図鑑コンプと解禁ポケモンについて
    ヨロイ島図鑑 | 図鑑コンプと解禁ポケモンについて
    2
  3. 冠の雪原で追加されるポケモン一覧
    冠の雪原で追加されるポケモン一覧
    3
  4. ランクバトルのルール詳細とバトルスタジアム解説
    ランクバトルのルール詳細とバトルスタジアム解説
    4
  5. 旅パのおすすめポケモン|序盤から組めるパーティ
    旅パのおすすめポケモン|序盤から組めるパーティ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
ポケモン図鑑
便利ツール
最新情報
DLC(エキスパンションパス)
鎧の孤島の新要素
冠の雪原の新要素
掲示板
ランクバトル関連記事
お役立ち記事
ポケモンホーム
ワイルドエリア
エリア別出現ポケモン
ポケモンデータ
ガラル地方の新ポケモン
技データ
ストーリー・ジム・マップ攻略
ソードシールドの新要素
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中