ポケモン剣盾
ポケモンソードシールド(剣盾)攻略
バンギラスの育成論と対策!
バンギラスの育成論と対策!

ポケモンソードシールド | ポケモン剣盾 バンギラスの育成論と対策!

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
ポケモン剣盾攻略からのお知らせ
ガラル地方の全ポケモンの入手方法&出現場所まとめはこちら!
おすすめの関連記事

ポケモンソードシールド(剣盾)のバンギラスのおすすめの育成論を紹介しています。育成論や対策、努力値振り、おすすめのわざ、持ち物などを紹介しているので、バンギラスを育成する際の参考にしてください。

目次

関連記事

じゃくてんほけん型の育成論

弱保バンギ

性格/特性/努力値/持ち物

性格いじっぱり
こうげき↑/とくこう↓
特性すなおこし
登場したとき天気をすなあらしにする。
努力値H252/A252/B4orD4
持ち物じゃくてんほけん

技構成

育成論と使い方

耐久調整は自由度が高い

火力でねじ伏せるならHAに全振りとなるが、Aの分をBDに回すのもおすすめ。例えばBに20振れば、いじっぱりドリュウズの地震を確定耐えできるようになる。仮想敵を決めて、自由にカスタマイズしてみよう。

強引に耐えて反撃する

バンギラスは弱点が多いが、それを補えるだけの耐久種族値を持つ。極端な不利対面以外は居座り、あえて抜群技を受けて弱点保険を発動させよう。ダイマックスさせれば、大抵の攻撃を耐えた上で全抜きも狙える。

引き際はしっかり考えよう

いくら耐久力があるとはいえ、攻撃特化のインファイトなどは耐えられない。また弱点保険発動後でも、物理受け相手は分が悪い。Sが低いこともあり苦手な相手にはとことん弱いので、引き際は考えよう。

こだわりハチマキ型の育成論

性格/特性/努力値/持ち物

性格いじっぱり
こうげき↑/とくこう↓
特性すなおこし
登場したとき天気をすなあらしにする。
努力値A252/S252/H4
持ち物こだわりハチマキ

技構成

育成論と使い方

素の耐久力と火力で圧をかける

バンギラスは無振りでも高い耐久力を持つ。特にすなあらし化における特殊耐久は圧巻なので、守りが薄くなりがちなハチマキと相性抜群。有利対面で相手にかかる圧力は相当なもので、交代読みの行動が取りやすい。

バンギラスのワンマンプレーは厳禁

有利対面では圧倒的だが、物理受けや格闘技が天敵。不利なポケモンと対面すると、交代を強要されやすい。すなあらしの影響できあいのタスキが無駄になることも加味して、選出の際は後続への負担を考えること。

とつげきチョッキ型の育成論

性格/特性/努力値/持ち物

性格いじっぱり
こうげき↑/とくこう↓
特性すなおこし
登場したとき天気をすなあらしにする。
努力値H252/A252/B4
持ち物とつげきチョッキ

技構成

育成論と使い方

HA振りのB調整がおすすめ

チョッキを使うのであれば、耐久力と火力の底上げのためHAに振り、場合によってはBを調整しよう。Dはチョッキとすなあらしにより恐るべき耐久となるため、努力値振りは過剰強化と言える。

特殊アタッカーとの対面を意識

チョッキとすなあらし下のバンギラスのDは、特化眼鏡ルカリオのきあいだまを確定耐えするほど。特殊アタッカーには無類の強さを発揮するので、積極的に対面させて交代を強要しよう。

火力は決定打に欠ける

性格と努力値の補正があるとはいえ、他の型より火力は劣る。目の前の相手を倒しにかかるよりは、対面を避けた相手の交代先への攻撃を意識すると良い。そのため、Sを下げられるがんせきふうじの採用優先度は高め。

特殊型の育成論

性格/特性/努力値/持ち物

性格ひかえめ
とくこう↑/こうげき↓
特性すなおこし
登場したとき天気をすなあらしにする。
努力値H252/C252/H4
持ち物こだわりメガネ
じゃくてんほけん
とつげきチョッキ

技構成

育成論と使い方

HC振りが基本

特殊型として運用するなら、努力値はHCへ多めに振ろう。メガネなら4倍弱点を突けば無振りでも確定1発を取れるので、2倍弱点の相手を仮想敵に定めると良い。

意表を突いて物理受けを崩す

特殊型の最大の利点は、本来バンギラスが苦手な物理受けを倒せるところ。露骨な後出しをすると読まれるが、対面で悟られる可能性は低い。いかに相手へ想定外のダメージを与えられるかが重要だ。

純粋な火力はかなり落ちる

攻撃と比べた際の特攻の低さや一致技の威力不足から、物理型のような突破力はない。素直な殴り合いでは分が悪いので、明確な処理対象を決めて運用しよう。

バンギラスの対策

対策おすすめポケモン

ポケモン解説
ルカリオのアイコンルカリオ【メリット】
・HBでもインファイトで確定1発
【デメリット】
・ダイマックス時は確定で倒せない
ギルガルドのアイコンギルガルド【メリット】
・HBでもインファイトで確定1発
【デメリット】
・ダイマックス時は確定2発必要
ガラルサニーゴのアイコンガラルサニーゴ【メリット】
・ちからをすいとるで無力化できる
【デメリット】
・C特化の特殊型には倒される
アーマーガアのアイコンアーマーガア【メリット】
・ボディプレスで致命傷を与えられる
・てっぺきとはねやすめで要塞化
・ミラーアーマーにより、かみくだくのBダウンを返せる
【デメリット】
・C特化の特殊型には倒される
ヨクバリスのアイコンヨクバリス【メリット】
・ボディプレスで致命傷を与えられる
・ほおばるでリュガのみを食べれば、防御を3段階上昇&回復できる
【デメリット】
・ハチマキ型だと、ほおばる前にストーンエッジで倒される

対バンギラスの立ち回り/注意点

格闘技で攻める

バンギラスは格闘技が4倍弱点。いくら耐久力が高いとは言え致命傷となる。ただしダイマックス時は耐えられる可能性が高く、弱点保険なら反撃で倒されるので注意。

物理受けにも弱い

バンギラスは物理型が多いため、物理受けに弱い。特におにびやねっとうによるやけどを狙えば、ほぼ機能停止するのでおすすめだ。

先手を取られる可能性は低い

バンギラスは素早さが低いため、スカーフでもなければ先手を取られる心配がない。回復技も持っていないので連戦に弱く、消耗させれば後続で倒しやすい。

ポケモンソードシールド攻略トップに戻る

攻略データベース

対戦環境解説記事

その他のお役立ち記事

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ポケモン図鑑(ガラル図鑑)一覧!入手・進化方法&出現場所
    ポケモン図鑑(ガラル図鑑)一覧!入手・進化方法&出現場所
    1
  2. ストーリー攻略チャート
    ストーリー攻略チャート
    2
  3. ドラパルトの育成論と対策
    ドラパルトの育成論と対策
    3
  4. クリア後(殿堂入り後)に出来ることまとめ
    クリア後(殿堂入り後)に出来ることまとめ
    4
  5. ワイルドエリアの出現ポケモンと巣穴の仕組み | 今日の天候
    ワイルドエリアの出現ポケモンと巣穴の仕組み | 今日の天候
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
予約情報
攻略おすすめ記事
ポケモン・キャラデータ
ガラル地方の新ポケモン
技関連一覧
ストーリー・ジム・マップ攻略
各ジム攻略記事
各トーナメント戦攻略記事
マップ攻略
ソードシールドの新要素
ワイルドエリア
育成論
ゲームシステム解説
バトル関連
レイドバトル関連
アイテム集め
育成関連
外部連動
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中