ポケモン剣盾
ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略
太鼓リザ全抜き構築の解説と使い方

ポケモンソードシールド 太鼓リザ全抜き構築の解説と使い方

最終更新 : ポケモン剣盾攻略班
太鼓リザ全抜き構築の解説と使い方

ポケモン剣盾のシングルバトルですぐに使えるパーティ(構築)を紹介しています。構築のコンセプトや強い点・弱い点、採用ポケモンの解説も掲載しているので、リザードン主軸のパーティを探している方は参考にしてください。

目次

ユウキさん監修のシングル構築記事はこちら

太鼓リザ全抜き構築のコンセプト

※この構築はレンタルすることができません。

パーティメンバー

太鼓リザ全抜き構築
拡大する

構築の監修:ユウキさん(@yuki_rotom)

チームID0000 0001 3X2T G3

構築のコンセプト

  • 「はらだいこ」リザードンで全抜きを狙う
  • 「あくび」を軸とした起点作り
  • リザードンが出せない場合も別エースで全抜きを狙う

「はらだいこ」リザードンで全抜きを狙う

高いダイマックス適正でエースになれるリザードンであるが、特殊受けで簡単に止まってしまう。そこで、「はらだいこ」を採用した物理アタッカーとすることで相手のサイクルを崩せると考え、軸として構築をスタートした。

「あくび」を軸とした起点作り

リザードンの「はらだいこ」を素で狙うのは難しいため、起点作り役が必須である。「眠り状態の相手と対面させる」のが最も安全に1ターンを生み出せるので、「あくび」+対面操作技持ちで起点を作り「はらだいこ」を積む。

リザードンが出せない場合も別エースで全抜きを狙う

リザードンでの全抜きが厳しいのは以下のパターンである。

リザードンの全抜きが厳しいパターン
エアームドで防げない「ステルスロック」持ち
「アクセルロック」を持つルガルガン
高防御の岩タイプのドサイドン等がいる

それらの相手の多くにはインテレオンやワルビアルが刺さるので、同様の展開をしつつ最後のエースを別のポケモンにすることで対応出来る。

太鼓リザ全抜き構築の使い方

選出率の高いポケモン

リザードンを主軸にした選出でランクバトルで一番多かった選出メンバー。もちろん、相手の構築に応じて順番や選出は柔軟に変えるべきだが、基本選出は上記のポケモンとなっている。

エアームドで「ステルスロック」

特性「がんじょう」を盾に「ステルスロック」を撒く。カムラのみや「がんせきふうじ」で2回行動を狙えるため、余裕があれば後続のトリトドンの「あくび」に安全に繋ぐために「ちょうはつ」を入れる。

トリトドンで起点作り

「あくび」で起点作り。催眠対策のない相手はトリトドンを倒すために誰かを眠らせるしかない。トリトドンを2発で倒せない対面には「うずしお」→「あくび」→「おきみやげ」で確実に眠った相手とリザードンの対面を作れる。

リザードンで「はらだいこ」から全抜き

寝ているor攻撃・特攻が2段階下がった相手の目の前にリザードンを無償降臨。「はらだいこ」からダイマックスして一気に全抜きを狙う。「ダイジェット」を積むことでこだわりスカーフ持ちに切り返されない。

構築の強い点と注意点

強い点

リザードンの「はらだいこ」が読まれない
トリトドンの起点作り性能
サブエースのインテレオンも強い

リザードンの「はらだいこ」が読まれない

リザードンの物理技及び「はらだいこ」は以下の点について優れる。

優れている点
採用率は非常に低く、まず警戒されないため相手の裏を掻けるのが強み。
特殊型だと思って出て来た特殊受けを返り討ちにすることで相手の選出を崩すことが出来る。
攻撃4倍とタイプ一致「ダイジェット」で全抜き性能が非常に高く、こだわりスカーフ持ち相手にも切り返されにくいのが強い。

トリトドンの起点作り性能

「あくび」+「おきみやげ」を両立可能なトリトドンの起点作り性能が高い。これにより、眠りか火力半減を押し付けた相手にエースを繰り出せる。「うずしお」により相手を逃さず展開することも可能で、幅広く仕事が出来る。

サブエースのインテレオンも強い

リザードンの補完として採用したサブエースのインテレオンも以下の理由により、非常に高い全抜き性能を持つ。

理由
「きあいだめ」+ピントレンズで確定急所となるため相手の能力上昇に強い。
特性「スナイパー」により急所時の威力が2.25倍となるため火力も充分。
「きあいだめ」は特性「てんねん」で無効化されないのが最大の強み。

注意点

起点に出来ない相手に注意
ラムのみ、カゴのみ、ダイフェアリーに注意
「みがわり」に注意

起点に出来ない相手に注意

以下の場合は「おきみやげ」を安易に撃つとリザードンが「はらだいこ」を使う隙を作れないため注意。

起点に出来ない相手
「おきみやげ」を撃ったターンにパッチラゴン、アシレーヌ、ウーラオス等の高火力でリザードンの弱点を突いてくる相手を出される場合
「おきみやげ」を撃ったターンに「キノコのほうし」「あくび」「でんじは」「くろいきり」等を持つ相手を出される場合

これらの相手がいる場合は以下の展開が有効である。

有効な展開
「あくび」連打で対面を調整して起点回避要素を持つ可能性が低い相手に対して「おきみやげ」を当ててリザードンを展開したい。
トリトドンを2発で倒せない相手に「うずしお」を当てて相手の交代を阻止してから「あくび」→「おきみやげ」と選択することで、確実に1ターン寝ている相手にリザードンを繰り出す展開も有効。

ラムのみ、カゴのみ、ダイフェアリーに注意

「あくび」で眠らせて展開を狙う上で、これらの手段で無効化して来ると展開が失敗するので注意。「ダイサンダー」はトリトドンには無効なため上記3つを意識すれば良い。

ダイフェアリー持ちへの立ち回り

「あくび」を入れたピクシーやアシレーヌ、マリルリ等に先制で「おきみやげ」を撃てると相手の「ダイフェアリー」が不発+眠らせられる。決まれば相手のダイマックスが無駄になる上に無償で「はらだいこ」を積める。

「みがわり」に注意

トリトドンの技構成は「みがわり」に隙がある。相手に先手で貼られると「あくび」も「おきみやげ」も無効な上に壊すのも時間がかかるため裏にかかる負担が大きい。以下の方法で対処しよう。

「みがわり」の可能性がある相手の対処方法
先にエアームドで「ちょうはつ」する。
「がんせきふうじ」で素早さを下げてトリトドンが上を取れるようにしてから展開するようにする。
ニンフィアの「ハイパーボイス」で対処する。

採用ポケモンの解説・型

採用ポケモン一覧

エアームド

エアームド
特性がんじょう
性格ようき (S↑/C↓)
持ち物カムラのみ
実数値141-132-160-**-90-134
努力値H4/A252/S252
技構成ステルスロック
ブレイブバード
がんせきふうじ
ちょうはつ

先発「ステルスロック」要員

特性「がんじょう」により安定して仕事が出来る上、後続にきあいのタスキを採用出来るのが最大の利点。

相手の起点にならない

「がんせきふうじ」「ちょうはつ」で相手の起点にならずに展開して行ける。

トリトドンとのタイプ相性が良い

草タイプに強く、電気タイプや炎タイプを誘うためトリトドンとの相性が良い。

持ち物の採用理由

持ち物はこだわりスカーフ持ち相手に2回行動が狙いやすく、「キョダイゴクエン」に強めになるオボンのみも候補だが、リザードンに持たせたいため不採用。行動回数の増加につながりやすいアイテムとして、カムラのみを採用。

エアームドの覚える技&種族値はこちら

トリトドン

トリトドン
特性よびみず
性格おくびょう(S↑/A↓)
持ち物きあいのタスキ
実数値205-**-101-113-103-100
努力値H148/B100/C4/D4/S252
技構成あくび
おきみやげ
うずしお
まもる

「あくび」「おきみやげ」による起点作り要員

この2つを両方覚えるのは現環境ではトリトドン系統のみで、エースが積み技を使う盤面を作る能力が非常に高い。

タイプ相性の補完にも優れる

タイプ相性の補完にも優れ、エアームド、リザードンの弱点の全てを半減以下に出来る。トリトドンの唯一の弱点の草にはエアームドとリザードンが強く、うまく草タイプを誘い込めばリザードンの格好の起点に出来る。

ダイサンダーを無効化できる

電気無効で「あくび」を「ダイサンダー」で無効化する動きを封じられる点が優秀。

特性が対水タイプで優秀

特性「よびみず」による水無効も強く、ウーラオスの「すいりゅうれんだ」を完全にストップ出来る。

「うずしお」の採用理由

「あくび」で交代を繰り返す相手に対して、任意のポケモンをキャッチして後続の起点にするため「うずしお」を採用。

「まもる」の採用理由

「とんぼがえり」や「だいばくはつ」で「あくび」ループを抜け出そうとする動きに刺さる「まもる」を採用。

トリトドンの覚える技&種族値はこちら

リザードン(キョダイマックス)

リザードン(キョダイマックス)
特性もうか
性格ようき (S↑/C↓)
持ち物オボンのみ
実数値154-136-98-**-105-167
努力値H4/A252/S252
技構成フレアドライブ
ダブルウイング
げきりん
はらだいこ

構築の軸となる全抜きエース

物理型は特殊型と比べて素の数値が低めなので、なるべく「はらだいこ」を使えるように周りで全力でサポートする。一度成功すれば環境に存在するリザードンストッパーのほとんどを突破出来るため非常に強力。

キョダイマックス個体の採用理由

キョダイマックス個体で採用することで更に受けにくさを増し、「ステルスロック」を撒けなかった場合でも「ダイウォール」で相手のきあいのタスキ等に対応出来る他、「こらえる」によるダイマックスターン稼ぎにも強くなる。

「ダブルウィング」の採用理由

飛行技は相手の「みがわり」やきあいのタスキに強くなる「ダブルウィング」を採用。

リザードンの覚える技&種族値はこちら

ニンフィア

ニンフィア
特性フェアリースキン
性格おだやか(D↑/A↓)
持ち物たべのこし
実数値201-**-86-131-166-112
努力値H244/B4/C4/D4/S252
技構成ハイパーボイス
あくび
みがわり
バトンタッチ
努力値調整意図はこちら

DM・・・ダイマックス状態

D技名・・・ダイマックス技の元の技

(+数字)・・・対象ステータス上昇

(−数字)・・・対象ステータス下降

Dの調整意図

努力値調整意図
C113モロバレルの「クリアスモッグ」を「みがわり」が確定耐え
C74ドヒドイデの「ねっとう」を「みがわり」が255/256で2発耐え
C100(+1)ハピナスの「トライアタック」を「みがわり」が確定耐え
C172ロトムの「ボルトチェンジ」を「みがわり」が確定耐え

Sの調整意図

努力値調整意図
S準速ハピナス+5
S(-1)最速100族+1

「あくび」「みがわり」「バトンタッチ」による起点作り要員

トリトドンが苦手な「みがわり」持ちに対して隙を見せにくい他、攻撃性能もある。起点作りに特化したトリトドンよりも自身の対面性能が高いため、低火力な受けサイクルやオーロンゲ入り等にはこちらを優先して出す。

後続の物理アタッカーの全員と相性が良い

「あくび」を当てた相手の交代を読んで「みがわり」を残せれば、「バトンタッチ」で後続のエースが積む隙を作れる。特殊受けを誘うため、後続の物理アタッカーの全員と相性が良い。

「みがわり」の有用性

「みがわり」はモロバレルの「キノコのほうし」をシャットアウトしつつ「クリアスモッグ」を耐えるため、トリトドンでは起点にしにくいモロバレル入りにもある程度展開が安定する。

パッチラゴンの動きを制限できる

ドラゴン無効のフェアリータイプにより、相手のパッチラゴンの動きをある程度制限出来るのも重要な役割。

ニンフィアの覚える技&種族値はこちら

インテレオン(キョダイマックス)

インテレオン(キョダイマックス)
特性スナイパー
性格むじゃき (S↑/D↓)
持ち物ピントレンズ
実数値145-137-85-146-76-189
努力値A252/C4/S252
技構成アクアブレイク
エアスラッシュ
れいとうビーム
きあいだめ

サブエース

リザードンを通せないルガルガン、ドサイドン等の岩タイプや特性「てんねん」対策。「きあいだめ」による急所率上昇は特性「てんねん」で無効化されないため、「てんねん」で止まらない積みエースとして扱える。

「きあいだめ」の有用性

「きあいだめ」後は全ての攻撃が確定急所となり、特性「スナイパー」で急所時の威力が2.25倍となることも含めて高い突破力で全抜きを狙える。戦術の性質上、壁や積み技に滅法強く出られるのも利点。

キョダイマックス個体の採用理由

キョダイマックス個体で採用することで特性「がんじょう」や「よびみず」「ちょすい」等を無視して攻めて行ける。

メインウェポンの採用理由

メインウェポンを物理技にしているのはラッキー、ハピナス入りの受けサイクル意識。リザードンで崩せない特性「てんねん」ピクシーやヌオーとの組合せも、物理技ベースの「キョダイソゲキ」でまとめて倒せる。

インテレオンの覚える技&種族値はこちら

ワルビアル

ワルビアル
特性じしんかじょう
性格いじっぱり(A↑/C↓)
持ち物こだわりスカーフ
実数値171-185-100-**-90-144
努力値H4/A252/S252
技構成じしん
DDラリアット
インファイト
ビルドアップ

対スカーフパッチラゴン性能

特性「いかく」と電気無効により、リザードンとインテレオンが苦手なこだわりスカーフパッチラゴンの選出及び立ち回りに制限を掛けられる。実際には「いかく」ではなく「じしんかじょう」で採用することで全抜きを狙う。

対オーロンゲ性能

リザードン、インテレオンが苦手なオーロンゲの「でんじは」やこうこうのしっぽ「トリック」はワルビアルには無効である。

対「マジックミラー」性能

「ステルスロック」「あくび」展開の邪魔になる特性「マジックミラー」のエスパータイプの大半に強い。

対「ステルスロック」「アクセルロック」性能

岩半減のお陰で、リザードンが苦手とする「ステルスロック」や「アクセルロック」持ちに強い。

持ち物の採用理由

全抜きを狙うには素早さが半端なのでこだわりスカーフで補っている。

「ビルドアップ」の採用理由

技固定解除のためにダイマックスさせた後、再度こだわりスカーフの素早さ上昇を得るために「ダイウォール」を撃ちたい場面があるため、補助技の中で一番リターンの大きい「ビルドアップ」を採用。

ワルビアルの覚える技&種族値はこちらポケモンソードシールド攻略トップに戻る

冠の雪原の攻略情報

冠の雪原のストーリー攻略チャート冠の雪原の攻略情報まとめ

鎧の孤島の攻略情報

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶ポケットモンスターソード・シールド公式サイト

攻略記事ランキング
  1. レジエレキとレジドラゴはどっちがおすすめ?
    レジエレキとレジドラゴはどっちがおすすめ?
    1
  2. シングルバトルの使用率ランキング
    シングルバトルの使用率ランキング
    2
  3. 素早さ実数値早見表
    素早さ実数値早見表
    3
  4. バドレックスの馬はどっちにするべき?
    バドレックスの馬はどっちにするべき?
    4
  5. 全ポケモン種族値ランキング
    全ポケモン種族値ランキング
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
ポケモンソードシールド攻略
ポケモン図鑑
ポケモンデータ
巣穴情報
冠の雪原関連
各ルートの攻略
攻略レポート
冠の雪原の新要素
伝説ポケモンの厳選
鎧の孤島の新要素
便利ツール
掲示板
ランクバトル関連記事
お役立ち記事
ポケモンホーム
ソードシールドの新要素
ストーリー・ジム・マップ攻略
英語版SWSH攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×