黒猫のウィズ
魔法使いと黒猫のウィズ攻略サイト
魔道杯最強は誰?注目精霊TOP10をランキング形式で紹介!
【黒猫のウィズ】魔道杯最強は誰?注目精霊TOP10をランキング形式で紹介!

【黒猫のウィズ】魔道杯最強は誰?注目精霊TOP10をランキング形式で紹介!

最終更新 : 黒猫のウィズ攻略班
黒猫のウィズ攻略からのお知らせ
今やるべきことを紹介!イベントチェッカーはこちら!
おすすめの関連記事

最強は誰だ!?魔道杯・トーナメントで活躍が見込める精霊をランキング形式で掲載しています。注目の新精霊に関しての考察も掲載中。今後も新精霊が追加され次第更新します!

【7/4更新】活躍期待度ランキング

ランキングの推移履歴はこちら
7/4更新
アカリを2位へ移行
6〜10位の精霊を1位ずつアップ
タイシを4位に追加
ファルサ&タイシを8位に追加
複属性のパネル爆破大魔術を10位に追加

▼選定基準・更新頻度について

注目の新精霊22

ガチャ登場中の精霊は活躍の期待大!

イベント覇級は、開催中のガチャ精霊に合った構成なことが多い。そのため、基礎スペックでやや劣っていたり汎用性で劣る特化型の性能でも、魔道杯中に排出される精霊は活躍する可能性が高いぞ!

次回の魔道杯日程7/26 〜 7/29

魔道杯中の開催ガチャの注目精霊

タイシ(RELOADED1)は第4位、ファルサ&タイシは第8位にランクインしているため、ここでは紹介していません。

レグルは活躍する!?

刺さる構成が考えづらい

魔道杯の傾向として、単体に超高火力のSSが必要な場面はあまりない。開幕L・ディスチャージ無効・高火力SSという魔道杯向きの性能を持つが、かなり活躍の場が狭い印象を受ける。

ただ、アドヴェリ込みで400万ダメージを叩き出せる点は魅力。仮にボスが1体で、純粋に火力が求められる構成になるなら、フィニッシャーとして活躍が見込める

属性特効ASが活躍しづらい状況

2019年のイベトナメ覇級は、今の所6回中3回が光闇属性メインの構成。光闇の構成だと特効ASが役立てず、蓄積値を効率よく稼げない点が厳しい。

ピリアは活躍する!?

代用は効く構成になりそう

ピリアがないと5Tを出せない構成はいくらでも思いつくが(例えば2戦目でHP100万で先制盗む&次ターン逃走)、さすがにそこまで攻略の幅を狭くしないはず。

「左右が鉄壁で中が挑発」なんて構成はありそうだが、EXASや蓄積などの攻撃SSでも突破できるだろう。

SSは足りない手持ちを補ってくれる

全体弱体化は瑠璃揚羽込みでダメージ1.7倍。蓄積・印でなく純属性大魔術のルリアゲハでもワンパン可能になるなど、最後のひと押しになる可能性は高い。

3属性揃うタイミングで使えるかも?

新ガチャ精霊の法則として、1ガチャ毎に同じスキル構成の精霊の属性違いが登場するケースがある。このペースだと7月後半のガチャにて、火属性のルリアゲハ型の精霊が登場するかもしれない。

その場合7月の魔道杯までにルリアゲハ型の精霊が3属性分揃う。必殺大魔道杯in八百夜町の2戦目のような特殊な構成が登場し、ピンポイントでEXASが活躍できる可能性がある

第1位22

カノンが堂々の1位!蓄積・印に加え、冥王眼の存在が大きく、2位以下とは圧倒的な性能差があると判断した。

期待ダメージ値157万1407
期待ダメージ値について

※対有利属性へのSSダメージ値を記載。
※攻撃力は400マナ想定、かつ純属性精霊なら+3200、複属性なら+2800した際の数値。
アドヴェリタスを装備させ、乱数は1.0。チェインは0。
※精霊が複数体いる場合は、その中で一番攻撃力が高い精霊を参照。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
6連撃以上
デッキ・パネル・解答時間で効果値が変動しない
SS部門
開幕Lモード(10覚醒)
4問以内にLモード(9覚醒)
全属性に火力が出せる
最大効果値7000以上
SSエフェクトが6秒以内
スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
冥王眼(チェイン+5)
ダメージアップ&HPダウン
SPスキル封印無効

活躍実績

開催日時魔道杯名
2019/6必殺大魔道杯in八百夜町

今後のトナメ期待度

蓄積・印+冥王眼で環境を支配

最前線の攻撃SSの1つである蓄積・印を持ち、さらに替えがきかない冥王眼が強烈で、雷属性の環境はこの精霊なしでは語れない

特に冥王眼の存在が大きく、今後の5チェイン以上のASやチェイン条件系のEXASはカノンの有無・枚数により、運用難易度が大きく変わると言える。

基本どこでも採用できる

雷属性の攻撃が止められなければ、道中抜け兼フィニッシャーとして活躍が見込める。蓄積・印以上の火力を出し、かつ初回発動が早い精霊は少なく、今後も活躍が期待できるアタッカーだ

若干の不安要素も…

スペックは申し分ないが、冥王眼は連鎖狂化・チェイン条件怒りには弱い。また属性反転も苦手であり、かなり限定的ではあるが一部の構成ではカノンが向いていない可能性がある。

第2位22

蓄積・印が2位!初ターンから発動できる全体攻撃SSを持ち、しかも開幕から発動できる点が強烈だ。アカリは今まで順位を分けていたが、ファルサ&タイシの登場により順位を揃えた。

期待ダメージ値(純属性)213万6283
期待ダメージ値(複属性)157万1407
期待ダメージ値について

※対有利属性へのSSダメージ値を記載。
※攻撃力は400マナ想定、かつ純属性精霊なら+3200、複属性なら+2800した際の数値。
アドヴェリタスを装備させ、乱数は1.0。チェインは0。
※精霊が複数体いる場合は、その中で一番攻撃力が高い精霊を参照。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
6連撃以上(複属性精霊)
デッキ・パネル・解答時間で効果値が変動しない
SS部門
開幕Lモード
全属性に火力が出せる
最大効果値7000以上
SSエフェクトが6秒以内
スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン
SPスキル封印無効

活躍実績

今後のトナメ期待度

基本どこでも採用できる

火水雷属性の攻撃が止められなければ、道中抜け兼フィニッシャーとして活躍が見込める。蓄積・印以上の火力を出し、かつ初回発動が早い精霊は少なく、今後も活躍が期待できるアタッカーだ

サポート精霊の追加が追い風に?

直近のガチャで全体への弱体化大魔術やチェイン犠牲強化が登場した。蓄積・印と相性がよいサポート精霊が追加されたため、より蓄積印が活躍できるかもしれない。

第3位22

複色の蓄積・破が3位!スキル構成が噛み合っており、フィニッシャーだけでなくスキル反射起動にも使える点が優秀だ。

期待ダメージ値150万8412
期待ダメージ値について

※対有利属性へのSSダメージ値を記載。
※攻撃力は400マナ想定、かつ純属性精霊なら+3200、複属性なら+2800した際の数値。
アドヴェリタスを装備させ、乱数は1.0。チェインは0。
※精霊が複数体いる場合は、その中で一番攻撃力が高い精霊を参照。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
SS部門
開幕Lモード
全属性に火力が出せる
最大効果値7000以上
SSエフェクトが6秒以内
非スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン
スキルディスチャージ無効
SPスキル封印無効

活躍実績

開催日時魔道杯名
2019/2聖シャバニック女学院
2019/5新時代★大魔道杯

今後のトナメ期待度

オーバーダメージを稼げるなら

オーバーダメージ管理は必要だが、瞬発力が高い蓄積・破は今後も活躍が期待できる。火水雷属性の攻撃が止められなければ、道中抜け兼フィニッシャーとして役立てる。

スキル反射を活かす構成で

ボス戦でスキル反射を起動させ、反動攻撃や毒を活かす立ち回りが有効な場面があった。今後もスキル反射起動が必要な場面では、有力候補として採用が見込める。

スキルディスチャージ対策に

厄介なスキルディスチャージを潜在能力で無効化でき、その分他の精霊に救世の結晶を装備できる。スキルディスチャージ無効を持つアタッカーは貴重であり、攻略の幅を広げてくれる存在と言える。

第4位22

タイシとクィントゥスが4位!高火力の反動大魔術・蝕に加え、道中攻略で役立つEXASを持ち、通常・EXASどちらも優秀な点が魅力だ。

期待ダメージ値(SS1)124万8195
期待ダメージ値(SS2)177万4753
期待ダメージ値について

※対有利属性へのSSダメージ値を記載。
※攻撃力は400マナ想定、かつ純属性精霊なら+3200、複属性なら+2800した際の数値。
アドヴェリタスを装備させ、乱数は1.0。チェインは0。
※精霊が複数体いる場合は、その中で一番攻撃力が高い精霊を参照。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
SS部門
全属性に火力が出せる
最大効果値5000以上
SSエフェクトが10秒以内
スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン

活躍実績

なし

今後のトナメ期待度

道中攻略の最有力候補

火力に関してはウィジェッタ以上のポテンシャルを持つ。主属性以外の攻撃手段や、連撃が求められる構成以外であれば、道中用アタッカーとして最前線を張れる存在と言える。

フィニッシャーとしても優秀

エフェクトにはやや時間がかかるが、SSはデッキ属性縛りや蓄積ゲージ稼ぎなど必要なく、120万ダメージ以上が見込める。道中用アタッカーだけでなく、フィニッシャーをこなせる点も魅力の1つだ

第5位22

アリエッタが5位!1問正解で突入できるEXASが強力で、道中攻略が大幅に楽になる点が魅力だ。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
デッキ・パネル・解答時間で効果値が変動しない
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン

活躍実績

開催日時魔道杯名
2019/5新時代★大魔道杯

今後のトナメ期待度

EXASの殲滅力が高い!

EXASの性能が高く、今後も道中攻略アタッカーの第一候補として活躍が見込める。上位互換のEXASが登場しない限り、この地位は揺るがないだろう。

ガード・ダメブロ対策

直近での登場は少ないが、100%ガードやダメージブロック対策にEXASが有効。2戦目以降で登場するのであれば、高確率で活躍できると見ている。

第6位22

ウィジェッタが6位!1問正解で突入できるEXASが強力で、道中攻略が大幅に楽になる点が魅力だ。アリエッタとは潜在能力・ASの分差をつけた。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる

活躍実績

今後のトナメ期待度

EXASの殲滅力が高い!

EXASの性能が高く、今後も道中攻略アタッカーとして第一線での活躍が見込める。今後もウィジェッタのEXASで突破できる構成は多く、この地位は揺るがないだろう。

ガード・ダメブロ対策としても優秀

クィントゥスとの違いといえば、100%ガードやダメージブロックを突破できる点だ。火力は劣るものの、敵スキル対策をこなせる点は魅力だ。

第7位22

ファルクが7位!フィニッシャーだけでなくスキル反射起動にも使えるSSが優秀だ。ただし属性特効ASの分、光闇属性に対応できないためこの順位となった。

期待ダメージ値204万891
期待ダメージ値について

※対有利属性へのSSダメージ値を記載。
※攻撃力は400マナ想定、かつ純属性精霊なら+3200、複属性なら+2800した際の数値。
アドヴェリタスを装備させ、乱数は1.0。チェインは0。
※精霊が複数体いる場合は、その中で一番攻撃力が高い精霊を参照。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
SS部門
開幕Lモード
全属性に火力が出せる
最大効果値7000以上
SSエフェクトが6秒以内
非スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン
スキルディスチャージ無効
SPスキル封印無効

活躍実績

今後のトナメ期待度

オーバーダメージを稼げるなら

オーバーダメージ管理は必要だが、瞬発力が高い蓄積・破は今後も活躍が期待できる。火属性の攻撃が止められなければ、道中抜け兼フィニッシャーとして役立てる。

敵が光闇属性の構成だとASが厳しい

光闇属性の敵がメインの構成だとASの属性特効が活きず、オーバーダメージが稼ぎづらくなる。そのため、全属性に火力が出せるASを持つ複属性の蓄積・破と順位の差をつけた。

スキル反射を活かす構成で

ボス戦でスキル反射を起動させ、反動攻撃や毒を活かす立ち回りが有効な場面があった。今後もスキル反射起動が必要な場面では、有力候補として採用が見込める。

アヤツグとイスカは…

水と雷には同じスキル構成を持つアヤツグイスカがいる。同スキルの中でも、ファルクだけが魔道杯で活躍している状況があり、今回はファルクだけランクインすることになった。

第8位22

ファルサ&タイシとアステラが8位!チェイン犠牲強化を持つ点に加え、起動が早い全体化のEXASを持つためランクインした。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
SS部門
SSエフェクトが6秒以内
潜在能力部門
スキルディスチャージ無効(Lモード時)
SPスキル封印無効(Lモード時)
チェインブースト

活躍実績

なし

今後のトナメ期待度

道中の1T抜けに大きく貢献

チェイン犠牲強化はダメージ強化系SSの中でも最高峰の性能。2問正解し、SS2を使う立ち回りも強力だ。また蓄積・印のゲージ稼ぎ役としても優秀で、エフェクトが2.7秒と短い点も魅力。

HP20%以下時のポテンシャルも高い

SS2かつHP20%以下なら効果値1400となり、既にひねもすメアレス珈琲級で猛威を振っている。HP調整さえ出来てしまえば、SS2+カウンターなどで一気に仕留める立ち回りも狙える。

3・4戦目抜けにEXASが有効

SSだけでなくEXASも優秀。最大効果値3000の全体攻撃を行うことができ、1T抜けがかなり楽になる。純粋な火力が必要な道中では、活躍が見込める。

第9位22

チェイン犠牲強化が9位!最高峰のダメージ強化系SSを持ち、道中攻略が大幅に楽になるためランクインした。

魔道杯チェックリスト

SS部門
SSエフェクトが6秒以内
潜在能力部門
スキルディスチャージ無効(Lモード時)
SPスキル封印無効(Lモード時)
チェインブースト

活躍実績

今後のトナメ期待度

道中の1T抜けに大きく貢献

チェイン犠牲強化はダメージ強化系SSの中でも最高峰の性能。3問正解し、SS2を使う立ち回りも強力だ。また蓄積・印のゲージ稼ぎ役としても優秀で、エフェクトが2.7秒と短い点も魅力。

EXASが増えると厳しいかも…

道中抜け要員としては、クィントゥスアリエッタのようなEXASが台頭している。EXASにはチェイン犠牲強化を付与できないため、今後採用率が下がるかもしれない。

第10位22

複属性のパネル爆破大魔術が10位!SS1からの全体攻撃ASの殲滅力の高さや、SS2がフィニッシャーとしてのポテンシャルがあるためランクインした。

魔道杯チェックリスト

AS部門
1ターン目から火力が出せる
全属性に火力が出せる
デッキ・パネル・解答時間で効果値が変動しない
SS部門
全属性に火力が出せる
スキル反射無視SS
対象が全体
潜在能力部門
ダメージアップ&HPダウン
SPスキル封印無効
複属性1000アップ
心眼
難易度ダウン
アンサーリセット

活躍実績

開催日時魔道杯名
2019/36周年大魔道杯

今後のトナメ期待度

道中攻略の有力候補

クィントゥス(EX)ほどの火力は出せないが、SS1からの全体攻撃ASにより1戦目から高火力が出せる。特に5体構成での1T抜けに大きく貢献できる。

条件次第でフィニッシャーもこなせる

SS2をボス戦で使うにはスキルチャージが必要で、3色パネルも用意しないと火力が足りない。自前で両方用意するとスキル枠が厳しいため、6周年大魔道杯のようなパネルリザーブをされる構成なら、フィニッシャーとして役立てる。

選定基準・更新頻度について22

イベトナメクリアへの貢献度を重視

獲得ポイントが一番高いため、イベントトーナメント覇級での活躍期待度を重視している。現状通常トナメは考慮しないが、獲得ポイント次第で変わる可能性はある。

最速クリアを重視

5Tクリアよりも4T+SS、3T+SSといったように、より高速クリアに貢献できる精霊はランキング上位になる。またSSのエフェクト時間についても重視している。

SSの発動にかかる時間を検証

新精霊が登場する度に更新予定!

新ガチャ精霊の登場や、進化解放の度にランキングを調整予定だ。魔道杯の環境を大きく変える精霊が登場すれば、ランキングが大幅に変動する可能性がある。

© COLOPL, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶魔法使いと黒猫のウィズ公式サイト

攻略記事ランキング
  1. とあるコラボレイド「とある学園の共闘戦線」覇級攻略
    とあるコラボレイド「とある学園の共闘戦線」覇級攻略
    1
  2. とあるコラボ攻略&報酬まとめ
    とあるコラボ攻略&報酬まとめ
    2
  3. とあるコラボガチャ登場精霊まとめ
    とあるコラボガチャ登場精霊まとめ
    3
  4. 最新!リセマラランキング!
    最新!リセマラランキング!
    4
  5. とあるコラボハード6-3攻略&デッキ構成
    とあるコラボハード6-3攻略&デッキ構成
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
黒ウィズ速報/最新情報
最新情報
ガチャ/LtoL
開催中のガチャ
既存進化/LtoL
各種精霊/潜在結晶一覧
イベント/魔道士の家
とあるコラボレイド
とあるコラボ
クロム・マグナシリーズ復刻
幻魔特区RELOADED3
イベント一覧
常設イベント
特殊クエストタワー〈睡眠化〉
特殊クエストタワー〈鈍化〉
ALTERNA
リセマラ/チェッカー/ツール
リセマラ
所持率チェッカー/ツール
通常エリア/協力プレイ
通常エリア
協力プレイ(レイド)
トーナメント/魔道杯
トーナメント専用交換所
初心者向け情報/解説記事
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中