戦国炎舞
戦国炎舞攻略サイト
合戦の立ち回りのコツ(後衛編)
【戦国炎舞】合戦の立ち回りのコツ(後衛編)【戦国炎舞-KIZNA-】

【戦国炎舞】合戦の立ち回りのコツ(後衛編)【戦国炎舞-KIZNA-】

最終更新 : 戦国炎舞攻略班
戦国炎舞攻略からのお知らせ
週末は攻城戦!立ち回りをおさらいしよう
おすすめの関連記事

戦国炎舞 -KIZNA-の合戦での立ち回り方(後衛編)を掲載しています。どの奥義中に何をすればいいかなど、時系列順で紹介中!

目次

前衛の立ち回り方はこちら

序盤の立ち回り

序盤の基本方針

味方の能力に大きく影響する応援コンボ数は、相手とのコンボ数の差が大きいほど有利な状況になりやすいので、できるだけ序盤で多くのコンボ数を稼ぎたい。また、合戦開始直後は味方が退却しづらくなるように、最大HPを一斉に上げておこう。

合戦開幕時は味方の最大HPを強化

開幕時は桜花絢爛で最大HPを強化

合戦開幕時は最大HPが上がると退却しづらくなるので「桜花絢爛」で味方の最大HPを底上げしたい。また、終盤で使用するHP調整で威力の上がるスキルにも影響するのでおすすめ。

おすすめスキル
桜花絢爛
生存している味方の最大HPが上昇するスキル。退却させられることを考慮して「鶴之舞」と併せて使いたい。

前衛には宵闇でマウントをとってもらう

開幕時は味方全員に「桜花絢爛」の効果を付与したい。味方の生存状態の維持を狙って、前衛には「宵闇」でマウントを取ってもらおう。

おすすめスキル
宵闇
対象の退却時発動補助スキルを無効化する。「影武者」などを無効化できるのでマウントを取りやすい。

鶴之舞と併せて効果的に当てたい

開幕時にマウントを取られた場合は、「桜花絢爛」は退却者は対象外になるので、全体回復できる「鶴之舞」と併せて使いたい。さらに効率良く効果を当てるには「鶴之舞」と「桜花絢爛」を分担して交互に使うのがおすすめ

おすすめスキル
鶴之舞
退却している味方含めてHP回復と能力を上昇するスキル。合戦開始時の使用におすすめ
闇の独り舞
退却している味方含めてHPが回復するスキル。「鶴之舞」の代用として使える。

AP軽減系の奥義使用中

両兵衛の神算」など消費APが半減する奥義発動中は、AP回復の回数を減らせて相手よりも素早くコンボを積みやすくなる。コンボ数が+5される「一蓮托生」がおすすめ。持っていない場合は通常応援コマンドを使ってコンボ数を稼ごう。

おすすめスキル
一蓮托生
応援スキルの中で、コンボ数+5効果を持つスキル。

コンボ数増加系の奥義使用中

コンボ数増加系奥義は効果時間があまり長くないので、できるだけ手数を増やしたい。消費APの少ない「優美高妙」は手数を増やしやすいが、効果量が低い。無理に使うほど重要でもないので無ければ通常応援を連打しよう。

おすすめスキル
優美高妙
通常応援コマンドよりも消費APが少なく、連続して使いやすい。ただし、効果量が低く応援量には期待できない。

中盤の立ち回り

中盤の基本方針

中盤は主にコンボ数と味方の全体強化・相手の弱体化を意識して立ち回りたい。使用する奥義と状況によってどれを優先させるか変化する。軍師の指示をしっかり確認しよう。

能力増減系の奥義使用中

自軍が使用している時

大一大万大吉」など能力増減効果が上昇する奥義発動中は、全体効果のあるスキルで味方を強化したい。使用する場合は味方全員に効果がかかるように「闇の独り舞」の後で使うのがおすすめ。

おすすめスキル
鼓舞激励
いずれかの能力ではあるが、全体を強化できる強みがある。
甲陽軍鑑
味方全体の攻撃・防御の両方を同時に強化できる。

敵軍が使用している時

敵軍が能力増減効果が上昇する奥義を使用している場合は、自軍の強化やこちらの能力を下げられるといったどちらの可能性も考えられる。同じく能力増減効果が上昇する「大一大万大吉」を合わせて使いたい。

おすすめスキル
美女誘惑
敵単体の全能力を下げるスキル。効果量が高く、「金環蝕」と併せて使えば大幅に能力を下げることができる。
恫喝怒号
「美女誘惑」より効果は低いが、使用上限回数が少ないので、どちらも上限回数分揃えたい。
妖狐冷罵
「恫喝怒号」と同一スキル。併せてセットしておきたい。
優艶
「美女誘惑」「妖狐冷罵」「恫喝怒号」と同じく単体の全能力を下げられる。この4種は後衛で戦うなら必須級。

ダメージ上昇系の奥義使用中

自軍が使用している時

敵の弱体化も重要だが、「迅雷風烈」などのダメージ上昇奥義発動中は主に味方の強化を中心に行い、味方が大ダメージを出しやすい状況を作れるよう立ち回りたい。

おすすめスキル
百折不撓
味方全体の全能力を上昇するスキル。対象人数が少ない場合は1人当たりの効果量が上昇するので、どのタイミングでも使いやすい。
百花繚乱
味方3体の全能力を強化する。味方の生存人数が少ない状況でおすすめ。

敵軍が使用している時

敵軍がダメージ上昇系奥義を使用している場合は、「敵中突破」や「勇猛果敢」といった強力なスキルを使う可能性が高い。敵のダメージ量を抑えたいので「大一大万大吉」や「迅雷風烈」を使って敵の能力を下げたい。

おすすめスキル
優艶
敵単体の全能力を減少するスキル。相手のダメージ量を抑えやすい。「恫喝怒号」など他の全下げスキルもおすすめ。

終盤の立ち回り

終盤の基本方針

味方の強化と敵の弱体化を行う

終盤は前衛が所持スキルの中で最も強力なスキルを使うタイミング。基本的に中盤と同じ方針で味方の全能力強化と敵の弱体化で大ダメージが出せる状況を作りたい。

合戦終盤のおすすめスキル

基本は全上げスキルをメインに使いたい。決起の大号令」や「祭政一致」など、攻撃か知攻のどちらかに影響があるスキルに関しては発動する奥義の効果にあわせて使うと効果的だ。

おすすめスキル
不如帰
味方全体の全能力を強化するスキル。合戦終盤は味方の強化をメインに動きたいので、全体範囲スキルで効率よく強化しよう。
天下布武
「不如帰」と同効果スキル。全能力が強化できるので、攻撃・計略ダメージ上昇奥義どちらでも相性がよく汎用性が高い。
天真爛漫
味方1-5体の全能力が上昇するスキル。消費APが少なく連続して使いやすい。確実に全体に効果がある「毘沙門天」などもおすすめ。

ダメージ上昇系の奥義使用中

攻撃特化なら攻撃ステ上昇を優先

攻撃ダメージが上昇する「迅雷風烈」などの奥義発動中は前衛は攻撃スキルを多用するので、攻撃ステが上昇する「決起の大号令」「和敬清寂」「軍配指揮」などを使ってサポートしたい。

おすすめスキル
決起の大号令
味方全体の攻撃ステが上がるスキル。さらに敵の退却人数が多いほど効果量が上昇する。
軍配指揮
味方全体の攻撃ステを強化するスキル。攻撃スキルに影響するので相性がよい。
和敬清寂
味方全体の攻撃・知攻ステが上昇するスキル。攻撃スキル・計略スキル共に相性がよい。

計略特化なら知攻ステ上昇を優先

計略ダメージが上昇する「暴欲の器」などの奥義発動中は前衛は計略スキルを多用するので、「和敬清寂」など計略に影響する知攻ステが上昇するスキルがおすすめ

おすすめスキル
和敬清寂
味方全体の攻撃に影響のある攻撃・知攻の両方が上昇する。知攻ステは計略スキルに影響があるので、相性がよい。
祭政一致
味方全体の知攻・知防を強化するスキル。少しでもダメージ量が増えるように計略スキル使用前に使いたい。

敵軍の使用奥義毎の対処法

ダメージ上昇奥義を使用された場合

合戦終盤はダメージ上昇系奥義を使われる場合が多い。基本的にはバフ効果スキルをメインに使うが、強力なスキルで大ダメージを出される可能性があるため、敵の能力が上昇している状況ではデバフ効果スキルも使おう

おすすめスキル
夢幻泡影
退却している敵全体の能力を下げるスキル。「必殺」を使えば確実に相手全員が退却状態になるので相性がよい。
威喝牽制
敵1-5体の能力を減少させるスキル。敵の能力が上昇するほど大ダメージを受けやすいので、能力が上昇しているタイミングで使用したい。
傾奇挑発
敵単体の全能力を減少するスキル。敵の能力を下げて少しでもダメージを抑えたい。

確固不動には確固不動を合わせたい

「確固不動」は能力が十分上がった時に使われ、特に上位連合では終盤に使われることが多い。劣勢時は敵から受けるデバフ効果を100%カットできるので、「確固不動」を合わせたい。しかし、状況によって「甦生の天糸」を使うといった選択肢もある。

おすすめスキルと奥義
甦生の天糸
退却状態の敵・味方を対象とした能力増減効果が上昇し、劣勢時は補助発動率も上昇する。「宵闇」などでマウントが取れる状況など、相手の能力を効率良く下げたい場合でおすすめ。
確固不動
応援コンボ数が大きく離れている場合は、劣勢状態を覆すのは難しく、現状では「確固不動」を合わせる方法が一番被害が少ない。
毘沙門天
味方全体の全能力が上昇するスキル。確固不動中は下げが効きづらいので、味方の能力強化ができるスキルを使おう。

遠距離スキルでHP調整を妨害したい

敵軍がダメージ上昇系の奥義などを使用している場合、奥義発動直後に「敵中突破」や「勇猛果敢」などを使われやすい。「玉砕」等を使ってHPが1の状態が見えたら遠距離スキルでHP調整を妨害しよう

おすすめスキル
五月雨撃ち
敵3-5体を対象に攻撃できるので、HP調整を妨害しやすい。
騎馬鉄砲乱撃
「五月雨撃ち」と同範囲スキル。威力と急所確率が低くなっているが、あまり気にならない程度だ。
千射轟砲
敵4-5体を対象に攻撃するスキル。対象範囲が広く遠距離スキルの中で特にHP調整を妨害しやすい。

劣勢時や特殊な場合の立ち回り

劣勢時の戦い方

敵の能力を大きく下げよう

劣勢時は味方と敵の能力差が大きく開いていることが多い。「恫喝怒号」や「優艶」など全能力減少スキルを使って敵の能力をオーラ無し、または紫オーラまで下げよう

おすすめスキル
恫喝怒号
敵単体の全能力を下げるスキル。劣勢時は敵の能力が大幅に上昇していることが多く、「美女誘惑」や「優艶」「妖狐冷罵」で下げたい。

味方を起こす時は全上げスキルを併せたい

敵のオーラが変化し、能力が下がったことを確認できたら「闇の独り舞」などで味方全体を起こし、続けて「毘沙門天」など全体全上げスキルで味方を強化して優位な状況を作りたい。

おすすめスキル
闇の独り舞
後衛で使える全体回復スキル。使用する場合は予めチャットでいつ使うかを知らせておくと、「毘沙門天」など全体範囲スキルを併せやすくなる。
毘沙門天
味方全体の全能力を強化するスキル。「闇の独り舞」使用後に併せて使い、味方の能力を大幅に強化して優位な状況を作りたい。

コンボ停止奥義を使われたとき

基本はスキルの使用を控える

コンボ停止奥義を使用された場合は、通常応援コマンドを使用したい。ただし、味方の能力が大きく下がっている場合はスキルを使おう

打ち消し奥義を使う

コンボ停止奥義に対して効果を打ち消し、味方の能力増減効果が上昇する奥義がある。スキルも使いやすくなるので、効果時間を半分以上打ち消せる場合は使いたい

コンボ停止と対処奥義
四面楚歌
コンボ停止系奥義の代表。効果を打ち消されないように使いたい。
暗雲低迷
「四面楚歌」の下位互換奥義。「四面楚歌」の代用として使える。
堅忍不抜
「四面楚歌」の効果を打ち消す奥義。さらに味方の能力増減効果が上昇する。敵が「四面楚歌」を使用するタイミングで合わせて使おう。

デバフ効果上昇奥義を使われたとき

軽減奥義で対応する

デバフ効果を軽減する奥義「確固不動」が効果的。ただし、奥義が発動するまでに味方の能力は下げられてしまうので、相手の奥義終了後は能力増減効果が上昇する「大一大万大吉」などを使おう。

デバフ効果上昇と対処奥義
確固不動
デバフ効果を軽減する奥義。特に終盤の使用がおすすめだが、連合内で2人以上セットしている場合は中盤の使用も効果的だ。
慈愛の心
味方の能力増減効果が上昇する奥義。全体全上げスキルの底上げとしておすすめ。
光風霽月
味方を対象とする能力増減効果を増加する奥義。敵への能力減少効果がないので、味方の強化に特化した奥義。
大一大万大吉
「慈愛の心」の上位互換スキルで、能力増減効果の上昇率が高くなっている。

必殺のおすすめ使用タイミング

能力増減の奥義発動時がおすすめ

上げ下げが同時にできるスキルを最優先で

必殺を使うと味方全員のHP回復&敵全員が退却状態になる。「大一大万大吉」など能力増減効果のある奥義発動時に必殺使用後に「孟母断機」など味方の強化と敵の弱体化を同時にできるスキルが特におすすめ。

おすすめスキル
孟母断機
生存している味方の全能力強化と退却している敵の能力を減少できる。必殺と相性がよい。
秘奥相伝
「孟母断機」と同一スキル。併せてセットしておきたい。

全上げスキルもおすすめ

味方全員のHPが回復するので、「毘沙門天」や「天下布武」など味方全体に効果がある全上げスキルもおすすめ。

おすすめスキル
毘沙門天
味方全体の全能力が上昇するスキル。上昇量が高く必殺との相性も良い。
天下布武
「毘沙門天」と同一スキル。味方全体を効率良く強化できる。
不如帰
「毘沙門天」「天下布武」と同一スキル。

寝下げスキルも効果的

必殺を使うと敵全員が退却状態になるので、敵の能力が上昇している場合は、「夢幻泡影」など退却中の敵全体に効果がある下げスキルも有効だ。

おすすめスキル
郷愁歌
退却している敵1-5体の能力が減少する。ランダムではあるが入手しやすく「夢幻泡影」が無い場合は代用としておすすめ。
夢幻泡影
退却している敵全体の能力を減少するスキル。効果量が高く、敵の能力を下げやすい。
悲愴恋歌
退却している敵全体の能力を下げ、対象人数が多いほど効果量が上昇するので必殺と相性が良い。

必殺を使う場合の注意点

2分奥義の使用中はNG

「偃月の型」などの2分奥義使用中は前衛が強スキルを使うことが多い。特に優勢時は敵が全員退却すると攻撃・計略スキルを使えなくなり、大ダメージを狙えなくなるため、必殺の使用は控えたい。

2分奥義とは

2分奥義とは、待機時間+効果時間が2分間のダメージ量に大きく影響する一部の強力な奥義のこと。特に「偃月の型」や「一意穿心」は攻撃スキルと相性が良く、HP調整を行うことが多いので必殺の使用は注意しよう。

主な2分奥義
偃月の型
1-5体等のランダム対象を効果時間中、最大人数に当たるようになる奥義。「敵中突破」など大ダメージを狙いやすい。
一意穿心
敵の防御力を無視して攻撃できる奥義。対象の能力が上がっているほど効果的だ。
暴欲の器
連携計略の威力と補助スキルの発動率が上昇するので、「驚天動地」などの強力な計略と相性がよい。

劣勢時から味方全体の強化も効果的

劣勢時は味方の能力が減少し、マウントを取られていることが多い。起き上がることが難しく、全体の強化がしづらいので「必殺」と併せれば味方全体を強化しやすい。

戦国炎舞のカード/スキル評価

© Sumzap Inc. All Rights Reserved.
提供:株式会社サムザップ
記事編集:GameWith
※当カテゴリ内のすべての記事は、GameWith編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。
※当カテゴリ内のすべての記事・データ・画像等について、無断での使用・転載を禁じます。
▶戦国炎舞-KIZNA-公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 補助スキル一覧
    補助スキル一覧
    1
  2. 前衛向けSSRカードの環境最強まとめ
    前衛向けSSRカードの環境最強まとめ
    2
  3. SSRカード一覧
    SSRカード一覧
    3
  4. 後衛向けSSRカードの環境最強まとめ
    後衛向けSSRカードの環境最強まとめ
    4
  5. 毛利元就SSR22の性能 | 智輝戦姫
    毛利元就SSR22の性能 | 智輝戦姫
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
お知らせ/最新ニュース
最新のカード&スキル
新SSR/SRカード
新スキル
新8凸カード
一覧/おすすめカード&スキル
カード一覧
スキル一覧
ランキング/おすすめカード紹介
おすすめスキル紹介
初心者向け攻略まとめ
まずはここから!
合戦の基本情報
編成関連
お役立ち攻略情報
合戦攻略まとめ
合戦イベントまとめ
その他攻略まとめ
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中