荒野行動
荒野行動(スマホ版バトロワ)攻略
FPSモードの立ち回り・仕様解説

荒野行動 FPSモードの立ち回り・仕様解説

最終更新 : 荒野行動攻略班
FPSモードの立ち回り・仕様解説

荒野行動(スマホ版バトロワ)の新しく登場するFPSモードについて解説。おすすめの立ち回りを掲載しています。気になる方は是非参考にしてください!

FPSモードを解説

目次

FPSモードの戦闘

突発的な戦闘が増える

TPSのような一方的に待たれることがあまりなく、索敵できる範囲も狭いため、急に出会って戦闘、というシーンも比較的多い。より咄嗟のエイムや読みが重視される

近距離での腰撃ちがより強力

FPSモードでは銃身と照準がしっかり見えているので、サイトで覗かなくても腰撃ちで当てやすい。ADS状態までの時間も短縮できるのでおすすめだ。

敵を押している場合は基本的に攻める

相手の場所が確定している時

数発当てて隠れられてしまった場合などで、相手の居場所が確定している場合は、FPSモードでは相手も視認しづらく撃ち勝てる可能性が高いので、詰めた方が有効的と言える。

相手の居場所が不明確な時

TPSよりは自分から動くことが不利ではないが、待たれている中で詰めるのはリスクも伴うので、相手の居場所が不明確な場合は状況を見て、詰めるか詰めないかの判断をしよう。

FPSモードの索敵

TPS特有の待ちができない

馴染みのある待ち方(TPS)

相手から完全に見えない位置から、一方的に視認することができるいつものTPSモード。

壁に阻まれてできない(FPS)

FPSモードでは完全に一人称なので、目線が壁に阻まれて、いつもの慣れている待ち方や一方的に索敵することができない

索敵できる範囲が狭い

TPSモードでは自分を含むカメラアングルで周囲を確認しやすいが、FPSモードでは目からの視点なので、より視点を切り替えて周囲を索敵しなくてはならない。

フリールック機能が使えない

TPSモードではフリールック機能が無く、索敵がしにくい。そのため自分で振り向いて周囲を確認する必要がある。

よりミニマップの情報が重要となる

視点から分かる情報がTPSモードよりも少ないため、足音や車などのミニマップからの情報は非常に貴重。FPSモードの際は、よりマップを気にして立ち回ろう。

FPSモードのおすすめ立ち回り

動き回る方が強力

TPS特有の一方的に索敵したり、視認するようなことができないため、建物などで待っているよりは積極的に動き回り、勝負を仕掛けていく方が有効だ。

待ちが強い場合もある

相手の居場所がわかっている場合や、相手が詰めてくるのがわかっている場合では、わざわざこちらから動くよりは、待ちが強い状況もあるのも覚えておこう。

【荒野行動】その他の記事

シーズン14

シーズン14絶凶戦慄迷宮まとめ

悪夢の境界がついに実装!

悪夢の境界まとめ

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]网易公司
▶荒野行動公式サイト

攻略記事ランキング
  1. シーズン14(S14)専属物資ガチャシミュレーター
    シーズン14(S14)専属物資ガチャシミュレーター
    1
  2. ガチャシミュレータ一まとめ!運試ししてみよう!
    ガチャシミュレータ一まとめ!運試ししてみよう!
    2
  3. アップデート・イベント最新情報まとめ速報
    アップデート・イベント最新情報まとめ速報
    3
  4. ルーム作り方とマルチプレイのやり方
    ルーム作り方とマルチプレイのやり方
    4
  5. 悪夢の境界のプレイ方法・ルールまとめ
    悪夢の境界のプレイ方法・ルールまとめ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
シーズン14
ガチャシミュレーター
エヴァンゲリオン 東京喰種 ワンパンマン 七つの大罪 炎炎ノ消防隊 ハーレイ・クイン バトルパスS13 バトルパスS12 バトルパスS11 バトルパスS10
掲示板
ランキング
武器一覧
武器性能比較
初心者向け記事
基本的な立ち回り解説
状況別の立ち回り解説
上級者向け記事
エイム解説
レジャーモード攻略
システム解説系記事
システム解説
お役立ち情報
スキン・キャラ情報
装備情報
マップ攻略情報
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×