白猫
白猫攻略wiki | 白猫プロジェクト
2020年のインフレ
質問と回答
解決済み

2020年のインフレ

鬼滅コラボから始めた者です。
去年(2020年)のインフレはかなり激しかったとよく聞くのですが、2019年や2018年のインフレはどれくらいだったのでしょうか?
できれば当時の環境トップも教えて欲しいです。

これまでの回答一覧 (2)

2020は主にレベル上限解放がインフレの引き金になりました。ステータスの上昇は勿論、レベル上限解放ボーナスの通常攻撃超強化が非常に大きく、一部の通常特化キャラが環境崩壊級に。それに追いつくようにと新キャラのスキル火力もどんどん上がっていったために超インフレを起こしました。
レベル上限解放があったのは周年からちょっとしてのことで、実は周年前の半年間は確実に水準は上がってはいたもののインフレは緩やかでした。2月にバレンタインティナが出て以降Gamewithの1位更新はなく長期政権のまま周年を迎えてます。
スキル1発の火力水準でいうと
年始が5〜6億、ちょっとして7億程度、周年前でも10億いくかくらいだったのが、レベル上限解放後には20億以上が普通になりましたね。
クリスマスはなんかわかりませんけど超インフレして40億くらいになりました。

それでいうと2018の前半はクラスチェンジ(CC)が実装されたことでインフレが激しかったです。
また、クラスチェンジキャラ専用武器である
・ヘリオブライト(20秒に1回、AS1000%)
・ギガスルプス(鈍足になるが通常500%)
・スカルマグナ(消費3倍でAS1200%)
の武器が非常に強力で、これらの登場も火力超インフレの契機になっています。上記武器を使うことで瞬間的には普段の何倍もの火力が出せたり、通常攻撃でダメージを稼ぐことができるので一概にスキル1発の火力で…とは言いにくいのですが、
火力水準の推移は
2018開始…1000万程度
クラスチェンジ遷移期…3000万〜5000万↑
4周年…1億
年末…1.5億
Gamewithの最強ランキング1位は
2018開始:茶熊ティナ
4月:エマ(斧CC記念)
4月:フィオナ(剣CC記念)
5月:ルウシェ(拳CC記念)
6月:大剣シエラ(大剣CC記念)
7月:シェリル(変身CC記念)←記憶曖昧
7月:4周年アイリス→4周年闇の王子
8月:4周年王子or神気弓トワ
11月:茶熊アイシャ
だったと思います。最強ランキングはあてにならないこともありますがだいたいその辺が強かったと自分も思います。

引き続きの2019は順当に穏やかにインフレしていったかなぁと思います。
火力水準は
2019はじめが1億後半で周年前には2億後半
くらいのイメージです。もちろんスカルマグナを使う場合や、独自の厳しい条件を要求するキャラはそれ以上。
周年前のトップキャラは双剣ヨナ・モニカ・まどか・弓リルテット・双剣セツナ・ユーカレアなど…諸説あり。
強さの方向性が違うものもいますが、かなり長い期間、「コイツは今までより圧倒的に強い!」と断じれるほどのインフレがなかったということですね。
周年迎えてからのトップキャラは黒の後継者。
約10月にバールが登場してトップに。
11月に温泉リーランがトップとりますが直後のコルネがさらにぶっ壊れて真のトップになります。
火力水準は周年直前の3億から、年末には5億くらいになっていました。
白猫あるあるですが、ある一体だけ(もしくは数体)が異次元レベルで強いということがよくあります。例えば黒の後継者やコルネはゲーム性を否定するほどの強さでしたが、それを無視したその他のキャラ達の平均で比べて見れば、周年後もめちゃくちゃなインフレをしていたわけではないと思います。

簡単にスキル火力水準をまとめると、
2018 1000万→1億(周年)→1.5億
2019 1.5億→3億(周年直前)→5億
2020 5億→9億(周年)→20億→40億
てところです。

2018年シェアハウス3から始めたので2019年環境を話しますね。環境トップ(目立った同列クラス)だけ羅列すると

1.2019年直後(1.6億)
茶熊アイシャ、茶熊ルウシェ、闇の王子
2.討滅士以降(3億)
大剣ガルガ、バレヨナ
3.まどかコラボ以降(2億)
まどか
4.蒼空2以降(2億~4億)
モニカ
5.5周年以降(3億~5億)
黒の後継者、セレナ、ケンセイ
6.14島実装以降(7億)
バール
7.こねくり以降(5億~8億)
剣コルネ、ジーク
8.2020バレンタイン以降(8億越え多数)
バレティナ、ユベル、弓クロカ

これ以降は鬼滅コラボに続きます。右に書いてある値は単発スキルのダメージなので参考程度で。ここから各節目の感想を言ってきますね。
1.2019年直後
茶熊アイシャが独走状態だったと思います。この付近はスカルマグナとナハトドンナーが最強時代で、これらに合うキャラが環境キャラってイメージがあります。例外はギガス闇の王子ですかね。他の強キャラは始めたばかりもあって分からないです。

2.討滅士以降
圧倒的スキル火力を持ってた大剣ガルガとスカル適正完璧なバレンタインヨナが実装しました。茶熊アイシャとバレヨナのスカル適正完璧の2強の印象が強かったです。今思えば、スカル一強時代はこのバレヨナ実装が最盛期かつ、ここから衰退の一歩をたどっていきます。インフレが進んだとも言えます。

3.まどかコラボ以降
まどか最強時代です。火力、周回性能、サポート性能どれをとっても最強(というより便利)でした。その便利さは、どんな協力クエストでもまどかで行く「どこでもまどかマン」が愚痴として聞かれるレベルです(敵の耐性ガン無視)。

4.蒼空2以降
初めてパラメータ調整がオートスキルまで及んだ時です。今までは知りませんが、今回からパラ調に選ばれたキャラは実践級の強さを手に入れることができました。そして初めてのパラ調で調整不足だからか、スカル持たせたモニカが別次元の火力を持っていました。その強さは「運営が」下方修正を検討したほどです。結局はスカルのデメリットをきちんと考慮したのでされませんでした。その後、弓リルテット、双剣セツナ、KC3エレノアなんかが強キャラとされました。まどかもまだまだ強かったです。

5.5周年以降
やはり周年は強かった。黒の後継者が最強は当然のこと、セレナ、ヴァイス、ケンセイも圧倒的な強さ(火力)を誇っていました。また、黒の後継者とケンセイの「こらえる」や、ヴァイスの「極限の集中」、5周年以降の夏シャルのオートガードなど、火力だけでなく耐久周りもやばいキャラが続々登場していました。

6.14島実装直後
世界の我儘ことバールが実装しました。周年キャラは結構な期間環境トップになるという通説を裏切りました(気がする)。S2の広範囲超火力DA無効、ヴァリアントの弱点を全て克服したキャラ特性等、ストーリーの名に恥じない圧倒的な強さを誇りました。

7.こねくりダンジョン以降
ご存じ、コルネコプロジェクト爆誕です。S2は火力だけでなく連発力、射程、単発ビームと今までの常識を打ち破りました。援護攻撃やキャラ特性も相当強かったです。このキャラの実装によってDPSという概念が白猫に大きく広まったと思います。gamewithの火力基準は、この時期以降に単発のスキル火力からDPSに変更した記憶があります。そういう意味でコルネは白猫を大きく変えました。

8.2020バレンタイン以降
バレティナの実装です。S2のフリック回避を用いたDPSが圧倒的でした。また、グラホラでユベル、ラナホラで弓クロカが実装し、どれもキャラ特性やDPSがとても強かったです。この時の環境はコルネ、ユベル、バレティナ(、弓クロカ)あたりだったと思います。

火力(DPS)だけ見たインフレ具合でいうと、茶熊アイシャ(普通装備)が1.7億くらい、コルネが5億×2発(3発)の10億(15億)って感じです。
また、4~5は長い期間空きましたが(インフレはしてましたが特に語ることはない)、5~7まではたしか3ヶ月しかないです。その期間は「インフレゲー」とよく言われていました。

長くなったし、漏れも多数あると思いますが、参考になれば。

質問を投稿

白猫について質問してみよう。

※荒らし対策のため、初回訪問から24時間は質問できません。

攻略メニュー
お役立ち
速報/最新情報
帝国戦旗3
キャラ
武器
イベント
復刻
注目の記事
おもてなし旅館
キャラ愛コンテンツ
スキル覚醒
グランドプロジェクト
決戦クエスト
レベル150
初心者お役立ち記事
装備/施設
ランク/段位
各種一覧
キャラ一覧
武器一覧
ランキング
最強
リセマラ
攻撃属性ランキング
属性ランキング
その他のランキング
ガチャ
開催中
キャラ
武器
常設
ストーリー攻略
常設協力バトル
ルーンメモリー開催イベント
武器練磨の塔
モンスター図鑑
×