伝説対決
伝説対決(AoV)徹底攻略ガイド
スレイヤーレーンの立ち回りを徹底解説!
【伝説対決】スレイヤーレーンの立ち回りを徹底解説!【AoV (Arena of Valor)】

【伝説対決】スレイヤーレーンの立ち回りを徹底解説!【AoV (Arena of Valor)】

最終更新 : 伝説対決攻略班
伝説対決攻略からのお知らせ
初心者向け情報!ゲームを始めたらまずココをチェック!
おすすめの関連記事

伝説対決 - Arena of Valor(AoV)のスレイヤーレーンでの立ち回りを序盤、中盤、終盤に分けて解説しています。初心者の方は参考にしてください。

スレイヤーレーン立ち回り

目次

各レーンの基本的な立ち回り
ミドルレーン立ち回りアイコンミドルドラゴンレーン立ち回りアイコンドラゴン
スレイヤーレーン立ち回りアイコンスレイヤージャングル立ち回りアイコンジャングル

スレイヤーレーンについて

ダークスレイヤーがいるレーンのこと

スレイヤーレーン立ち回り画像

スレイヤーレーンはDSレーンやスレイヤーと呼ばれることがあり、その名の通りダークスレイヤーに近い方のレーンを指す。スレイヤーレーンはなにかと万能なウォーリアが向いている。

スレイヤーレーンの見分け方

スレイヤーレーンの見分け方画像

伝説対決では試合ごとにスレイヤーの位置が変わるので、当然スレイヤーレーンの上下も変わる。確認方法はいくつかあるが、試合開始直後にマップを確認する方法がお手軽だ。モンスターの出現するポイントが2つあるほうがスレイヤーレーンなので、必ず覚えておこう。

TOPレーンという呼び方について

スレイヤーレーンをTOPという場合もある

基本的にTOPは上のレーンを指すが、一部のユーザー間ではスレイヤーがいるレーンのことを指すこともある。これは他のMOBAで、スレイヤーと同様のモンスターがTOP(上のレーン)にいるためだ。

TOP=スレイヤーは誤解が生じることも

伝説対決では試合毎にスレイヤーの位置が変わるため、TOPレーンというとスレイヤーなのかドラゴンなのかわかりづらくなってしまう。TOP=スレイヤーとすると誤解が生じる可能性があるので、呼び方には注意しておきたい。

スレイヤーレーン序盤の立ち回り

スレイヤーレーン立ち回り画像

序盤(レベル1~6)は1人でタワーを破壊する力も無いので、まずはゴールド稼ぎに集中しよう。スレイヤーレーンは近接ヒーロー同士の1対1の戦いに発展しやすく、特に最序盤はキャラ性能とアルカナが差をつけやすい。

おすすめのレベル3アルカナはこちら

敵が遠距離ヒーローの場合

スレイヤーレーン立ち回り画像

対面する敵が遠距離ヒーローである場合は積極的なプレイを避け、タワー下でミニオン処理に集中しよう。遠距離ヒーローは防御力が乏しいので、味方ジャングラーと連携しキルを狙っていこう。

敵が2人の場合

スレイヤーレーン立ち回り画像

1対2の状況は不利に思えるが、序盤で重要となるドラゴンレーンに敵が1人しかいないはずなので全体の戦況はかなり有利となる。この場合はドラゴンレーンのタワーが折れるまでは全力でタワーを守るのみ。

ファーストブラッドは取られるな!

スレイヤーレーン立ち回り画像

1対1をする時間が長い関係上、レーンだけでは基本的にお互いレベル差は生まれにくい。しかしファーストブラッドを取られてしまうと明確なレベル差や金銭差が生まれ、そのまま試合終盤までレーン有利を取られてしまう事が多い。無理な攻めは控え、絶対にファーストブラッドは取られないように立ち回ろう。

ミニオンを倒させるな!

スレイヤーレーン立ち回り画像

とどめを刺させない

相手がミニオンにとどめを刺そうとしたときに攻撃を仕掛ければ、とどめを妨害することができる。体力差もしくはゴールド差が自然と生まれていくので、レーンをかなり有利に進められるようになる。

効率良く育成する方法はこちら

経験値などの取得を阻害をする

レーンが有利なときなど、敵ヒーローをタワー下などに引き込もらせて距離を離し、ミニオンを倒させないテクニックも存在する。こちらは上級者向けだが、一定距離離れると経験値などが一切取得できないので、狙えるなら狙ってみよう。

奇襲には常時警戒する

上記テクニックの注意点として、どちらもアグレッシブな立ち回りとなるので奇襲には弱くなるデメリットがある。こまめなマップ確認はもちろん、対面しているヒーローの動きなどをチェックし、常に奇襲が来ていないかを警戒しながらする必要がある。

スレイヤーレーン中盤の立ち回り

スレイヤーレーン立ち回り画像

中盤(レベル7~12)のスレイヤーレーンは戦況に応じて立ち回る必要がある。味方チームが優勢の場合はレーンをひたすら押しづつけ、敵が優勢の場合は味方の援護に向かう

レーンを押す(ソロプッシュ)

戦況が優勢である場合はレーンを押すことを意識する。アイテムが揃い始めると簡単にタワーを破壊することができるので、敵をスレイヤーレーンに縛り付けることができる。敵がレーンを無視するのであればひたすら前線を押していこう。

詳しいスプリットプッシュについてはこちら

敵が優勢の場合

敵が優勢の場合は集団戦に参加し、更に差をつけられないようにする。ミニオンを放置してレーンを離れるとすぐにタワーを折られてしまうので、敵にノーリスクでタワーを折られるような自体は避けたい。

スレイヤーレーン終盤の立ち回り

スレイヤーレーン立ち回り画像

終盤(レベル13~15)からダークスレイヤーが介入してくるため、スレイヤーレーンの戦況が大きな影響を与える。スレイヤーレーンで有利であればあるほどダークスレイヤーが狩りやくすなる

終盤でもソロプッシュは有効!

終盤の集団戦によって勝敗が決まるが、味方チームに敵をひきつけてもらえばレーンを一気に押すことができ、場合によってはそのままコアを破壊できる。ただし人数差が生まれるので本格的な集団戦は避ける必要がある。

AOVの攻略記事まとめ

はじめに読みたい攻略記事

ヒーロー一覧

全ヒーロー一覧

クラス別ヒーロー一覧

立ち回り解説

クラス別立ち回り解説

レーン別の立ち回り解説

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]テンセントゲームズ/DeNA Co.,Ltd.
▶伝説対決(Arena of valor)公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 全キャラおすすめビルド一覧
    全キャラおすすめビルド一覧
    1
  2. 最新ヒーローTier表|最強キャラランキング
    最新ヒーローTier表|最強キャラランキング
    2
  3. フレンド申請と登録のやり方
    フレンド申請と登録のやり方
    3
  4. 覚えておきたい立ち回りまとめ
    覚えておきたい立ち回りまとめ
    4
  5. ナクロスの評価とビルド
    ナクロスの評価とビルド
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
伝説対決(AoV)攻略
掲示板
大会情報
大会情報まとめ
アプデ情報
アプデ情報まとめ
ランキング
環境まとめ
一覧まとめ
初心者向け記事
立ち回り解説
基本の立ち回り
レーン別の立ち回り
クラス別の立ち回り
上級者向け記事
システム解説系記事
システム解説
お役立ち情報
各種一覧
ヒーロー一覧
その他の一覧
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中