黒猫のウィズ
黒ウィズ攻略wiki|魔法使いと黒猫のウィズ
同じカード合成について。
質問と回答
解決済み

同じカード合成について。

初心者です。石が貯まったので、ガチャを10回ボタンで回してミスティハイドというキャラがでました。赤色の攻撃カードが欲しかったのですが、その他は回復とか他色だったので、よくわからないままもう一度1回ボタンで回したらまたミスティハイドが出てきました。これは二枚持っていても有効に使えるカードなのでしょうか?1枚に合成した方が有効なのでしょうか。初心者なのでアホな質問をして申し訳ありませんが、ご教示くださいませ。よろしくおねがいします。

これまでの回答一覧 (6)

退会したユーザー

とりあえず これからもですが ガチャで入手した精霊は統べて持っておくようにしましょう。

自分で判断ができるようになってから処分等はするようにした方が良いでしょう。

三百 Lv168

全てのガチャ産精霊は、複数枚持っていて有用か否かに関わらず、重ねないことを強く推奨します。
持っておくデメリットに比べ重ねるメリットがあまりに小さいからです。

どうしても重ねたいならそれはそれですが。

  • もやし Lv.1

    皆様色々教えて下さりありがとうございました。限定カードとは知らず、チュートリアル通り合成…と、勿体無い事をする所でした。まだまだ知らない事が多く、潜在能力とかスキルとか調べていたら期限が過ぎていて申し上げありませんでした。中には細かく画像まで添付して下さり、とてもわかりやすかったです。本当にありがとうございました。もう何枚か合成してしまいましたが、今後は保管庫に保存しておきます。重ねてお礼を申し上げます。

Lv13

ミスティハイドはアンサースキル(AS)の回復力はかなりいいのですが、
初心者の方となるとスペシャルスキル(SS)の弱体化大魔術があまり必要ないかなと思ってしまいます。
2体運用するとしてもSSが死にスキルになってしまうかも。

私がもやしさんでしたらと最初からやり直します(´・ω・`)

同じキャラの合成についてですが、
ベースのキャラの潜在能力が最大10個あるうちの1個開放されます。
これはエーテルという種類のアイテムカードのハイエーテルと同様の効果があります。
ハイエーテルなどの潜在能力開放カードは昔は手に入れるのは大変だったのですが、今は簡単に手に入ります。

その為クリスタルガチャから出るキャラを重ねがけするのは勿体無いです。
もしかしたら2体使える場面もあるかもしれませんし。

長くなってしまってすみませんm(_ _)m

普通精霊ならいざしらず、限定精霊を重ねるのはお勧めしないどころか、今の段階では残すべきです。
素材にしようとしているミスティハイドは、この画像と同じ価値しかありません。
初心者にとってはこれでも手に入り辛いのかもしれませんが、将来のことを考えたら、カード枠1枚分使うだけで済むわけですから、性急に合成せず、残しておくことを強くお勧めします。

ちなみに、ASこそ倍率の低い回復ですが、SSは希少だと思います。
単体とはいえ、反射無視で属性を選ばない1200%は重要なスキルです。
2体運用できるケースは少ないとは思いますが、ボス戦で2連発できれば、1体目1200%+弱体化ですから、次にもう1体が1800%相当(50%の弱体化のところに1200%)のダメージが出せます。
十分に活用できる場面はあると思うのですが。

あとは下の画像とにらめっこしながら考えてみてください。

合成しても潜在能力ひとつだけです。それはハイ・エーテルグラスがメイトガチャでもポツポツ貰える今となってはほぼ無価値です(かつて潜在能力覚醒が貴重だった時期ならいざ知らず)ので、二枚戦力として持っておきましょう。精霊を強化素材として潰すのは、他の明らかに強いカードで手持ちが埋まっている場合だけにしておくことをお勧めします。

餌は魔道書やL猫
潜在はエーテルがあるのでたとえ使わないでも限定を合成させるのはやめた方がいいです。
自分も絶対使わないとわかっていても売却や合成はせずに保管庫においてます

質問を投稿

黒猫のウィズについて質問してみよう。

※荒らし対策のため、初回訪問から24時間は質問できません。

攻略メニュー
大魔道杯 with 四聖賢
ボーダー関連
攻略班レビュー
イベントトーナメント
通常トーナメント
報酬精霊
トーナメント専用交換所報酬
魔道杯情報
エリア最終章クエス=アリアス
ピックアップ情報
ガチャ/LtoL
開催中のガチャ
既存進化/LtoL
精霊/潜在結晶一覧
イベント/君の本
はじまりの塔
アレヴァン4
イベント復刻
イベント一覧
リセマラ/チェッカー/ツール
リセマラ
所持率チェッカー/ツール
通常エリア/協力プレイ
通常エリア
協力プレイ(レイド)
トーナメント/魔道杯
初心者向け情報/解説記事
その他情報
×