【2018年】PS4のおすすめ人気ゲームソフト30選

【2018年】PS4のおすすめ人気ゲームソフト30選

最終更新 :

8/14 最新注目ソフトランキングを追加!

PS4で発売中の人気おすすめゲームソフト30本と、注目の最新おすすめソフトをピックアップ。アクション、RPG、FPS、格闘ゲームなどジャンル毎にわかりやすく紹介しています。購入する際の参考にしてみてください。

目次

PS4の新作ソフトなど最新情報が丸わかり!

>>PS4最新情報サイトはこちら!

【最新版】注目ソフトランキング TOP5

毎日更新!ユーザーから注目を集めているPS4のソフトをランキング形式でご紹介。いま流行りのタイトルをチェックしよう!

  1. 1

    追う派?追われる派?あの恐怖がゲームに!

    (1)
  2. 2

    多くの新要素が加わった『サガスカ』移植版!

    (1)
  3. 3

    ストレス管理が鍵になるローグライクRPGが登場!

    (1)
  4. 4

    基本プレイ無料の本格ロボットアクション!

    (2)
  5. 5

    伝説のプロレスゲーが今よみがえる!

    (1)

※2018年8月14日10:00時点のランキングです。

アクション

モンハンワールド

新メインモンスター「滅尽龍 ネルギガンテ」。

国民的アクション、“モンハン”シリーズの完全新作。Playstationシリーズでは実に8年ぶりの登場となる。
PS4の性能を生かした美しい世界での狩りは世界中を興奮に巻き込み、発売から約1ヶ月で世界累計750万本を達成している。

今作の舞台はモンスター、植物、昆虫などそこに息づく“生態系”をまるごと体験できる新大陸。大型モンスター同士が鉢合わせして激しく争うなんてことも起きる!

ゲームを始めてしばらくは新しい環境を探索するだけでワクワクすること間違いなし。

全てが新しくなった新大陸でのハンティング。

また、これまではできなかったクエスト中の武器変更読み込み時間が不要のフィールド移動などシステム面も大幅に進化

モンハンの醍醐味である最大4人のマルチプレイもクエスト途中での参加が可能になった。強敵をみんなで倒した時の達成感は格別!

クエストも壮大なストーリーを追う任務、自由に狩れるフリー、報酬量が多めの調査などさまざまな種類が用意されている。

追加モンスターやクエストも続々登場。

さらに無料のアップデートで“イビルジョー”など新しいモンスターやクエストがどんどん追加中!PS4で質・量ともに超進化したモンハンは間違いなくおすすめできます!

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 圧倒的なグラフィックで狩猟生活を体験できる。
  • オンラインで仲間と一緒にワイワイしながら狩りを楽しめる。
  • フィールド内のエリア間移動でロード時間がゼロになり、より快適に遊べるようになった。
発売日2018年1月26日
会社カプコン
価格パッケージ版 ¥8,980(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ゴッド・オブ・ウォー

本作はギリシャ神話の神々との戦いを描いた3Dアクションシリーズ「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズの最新作。

今作では舞台が北欧へと写り、主人公クレイトスは北欧神話の神々と戦うことになる。

舞台を北欧へと移し新たな物語が幕を開ける。

バトルシステムも俯瞰視点から三人称視点へ変更。クレイトスと、アトレウスの連携を使った戦略性の高いものとなる。

また、二人はスキルを身に付けることが可能。プレイヤーのスタイルにあったスキルを選んで自分だけの戦い方を作り上げることができる。

戦斧を使った豪快なバトルは今作でも健在。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 今作の新要素であるクレイトスとアトレウス親子2人でのバトルが新鮮。連携プレイが決まった時には超爽快です。
  • 暴力表現が強めだが圧倒的なグラフィックで繰り広げられる壮大な物語は神ゲーの名にふさわしい出来!
  • これまでの作品でいわゆるクレイトス無双を味わった人には難易度が高めに感じるかも。その分強敵を倒したときの達成感が高い作品。
発売日2018年4月20日
会社ソニー・インタラクティブ
エンタテインメント
価格パッケージ版 ¥6,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

メタルギアソリッドV ファントムペイン

小島秀夫監督が28年に渡って手がけてきたメタルギアシリーズの集大成と言える作品。ムービーシーンの演出やグラフィックは映画のように美しく、ストーリーは緻密に練られたスパイ小説を読んでいるかのよう。

この物語性と映像美に、“隠れる”というプレイヤーの操作が加わることで「MSGV」ならではの緊張感を楽しむことができた。

主要な登場人物はどれも一癖も二癖もある役者ぞろい。特にスネークの前に立ちはだかる不気味な男“スカルフェイス”の目的が知りたくてつい長時間プレイになることも。

スネークの前に立ちはだかる不気味な男“スカルフェイス”。

フィールドはオープンワールドで、潜入方法は自由。だが闇雲に攻めるとすぐに殺されるので、時間や天候にあった攻め方がベター。それがわかってくるノーアラートでの任務成功も労せず達成できた。

全体のボリュームは他のナンバリングタイトルと比べるとややあっさりとした印象だった。その分個別のミッションはコンパクトなので周回プレイが重くならずに済んでいるのは良い。

様々な武器や車輌が登場。

おすすめポイント

  • 映画をプレイする体験はやはりMGSシリーズならでは。今作ではPS4のパワーを存分に生かしたクオリティなのでぜひプレイしてほしい。
発売日2015年9月2日
会社KONAMI
価格パッケージ版 ¥9,980円(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

人喰いの大鷲トリコ

人喰いの大鷲トリコは「ICO」や「ワンダと巨像」を手がけたゲームデザイナー"上田文人"の作品で、一人の少年と1匹の大鷲"トリコ"の絆を描いたアドベンチャー

遺跡を舞台に、主人公の少年と大鷲トリコが意思を通わせながら冒険していく。

ゲームはバトルよりも探索や謎解きがメインになっており、少年とトリコの特性を生かしてステージを攻略していくのが楽しい。

ただしトリコは目的どおりに動かない時もあり、それがやきもきする。ただこのもどかしさが逆にトリコの生き物としてのリアリティを感じさせてくれる。クリアした後も、ふとトリコに会いたくなってゲームを起動してしまうような良作

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • トリコと少しずつ意思疎通ができていく感覚は、他のゲームでは味わえない体験。
  • 遺跡の風景や音楽が幻想的で素晴らしい。
発売日2018年1月19日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥6,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

GRAVITY DAZE 2

GRAVITY DAZE 2」は、重力を操る斬新なアクションで2012日本ゲーム大賞受賞を受賞した前作「GRAVITY DAZE」の続編。

主人公キトゥンは重力を自在に操ることができる能力の持ち主。すべての場所を重力チェンジで“”と認識。

上下左右あらゆる方向に“落ちながら”移動する重力アクションが特徴となっている。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 重力操作で空を含めてあらゆる方向へ“落ちる”重力アクションが斬新。
  • 重力スタイルを切り替えて、変幻自在に戦うことができる。アクション好きにおすすめ。
発売日2018年1月19日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥8,980(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

グランド・セフト・オートV

全世界で絶賛され累計5,400万本以上を売り上げたモンスタータイトル。究極のオープンワールドを体験出来るシリーズ最新作。

主人公はストリートで非合法な仕事をする若者、足を洗った銀行強盗、そして凶暴で反社会的な男という悪人3人。

PS3版から大幅なグラフィック、技術面の強化が施され、シリーズ初となる「1人称視点」モードなども搭載。

さらに仲間と協力する強盗ミッションも追加された「GTAオンライン」も楽しめるぞ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • シリーズごとの接点はないので本作から入る人も問題なく楽しめる。PS3版から大幅に進化しているのでそちらをプレイしていても新たに楽しむことができる。
    オープンワールド未経験者には是非プレイしてもらいたい1本、広大な世界を自由に冒険することの楽しさを「GTA」で体感できるぞ。
発売日2014年12月11日
会社ロックスター・ゲームス
価格パッケージ版 ¥4,990(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

映画のような滑らかな映像が楽しめる。

2016年5月10日にソニーから発売された「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」
アンチャーテッドシリーズの最新作で、本作が最後の章となっている。

長年のパートナーだったエレナと結婚し、トレジャーハンターを引退した主人公ネイトが、死んだはずの兄サムとの再会をきっかけに、海賊王の財宝を求めて再び世界一周の旅に乗り出す。

本作にはステージ中の分岐ルートが複数存在しており、何度プレイしても楽しめるのが嬉しい。
また、シリーズ初のPS4作品のため、映像表現が飛躍的にパワーアップしており、美麗な3Dグラフィックでゲームをプレイできるぞ。

《プレイ後の感想》

自由度の高いロープアクションでアドベンチャー感が大幅アップ。

古代遺跡を冒険するアドベンチャー映画」をゲームでたっぷり堪能できた1本。それを体現するシステムのひとつがロープアクション手を離したら一巻の終わりという場所からのロープ移動のシーンではまるでアトラクションを体験しているような感じだった。

移動だけでなく飛び降りながら敵に体重の乗ったパンチを食らわせたりとバトルでも有効に使うことができるのも良い。

キャッチコピーの「プレイする映画」の通りストーリー主人公ネイトの家族の絆や、因縁のある敵との対決といったハリウッド映画系の王道なので素直に楽しめた。

メインストーリーは一本道なのでもう少しサブミッションなどの要素があると良かったが、全体的には大満足のアクション

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • まさにPS4の本気を感じる1本。息を飲むような絶景のなかで冒険できます。一度始めるとなかなかやめらないほど没入感がありゲームを終えたあとは軽く疲労感を感じるほど。子供の頃憧れた遺跡やジャングルでの大冒険を楽しめる。
  • ストーリーが章立てになっているので物語をがっつり集中して楽しむことができる。オープンワールドのような自由度が高いゲームが苦手な人にはぴったり。(レビュー部:かとう)
発売日2016年5月10日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥7,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

RPG

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

PS4ではハイクオリティなグラフィックで冒険を楽しめる。

ドラクエ」シリーズ史上初めて複数のハードで展開された最新作。

PS4版では「Unreal Engine 4」が採用され、美麗グラフィックスを堪能できる。3DS版ではデフォルメ調の3Dバージョンとファミコン時代を彷彿させる2Dドット絵の両方で冒険を遊べるぞ。

スロットなどPS4版ならではの機能も搭載。

PS4版ならではの機能としてはゴージャスな演出のスロットゲーム“マジックスロット”、そしてマップのどこかに隠されたマトをボウガンで撃っていく“ボウガンアドベンチャー”を楽しむことができる。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 初代から続く鳥山明氏デザインのキャラクターがそのまま動くのはPS4ならでは。自由度の高い冒険を最高のグラフィックで楽しめます。
  • ドラクエというと1本道のストーリーを淡々と続けていくというのが通例だった。今作はダンジョン攻略などもモンスターにライドして崖を登るか、回り道するか、といった攻略の選択肢が多く、オープンワールドの楽しさを取り入れているところがおすすめ。
発売日2017年7月29日
会社スクウェア・エニックス
価格パッケージ版 ¥8,980(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ファイナルファンタジー15

FF初のオープンワールドとなる本作。景色や天候の変化、そしてキャラクターの表情などは尋常じゃない作り込みでその超大作感にはワクワクできる。

本作のバトルは、シリーズお馴染みのコマンド選択式ではなく『キングダム ハーツ』のようなアクションバトルとなっている。

オープンワールドを走り回りながら、シームレスにバトルへ移行していく。

移動をやめると時間が止まり、コマンドを選択するとまた動き出す新システム「ウェイトモード」。アクションが苦手でも安心してプレイできるぞ。

《プレイ後の感想》

主人公ノクティスたちはちょっとライトな日常会話が特徴的。事前に関連アニメの「BROTHERHOOD FF XV」を見ていなかったこともあり、ファンタジーな世界観との違和感を感じた。

超巨大なベヒーモスはまるでそこに息づいているかのよう。

序盤で戦うベヒーモス“スモークアイ”の息遣いを感じられるような演出シーンは圧巻。初戦はビビりすぎて瞬殺されてしまった。

バトルでは今作の魔法や、召喚獣は覚えたてからド派手で、決まった時はアクションゲームのような爽快感が得られる。

また、リリース当初はバグが発生するなど不都合が多少あったものの(パッチで順次解消)、グラフィック、世界観、バトルなど超大作RPG感はしっかり楽しめた。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • シリーズ初のオープンワールドを採用。ガイドが親切なのでオープンワールド初体験の人でも迷わない。
  • FFシリーズのナンバリングタイトルだけあり、グラフィックのクオリティは圧倒的。海外の大作にも勝る超大作感を是非体験してほしい。(レビュー部:まいく)
発売日2016年11月29日
会社スクウェア・エニックス
価格パッケージ版 ¥8,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

アクションRPG

ニーア オートマタ

プレイヤーは、アンドロイド部隊“ヨルハ”所属の2Bとなり、宇宙人が繰り出す“機械生命体”に支配された地球を奪還する戦いに身を投じていくという内容。

本作の世界は区切りなく繋がったオープンワールドの世界。広大な世界にはメインストーリーだけでなく、様々なサブイベントも散りばめられている。

《プレイ後の感想》

プレイ前はいわゆる「ベヨネッタ」の様なアクションRPGをプレイするつもりだった。しかしその期待は裏切られた

ゲーム冒頭で縦スクロールの弾幕系シューティング、全方位から敵が迫る、奥に進む3Dシューティング、そして最後に剣技と回避で戦うアクション。これらの要素をさらりとなぞっていく展開。

様々なゲームの要素を感じさせつつそのどれでもない新しいゲーム体験。まさに“斬新”という言葉がふさわしかった。さらに主人公の2Bがかなり可愛いというのもポイントが高い。

物語は単なるSFではなく遠未来SFで、荒廃した地球が舞台のいわゆるディストピアものモノクロな世界観はシックにまとまっており大人が楽しめるゲームと言える。

フィールドはオープンワールドだがミッションによっては同じ場所を繰り替し往復することもあり、ちょっと狭いと感じた。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 「スターフォックス」「ギャラクシーフォース」「斑鳩」そこに「ベヨネッタ」が混ざった感じ。シューティングゲームの歴史を駆け抜けていくかのような展開にゾクゾクできた。新しくて面白い!
  • 難易度をEASYにするとオート回避やオート射撃が可能になるのでアクションやシューティングが苦手でも世界観に浸りつつ爽快感も味わえました。(レビュー部:まいく)
発売日2017年2月23日
会社スクウェア・エニックス
価格パッケージ版 ¥7,600(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ペルソナ5

かなりリアルに再現された東京の実在する都市。

2016年9月15日にアトラスから発売された「ペルソナ5」
実在する街がリアルに再現された大都会・東京で、個性豊かな仲間たちと昼間は高校生、夜は心の怪盗団としての2重生活を送っていくコマンドバトルRPGだ。

ダンジョンの中を敵に見つからないように探索していく。

壁や足場をよじ登ったり、シャンデリアの上を渡ったりと前作のペルソナ4よりも自由なダンジョン探索ができるようになったぞ。
ステルスアクションで敵のシャドウにこっそり近づいて戦闘を仕掛け、武器や自身のペルソナを駆使して倒していこう。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • ストーリーの出来が秀逸。二転三転する展開はプレイヤーを飽きさせない。やりごたえ十分のRPG。
  • スタイリッシュで個性的なキャラクターが多数登場。プレイすればきっと推しキャラができるはず。
発売日2016年9月15日
会社アトラス
価格パッケージ版 ¥8,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ダークソウルⅢ

全世界で人気のダークファンタジーアクションRPG。

2016年3月24日にフロム・ソフトウェアから発売された「DARK SOULS Ⅲ(ダークソウル3)」
滅びゆく終末の世界を舞台にしたダークファンタジーなアクションRPGだ。

バトルはシームレスで進行し、"戦技"と呼ばれる武器固有のアクションで、手に汗握る剣戟アクションが美しい3Dグラフィックで楽しめる。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • シリーズお馴染みの"心が折れる"難易度は健在。我こそはアクションRPGマスターという方は一度プレイしてみては?
  • 4対2や3対3といった最大6人での対人戦が可能となり、より白熱したバトルが楽しめる。
発売日2016年3月24日
会社フロム・ソフトウェア
価格パッケージ版 ¥7,430(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)

大自然の中で機械の獣を狩る

動物の姿を模した機械獣たちが支配する地球。プレイヤーは熟練ハンター“アーロイ”となって文明が滅んだや、機械の生物たちが存在する理由を解き明かしてくことになる。

雪山やジャングル、遺跡など様々な場所を冒険できるオープンワールドの世界。

また、本作は砂漠、雪山、ジャングルといったエリアがあり気候もその土地に合ったものになる。昼と夜の違い、また気候変動でフィールドの難易度も変化する。

バトルでは弓や槍といった武器を駆使して敵を狩っていこう。馬のような機械獣に乗って敵を攻撃することも可能だ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • オープンワールドでスリリングなハンティングが楽しめる。かつ主人公の壮絶な物語も引き込まれる。バトル、ストーリー、世界観いずれも高クオリティな作品。
  • かつて強敵だった機械獣が弱く感じた時に、プレイヤースキルの上昇を実感。そしてそこからくる満足感が得られるゲーム。
発売日2017年3月2日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版: ¥6,900

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ウィッチャー3 ワイルドハント

ウィッチャーと呼ばれるモンスタースレイヤーを操り怪物や魔物とバトルを繰り広げるアクションRPG。世界中の様々なメディアのゲームオブザイヤーを総舐めにした超話題作。国内でもPlayStation Awards 2016の金賞を受賞している。

本作は広大なマップをもつオープンワールドで、様々な場所で情報収集や戦闘を行いながら冒険を進めていく。
怪物退治は討伐後に報酬を受けとることができるクエストだけでなく、フィールドで偶然遭遇することもある。敵のタイプによって効果的な武器や呪文“”を把握して使いわけよう。

おすすめポイント

  • 膨大なクエストやシナリオが収録されておりたっぷり遊ぶことができる。サブクエストも豊富でどれも丁寧に作られている。剣と魔法の王道ファンタジーに世界にどっぷり浸りたい人におすすめ。
  • ローカ ライズのボリュームはかなりのもの。町の人々などのNPCの何気ない会話まで完全に日本語化されているのは驚き。海外製のゲームにたいしてとっつきにくさを感じていた人にとくにおすすめ。
発売日2015年 5月21日
会社スパイク・チュンソフト
価格パッケージ版 ¥8,200(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)

全世界で1000万本以上を売り上げたオープンワールドRPG。PS4版としてさらにリアリティを増した広大な世界を冒険できる。
この世界ではプレイヤーは暗殺者となるもドラゴンを討伐して冒険するもすべて自由。

非常に評価の高い3つの追加コンテンツ『Daunguard』『Hearthfire』『Dragonborn』によって加わった新たな冒険、武器、アーマーなども収録した完全版となっている。

おすすめポイント

  • ファンタジー世界というも一つの世界をどっぷり楽しむことができるオープンワールドの金字塔。その没入感は一度浸ってしまうと他のゲームに移れないほど。
  • メインストーリー以外にもサブクエストが数え切れないほどあるが、不思議と作業感がなくどれも楽しめてしまう。一本道のRPGに飽きた人にオススメ。
発売日2016年11月10日
会社ベセスダ・ソフトワークス
価格パッケージ版 ¥5,980(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

仁王

上段に構えると攻撃力が上昇。下段に構えると回避能力がアップする。

ダークな戦国世界を舞台に、妖怪を退治していくアクションRPGだ。
ゲーム内には河童鵺(ぬえ)海坊主など有名な日本妖怪たちが多数登場する。

ゲームは金髪碧眼の侍"ウィリアム"を操作して、死霊となった武者や妖怪たちと戦っていく。
使用する武器構えによって特性が異なるため、戦況に応じて切り替えながらステージを進んでいく必要がある。

《プレイ後の感想》

「落命」この2文字を脳裏に焼き付けることになる。

死にゲー”の評判どおり開始直後からとにかく「落命」(ゲームオーバー)しまくり。ボスどころか雑兵にすら勝てないこともざらで、アクションゲームとしては最高クラスの難易度

ただ、復活ポイントがどれも近いことやロード時間が短いので再チャレンジが容易にできるため心は折れにくい。何度もチャレンジして強敵を攻略できた時の達成感は本作ならでは。

また、アクションRPGというと総プレイ時間は長くても30時間程度が多い印象だが、本作はクリアまでに100時間程度とボリュームもかなりある。

さらに無料のDLCも控えており、腰を据えてじっくり遊ぶことができる所も良い。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 「落命」の文字を見るたびに今日はここでやめようと思うが、すぐにリスタートできるので繰り返しプレイが楽にできるテンポの良さがあります。
  • どんなに強敵でも倒せるようになると、次から不思議なくらい楽になります。この達成感を是非味わってほしいです。(レビュー部:まいく)
発売日2017年2月9日
会社コーエーテクモゲームス
価格パッケージ版 ¥7,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ブロックメイクRPG

ドラゴンクエストビルダーズ

ドラクエシリーズの完全新作。

2016年1月28日にスクウェア・エニックスから発売された「ドラゴンクエスト ビルダーズ」
3Dのブロックで作られたドラクエ風の世界で、自由に探索しながら思い通りの町を作っていくシミュレーションゲームだ。

ゲーム内にはドラクエおなじみの敵が出現したり、りゅうおうを打ち倒すストーリーが展開されるなど、RPGのような要素も楽しめるぞ。

おすすめポイント

  • 一言で言うならドラクエ+マイクラ。面白いゲームを足したらもっと面白くなったゲーム。物作りゲームが好きな方は購入推奨。
  • スライムやドラキーなどといったモンスターたちと、同じフィールド内での共存生活が体験できる。
発売日2016年1月28日
会社スクウェア・エニックス
価格パッケージ版 ¥7,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

FPS

FARCRY5(ファークライ5)

本作はアメリカ、モンタナ州を舞台に物語が展開するオープンワールドのFPS「ファークライ」シリーズ最新作。シリーズ史上最高売り上げでスタートしており、人気が集まっている作品だ。

主な目的はカルト教団“エデンズ・ゲート”に支配された町“ホープカウンティ”を解放することだ。

カルト教団に支配された街を解放しよう。

大きなストーリーラインはあるが、進め方はプレイヤーの自由。豊かな自然の中で釣りや狩りを楽しんだり、車や銃をカスタマイズするなど様々なプレイができるぞ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 前作と比較して、グラフィックがかなり向上しており、農場や雪山,湖などの大自然が綺麗に表現されている。
  • 多数のクエストや協力プレイが搭載されており、長く遊べる。
  • エイムアシストや難易度変更もできるので、FPS初心者でも安心して楽しめる。
発売日2018年3月29日
会社ユービーアイソフト
価格パッケージ版 ¥8,400(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

レインボーシックス シージ

本作はステージ内の壁や床などを破壊することで新たな侵入ルートや射撃位置を作り出すことができる、戦術の自由度が高いFPS

バトルはマルチプレイの対人戦、ソロでのミッションなどに関わらず屋内での近接戦闘がメインとなっている。

GIGN(フランス)、SAS(イギリス)、Spetsnaz(ロシア)、FBI SWAT(アメリカ)などの実在の特殊部隊が多数登場。

それぞれのユニットが特殊な装備、能力をもつメンバー“オペレーター”で構成されており、部隊の特性にあった戦術が求められる。

おすすめポイント

  • 狭い空間での突如敵が現れる、近接戦闘ならではの緊張感を味わえる。その分勝利した時の達成感は大きい。
  • 壁や床などオブジェクト破壊のお陰で同じステージでも毎回新たな戦術が組み立てられるので飽きがこない。
発売日2015年12月10日
会社ユービーアイソフト
価格パッケージ版 ¥8,400(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

コール オブ デューティ ワールドウォーⅡ

本作はFPSの代名詞と言える、「コール オブ デューティ(CoD)」シリーズの最新作。

第二次世界大戦が舞台となるのは国内では「コール オブ デューティ3」(2007リリース)以来の作品。

圧倒的リアリティで第二次世界大戦を描くFPSの超大作。

キャンペーンでは、登場人物が少人数に絞られ、丁寧に作り込まれた人間ドラマに仕上がっている。本物さながらのグラフィックで描かれた戦場と奥深いストーリーを体験することができるぞ。

シリーズおなじみの“ゾンビモード”も搭載。

またマルチプレイヤーモードでは世界中のプレイヤーと第二次世界大戦の戦場を舞台に対戦が可能となっている。そして協力プレイモードでは、専用のオリジナルストーリーで遊ぶことが可能。

臨場感あふれる緊迫した戦場リアルに体感したい人におすすめだ。

車輌の揺れも忠実に再現されている。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 第二次世界大戦のいわば“泥臭い”戦いを遊ぶというよりも、臨場感のあるグラフィックで“体験”できるゲーム。ドキュメンタリー調の戦争映画を堪能した感覚がプレイ後に味わえました。
  • リリース直後はマルチ対戦時にマッチングしずらいなどの不具合もあったが、アップデートで改善されておりマルチでも緊迫した戦場で戦うことができる。
発売日2017年11月3日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥8,400(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

バトルフィールド1

息もつかせぬ展開が楽しめるキャンペーンと、最大64人対戦に対応した壮大なマルチプレイが特徴のFPSだ。

歩兵として、あるいは陸・海・空の乗り物を操作し人類史上初の全面戦争第一次世界大戦を戦い抜こう。飛行船、装甲列車といった第一次世界大戦ならではの巨大兵器も登場する。

シングルモードは大戦を複数の主人公で描くオムニバス形式を採用している。キャンペーンは6つ用意されており、中には“アラビアのロレンス”と呼ばれたトーマス・エドワード・ロレンスといった実在の人物も登場するぞ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • オートバイ、戦車、航空機など操縦可能な乗り物が多く色々な方法で戦えるのが◎。
  • ソロプレイのキャンペーンモードが充実。その一つ「鋼鉄の嵐」では兵士が死ぬと生誕年と没年、名前が表示され、次の兵士の視点でプレイが再開されるという演出で物語に感情移入できる。
発売日2016年10月21日
会社エレクトロニック・アーツ
価格パッケージ版 ¥7,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

サバイバルホラー

バイオハザード7(BIOHAZARD 7)

カプコンが手がけるホラーゲームの金字塔「バイオハザード」正式ナンバリング最新作。ゲームは1人称視点で自由に操作し、様々な場所を探索してストーリーを進めていく。

まるで実写のようなグラフィック、主観視点で目の前に迫り来る得体の知れない怪物たち。まるで自分がそこにいるかのような臨場感を味わうことができるシリーズ最新作。PSVRにも対応しており、「バイオハザード」シリーズ最高峰の恐怖を高い没入感で体験できるぞ。

《プレイ後の感想》

館内で入手するビデオの登場人物としてプレイするモードも怖い。

本作はベイカー家という不気味な屋敷の探索が中心となっている。一人称視点で間近にみる穴だらけの壁、腐敗した食料に群がる虫、などが非常にリアルに描かれており恐怖感を煽ってくる。

さらにそこに住まう一家の目的は不明かつ凶暴。閉鎖空間で突如襲われた場合、焦った挙句に操作ミスでゲームオーバーになることも。

ストーリー面ではなぜ妻が連れ去られたのか、一家の目的はなんなのか…そんなが気になる作りなのでついプレイを再開したくなってしまうはず。

全体のボリュームとしてはクリアまで10時間程度なので多少物足りない人もいるかもしれない。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 原点回帰と呼ぶにふさわしく初代バイオと同様の恐怖を味わえます。怖くて操作ミス→ゲームオーバーになるというあのプレイ感をしっかり感じることができた。
  • PSVRでのプレイは360度ベイカー家を捜索できるので臨場感と恐怖感は段違い。(レビュー部:まいく)
発売日2017年1月26日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥7,990(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

The Last of Us Remastered

本作は「アンチャーテッド」シリーズのノーティードッグが開発を手掛けた3人称視点(TPS)のアクション。謎の寄生菌のパンデミック により荒廃した世界が舞台。
主人公のジョエルとエリーを待ち受けるのは凶暴な感染者や、略奪者たちとの戦いだ。

ゲームは基本的にジョエルを操作しながら進めていく。道中で入手できるショットガンや拳銃などの他、火炎瓶や爆弾などのアイテムを使って戦況を有利に進めていこう。
また、拾った素材を組み合わせることで治療キットなどを作ることができるぞ。

おすすめポイント

  • 様々な映画やドラマから影響を受けた作品だけあり、ストーリーにとにかく引き込まれます。冒頭10分でのめりこめるはず。
  • 壁の向こうの敵の位置が把握できる“聞き耳”システムなど、パワーで突き進むというより隠れながら攻略していくスタイル。潜入ミッションが好きな方にオススメ。
発売日2014年8月21日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥5,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

サイコブレイク2

ベセスダ・ソフトワークスより2017年10月19日発売のPS4,Xbox One対応ゲームソフト「サイコブレイク2」。

本作は“バイオハザード”シリーズを産んだ三上真司がディレクターを勤めたサバイバルホラーサイコブレイク」の続編。

主人公の刑事セバスチャンが娘を取り戻すために仮想世界“STEM”に再び入るという内容だ。

主人公セバスチャンは再び悪夢の世界へ。

何が起こるかわからない一本道を歩く恐怖美麗なグラフィックで体験できる。

また前作になかった新要素”探索”が追加。自由度が高くなり、自分の好きなように遊べる

戦うか?身をひそめるか?敵に対するベストなアクションを選択しよう。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • チャプター毎のボリュームが多く、長く遊ぶことができる。
  • キャラクターがほぼ一新、またオートエイムも実装されているため、初心者でも安心して楽しめる。
  • 武器の成長などやり込み要素が豊富。
発売日2017年10月19日
会社ベセスダ・ソフトワークス
価格パッケージ版 ¥7,980(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

アドベンチャー

デトロイト:ビカム ヒューマン

本作は、3人のアンドロイドの物語を体験していくアドベンチャー人とアンドロイドの軋轢を、起こりうる未来として描いた作品だ。

彼らの行動はプレイヤーが選択できる、誰に共感するかによって物語が変化していく。

プレイヤーの選択次第で登場人物の運命も変わっていく。

プレイヤーキャラの一人、コナーの場合は操作モードで室内を探索し、調査可能なものを選んで捜査を進展させていく。緊急を要する任務では捜査に時間をかけると成功可能性("Probability of Success")の数値が下がってしまうといったシステムがある。

おすすめポイント

  • 表情、ストーリー、アンドロイドであるがゆえに生じる葛藤。様々な社会問題まで取り込んだ最高峰のアドベンチャーが体験できる。
  • シナリオの分岐はいつでも確認できるのでどこで間違ったかがすぐにわかる。なんども同じシナリオを繰り返すストレスがないところが良い。
  • 分岐をいちいち潰していくと膨大な時間がかかるので1プレイ目は思った通りにすすめてエンディングを見るのがおすすめ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

発売日2018年5月25日
会社ソニー・インタラクティブ
エンタテインメント
価格パッケージ版 ¥6,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

ライフ イズ ストレンジ

2016年3月3日にスクウェア・エニックスから発売された「ライフ イズ ストレンジ」
時間を巻き戻せる能力に目覚めた女子学生「マックス」の青春を描いたアドベンチャーゲームだ。

プレイヤーは主人公「マックス」を操作して、全寮制のブラックウェル高校での学生生活を送っていく。

本作は"バタフライ効果"がテーマになっており、過去をやり直したことで変化するその後の展開を予測しながらプレイする必要がある。

《プレイ後の感想》

館内で入手するビデオの登場人物としてプレイするモードも怖い。

主人公が使う時間を巻き戻す能力はゲームらしい能力だが、本作ではそれが主人公マックスの恋愛、学校での友人関係、現状への苛立ちなどを“青春”を際立たせるツールとして見事に機能している。

ストーリーが進むと「前回のライフイズストレンジは」から始まる前話を振り返る演出もドラマ性の強い本作と相性が良い。いつでタイムリープ系のゲーム性と青春というテーマをミックスした物語は本作ならではで「◯◯っぽいゲーム」が思いつかないほどオリジナリティに溢れている。

たとえ時間を戻して目の前の物事を解決したとしてもその後大きなズレが生じて大事件に発展するかもしれない、といういわゆるバタフライエフェクトの理論をうまく物語に取り込んでいる。

自分の行動が誰にいつにどういった影響を与えてしまうのかドキドキしながらプレイできた。ただ、思ったよりもサクッと終わってしまうのが唯一の残念ポイント。

おすすめポイント

  • 過去に戻れるシステムとバタフライエフェクトをイメージしたストーリーが楽しい。シュタインズゲートが好きな人は特にハマれる。
  • 全体のボリュームが少なめだが、マルチエンディングなので何度もプレイしたくなる。(レビュー部:かとう)
発売日2016年3月3日
会社スクウェア・エニックス
価格パッケージ版 ¥4,444(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

シミュレーション

SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス

モビルスーツを始め、登場ユニットのCGモデルを一新し、演出が進化。「宇宙世紀100年」のガンダムの世界に焦点を当てた、「ジージェネ」シリーズの新章となる作品。

ガンダムの世界で自分だけのオリジナル部隊を編成し、敵モビルスーツの撃破や捕獲など自ら立てた戦略で戦っていこう。

機動戦士ガンダム」以外にも16作品のシナリオを収録している。さらにダウンロードコンテンツで「機動戦士ガンダム サンダーボルト」などのストーリーも楽しむことが可能だ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 様々なガンダム作品を網羅。原作追体験ができるので、アニメ未見の作品もしっかり楽しむことができます。
  • 頭身が少し上がりすっきりしたMSたちが戦闘シーンでよく動きます。ガンダム好きなら買って損はありません。
発売日2016年11月22日
会社バンダイナムコエンターテインメント
価格パッケージ版 ¥8,200(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

格闘ゲーム

鉄拳7

バンダイナムコエンターテインメントから2017年6月1日発売のPS4(PSVR対応),Xbox One対応のゲームソフト「鉄拳7」

平八キングポールなど「鉄拳」シリーズおなじみのキャラクターが一同に集結する格闘ゲーム

VRモードも搭載した3D格ゲーの代名詞「鉄拳」最新作。

体力が少なくなると自動で発動するレイジ状態。このレイジ状態の時のみレイジアーツレイジドライブといった強力な技を出すことができる。

さらにダメージを食らいつつも反撃可能なパワークラッシュなどピンチをチャンスに変えることのできるシステムが搭載され、先の読めない熱い戦いが可能となっている。

ダメージは受けるが反撃が可能な技、パワークラッシュ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • リリース序盤はオンラインマッチングがなかなかできないという不具合があったが、アップデートで改善。ラグもなくアーケード同様の熱い対戦が家でできるのが◎。
  • 新システムのパワークラッシュで攻撃を食いながらも反撃するのが気持ちいい。強引に撲り返してる感じでコントローラーに力が入ります。
発売日2017年6月1日
会社バンダイナムコエンターテインメント
価格パッケージ版 8,200円(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

レース

グランツーリスモ SPORT

グランツーリスモ SPORT」は実在するクルマを3DCGの圧倒的クオリティで表現したビジュアルが特徴ドライビングシュミレータ

本作では初心者から成長していくことができるビギナースクールミッションモードなどを搭載。

丁寧に運転の基礎を教えてくれるので、ゲームドライビングゲームが未経験でも安心して遊べるぞ。

レースゲーム最高峰のグラフィックは実写と見間違うほどのクオリティー。

クルマリアルな挙動も忠実に再現しており、実際のサーキットのコース本格的な爽快感溢れるレースを楽しむことができるぞ。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • :p:なんといっても圧倒的に美しいグラフィックに感動します。車自体はもちろん、景色や運転席の再現度まで全てが実物クオリティです。
  • 映像面は素晴らしいですが初期の収録コースが少なく感じました。オンラインでアップデートはされていくと思いますが、最初のボリュームとしてはもう少し欲しいところ。
発売日2017年10月19日
会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格パッケージ版 ¥6,900(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

スポーツ

FIFA18

ゲームシステムは、シリーズお馴染みのリアルなグラフィックで楽しめるサッカーゲームだ。

"モーションキャプチャー"を使ったシステムにより、トップ選手たちがピッチで見せる特徴的な動きを再現。臨場感のあるプレイが可能となっている。

リアリティを極限まで突き詰めたサッカーゲームの最高峰。

プレミアリーグの期待の新星「アレックス・ハンター」として、ピッチの内外でプレイヤーだけの物語を体験できるモード“THE JPURNEY”が搭載。

前作ではプレミアリーグを目指す期待の新生だった彼の物語に、C・ロナウドなどの新たなスター選手が加わった続編が楽しめる。

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 新しいアニメーションシステムが搭載され、選手がより滑らかに動くようになった。
  • 前作の「THE JPURNEY」で起こった出来事がわかるようになっているので、初めての方でも続編を楽しめる。
発売日2017年9月29日
会社エレクトロニック・アーツ
価格パッケージ版 ¥7,800(税抜)

・商品の購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

DL販売ランキング TOP10

PlayStation Storeに掲載されている最新のDL販売ランキングをご紹介。格安のおすすめソフトや、たくさん遊ばれている最新タイトルを確認しよう!

第10位 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

スクウェア・エニックス
社会現象にまでなった『ドラクエ』シリーズ3作目!
ダウンロード版価格:¥1,296
  • 20%OFF

おすすめポイント

  • バトルのアニメーションがカットされているので、サクサク進めることができる。
  • オートセーブの機能が搭載されたので、遊びやすくなった。

第9位 No Man's Sky

SIE
幾多の惑星を探索するSFアクションアドベンチャー!
ダウンロード版価格:¥3,823
  • 40%OFF

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • アップデートによって大幅改善され、遊びやすくなった。
  • 宇宙を舞台に、バトル・冒険・クラフトなど色んなことができて楽しい。グラフィックも綺麗で、神秘的な世界観が堪能できる。

第8位 ARK: Survival Evolved – Explorer’s Edition

スパイク・チュンソフト
オープンワールド型の恐竜サバイバルアクション!
ダウンロード版価格:¥11,880

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 恐竜の種類が多いので、恐竜好きな人はたまらない。ペットにできるのが最高。
  • 1つのステージのボリュームが多いので、長く遊ぶことができる。

第7位 ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション

スパイク・チュンソフト
世界中で数々の賞を受賞したアクションRPG!
ダウンロード版価格:¥2,799
  • 60%OFF

おすすめポイント

  • 膨大なクエストやシナリオが収録されて、おりたっぷり遊ぶことができる。
  • 洋ゲーだが町の人々などの何気ない会話までしっかり日本語化されているので、洋ゲー初心者でもとっつきやすい。

第6位 ロックマンX アニバーサリー コレクション

カプコン
王道アクション“ロックマンX”シリーズが遊べる!
ダウンロード版価格:¥3,300

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 1つのソフトでロックマンXシリーズをたくさん遊べるのでお得。
  • スーファミ時代の懐かしさが込み上げてくる。

第5位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックス
未だ進化し続ける国民的RPG
ダウンロード版価格:¥4,849
  • 50%OFF

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 初代から続く鳥山明氏デザインのキャラクターが、そのまま動くのはPS4ならでは。自由度の高い冒険を最高のグラフィックで楽しめる。
  • 今作はダンジョン攻略などもモンスターにライドして崖を登るか、回り道するか、といった攻略の選択肢が多くておすすめ。

第4位 デトロイト ビカム ヒューマン

SIE
    プレイヤーの選択が物語を大きく変える。感情を揺さぶる大作ADV!
    ダウンロード版価格 ¥4,992
  • 33%OFF

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 表情、ストーリー、アンドロイドであるがゆえに生じる葛藤。様々な社会問題まで取り込んだ最高峰のアドベンチャーが体験できる。
  • シナリオの分岐はいつでも確認できるので、なんども同じシナリオを繰り返すストレスがない。

第3位 グランド・セフト・オートV

ロックスター・ゲームス
全世界で絶賛されたオープンワールドの傑作!
ダウンロード版価格 ¥2,373
  • 67%OFF

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • シリーズごとの接点はないので、本作から入る人も問題なく楽しめる。
  • オープンワールド未経験者には是非プレイしてもらいたい1本。広大な世界を自由に冒険することの楽しさを「GTA」で体感できる。

第2位 Dead by Daylight: スペシャルエディション

Behaviour Interactive
4対1のマルチプレイヤーホラーゲーム!
ダウンロード版:¥2,400
  • 20%OFF

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 追われる恐怖でドキドキしっぱなし。アトラクション的なテンションの高い鬼ごっこが思いっきり楽しめる。怖いけど。
  • キャラが追加され続けているので、飽きなく遊ぶことができる。

第1位 BORDER BREAK スターターパック

セガゲームス
基本プレイ無料の本格ロボットアクション!
ダウンロード版:無料

>>さらに詳しい情報はこちらから

おすすめポイント

  • 最大20人の白熱したロボットアクションが無料で遊べる。
  • アーケード版のセットボーナスが廃止。ブランドで統一する必要がなくなり、カスタムが自由に楽しめるようになった。

PS4・PSVRの本体情報まとめ

PlayStation 4 Pro
(CUH-7000シリーズ)1TB
グラフィック性能を大幅に強化したハイエンドモデル。4K解像度(3840×2160)に対応したほか、安定した処理能力と高フレームレートを実現。ほかにも映像の明暗部をより際立たせるハイダイナミックレンジ(HDR)に対応。PS4 Pro専用ソフトというのはないため、あくまで画質にこだわる人向け。※4K解像度やHDRの性能を発揮するには相応のTVが必要。外形寸法:295mm×55mm×327mm。重量:3.3kg。消費電力:最大310W。
PlayStation 4
(CUH-2000シリーズ)500GB
PS4初期モデル(CUH-1000Aシリーズ)を30%以上小型化し、25%(16%)の軽量化と34%(28%)の消費電力を低減。Wi-Fiは802.11 acに対応した。500GBモデルと1TBモデルがあり、2016年9月15日に29,980円(税抜)で発売。※カッコは現行モデル(CUH-1200シリーズ)との比較。外形寸法:265mm×39mm×288mm。重量:2.1kg。消費電力:最大165W。
PlayStation VR
PS4専用のバーチャルリアリティ(VR)システム。VRヘッドセットをかぶることで目の前に360度全方位の仮想空間が出現。独自の3Dオーディオ技術との連動によって、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験ができる。映像はテレビにも出力されるので、家族や友達との対戦プレイも可能。ちなみにPS4 Proでプレイすると画質やフレームレートがアップする。また、仮想空間内のスクリーン(226インチ相当)でゲームや映像が楽しめるシネマティックモードも搭載。2016年10月13日に44,980円(税抜)、カメラ同梱版は49,980円(税抜)で発売。
ニュース