Switch Nintendo Switchの総合情報サイト
このサイトは一部広告を含みます
【2024年最新】Switchで遊べるおすすめインディーズゲーム20選!

【2024年最新】Switchで遊べるおすすめインディーズゲーム20選!

最終更新 :
Switch インディーズ おすすめのアイキャッチ

スイッチ(Switch)のおすすめインディーズゲーム20タイトル!1人だけでけでなく家族やカップルで協力して遊べるゲームまでをご紹介!Switchで遊べる隠れた名作や神ゲーを探している方は是非ご覧ください。

その他のおすすめ記事はこちら!
PS4ゲームおすすめのバナー画像
Switchおすすめソフト
SwitchおすすめSDカードバナー画像
SwitchおすすめSDカード

目次

インディーゲーム おすすめゲームソフト!

この記事では、ジャンル別にインディーゲームの名作を紹介。

メジャーなタイトルとは一味違った、隠れた名作・神ゲーもラインナップ。

フレンドと一緒に遊べるゲーム!

It Takes Two

『It Takes Two』最新情報の画像

■ 協力プレイでクリアを目指す!全編Co-opで魔法の世界を旅するアドベンチャー

『It Takes Two』は、オンライン協力プレイが楽しめるアドベンチャーゲーム

本作は全編Co-op(協力プレイ)専用となっており、フレンドと2人プレイでストーリーを進めていくのが特徴。

魔法をかけられて人形になってしまったカップル、コーディメイを操作して、不思議な世界で待ち受ける愉快で過激な物語に挑もう。

ここがおすすめ!
  • 大人から子供まで楽しめる笑いあり、涙ありの物語
  • ゲームが不慣れな人でも安心なシンプル操作
  • 1人がソフトを持っていれば2人プレイが可能
コーディとメイの2人協力プレイ。人間に戻る旅に出よう。
2人プレイならではの謎解きなども充実。
プレイ人数2人
価格4,300円(税込)
ダウンロード容量12.2GB
関連記事
『It Takes Two』最新情報の画像
『イット・テイクス・ツー(It Takes Two)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Among Us

Among Us(アモングアス)のメインビジュアル

■ 裏切り者は誰?2つの陣営に分かれてそれぞれのミッションをこなす人狼式ゲーム

Among Us(アモングアス)』は、ミッションを解決しながらインポスター(裏切り者)を見つけ出すアクションゲーム

プレイヤーたちはクルー(Crew)インポスター(Imposter)という2つの役割に分かれる。クルーはミッションをこなして宇宙船からの脱出を目指し、インポスターは気づかれないようにクルーをキルしていくぞ。

誰が味方で誰が敵なのか分からない緊張感を味わえる人狼形式のゲームだ。

また、本作はクロスプレイに対応しており、アプリ版や他ハードで遊んでいるプレイヤーとも一緒に遊べるぞ。

ここがおすすめ!
  • 多人数で何度でも盛り上がれるゲーム性
  • クロスプレイ対応で多くの人とプレイしやすい
  • 誰が裏切り者か分からない緊張感
インポスター人数発表シーン
ミッション遂行シーン
プレイ人数4〜15人
価格520円(税込)
ダウンロード容量687.0MB
関連記事
Among Us(アモングアス)のメインビジュアル
『Among Us(アモングアス)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

ヒューマンフォールフラット

ヒューマンフォールフラットのアイキャッチ画像

■ 最大8人で一緒に遊べる“ふにゃふにゃ”アクションパズル!

本作はふにゃふにゃ動くキャラクター「ボブ」を操作して、オブジェクトを動かしながらパズルを解いていく3Dアクション

最大8人での、ローカル/インターネット通信プレイが可能で、画面分割での2人プレイにも対応している。

ここがおすすめ!
  • ふにゃふにゃ動く、癖のある面白い操作性
  • 時間制限や失敗の概念がないので何度もリトライできる
  • 一人でもマルチでも楽しめる
キャラクター操作場面
マルチプレイ
プレイ人数1~8人
価格1,530円(税込)
ダウンロード容量2.1GB
関連記事
ヒューマンフォールフラットのアイキャッチ画像
『ヒューマン フォール フラット(Human: Fall Flat)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

オーバークック 王国のフルコース

オーバークック 王国のフルコースのアイキャッチ画像

■ 1本でシリーズ2作品が遊べちゃう、まさにフルコースな作品が登場

『オーバークック』と『オーバークック2』の2作品を収録したソフト。ダウンロードコンテンツも全て収録しており、お買い得なパックだ。

本作は、決められたミッションや制限時間に合わせて料理を作るアクションゲーム。最大4人でのプレイが可能で、皆で楽しく遊べるパーティゲームとして人気の作品となっている。

また、新たに追加された「アシストモード」によって制限時間を気にせず料理が可能になった。大人数のハチャメチャなクッキングだけでなく、ひとりでじっくり料理を楽しむこともできるぞ。

ここがおすすめ!
  • シリーズ2作とDLCをお得に楽しめる
  • 60人ものシェフから操作キャラクターを選択可能
  • 役割分担をしてマルチでわいわい盛り上がれる
ステージ画面1
ステージ画面2
プレイ人数1〜4人
価格4,100円(税込)
ダウンロード容量15.4GB
関連記事
オーバークック 王国のフルコースのアイキャッチ画像
『オーバークック 王国のフルコース』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

PICO PARK

PICO PARK

■ 最大8人で協力しながら進めるアクションパズル!

『PICO PARK』は、最大8人で協力しながら進めていくアクションパズル

本作は2人からプレイ可能で、ステージ内のギミックはどれも協力必須なものとなっている。プレイ人数によってギミックが変化するため、遊ぶ人数を気にせず楽しめる。

全48ステージ用意されている「WORLD MODE」や、協力してハイスコアを目指す「ENDLESS MODE」、ミニゲーム感覚で勝負できる「BATTLE MODE」の3つが用意されており、誰とでも気軽に遊べる作品だ。

ここがおすすめ!
  • デフォルメされた猫のような可愛らしい操作キャラクター
  • 通常の協力プレイとバトルモードで気分を変えて遊べる
  • 最大人数までなら何人でも気軽に遊べるシステム
ステージ画面1
ステージ画面2
プレイ人数2〜8人
価格500円(税込)
ダウンロード容量111.0MB
関連記事
PICO PARK
『PICO PARK』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

どっぷりやり込めるアクションゲーム!

HADES

Hades(ハデス)のアイキャッチ画像

■ 永続的なパワーアップを繰り返し、難関ダンジョンの攻略を目指せ!

本作はハクスラの爽快感と、ローグライクのやりこみ感を兼ね備えたアクションタイトル

本作の舞台はギリシャ神話の世界。主人公は不死身の王子「ザグレウス」で、タイトルにもなっているハデスは彼の父親だ。

このハデスの支配から逃れるために、ザグレウスは剣、弓などの武器をもち、オリンポスの神々たちの能力を受けながら敵を倒し地獄を進んでいく

ローグライク要素もありゲームオーバーになってしまうと最初からやり直しとなるが、ダンジョン構造や出現モンスター、出会う神はランダムに変化するので、何度でも遊びたくなる中毒性がある。

ここがおすすめ!
  • 6種類の武器から好きな戦闘スタイルを選べる
  • 何度でも遊びたくなるランダム性のあるスキルシステム
  • アクション初心者でも楽しめる「ゴッドモード」
ゲーム画面1
ゲーム画面2
プレイ人数1人
価格2,800円(税込)
ダウンロード容量5.8GB
関連記事
Hades(ハデス)のアイキャッチ画像
『HADES(ハデス)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

UNDERTALE

UNDERTALEのアイキャッチ画像

■ 世界が絶賛した“最も優しいRPG”!

本作はToby Fox氏が開発したインディーズゲーム。クラウドファンティングを通じて製作されたRPG

基本はマップを冒険し敵と戦う一般的なRPGだが、モンスターを1度も倒さなくてもクリアできるという特徴がある。

ユーザーからシナリオやキャラクター性など高い評価を得ており、海外で複数のゲーム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた作品だ。

ここがおすすめ!
  • ドット絵で描かれるレトロな雰囲気のRPG
  • 世界中で評価されたシナリオとBGM
  • 敵を倒さないという選択もできる一風変わった戦闘システム
会話シーン
戦闘シーン
プレイ人数1人
価格1,620円(税込)
ダウンロード容量220.0MB
関連記事
UNDERTALEのアイキャッチ画像
『UNDERTALE(アンダーテール)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

OMORI

OMORIのアイキャッチ

■ 世界中のファンの心を震わせたホラーRPGがSwitchに登場!

『OMORI』は、手描き調の優しいタッチの絵と柔らかい雰囲気のドット絵が特徴のホラーRPG

長らく英語版しか出ていなかったのだが、Switchで登場するにあたって日本語版のローカライズが決定

本作は引きこもりの少年「オモリ」が仲間と共に、ときに優しくかわいらしいが、ときに背筋を凍らせるほど不気味な世界を行き来しながら、旅をしていく物語だ。

ここがおすすめ!
  • レトロな雰囲気と不気味さが同居するドット絵の世界
  • 「感情」が影響する戦闘システム
  • ただ怖いだけではない、奥深いシナリオ
物語冒頭シーン
戦闘シーン
プレイ人数1人
価格2,980円(税込)
ダウンロード容量1.9GB
関連記事
OMORIのアイキャッチ
『OMORI』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

テラリア

テラリア 発売日など最新情報のアイキャッチ

■ 掘る、作る、戦う!大人気サンドボックス『テラリア』がスイッチに登場!

本作は、Re-LogicがPC向けに2011年に発売し、世界で2000万本以上を売り上げた人気インディーゲーム『terraria』のスイッチ移植版。

ワールド全てがブロックで構成された、いわゆるサンドボックス型の2Dアクションで、あらゆるものがドットで表現されたレトロゲーム風のデザインが本作の大きな特徴だ。

ここがおすすめ!
  • 昔懐かしい横スクロール風のドット絵
  • アイテム収集等のやりこみ要素の豊富さ
  • 最終アップデートによって様々な要素が追加、プレイ済みでも楽しめる
ステージ画面
ボス戦
プレイ人数1〜8人
価格4,180円(税込)
ダウンロード容量471.0MB
関連記事
テラリア 発売日など最新情報のアイキャッチ
『テラリア』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

ENDER LILIES: Quietus of the Knights

エンダーリリーズ:クワイタス・オブ・ザ・ナイツのアイキャッチ画像

■ 少女と騎士が悲劇的な世界に立ち向かう横スクロールアクション

本作は、記憶を失った少女「リリィ」と不死の騎士をあやつり、「死の雨」により滅びた王国の謎を解き明かすべく旅をする、ダークファンタジーな探索型2DアクションRPG

舞台となる「果ての国」は、荘厳な王城、水没した深森、荒れ果てた聖堂など、悲劇的で美しい世界が広がっている。

攻撃、回避、回復をバランスよく駆使していくシンプルな操作性のアクションながらも、一瞬の気の緩みが命取りになるような個性的で倒しがいのあるボス達との戦闘が本作の魅力だ。

ここがおすすめ!
  • 陰鬱でありながらも引き付けられる魅力があるダークな世界観
  • シンプルな操作性と絶妙な戦闘バランス
  • アクションを習得していくことによって探索の幅が広がる楽しさ
ボスバトル
イベントシーン
プレイ人数1人
価格2,728円(税込)
ダウンロード容量1.9GB
関連記事
エンダーリリーズ:クワイタス・オブ・ザ・ナイツのアイキャッチ画像
『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Hollow Knight

holloy knight アイキャッチ

■ 滅びゆくムシ達の王国の物語を描く、キュートで壮大な2Dアクションアドベンチャー!

可愛くて不気味なムシがモチーフの2Dアクションアドベンチャー

曲がりくねった洞穴、古代都市、危険な荒れ地などが絡まり合うようにして構成された広大な世界で、回避、ダッシュ、攻撃といったシンプルなアクションを駆使して、強力な敵に立ち向かっていく。

汚染された生物と戦い、ちょっと変わったムシたちと交流しながら、王国の中枢に秘められた太古の秘密を解き明かす壮大な冒険に繰り出そう。

ここがおすすめ!
  • ホラーチックでありながら可愛らしいキャラクターたち
  • 広大なマップや育成など、やりこみ要素もあり
  • 歯ごたえのある難易度のボス戦
ステージ画面1
ステージ画面2
プレイ人数1人
価格1,480円(税込)
ダウンロード容量5.3GB
関連記事
holloy knight アイキャッチ
『Hollow Knight (ホロウナイト)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Minecraft

Minecraftのアイキャッチ画像

■ サンドボックスゲームの火付け役!素材を集めて自由に建築を楽しもう!

本作は砂場のように自由に遊べるサンドボックス型の冒険・ものづくりゲーム

ほとんどのモノが立方体のブロックで構築された世界で、建物の建築やダンジョン探索、マルチプレイなどなど、プレイヤーのやりたいことを自由に楽しめる

なおPS4版,PCを含む異機種間でのオンラインプレイが可能となっているぞ。

ここがおすすめ!
  • 老若男女誰でも楽しめる遊びの幅広さ
  • 段々と探索範囲を広げていくワクワク感
  • 建築だけを楽しむことができる「クリエイティブモード」
探索シーン
マルチプレイシーン
プレイ人数1〜8人
価格3,960円(税込)
ダウンロード容量1.3GB
関連記事
Minecraftのアイキャッチ画像
『Minecraft (マインクラフト)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Stardew Valley

Stardew Valley(スターデューバレー)の画像

■ まったり&スローライフな農場経営を楽しもう!

本作は、主人公が所有する農場を発展させるため、農業や畜産、クラフトなどを繰り返すスローライフシミュレーションゲーム

広大なマップには、畑や牧場といった様々な施設を設置することが可能。農場経営の他にも、住人たちとの交流やダンジョン攻略なども用意されており、その自由度の高さ数多くのやりこみ要素が多くのプレイヤーを虜にし続けている。

ここがおすすめ!
  • 自由度の高いまったりスローライフ農場経営
  • 個性豊かなキャラクターたちとの交流
  • 時には素材を求めて危険な鉱山を探索
農作業シーン
イベントシーン
プレイ人数1〜4人
価格1,480円(税込)
ダウンロード容量1.5GB
関連記事
Stardew Valley(スターデューバレー)の画像
『Stardew Valley(スターデューバレー)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

天穂のサクナヒメ

天穂のサクナヒメ 発売日など最新情報のアイキャッチ

■ 再現度がすごい米づくりシミュレーション

本作は鬼が支配する「ヒノエ島(通称:鬼島)」を舞台に、神を両親に持つ主人公・サクナの成長が描かれる和風アクションRPG

鬼と闘う爽快コンボアクションと、日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合した、これまでにないゲーム性を味わえる作品だ。

ここがおすすめ!
  • 本業農家も唸らせるリアルな稲作シミュレーション
  • コンボアクションが爽快な戦闘パート
  • 主人公のサクナヒメを始めとした個性豊かなキャラクターたち
稲作シーン
アクションシーン
プレイ人数1人
価格3,278円(税込)
ダウンロード容量6.4GB
関連記事
天穂のサクナヒメ 発売日など最新情報のアイキャッチ
『天穂のサクナヒメ』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Downwell

Downwell(ダウンウェル)のアイキャッチ画像

■ 歯ごたえのある難易度と繰り返し遊びたくなるゲームシステムが魅力!

Downwell(ダウンウェル)』は、果てしない井戸を舞台に下へ下へと突き進んでいく、落下型2Dアクションシューティングゲーム

靴型の武器「ガンブーツ」を装備し、井戸に潜むモンスターを蹴散らしながら冒険していく。

ここがおすすめ!
  • 下へと落ちていくというシューティングとしては変わったシステム
  • プレイヤースキルの上達を感じられるコンボシステム
  • やりこみたい人向けにハードモードも搭載
ステージ画面
アイテム購入画面
プレイ人数1人
価格500円(税込)
ダウンロード容量98.0MB
関連記事
Downwell(ダウンウェル)のアイキャッチ画像
『Downwell(ダウンウェル)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

独特な発想・世界観が楽しめるゲーム!

コーヒートーク

コーヒートーク 情報まとめのアイキャッチ

■ お客さんはエルフにオーク?ちょっと不思議な喫茶店が舞台のノベルアドベンチャー

本作は、プレイヤーの喫茶店に訪れる、様々な事情をもつ登場人物たちに飲み物や食材を提供しながら、彼らの話を聞いていくノベルアドベンチャー

お客との会話を楽しむノベルパートと、レシピを見つつ飲み物を淹れるゲームパートをこなすことで物語が進行していく。

人間以外の種族が存在する世界観が特徴で、エルフやオーク、人魚といった異種族のお客も多く店を訪れる。

ここがおすすめ!
  • 喫茶店を舞台とした一見変わったノベルゲーム
  • 多種多様な特徴をもったお客様たちが描く人間模様
  • ラテアートも作れるコーヒー作成パート
接客シーン
コーヒー作成シーン
プレイ人数1人
価格1,600円(税込)
ダウンロード容量968.0MB
関連記事
コーヒートーク 情報まとめのアイキャッチ
『コーヒートーク』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

VA-11 Hall-A ヴァルハラ

VA-11 Hall-A ヴァルハラのアイキャッチ画像

■ ムーディーなバーで繰り広げられる、愛すべき変わり者たちとの会話劇に注目

本作の舞台はディストピア感漂う都市・グリッチシティ。プレイヤーは「VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)」のバーテンダー・ジルとして、バーに訪れる様々なキャラクターに対してカクテルを提供することになる。

サイバーパンクバーテンダーアドベンチャーゲーム」と銘打っていることもあり、バーにはSFチックなキャラクターが多数登場。アンドロイドや言葉を喋る犬、時には水槽に浮かんだ脳みそが来店することもあるのだ。

キャラクターとの会話は他愛ない世間話から酒場らしい猥談など、実に様々。時には世界観や人物像を掘り下げるシリアスな内容が語られることもあり、飽きさせないストーリー展開にグイグイ引き込まれてしまうことだろう。

ここがおすすめ!
  • SFな世界観とマッチしたバーという舞台で展開される物語
  • 来店したキャラクターとのシニカルでウィットな会話劇
  • 提供するカクテルによって物語が変わることも
接客シーン
カクテル作成シーン
プレイ人数1人
価格2,160円(税込)
ダウンロード容量714.0MB
関連記事
VA-11 Hall-A ヴァルハラのアイキャッチ画像
『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Baba Is You

Baba Is Youのアイキャッチ画像

■ ルールさえもパズルの一部!?風変わりなパズルゲーム

本作はプレイヤーがルールを自由に変更しながらゴールを目指していくパズルゲーム

ステージのルール自体が接触可能な“ブロック”として配置されており、そのブロックを動かすことでルールそのものを変化させることができるぞ。

ルールにさえ従っていれば、どんな解き方でもOK。常識にとらわれず柔軟な発想がとわれる、一風変わったゲーム性が特徴の作品だ。

ここがおすすめ!
  • 柔軟な発想を求められるゲーム性
  • 一見ゆるめのグラフィックからは連想できない難易度
  • 200面以上もある豊富なステージ数
パズルステージ1
パズルステージ2
プレイ人数1人
価格1,500円(税込)
ダウンロード容量228.0MB
関連記事
Baba Is Youのアイキャッチ画像
『Baba Is You(ババイズユー)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Gorogoa

『Gorogoa(ゴロゴア)』アイキャッチ

■ 美麗な手書きイラストが特徴的なパズルゲーム

『Gorogoa』は、ジェイソン・ロバーツにより開発されたパズルアクションゲーム

本作は、まるで美術作品のような美麗なイラストのパズルを組み立てることで、場面が変化し、あわせてストーリーが進行していくというもの。

シンプルながらも本格的なパズルを解きながら、自分の手で展開させていくストーリーを楽しもう。

ここがおすすめ!
  • まるで美術作品のような手書きイラスト
  • パズルをクリアすることで展開されるストーリー
  • シンプルに見えてプレイヤーを驚かせるギミックの数々
パズル1
パズル2
プレイ人数1人
価格1,500円(税込)
ダウンロード容量2.0GB
関連記事
『Gorogoa(ゴロゴア)』アイキャッチ
『Gorogoa(ゴロゴア)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

Good Job!

Good Job!(グッジョブ)のアイキャッチ画像

■ 物を壊したりぶん投げたり、やりたい放題なプレイが可能なパズルアクション

Good Job!(グッジョブ)』は、さまざまなお題にチャレンジしていくパズルアクションゲーム

ゲームの舞台は多種多様なビジネスを展開する巨大企業。

マニュアルが一切ない自由な社風が特徴の会社で、プレイヤーは新入社員としてさまざまな仕事をこなしながら、会社のトップを目指していくことになる。

ここがおすすめ!
  • 爽快感もある変わったパズルゲーム
  • 友達や家族とも楽しめるマルチモード
  • 様々な種類の業務内容で飽きさせないつくり
ステージ画面
クリアシーン
プレイ人数1〜2人
価格2,000円(税込)
ダウンロード容量419.0MB
関連記事
Good Job!(グッジョブ)のアイキャッチ画像
『Good Job!(グッジョブ)』の紹介記事はこちら!
Nintendo eShopで詳細を見る

そもそもインディーズゲームの定義とは?

意味合いとしては音楽やファッション分野でも使われる「インディーズ」という言葉と概ね近く、要するに大手のメーカーではなく、個人や小規模のサークルが開発・販売しているゲームを指す。

近年ではStaem等の個人のゲーム開発者でも利用しやすい配信プラットフォームの充実や個人でのゲーム開発のしきいが低くなったことが要因で数多くのインディーズゲームがリリースされるようになった。

ダウンロード専売であることが多い比較的低価格独創性が高く変わったゲーム性のものが多いといった傾向がある。当然これらに当てはまらずとも面白いゲームもある。

世界で最も売れているゲームと言われる『Minecraft』や近年ネットで話題となった『天穂のサクナヒメ』もインディーズゲームに含まれる。

今後発売の注目作をピックアップ!

注目の記事

鳴潮 PC2カラム

最新ニュース

Switch 右カラムの画像

新作・セール情報まとめ

おすすめ記事一覧