PS5 プレイステーション5の総合情報サイト
PS5(プレステ5)コントローラーが勝手に動くときの修理方法/対処法を解説!

PS5(プレステ5)コントローラーが勝手に動くときの修理方法/対処法を解説!

最終更新 :
PS5コントローラーが勝手に動くときの対処法/修理方法のアイキャッチ

PS5コントローラーが勝手に動く・スティックが上を向く場合の対処法を紹介!対処法だけでは直らなかったときの修理方法や注意点についても紹介しているので、PS5のコントローラー周りで困った際の参考にしてみてください。

PS5コントローラーが勝手に動くときの対処法と、修理方法も合わせて紹介!

PS5でゲームをプレイしていると、コントローラーで何も入力していないのに勝手にキャラクターが歩き出してしまうというような事象が起きてしまったことはないだろうか。
これは通称「ドリフト」と呼ばれている現象だ。

主にコントローラーの不具合によって発生してしまうドリフト現象だが、この記事ではその対処方法3つ紹介していくので参考にしてみてほしい。

また、それらの対処法を試しても改善しなかった場合の修理方法も紹介していく。

目次

①リセットボタンを押して再接続

(画像引用:PlayStation公式 コントローラーサポート)

PS5コントローラーのリセットボタンの場所

まず一つめの対処法はPS5のコントローラーのリセットボタンを押すことだ。
PS5のコントローラーには、不具合が起きた場合に備えてリセットボタンが搭載されている。

リセットボタンは、コントローラー背面、SONYのロゴの右あたりに配置されており、くぼんだ小さめの穴の中にある。

PS5本体の電源をオフにした後、爪楊枝などの細いものでボタンを3~5秒ほど長押ししよう。その後、USBケーブルでPS5本体とコントローラーを接続し、PSボタンを押せばリセット完了だ。

②アナログスティックの隙間を掃除する

PS5コントローラーのアナログスティック

コントローラーの不具合以外でも、アナログスティック部分に汚れやゴミが溜まってしまうとドリフト現象が発生してしまう場合がある。
そういった場合は、アナログスティックの根本部分を掃除しよう。

アナログスティックを回しながら布で拭き取ったりエアーダスターを吹きかけたりすると良い。
一通り掃除が終わったらPS5を起動して、操作に違和感がないか確認しよう。

また、分解までしてしまうとメーカーの保証が受けられなくなってしまう可能性があるので、分解や組み立てに関する知識が無いのなら推奨しない。

③システムアップデートがされているかどうか確認

システムアップデート

最後に紹介する方法は、PS5のシステムアップデートをする方法だ。

SONYはPS5の機能向上や不具合の修正などで、不定期にシステムアップデートを配信することがある。そのアップデートにはコントローラーに関する内容が含まれていることもあり、それによってドリフト現象が改善されることもある。

自動でアップデートする設定をしていない場合は、ドリフト現象が起きているコントローラーを接続したまま、PS5のホーム画面の設定メニューから、
【システム】>【システムソフトウェア】>【システムソフトウェアアップデートと設定】>【システムソフトウェアをアップデート】
の順に選択し、手動でアップデートをかけてみると良いだろう。

対処法を試しても直らない場合は?修理の申し込み方法

PS5の画像

もしこれまで紹介した方法で改善しなかった場合、公式のサポートに修理を申し込もう。
PlayStationサポートのページからオンラインで申し込むことができる。

PS公式 オンライン修理受付サービス

また、購入から1年以内の保証期間内であれば無償で修理を受け付けてもらうこともできる。
ただしコントローラーに改造を行っていたり、損傷が著しい場合は断られる可能性もあるので注意しておこう。購入時のレシートや領収書なども必要になる。

なお、申し込むと約2週間ほどで交換してもらえるようだ。
(※地域や時期によって差があります)

関連記事
コントローラー記事アイキャッチ
PS5(プレステ5)用コントローラーの新機能や値段について詳しく紹介!

PS5に関するよくある質問

関連記事

PS5の関連記事

PS4の関連記事

スイッチの関連記事