PS5 プレイステーション5の総合情報サイト
【PS5】プレステ5 発売日やスペックなどの最新情報まとめ

【PS5】プレステ5 発売日やスペックなどの最新情報まとめ

最終更新 : GameWith編集部

ソニーから発売の次世代ゲーム機「プレステ5(PS5)」の発売日や価格・値段、スペックなどの最新情報をまとめてご紹介。新コントローラーの詳細や、対応ソフト/ローンチタイトルなど、プレステ5/PS5に関する速報なども交えて紹介しています。

目次

最新情報/更新履歴

日付更新内容
11/12(水)PS5発売!
11/11(水)・Q&A形式の解説が公開
・PS5本体の開封動画が公開
11/6(金)推奨設定やデータ転送などを紹介する解説動画が公開
10/16(金)ユーザー体験(UX)に関する情報が公開

次世代機「プレステ5/PS5」とは?

▲ついに存在が明らかになったプレイステーションの次世代機。正式名称は「プレイステーション5」。

プレステ5/PS5は、ソニーが手がけるPS4の後継となる次世代ゲーム機。発売時期は2020年の年末であると2019年10月8日に公式に発表された。

プレステ5/PS5はPS4よりさらに高画質(8K対応)で、早くゲームが起動できる最新のシステムを搭載。また、PS5ソフトだけでなくPS4のゲームも遊ぶことができる「後方互換機能」を搭載している。

本記事ではそんな期待のプレステ5(PS5)の気になる発売日や値段PS4と比べてどの辺がすごいのか?といったスペックに関することまで、PS5の情報を余すところなく紹介していくぞ。

プレステ5/PS5の発売日はいつ?

9月17日(木)に行われた映像イベントにて、発売日が11月12日(木)と発表。

ディスクドライブ搭載の「標準モデル」と、ディスクドライブがない「デジタル・エディション」といった2種類のモデルが発売されるぞ。

予約はいつから?

2020年9月18日(金)午前10時より、一部店舗で予約受付がスタート。

当サイトでは店舗ごとの予約/抽選/入荷情報を別の記事でまとめているので、ぜひ下記のリンクからチェックしてみてほしい。

PS5予約/抽選の最新情報はこちら

プレステ5/PS5 商品概要

発売日2020年11月12日(木)
価格標準モデル:49,980円
デジタルエディション:39,980円
商品情報・標準モデル(ディスクドライブ搭載)
・デジタルエディション(ディスクドライブなし)
公式サイトプレイステーション5 公式

プレステ5/PS5の価格・値段は?

気になるPS5の価格・値段だが、標準モデルが49,980円、デジタルエディションが39,980円と発表された。

これまでのプレステシリーズの価格は?

ハード名希望小売価格発売
PS5¥49,9802020年11月12日(木)
PS5 デジタルエディション¥39,9802020年11月12日(木)
PS4 Pro(1TB)¥44,9802016年11月10日
PS4(500GB)¥39,9802014年2月22日
PS3(20GB)¥49,9802006年11月11日
PS2¥39,8002000年3月4日
PS¥39,8001994年12月3日

プレステ5/PS5のスペック詳細

PS5は2つのモデルで発売

2020年6月12日に配信された映像イベントにて、プレステ5/PS5は2種類のモデルが用意されていると判明。

1つはUltra HD Blu-rayディスクドライブを備えた「標準モデル」、もう1つはディスクドライブがない「デジタル・エディション」となる。

超高速SSD

PS5に搭載された超高速SSDは、2GBのデータ読み込み(ロード)を0.27秒で完了することができる。

PS4では1GBの読み込みに20秒かかっていたことから、これはかなり大幅な進化と言える。SSDの搭載は機能的な恩恵だけでなく、今後PS5向けに発売されるゲームの自由度や快適性を高めてくれることにもなるだろう。

なおPS5では、パッチの適用の時間削減やデータコピーの必要をなくすことを目指しているとのことで、SSDを利用したあらゆる待ち時間の削減が期待できそうだ。

カスタムGPU

PS5に搭載されるGPUは、前世代機と比較してグラフィックをより高解像度化してくれる。

このGPUの目玉の機能であるレイトレーシングは、現実世界でどのように光が動き、物体表面でどのように反射するかをゲームで再現する手法で、現実と見まがうほどのグラフィック表現が可能になる。

こちらは言葉ではわかりにくいので、Unreal Engineのレイトレーシング技術のデモ映像で、そのリアリティを確認してみて欲しい。

Unreal Engineによるレイトレーシング技術のデモ動画。実写レベルの美しい反射や影の表現が確認できる。

3Dオーディオ

PS5に搭載される3Dオーディオ「Tempest」では、音の鳴る方向のリアリティ音の実在感をより感じられるようになる。

これにより、雨粒がさまざまなモノの表面に当たる音や、敵が具体的にどの方向に潜んでいるかまでも聞きわけることができるようになり、圧倒的な没入感でのプレイを実現。

ヘッドセットやオーディオ機器はもちろんのこと、TVモニターのスピーカーからでも、ゲームの中にいるかのような臨場感あふれるサウンドを味わえる。

PS4のソフトが遊べる!(後方互換性)

PS5ではPS4のゲームが遊べる。(画像はPS4版『モンスターハンター:ワールド』のもの)

後方互換機能」とは要するに「PS5ではPS4(PSVR)のソフトが遊べる」ということ。

この機能のおかげでPS4ユーザーが発売直後に次世代機のプレステ5を買っても遊ぶゲームに困らない。1台でPS4もPS5のソフトも遊べるというのはユーザーとしては非常にありがたい。

<10/12追記>
10月9日(金)、PS Blogにて後方互換性に関する続報がいくつか判明。

記事では「4,000以上あるPS4向けソフトの99%以上がPS5でプレイ可能」と語られ、その他にもPlayStation コミュニティでユーザーから寄せられた後方互換についての質問について回答された。

■ 後方互換性に関する主なQ&A

PS5でプレイできるPS4のソフトは?
4,000以上あるPS4向けソフトの99%以上がPS5でプレイ可能。
PS4のゲームをPS5のデジタルエディションとディスクドライブ搭載版でプレイするのとでは、どのような違いがある?
・どちらのモデルでもゲーム体験は同じ
・デジタルエディションでは、PS4タイトルのディスク版をプレイすることができない。
PS5でPS4のゲーム体験は変わる?
ロードのスピードが向上するほか、フレームレートの向上や安定性の実現など、ゲームがブーストされる。
・特に、可変フレームレートや、4Kまでの動的解像度に対応しているゲームでは、さらにクオリティの高いゲーム体験が可能になる場合がある。
PSVRのソフトはPS5で遊べる?
PSVRのソフトも、PS5で遊べる数千本のPS4ソフトの中に含まれているのでプレイ可能
(PSVRヘッドセット、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)またはPSMove モーションコントローラーなどの周辺機器は必要)
PS5でPS4のソフトをストリーミングすることはできる?
PS5上ではPS4ソフトのリモートプレイが可能なほか、Ps Nowのストリーミングにも対応
PS4のゲームはPS5に移行できる?
・DL版のPS4タイトル、ゲームデータ、セーブデータは、LANケーブルまたはWi-Fi接続でPS5に移行することが可能。
・外部USBストレージに保存している場合は、そのストレージを使用してPS5に移行できる。
・PS Plus加入者は、PS4タイトルのセーブデータをクラウドストレージを通してPS5に移行することも可能。
PS5でプレイできないソフトはどこからわかる?
PS4のみでプレイ可能なタイトルは、PS StoreでPS4でのみプレイできますと記載される。(PS4専用のゲームはこちらからも確認できます)

(引用元:PlayStation Blog)

次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」で動作

2020年5月13日、『フォートナイト』などで知られるEpic Gamesは、プレイステーション5で動作する次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」のリアルタイムデモ映像が公開。

▲公開されたリアルタイムデモ映像。

映像はPS5で実際にプレイアブルできるものをリアルタイムで録画したもので、まるで映画のCGや現実世界に匹敵するリアルな映像表現が確認できる。

PS5をはじめとした次世代機では、現行のゲームエンジンを遥かに凌ぐスケールのゲーム体験が実現されそうだ。

■ 映像のスクリーンショットを紹介

ユーザー体験(UX)

▲PS5ユーザー体験(UX)の紹介動画。

10月15日、PS5のユーザー体験(UX)を紹介する動画が公開。

目玉の一つである新機能「コントロールセンター」の詳細や、ゲームプレイに関するさまざまな要素にアクセスしやすくなる「アクティビティ」など、次世代の体験を実現する機能が多数紹介された。

▲PS5では、インターフェースの操作や、ゲーム間の切り替え、オンラインマルチプレイへの参加など、あらゆる操作を素早く実行できるように、システム全体が再構築されているぞ。

▲新機能「コントロールセンター」では、PSボタンを一度押すだけで“ゲームを終了することなく”さまざまな機能にアクセスできる。

▲下部に表示される「カード」と呼ばれるものによって、ゲーム内の別ステージにアクセスできたり、ゲーム攻略のヒントなども見れたりと、ゲームを遊びやすくする機能が盛りだくさんとのことだ。

その他の主な特徴まとめ

  • 4Kテレビ対応
  • 最大120fps、120Hz出力
  • HDR技術
  • 8K出力
  • ハプティックフィードバック(コントローラー)
  • アダプティブトリガー(コントローラー)

スペック表

CPU
x86-64-AMD Ryzen™ "Zen 2"
8コア / 16 スレッド
周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPU
AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
レイトレーシング アクセラレーション
周波数:最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)
システムメモリ
GDDR6 16GB
バンド幅:448GB/s
SSD
825GB
読み込み速度:5.5GB/s(Raw)
光学ドライブ
Ultra HD Blu-ray™ (66G/100G) ~10xCAV
BD-ROM (25G/50G) ~8xCAV
BD-R/RE (25G/50G) ~8xCAV
DVD ~3.2xCLV
PS5 ゲームディスク
Ultra HD Blu-ray™(100GBまで)
映像出力
HDMI OUT端子
4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
オーディオ
"Tempest" 3Dオーディオ技術
外形寸法(最大突起部、ベース除く)
PS5:約390mm×104mm×260mm (幅×高さ×奥行)
PS5デジタル・エディション:約390mm×92mm×260mm (幅×高さ×奥行)
質量
PS5:約4.5kg
PS5デジタル・エディション:約3.9kg
最大消費電力
PS5:350W
PS5デジタル・エディション:340W
入出力
Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth® 5.1

新コントローラーは?

PS5用コントローラーの名称は「DualSense(デュアルセンス)ワイヤレスコントローラー」。

デザインは白を基調としたのツートンカラーのデザインとなっており、ボタンは直感的なレイアウトを採用、ライトバーも一新されている。

中でも最大の特徴は、ゲーム内のアクションをリアルにその手で感じられること。これまで以上に濃密で臨場感あふれるプレイ体験を実現してくれるコントローラーだ。

ここからは搭載されている機能について詳しく紹介していくぞ。

「DualSense」の紹介映像

「DualSense」の特徴や詳細

(引用元:DualSenseワイヤレスコントローラー 公式紹介ページ)

■ ハプティックフィードバック

DualSenseでは、従来の振動モーターに代わり新たに採用されたデュアルアクチュエーターで、より体感的なフィードバックを実現。

ゲーム内の状況に応じて変化する振動により、プレイヤーを取り巻く環境の質感から多彩な武器の反動まで、さまざまな感覚をその手の中で体感できるぞ。

■ アダプティブトリガー

ゲーム内のアイテムやその状況に応じて、さまざまな強さや張力を体感できる機能。弓の弦をギリギリと引き絞ったり、ハイスピードで走る車にブレーキをかけたりと、画面上で展開されるアクションをリアルに実感できる。

■ クリエイトボタン

DUALSHOCK 4に搭載されていたSHAREボタンは、PS5では「クリエイトボタン」に進化。自身のゲームプレイをもとに動画・画像コンテンツを制作したり、ライブ配信などがおこなえる。

■ 内蔵マイクとヘッドセット端子

内蔵マイクとヘッドセット端子を搭載。内蔵マイクでのボイスチャットや、ヘッドセット端子につないで手持ちのヘッドセットも使用可能だ

コントローラー上のミュートボタンで、簡単に会話のオンオフをコントロールできるぞ。

■ おなじみの機能もしっかり搭載

内蔵バッテリー、内蔵スピーカー、モンションセンサーなど、PS4用コントローラー「DUALSHOCK 4」の機能もしっかり引き継がれており、その上で新世代のゲームプレイに向けて調整されている。

▲内蔵バッテリーの接続端子は「USB Type-C」になった。

「DualSense」スペック表

外形寸法(最大突起部除く)
約160mm×66mm×106mm (幅×高さ×奥行)
質量
約280g
ボタン
PSボタン、クリエイトボタン, オプションボタン、方向キー (上/下/左/右)、アクションボタン (△ボタン/○ボタン/×ボタン/□ボタン)、R1/L1 ボタン、R2/L2 ボタン (トリガーエフェクト)、左スティック / L3 ボタン、右スティック / R3 ボタン、タッチパッドボタン、MUTEボタン
タッチパッド
2点式タッチパッド、静電容量方式、クリック機構
モーションセンサー
6軸検出システム (3軸ジャイロ、3軸加速度)
オーディオ
内蔵マイクアレイ、内蔵モノラルスピーカー、ステレオヘッドセットジャック
出力 : 48kHz/16bit, 入力 : 24kHz/16bit
映像出力
HDMI OUT端子
4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
フィードバック
トリガーエフェクト (R2/L2 ボタン)、振動機能 (デュアルアクチュエーターによるハプティックフィードバック)、ランプ (ライトバー/ プレーヤーランプ / MUTEランプ)
端子
USB Type-C端子 (Hi-Speed USB)、ステレオヘッドセットジャック、充電用端子
通信
無線:Bluetooth Ver5.1
有線:USB connection (HID, オーディオ)
電池
種類:内蔵型リチウムイオン充電池
電圧:DC 3.65V
容量:1,560mAh

PS4のコントローラーはPS5で使える?

PS4用のワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 4」だが、PS5で後方互換機能を使いPS4タイトルをプレイする際には使用可能とのこと。

PS5専用タイトルでは使用できないとのことだ。

本体デザイン/周辺機器

本体デザイン

周辺機器

PS5の発売と同時に、ヘッドセットやHDカメラ、リモコン、充電スタンドなどの周辺機器も発売予定だ。

■ DualSense充電スタンド

▲PS5のコントローラー「DualSense」が2つ同時に充電できるスタンド。

■ HDカメラ

▲配信などに活用できる1080pのデュアルカメラ。

■ PULS 3Dワイヤレスヘッドセット

▲3Dオーディオに対応し、デュアルノイズキャンセリングマイクを搭載。

■ メディアリモコン

▲内蔵マイクを搭載し、映画やストリーミングサービスのより手軽な操作が可能。

周辺機器の価格まとめ

周辺機器価格
DualSense ワイヤレスコントローラー6,980円
DualSense™充電スタンド2,980円
HDカメラ5,980円
PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット9,980円
メディアリモコン2,980円

対応ソフト/ローンチタイトルは?

PS5対応ソフトはカレンダー記事をチェック!

GameWithでは、PS5対応ソフトをカレンダー形式の特集記事で紹介中。

新作ソフトの発売日や価格を一覧でチェックできるので、こちらもぜひ確認してみてしてみてほしい。

PS5 新作ゲームソフト発売日カレンダー

SIE WWSの手がけるローンチタイトルが判明!

SIEのワールドワイド・スタジオが手がけるタイトルで、PS5と同日の2020年11月12日に発売されるローンチタイトルとその価格が発表された。

■ SIE WWSが手がけるPS5と同時発売のタイトル

タイトル価格
アストロ プレイルームPS5本体にプリインストール
Demon’s Souls7,900円
Destruction AllStars7,900円
Marvel’s Spider-Man: Miles Morales5,900円
Marvel’s Spider-Man: Miles Morales Ultimate Edition7,900円
リビッツ!ビッグ・アドベンチャー6,900円

その他PS5最新情報/これまでの情報

Q&A形式での解説記事が公開!

PS Blogにて、PS5本体の情報をQ&A形式で解説する記事が公開。

PS5本体や新コントローラー、システムの機能やゲームの詳細などの情報が丁寧に解説されているぞ。

記事はこちら(PS Blog)

PS5のパッケージ開封動画が公開!

▲公開されたPS5パッケージ開封動画。

発売前日の11月11日(水)、SIEはPS5のパッケージ開封について解説する動画を公開。

適切な開封の手順パッケージの中身について紹介された。

▲PS5の開封について、SIEのグローバル商品企画部の橋本氏が解説。

▲PS5を縦置きする際には、底面にベースをセットする必要があると語られた。

▲ケーブルやベースなど、PS5本体以外の付属品についても紹介された。

PS5本体の分解映像が公開!

▲公開されたPS5の分解映像。

SIEは、10月8日にPS5本体の分解する映像を公開。

新たなゲーム体験を可能にする、高スペックなPS5本体の中身を映像でチェックできるぞ。

▲開発する上で「美しい設計」を大事にしたというPS5。映像では実機のサイズ感も確認できるぞ。

▲さらなる静音性の実現に向けた機構の導入など、あらゆる方向から試行錯誤を重ねた結果と、これまで積み重ねてきた技術の結晶が美しく詰まっている。

ロゴが発表!【2020年1月7日】

2020年1月7日にラスベガスで開催されたソニーのカンファレンスにて、プレイステーション5のロゴが発表。

また、今まで公開されてきたPS5の主な特徴もスライドで改めて紹介された。より詳しい仕様などに関しては、また別の機会で発表するとのことだ。

公開されたPS5の特徴をおさらいするスライド。SSDやコントローラーのトリガーなど、続報に期待が高まる。

Sony IR Day でスペックなどが判明!

次世代プレステ、PS5ではロード時間が圧倒的に短縮。

ソニーの経営方針を伝える「Sony IR Day」で、SIEのCEOジム・ライアン氏がPS4の現状と次世代機(PS5)について説明。

それによるとPS5ではロード時間が大幅に短縮。PS4 Proで8.10秒だったものがPS5では0.83秒という速さに圧縮される。

PS5の発表済み項目と未発表項目を整理した表。

また、発表済みの項目と、未発表の項目についても整理された。まだお伝えしていないことの項目には日時、価格、ゲーム、ユーザー体験、国・地域が含まれている。

最も気になる発売日や価格、対応ソフトの発表はいつになるのだろうか。

PS5ではBlu-ray+ダウンロード+ストリーミングとユーザーがゲームを遊ぶ際の選択肢が増加。

さらに、PS5でのメディア関する情報も公開。PS4同様にBlu-rayメディアとストリーミングサービスを活用することが明らかになった。

次世代プレステ(PS5)についてSIEが言及

SIEは、アメリカのメディア「WIRED」で、次世代プレイステーション(Next-Gen PlayStation)について公式に触れた。なお「WIRED」では、将来「PlayStation 5」と呼ばれるだろうと記述している。

記事では発売時期や、すでに多くのデベロッパーに開発機材を渡していること、そして、PS5のスペックなどについて触れている。

WIRED記事内にはPS5のリード・システムアーキテクトを務めるマーク・サーニー氏が登場。

「WIRED」の取材に答える形でPS5について語られたPS5の概要は主に下記の4点。

  • 8Kグラフィックをサポート
  • 物理メディア(SSD)を採用
  • PS4・PSVRと互換性あり
  • 2019年には発売せず

海外のプレイステーション公式ツイッターが「WIRED」の記事をシェアしている。(リンク先の記事は英語)

新規大型タイトルがPS4と次世代機で開発が進行

現行機(PS4)と次世代機の記述で制作中の“Cyberpunk 2077”のティザートレーラー。

プレステ5(PS5)に関する情報で気になるものを紹介する。それは「ウィッチャー」シリーズを手がけたCD Projekt RED社が手がける次の大型タイトル「Cyberpunk 2077」に関するもの。

2018年2月に行われたゲーム関連のセミナー(Pareto Securities Gaming Seminar 2018)で同社のアダム・キシンスキ社長らが登壇し、「Cyberpunk 2077」の開発状況に関してスライドを使って発表を行った。

圧倒的なビジュアルクオリティで開発中の「Cyberpunk 2077」。

その発表の中で「Cyberpunk 2077」のビジュアルは「現行機、そして次世代の技術(current and next generation technology)」で作られていることが明らかになった。

ここでいう現行機とはプレステ4(PS4)やXboxOneなどを意味するのは間違いないだろう。そうなると「次世代の技術」がプレイステーション4(PS4)、またはXboxOneの次世代機という可能性が必然的に出てくる。

あくまで可能性の話だが「Cyberpunk 2077」はPS5の対応ソフトとしても開発されているということかもしれない。

ソニー役員がプレステ5の存在を示唆

E3 2017E3 2017でのドイツのメディアGolemのインタビューで、ソニーのショーン・レーデン()氏がPS4の次世代機について「It will probably be sometime.(おそらくいつか実現する)」と発言している(ドイツ語でのインタビュー記事を英語に翻訳)。
※ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ プレジデントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ チェアマンを兼任

このことからPS4の次世代機、つまりPS5の発売は“いつかされる”ことが語られた。ただ現時点では、ソニーから公式にPS5の発売日や存在に関するアナウンスはされていない。

E3や東京ゲームショウなどでの発表が期待される。続報が入り次第こちらでお知らせしていく。

現行機はPS4、PS4Proの2機種。新機種PS5の発売が世界中で期待されている。

PS5の関連記事

ニュース