PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
龍が如く7 光と闇の行方の評価とレビュー
PS4 PS5
2020年1月16日 発売中
レビュー
総合点
カジュアル
ゲーマー

ゲーム概要 最終更新 :

『龍が如く7 光と闇の行方』とは?

新たな主人公とゲームシステムで生まれ変わる!新生『龍が如く』!

セガゲームスより2020年1月16日(木)発売のPS4対応ゲームソフト『龍が如く7 光と闇の行方』。

本作は『龍が如く』正式作品としては、実に3年ぶりとなるナンバリングタイトル。

新主人公「春日一番」が、横浜・伊勢佐木異人町を舞台に仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くドラマティックRPGだ。

また今作ではゲームシステムが大幅に変化。喧嘩アクションとコマンドバトルの形式が融合した「ライブコマンドRPG」のシステムが採用されているぞ。

ここからは、本作の発売日や、新たに生まれ変わったゲームシステムなどを紹介していこう。

目次 6,563文字

  • 『龍が如く7 光と闇の行方』とは?
  • PS5版が発売!
  • 『龍が如く7 光と闇の行方』プレイした感想!
  • 新たなバトルシステム「ライブコマンドRPG」
  • 物語の舞台「横浜・伊勢佐木異人町」(引用:龍が如く7 光と闇の行方 公式)

龍が如く7 光と闇の行方の画像

▲一段とパワーアップした映像美で、「春日一番」たちの活躍を堪能できるぞ。

▲一段とパワーアップした映像美で、「春日一番」たちの活躍を堪能できるぞ。

▲本作主人公の春日一番。ナンバリングシリーズでは初登場となる。

▲本作主人公の春日一番。ナンバリングシリーズでは初登場となる。

▲過去作に登場したキャラクターはメインストーリーや、サブストーリーなどさまざまな場所に現れるぞ。

▲過去作に登場したキャラクターはメインストーリーや、サブストーリーなどさまざまな場所に現れるぞ。

▲バトルでは通常攻撃や極技、防御やにげるといったRPGのコマンドバトルらしい選択肢が現れる。

▲バトルでは通常攻撃や極技、防御やにげるといったRPGのコマンドバトルらしい選択肢が現れる。

▲キャラクターは攻撃時、付近にオブジェクトがあるとオブジェクトを使用した攻撃を行う。コマンドバトルながら、まわりの状況によって展開が変わるリアルタイムバトルな要素もあって面白い。

▲キャラクターは攻撃時、付近にオブジェクトがあるとオブジェクトを使用した攻撃を行う。コマンドバトルながら、まわりの状況によって展開が変わるリアルタイムバトルな要素もあって面白い。

▲ハローワークに訪れることで、男女別に用意されたさまざまな職業へジョブチェンジすることができるぞ。

▲ハローワークに訪れることで、男女別に用意されたさまざまな職業へジョブチェンジすることができるぞ。

ストア

紹介動画

GameWith編集部レビュー

ゲーマー向け評価

『龍が如く』シリーズらしい世界観とシナリオを残しつつ、RPGのような戦闘も楽しめる作品。どん底から這い上がる逆転劇の熱いシナリオが、本作ならではの雰囲気にどんどん引き込んでくれる。

主人公のキャラクター性からかコメディタッチなエピソードが実は多い本作。シリアスなシナリオとのギャップが、本作ならではの魅力として昇華されている。中井貴一や堤真一、安田顕など人気俳優が演じるキャラクターが、任侠映画のようなスゴみや怖さを生み出しているのも特徴だ。

元ヤクザやホームレスが、バットや傘を持ってコマンドバトル形式で戦う姿も面白い。ただ新しさを感じる一方で、リアルタイムにキャラクターが勝手に動き回るため、ややプレイのテンポが気になることも。

総評として、豊富なやりこみ要素と任侠映画のような『龍が如く』らしさはそのままに、過去シリーズとは違った雰囲気の熱いストーリーを体験できる作品。じっくり遊べるゲームを探している方や、『龍が如く』に触れてみたいという方にオススメ。

  • コンテンツ量 5点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 3点

  • グラフィック 4点

  • 感情移入 5点

  • ゲーム性 3点

カジュアル向け評価

中井貴一さんや堤真一さん、安田顕さんなど実在する俳優が演じるキャラクターが登場するため、ドラマを見ているようにストーリーを楽しめるゲーム。

敵とのバトルは、『攻撃』の項目を選ぶとキャラクターが自動で攻撃してくれるので、動きのあるゲームが苦手な方でも楽しく遊べるようになっています。

そして、バッティングセンターやクレーンゲーム、将棋など物語以外でも、楽しめる要素がたくさん詰まっていて長く遊べるように工夫されているのも特徴です。

ヤクザや政治などを題材にしているので少々大人向けと感じる部分はあるが、物語の展開はわかりやすく、熱いものもあるストーリーになっています。

  • コンテンツ量 5点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 3点

  • グラフィック 4点

  • 感情移入 5点

  • 敷居の低さ 4点

ユーザーレビュー

龍が如く7 光と闇の行方をプレイしたユーザーのレビュー。

  • しお

    シリーズならではの戦いの楽しさが全くないのが残念。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

龍が如く7 光と闇の行方をプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

龍が如く7 光と闇の行方に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 50

一定のレベル、またはジョブランクまで達した時に習得するスキルの件ですがMP+10(MPが常時10増える)というのはどういう意味ですか?
戦闘中にターンごとは10あがるって事ですか?
これがいまいちよくわかりません。

名無しのゲーマー 49

今までのシリーズとは別物として新しい気持ちでプレイしたら見事にハマった。未プレイもそう言う気持ちで買うことオススメする。ストーリーは今までのシリーズで一番良かったと個人的に思う

名無しのゲーマー 48

色々賛否あったが、やってみたら普通に面白かった。
体験版の時は本当にどうなるかと思った。

名無しのゲーマー 47

違うよね、は覚悟して作ったと思う。でも同じシステムなら桐生を別キャラに変えただけでしょ、とも言われたハズ。大きく賭けたが勝てばデカイ。

俺は画面を見ただけでやる気が失せたけど。これブラウザで基本無料にすべきやね。

龍が如く7 光と闇の行方の情報

会社 SEGA
ジャンル アクションRPG
ゲーム
システム
アクションRPG
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2020年1月16日
PS5 : 2021年3月2日
定価
PS4 : 8,390円(税抜)
PS5 : 5,990円(税抜)
流通価格
アンケートのお願い

注目のゲームソフト

同じパブリッシャーのゲーム

似ているシステムのゲーム