PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
龍が如く4 伝説を継ぐものの評価とレビュー

ゲーム概要 最終更新 :

龍が如く4 伝説を継ぐもの メインビジュアル

SEGAから発売のPS4対応ゲームソフト『龍が如く4』は、『龍が如く3』の続編となる3Dアクション

本作は『龍が如く』シリーズの主人公「桐生一馬」に加え、街金融の「秋山駿」、脱獄囚「冴島大河」、刑事「谷村正義」の4人の視点から描かれるストーリーとなっている。

主人公によってサブストーリーや、戦闘スタイルが異なるため、様々な視点から本作を楽しむことができるのが特徴の作品だ。

目次 968文字

  • 『龍が如く4』の発売日はいつ?価格は?
  • 『龍が如く4』とは?
  • 『龍が如く4』の基本情報

龍が如く4 伝説を継ぐものの画像

▲「桐生一馬」は戦闘において癖がなくバランスが整っている。

▲「桐生一馬」は戦闘において癖がなくバランスが整っている。

▲「秋山駿」は足技を得意とし、華麗な身のこなしが特徴だ。

▲「秋山駿」は足技を得意とし、華麗な身のこなしが特徴だ。

▲「冴島大河」は怪力の持ち主。バイクを持ち上げて戦うなど、重たい一撃を放つ。

▲「冴島大河」は怪力の持ち主。バイクを持ち上げて戦うなど、重たい一撃を放つ。

▲「谷村正義」は刑事ということもあり、敵の攻撃を無力化するような技を得意とする。

▲「谷村正義」は刑事ということもあり、敵の攻撃を無力化するような技を得意とする。

ストア

紹介動画

GameWith編集部レビュー

ゲーマー向け評価

  • コンテンツ量 4点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 3点

  • グラフィック 3点

  • 感情移入 4点

  • ゲーム性 3点

カジュアル向け評価

『龍が如く』シリーズ第四作。本作はPS3版をPS4版にリマスターしたものになります。(ストーリーには変更なし)

本作最大の特徴はパッケージを見ても分かる通り、4人に増えたプレイアブルキャラクターによるゲームシステムの幅広さ。バトルスタイルの違いもさることながら、『桐生』を含めたこの4人の個性がとにかく凄まじく、物語の重奏感は過去作から大きく進化しています。リマスターによるグラフィック改善も、『3』と比較してかなりの進歩が見られます。
主人公が4人いるドラマというだけでもすごいのに、その4人全員が魅力的となると本作以外に思いつかないです。

このように魅力的な主人公たちが織りなす壮大な物語こそ本編の魅力ですが、これまでの『龍』シリーズの特徴であった、王道の任侠ドラマ感はどうしても薄れてきてしまっている、というのも一方ではあります。
どちらも捨てがたい良さがあるのは事実ですが、やはりここは好みが分かれる部分かもしれません・・・ずるいですが筆者はどちらも大好きです。

  • コンテンツ量 4点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 3点

  • グラフィック 3点

  • 感情移入 4点

  • 敷居の低さ 4点

ユーザーレビュー

龍が如く4 伝説を継ぐものをプレイしたユーザーのレビュー。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

龍が如く4 伝説を継ぐものをプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

龍が如く4 伝説を継ぐものに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

龍が如く4 伝説を継ぐものの情報

会社 SEGA
ジャンル アクション 3Dアクション
ゲーム
システム
3Dアクション
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2019年1月17日
PS3 : 2010年3月18日
定価
PS4 : 3,990円(税抜)
PS3 : 7,980円(税抜)
流通価格
アンケートのお願い

注目のゲームソフト

同じパブリッシャーのゲーム

似ているシステムのゲーム