PC PCの総合情報サイト
Steam Deck(スチームデック)が日本でも発売決定&予約受付開始!PCゲーム(Steam)が遊べる携帯ゲームデバイス最新情報まとめ

Steam Deck(スチームデック)が日本でも発売決定&予約受付開始!PCゲーム(Steam)が遊べる携帯ゲームデバイス最新情報まとめ

最終更新 :

2022/08/04 日本で発売決定&予約受付が開始!

Steam Deckのキービジュアル

『Steam Deck(スチームデック)』の日本での発売日はいつ?や価格、スペックや対応ゲームなどの最新情報を紹介!『Steam Deck』について知りたい⽅はぜひご覧ください。

⽬次

【8/4更新】『Steam Deck』の日本での発売日はいつ?

<8/4追記>
日本向けにSteam Deckの発売が決定。

現在、KOMODO特設サイトにて予約受付が開始されているので、気になる方はぜひチェックしてみよう。

■ 予約はこちら!

Steam Deck予約受付ページ
(外部サイト)

『Steam Deck』は、2022年内に日本での発売も検討していると公式から発表された。アメリカ、カナダ、イギリス、EU地域限定で2022年2月25日に発売されている。

■その他ゲーム情報はコチラから!

選べる3つのストレージタイプと価格

ストレージの容量や機能、付属物によって、価格が異なる3つのタイプから選択が可能だ。

日本での価格は以下の通りだ。

■ ストレージごとの価格

価格
64GB(eMMC)59,800円
256GB(NVMe SSD)79,800円
512GB(NVMe SSD)99,800円

■ ストレージごとの内容

内容
64GB・キャリングケース
256GB・高速ストレージ
・キャリングケース
・限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
512GB・最速ストレージ
・プレミアム防眩エッチングガラス
・限定キャリングケース
・限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
・限定仮想キーボードテーマ
Steam Deck公式サイト(外部サイト)

『Steam Deck』とは?

▲本作のローンチトレーラー。

SteamDeckは、Valve社が運営するゲームプラットフォームSteamで販売されているPCゲームがプレイ可能な携帯ゲーミングデバイスだ。

どこへでも持ち運ぶことができ、最新のAAAタイトルも快適に動作可能。

7インチ静電容量式マルチタッチディスプレイで、キーボード入力やスワイプも滑らか。トラックパッドジャイロが搭載されており、携帯デバイス用に対応していないゲームやFPSなどの素早い動きが求められるゲームも違和感なく操作できる。

SteamDeckの画像1

▲PCゲームが好きな場所でプレイ可能。寝転んでのプレイや外出先で遊ぶことも出来る。

SteamDeckのディスプレイ接続画像

▲Steam Deckとディスプレイを接続すれば、大画面でゲームをすることも可能だ。

SteamDeckのコントローラー画像

▲通常のコントローラーはもちろん、アーケードコントローラーを接続しての対戦も出来るようだ。

Steam Deck対応ゲーム

Steam Deckで快適にプレイ可能な人気タイトルを紹介。『ELDEN RING』や『エーペックスレジェンズ』などの人気タイトルもプレイできる。

■ 主要タイトル一覧

Steam Deck対応ゲーム(外部サイト)

Steam Deckのスペック

気になるスペック情報を紹介。解像度やリフレッシュレートなど、やりたいゲームに合わせてチェックしておこう。

■ コンピューティング

プロセッサーAMD APU
CPU:Zen 2 4c/8t、2.4~3.5GHz(最大448 GFlops FP32)
GPU:8 RDNA 2 CU、1.0~1.6GHz(最大1.6 TFlops FP32)
APUパワー:4~15W
RAM16 GB LPDDR5オンボードRAM(5500 MT/sクアッド32ビットチャンネル)
ストレージ64GB eMMC(PCIe Gen 2(1枚))
256GB NVMe SSD(PCIe Gen 3(4枚))
512GB高速NVMe SSD(PCIe Gen 3(4枚))
・すべてのモデルでソケット付き2230 m.2モジュールを使用(エンドユーザーによる交換は想定していない)
・すべてのモデルに高速microSDカードスロットを搭載

■ コントロールと入力

ゲームパッドコントロールA B X Y ボタン
十字キー
L&Rアナログトリガー
L&Rバンパー
表示&メニューボタン
割り当て可能なグリップボタン(4個)
サムスティック静電容量方式フルサイズアナログスティック(2本)
ハプティクスHDハプティクス
トラックパッド32.5mm触覚フィードバック付き角型トラックパッド(2個)
Steamコントローラと比較して55%遅延を低減
クリックの強度を設定できる感圧式
ジャイロ6軸IMU

■ ディスプレイ

解像度1280 x 800px(アスペクト比16:10)
タイプ読みやすさを追求した光学結合IPS LCD
ディスプレイサイズ7インチ(対角)
輝度400 nit(標準)
リフレッシュレート60Hz
タッチ対応あり
センサー環境光センサー

■ 接続

BluetoothBluetooth 5.0(コントローラ、アクセサリ、オーディオに対応)
Wi-Fiデュアルバンド無線Wi-Fi、2.4GHzおよび5GHz、2 x 2 MIMO、IEEE 802.11a/b/g/n/ac

■ オーディオ

チャンネル没入感のあるリスニング体験を実現するDSP内蔵ステレオ
マイクデュアルアレイマイク
ヘッドフォン/マイクジャック3.5mmステレオヘッドフォン/ヘッドセットジャック
デジタルDisplayPort over USB-C、標準USB-C、またはBluetooth5.0を介したマルチチャンネルオーディオ

■ 電源

入力45W USB Type-C PD3.0電源
バッテリー40Whrバッテリー。2~8時間のゲームプレイ

■ 拡張

microSDUHS-IはSD、SDXC、SDHCに対応
コントローラやディスプレイとの外部接続DisplayPort 1.4付きAltモード対応USB-C:最大8K @60Hz または 4K @120Hz、USB 3.2 Gen 2

■ サイズと重量

サイズ298mm x 117mm x 49mm
重量約669グラム

■ ソフトウェア

オペレーティングシステムSteamOS 3.0(Archベース)
デスクトップKDE Plasma
Steam Deck技術仕様(外部サイト)

GameWith編集者情報

はおのプロフィール
はお
幼い頃ゲームを禁止されていた反動で気になったゲームを片っ端から購入するコレクター気質の積みゲーマーへ。常に金欠状態。好きなジャンルはRPGとアクション、ホラゲーです。
最近ではCS機だけでなく、SteamなどのPCゲームも日々遊んでいます。毎回飼っている猫にプレイを邪魔されるが、可愛すぎて抗えない。

Amazonのオーバーイヤーヘッドホン売れ筋ランキング