PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
新サクラ大戦 発売日や値段・特典など最新情報

予約はこちら▼

新サクラ大戦の紹介記事

最終更新 : GameWith編集部

7/26 発売日が決定!新トレーラーも公開!

新サクラ大戦 発売日など最新情報のアイキャッチ

目次

【7/26更新】『新サクラ大戦』とは?

NEW!

公開中の発売日決定トレーラー。

<7/26追記>
新たなトレーラーが公開。主要キャラたちの新たなシーンバトルパート新キャラクターの姿も確認できるトレーラーだ。

また、トレーラーの最後では発売日も判明した。

新たな『サクラ大戦』始動!

セガより2019年12月12日発売予定のPS4対応ゲームソフト『新サクラ大戦』。

本作は、ゲームやアニメで人気を博している『サクラ大戦』シリーズの約14年ぶりとなる完全新作。

蒸気技術が発達した架空の時代「太正」を舞台に、多数のヒロインが所属する組織「帝国華撃団」を率いて戦う、3Dアクションアドベンチャー作品だ。

本作は今までのシリーズからキャラクターデザインを一新。『BLEACH』を手がけた久保帯人氏が担当しているぞ。

【7/26更新】『新サクラ大戦』の発売日はいつ?

発売日が2019年12月12日に決定。初回限定版の特典も判明し、予約受付も開始された。

NEW!購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

NEW!購入特典

初回限定版特典

初回限定版には、シリーズ6作品の歌唱曲60曲以上を網羅した「サウンドトラックCD集」と、シリーズをイラストで振り返れる「アートブック(A4判、72P)」がついてくる。

特典のデザインはまだ明らかになっていない。

初回購入特典

初回購入特典で「メインビジュアル&主題歌のPS4用テーマ」がもらえるぞ。特典のデザインはまだ明らかになっていない。

『新サクラ大戦』ってどんなゲーム?

“アドベンチャー”と“バトル”を繰り返すシステムは、『サクラ大戦』ではお馴染みのもの。

ゲームは3Dアクションアドベンチャーアドベンチャーパートバトル2つのパートを繰り返しヒロインたちの信頼度を上げながら、ストーリーを進めていく。

アドベンチャーパート

自由な散策を楽しめるアドベンチャーパート。

アドベンチャーパートでは、主人公を操作して帝劇内や銀座の街を自由に散策できる。ストーリーの合間に発生する「イベント」をこなしていけば、さらなるストーリーが進行するぞ。

「イベント」の中には、クリアまでの時間制限が存在するものも。

< LIPS >

「LIPS」とは、「Live & Interactive Picture System」の略称。

「LIPS(リップス)」はシリーズではおなじみの、時間制限式選択肢

選んだ回答によって相手の信頼度やシナリオが変化するので、回答は慎重に選んでいこう。

また、時間切れは"はずれ"や"失敗"ではない。“答えない”こともひとつの選択だ。

< アナログLIPS >

言葉の強弱を調整できるシステムも健在だ。

回答時に左スティックを上下に入力することで、返す言葉のニュアンスが調節できる。答え方は同じでも、強い答えなのか、弱い答えなのかで展開が変化する。

シーンによっては、入力に連動してカメラが動く、3Dならではの演出も楽しめるぞ。

NEW!バトルパート

爽快かつド派手なアクションが楽しめるバトルパート。

バトルパートでは、簡単操作でド派手なアクションが繰り出せるアクションバトルが展開。隊長である神山機と隊員たちの機体を切り替えながら、豊富なアクションを駆使して敵を撃破していく。

フィールドを名一杯使った立体的なアクションも特徴。機体で壁を走ることもできる。

キャラごとの個性、爽快な連続攻撃や必殺攻撃を駆使して、立ちふさがる敵を倒していこう。

キャラクターごとに特別な演出が発生する「必殺攻撃」。神山と隊員たちで、特殊演出のある“合体攻撃”も繰り出せるぞ。

フィールド

西洋文化と日本古来の文化が入り混じったモダンな町並みで、高度な蒸気文明が栄えている。

アドベンチャーパートは全編3Dのフィールドで展開。銀座の街並み大帝国劇場が3Dグラフィックで再現されている。

太正二十九年の東京・銀座。

大帝国劇場の中庭。中央の池には、超大型の「霊子水晶」が鎮座している。

大帝国劇場のメイン施設である劇場の内部。古めかしさはありつつも、荘厳な雰囲気で、花組の公演が行われる場所。

「三式光武」や「無限」といった霊子兵装を格納、整備するための地下格納庫。

帝劇地下にある大浴場の脱衣所。ここではどんなことが…。

【7/26更新】キャラクター

神山誠十郎(CV:阿座上洋平)

『新サクラ大戦』の主人公。「帝国華撃団・花組」隊長、20歳。元海軍特務艦艦長を務めるが、帝国華撃団に転属となり、新生「帝国華撃団・花組」の隊長に任命される。

NEW!戦闘服を着た姿

天宮さくら(CV:佐倉綾音)

「帝国華撃団・花組」隊員、17歳。旧花組のトップスタァである、真宮寺さくらにあこがれて花組に入隊した新米隊員。帝都を護る帝国華撃団・花組と、帝都の市民たちの心の支えである帝国歌劇団・花組に強い思い入れがあり、両者を立て直すことを強く願っている。

NEW!戦闘服を着た姿

東雲初穂(CV:内田真礼)

「帝国華撃団・花組」隊員、17歳。帝都に代々続く東雲神社の看板娘で、巫女。下町で生まれ、下町や祭り、町のみんなが大好きな生粋の江戸っ子。普段はガサツだが、みんなの頼りになる花組のまとめ役。

望月あざみ(CV:山村響)

「帝国華撃団・花組」隊員、13歳。望月流忍者という忍一族の末裔で、幼くして武芸、戦術、武器の取り扱いなどに天才的な才能を持つ。物心つく前から厳しく育てられ、忍の里に古く伝わる「108の掟」を強く信じ、掟を守ることを大切にしている。

アナスタシア・パルマ(CV:福原綾香)

「帝国華撃団・花組」隊員、19歳。ギリシャ出身。欧州の劇場で活躍していたスタァ。数々の劇団を渡り歩いたのちに、帝国華撃団に移籍してくる。歌、演技ともにトップクラスの技量を持ち、そのルックスから、男性役からセクシーな女性の役まで幅広くこなす。

クラリス(CV:早見沙織)

「帝国華撃団・花組」隊員、16歳。ルクセンブルク出身。本を読むのが好きな、知的で可憐な文学少女。本を通して色々なことを日々学んでおり、好奇心旺盛。本名は「クラリッサ・スノーフレイク」。ルクセンブルク貴族、スノーフレイク家に伝わる本を使った魔術「重魔導」の継承者。

神崎すみれ(CV:富沢美智恵)

新生・帝国華撃団と大帝国劇場を切り盛りする、帝国華撃団・花組の元トップスタァ。表舞台から退き、以前のような高飛車さはなりを潜めたものの、トップスタァのオーラは失われておらず、対峙するものを圧倒する存在感を放つ淑女。

竜胆カオル(CV:石川由依)

帝国華撃団総司令である神崎すみれの秘書であり、帝国華撃団・風組の隊員。頭の回転が速く、数字にめっぽう強い。記憶力が異常に高く、帝国華撃団、大帝国劇場、神崎重工の要職を務めるすみれを全方位でサポートしており、すみれの全幅の信頼を得ている。

大葉こまち(CV:白石涼子)

大阪出身のスーパー商人。超明るいが、うるさいくらいのマシンガントーク。「勉強しまっせ」が口癖。普段は大帝国劇場の売店を取り仕切っており、新聞などの日用品から、帝劇スタァたちのグッズまで幅広く取り扱う傍ら、花組の資材調達も担当。

司馬令士(CV:杉田智和)

神山とは兵学校時代からの付き合い。神山は兵学校、司馬は機関学校の主席で、お互いにライバルであり、親友。花組では技師長として、各種兵装の開発やメンテナンスを担当する。学生時代から神山とはお互いをライバル視しており、うるさく言い合いをすることが多い。

NEW!ヤン・シャオロン(CV:梅原裕一郎)

「上海華撃団・五神龍」隊長。18歳。上海華撃団の隊長を務める若き青年。裏表がなく曲がったことが嫌いで、思ったことは何でもストレートに口に出す熱血漢。何事も笑顔でサッパリ話すので、嫌味や悪口にも悪意を感じない。戦闘では格闘の技で非常に高い攻撃力を誇る。

NEW!ホワン・ユイ(CV:上坂すみれ)

「上海華撃団・五神龍」隊員。16歳。明るく素直、勝気で活発な少女。上海華撃団の中ではダントツの身のこなしを誇る軽業師。陽気な性格だが、心の中では誰よりも「華撃団」を愛しており、それゆえにふがいない「帝国華撃団」にきつくあたることになる。

【7/26更新】霊子兵器

霊力を持つ者のみが操縦できる、蒸気を動力とした対妖術戦用メカニック“人型霊子兵器”。

ここでは過去作にも登場した“霊子甲冑”や、新たに設計された新型の“霊子戦闘機”ほか、関連メカニックについても紹介していく。

霊子甲冑

「霊子甲冑・三式光武」…神崎重工が霊子甲冑から霊子戦闘機への移行を視野に入れて開発を行なった機体。総合的な戦闘力は霊子戦闘機に劣るものの、その後開発された「霊子戦闘機・無限」の基礎を築いた。

霊子戦闘機

「霊子戦闘機・無限」…神崎重工初の量産型霊子戦闘機。「霊子甲冑・三式光武」の開発を踏まえ、正式な霊子戦闘機として設計開発された。性能的には癖が少なく扱いやすい機体で、帝国華撃団・花組の主力兵器として活躍する。

NEW!

「霊子戦闘機・王龍」…上海華撃団が使用する霊子戦闘機。龍をイメージしたデザイン。

飛空輸送艇

「翔鯨丸」…帝国華撃団・花組が出撃する際に、霊子兵装とともに各地に輸送するための飛空輸送挺。帝国華撃団・風組によって操船運用される。

ストーリー

太正二十九年。長らく華撃団が途絶えていた帝都・東京に「帝国華撃団」が復活。新生「帝国華撃団・花組」は、世界各国の華撃団が集まる祭典「世界華撃団大戦」の勝利を目指し、戦いに挑んでいた。

しかし、戦友らが平和的に競い合うその祭典は、再び世界中に現れた降魔、そして謎の敵の登場により「平和の祭典」から「世界の命運を賭けた戦い」に急変していく。

主人公「神山誠十郎率」いる「新・帝国華撃団」は、帝都の、世界の平和を守り抜き、正義を示すことができるのか。

──新たな「サクラ大戦」が、今始まる!

ストーリー第1話

帝都・東京の銀座にやってきた主人公「神山誠十郎」。

ゲーム本編のストーリー第1話では、主人公「神山誠十郎」と「天宮さくら」たち花組隊員との出会いや、帝都に再び現れた降魔との戦いが描かれている。

花組隊員の一人「東雲初穂」。帝都に到着した「神山誠十郎」は、帝国華撃団・花組の現状を知ることになる。

>>ストーリー第1話の詳細はこちら(PS.Blog)

【7/26更新】公式生放送

「サクラ大戦 帝劇宣伝部通信 第2回」配信ページ。

「サクラ大戦 帝劇宣伝部通信」は『新サクラ大戦』や「サクラ大戦」シリーズに関するさまざまな情報が配信される公式生放送

第2回は2019年7月25日に配信。「バトルパート」の実機プレイの紹介などに加え、発売日も発表された。

<7/26追記>
第3回は2019年8月21に配信予定。

NEW!世界最速体験会

世界最速体験会が開催決定。シリーズの公式応援団「帝国華撃団・応援組」に登録している方の中から抽選で参加できるぞ。

【開催概要】

開催日2019年8月31日 18:30〜21:00
場所浅草花やしき(東京)
詳細世界最速体験会 抽選入力フォーム

『新サクラ大戦』基本情報

発売日2019年12月12日
会社セガ
ジャンル3Dアクションアドベンチャー
値段¥8,800(税抜)
対応ハードPS4
商品情報パッケージ版 / ダウンロード版 / 限定版
公式サイト新サクラ大戦 公式
公式Twitterサクラ大戦公式@SEGA

©SEGA

掲示板

新サクラ大戦に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 27

おっさんゲーマーとしては楽しみで仕方ないけどなw
とりあえず、田中公平が残ってくれただけで感無量よ
若い人たちにゃ、田中公平=ワンピースかもしらんが、おっさん連中には田中公平=サクラ大戦というひとも多いはず。。。

名無しのゲーマー 26

シリーズ通してプレイしているので、惰性もあって買うと思うが、あまり期待していないのが正直なところ
キャラデザインというか絵柄は今のところ、抵抗が強いけど慣れるのかな??「別の人でも良かったんじゃ?」感があるのは否めない
ストーリー展開がどうなるのかや、すみれ以外のキャラがどうなっているのかなどは、気になるところだけど・・・

これまでのキャラが不幸なことになっていないといいな

名無しのゲーマー 25

明らかに人物だけ浮いてますよね
残念です。たぶん買いますけど

名無しのゲーマー 24

3Dデザがps2時代を彷彿とさせますね
半端すぎるアニメ感といいますか今の時代でこのクオリティは…

ニュース