ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
勝率65%!攻守共に優秀なDuo使ってみた

ヴァンガードZERO 勝率65%!攻守共に優秀なDuo使ってみた

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
勝率65%!攻守共に優秀なDuo使ってみた

攻略班が最新デッキでランクファイトに挑む!第53回はDuoデッキ(バミューダ△)のプレイレポートです。ランクファイトでの勝敗データ(勝率)や、警戒したいユニットと対策を紹介しています。

デッキレポートまとめ

使用デッキと勝敗データ

警戒すべきデッキ

デッキレポートとは?

実戦での立ち回りを解説

新しく追加されたカードを使ったデッキや、現環境でTier上位に君臨するデッキのプレイングを、実戦をもとに解説!勝利の要因となったポイントやデッキ運用の注意点を説明していく。

攻略班の思考を言語化

本記事の内容は1ユーザーの考えを言語化したものであってこれが100%正解とは限らないが、筆者が意識していることをできる限り詰め込んだ。この記事を読んで思考の引き出しを増やし、プレイング上達に役立てて欲しい。

基本的な立ち回りはこちら

Duoデッキ|バミューダ△

Duo☆型(20戦)

使用デッキとマリガン

デッキレシピ

デッキコード:3073013
※3/11まで有効

拡大する
デッキの詳細はこちら

☆9型に限り、ミルトアによるドローと、G3サーチFVのシズクを採用。

本来であればダーリング(新FV)&バウンス時ドローのコンボ等でリソースを用意したいが、FVが退却を食らった際に、ドローの機会が極端に減ってしまうのが痛かった。

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

FVにG3サーチを採用しているためメーア(ブレイクライド)の確保の有無は迷った。立ち回りの安定のために確保したが、少しでもトリガー率を上げるためにマリガンに出すのもアリだ。

勝敗データ

勝率は50%(20戦)

拡大する

データ集計:2021年3月2日〜2月3日

刺されば強いが...

トリガーの引き次第でファイトの結果が大きく変わるのは勿論だが、ミルトアが逆効果になる相手(ヌーベル等)もいるため勝率は安定しにくい印象。

デッキ圧縮のできるローヌはR→Vアタックが必須なため、VアタックをR処理に回しにくい☆型と相性が悪いのも響いている。

リィトのVスタンドに影響が出ることも

基本リソースがギリギリなので、リィトのVスタンドに必要なDuo2枚を用意できないファイトも多々あった。詰めを狙いやすくするためにも、次の検証では引9型を試すことに。

Duo引型(20戦)

使用デッキとマリガン

デッキレシピ

デッキコード:0024406
※3/11まで有効

拡大する
デッキの詳細はこちら

Vスタンド時などに役立つシルダリヤは4枚投入したかったが、FVを処理された際の中盤用バウンサーがスレーニーのみとなってしまうため、今回は退却対策としてスレーニーを優先した。

ただしスレーニー4積みの分パワーが落ちる。スキル重視ならスレー二ー4パワー優先ならシルダリヤ4だろう。

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

引9型はローヌのスキル発動を狙いやすいため、積極的に確保していきたい。

勝敗データ

勝率は65%(20戦)

拡大する

データ集計:2021年3月2日〜3月3日

かなり立ち回りが安定した

ドローソースが増えたことで純粋にキーカードを引きやすくなっただけでなく、ローヌのスキル発動が狙いやすくなったのも大きい。手札が溢れないように注意する必要があるものの、かなり手応えがあった。

課題はやはりパワー

今回はスキルを重視した構築にしたが、ブレイクライドでの再展開で追撃できないことが多々あった。パワーが気になった人は、G1にパラナを入れたり、G2のシルダリヤを増やそう。

振り返り/意識した点

メーア→リィトのライド成功率

Duo引型(FVダーリング)で45%

メーア→リィト
ライド率9/20(45.0%)
勝敗8勝1敗(88.8%
メーア→イオリ
ライド率3/20(15.0%)
勝敗2勝1敗(66.6%)
メーア→イオリ→リィト
ライド率1/20(5.0%)
勝敗1勝0敗(100%)
その他(メーアのみ、リィトのみ、メーア→メーア)
ライド率7/20(35.0%)
勝敗2勝5敗(28.5%

ドローソースが多くてもBRの成功率は50%以下という結果に。勝利したファイトではやはりメーアリィトが決まっていることが多い。

ただし、次ターンを耐えれば勝てる時など、状況次第で刺さるイオリを使う場面もあった。一概にリィトへのBRが正しいというわけではなさそうだ。

ローヌで増やすユニット

完全ガードはもちろん、ピーステムズもアリだ。次ターンに、2枚になったピース等をFVでバウンス→2枚ドローの動きができるぞ。3枚なら実質ノーコストでドローできるのも魅力。

対面次第では使うタイミングを見送る

相手がFVを退却できる場合、2ターン目のスキル優先度はダーリング&バウンス時ドロー>ローヌとなる。退却される前にFVを使い、後のターンでローヌのスキルを活用していこう。

メーアのバウンス&再展開の注意点

2ライン作るならブーストは温存

メーアのBRスキルは何体でもバウンスできるが、再展開できるのは2体。パワーを確保しつつ前列2再展開で+2パンを狙うなら、Rブーストは温存し、かつバウンスさせないよう注意。

メーアにライドできなかった場合

リィトのバウンススキルを活用する

リィトはVアタック時のSB①でバウンススキルが使える。BR成功時だとあまり使わないが、リィト直乗りの場合などはリィト自身のバウンスをアドバンテージに繋げていこう。

イオリで完全ガードを増やす

完ガ1枚を最大3枚に増やせるため、守備に余裕がない時はイオリで耐えるのも選択肢の一つ。

イオリの☆+1でダメージを追い上げたり、返しのターンを耐えてからリィトのVスタンドで詰めたりなど、BRが無くても火力を上げることはできる。

警戒すべきデッキ

ヌーベル/メイル“Я”

ヌーベル
(かげろう)
メイルストローム“Я”
(アクアフォース)

退却と☆+1の手段を持ち合わせている上に、どちらも詰めに強いスキルを持っているため長期戦がしにくい。程よく守備力を確保したら、こちらから攻めていく姿勢が重要となる。

2ターン目にFVを使う

早ければヌーベルは2ターン目からFVを処理してくる可能性があるが、こちらが先行ならまだ間に合う。対ヌーベルの後攻なら、FVを退却される想定でスレーニーを確保するのも手だ。

星輝兵

星輝兵
(リンクジョーカー)

こちらにVスタンドがあるとは言えど、やはり前列呪縛には弱い。

パターン①:完ガ&G2でじっくり耐える

こちらの被ダメに余裕があり、かつローヌイオリで完ガを厚く持てるなら有効。序盤からバウンス時ドローなども活用して、G2を探しておくのも大事。相手のCBが切れるまで耐えよう。

パターン②:さっさと詰めを狙う

序盤から速攻を仕掛けて、相手の4ターン目が来る前に4→6や5→6を狙うのも有効。メーアリィトで完全ガード3枚要求までいければ、高確率でフィニッシュできる。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 銀の茨(ヴィーナス・ルキエ)デッキ|ペイルムーン
    銀の茨(ヴィーナス・ルキエ)デッキ|ペイルムーン
    1
  2. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    2
  3. Duoデッキ|バミューダ△
    Duoデッキ|バミューダ△
    3
  4. グレンディオスデッキ|リンクジョーカー
    グレンディオスデッキ|リンクジョーカー
    4
  5. 宝石騎士(アシュレイЯ)デッキ|ロイヤルパラディン
    宝石騎士(アシュレイЯ)デッキ|ロイヤルパラディン
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
最新情報
無限転生デッキレポート
新弾「無限転生」
【4/1】20種のカードテキスト修正!
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
大会情報
イベント攻略
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
新カード予想
初心者記事
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
クラン一覧
カード修正
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編のストーリー
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×