祝リリース!ストラテジーの最高峰『RoK』をオススメする理由

祝リリース!ストラテジーの最高峰『RoK』をオススメする理由

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
全世界4000万DL突破のビッグタイトル『RoK』先行プレイ

ストラテジーゲームの最高峰。『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』(RoK、ライキン)がまじで面白い。[PR]

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

ストラテジーゲームって
こんなに面白いんだ。

今まで「バトルシーンがほぼないし、地味」「キャラが魅力的じゃない」といった理由で国づくり系のストラテジーゲームにあまり触れてこなかった筆者。

ユーザーにも、このジャンルの面白さがイマイチわからない方は多いのではないだろうか。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

しかし、『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』(略称:RoK、ライキン)を先行プレイさせてもらった時、素直に面白いと思った

本記事では、RoKが他のストラテジーと何が違うのか初心者でも楽しめるのかといった複数の視点を筆者の感想も入れながら紹介していく。

ちなみに、海外では大規模な大会が開催されるほど、ガチでやり込むプレイヤーも多い本作。根っからのストラテジー好き必見のタイトルになっているぞ。

それでは早速ご紹介していこう!

↓↓ここからダウンロード↓↓

祝リリース!『RoK』大特集!

オープンワールドで自由度MAX

内政と外界の仕切りがないマップ

まず最初に注目したい本作のポイントは、領地内・外の切り替えがないというもの。

ストラテジーゲームの多くは、ボタンをタップして領地内と外界を切り替えることが多い。
領地内・外で全く違うゲームになるな、と筆者は幾多のストラテジーゲームで実感してきた。

しかし、本作は全て繋がっており、画面を拡大・縮小することですぐに外界を確認することが可能。
今までのストラテジーゲームより、世界に領地が実在している感じを味わうことができるぞ。

そんなに重要なこと?と思うかもしれないが、小さいようでこの機能の恩恵は大きい。この機能を使いこなすことが、ゲームを有利に進める秘訣と頭に入れておくといい。

↓↓ここからダウンロード↓↓

未知なる領域を調査して開拓!

では、その機能を使ってマップを広げてみよう。そうすると雲に覆われた場所が確認できる。

ここは未開拓の土地を表しており、自分で調査すると土地を開拓することが可能だ。

雲の下には、お宝が隠されているかも?
冒険家になったつもりで世界をどんどん開拓していけるシステムには珍しさを感じた。

人の領地をいつでものぞき見できる!

逆に、マップの拡大機能を使ってみると、自分の領地だけでなく、他プレイヤーの領地内も見ることができる。

どんな施設を建てていたり、施設の見た目からレベルまで確認できるので、目視で敵の戦力を偵察することが可能なのだ。

▲道を作ってイラストを描くことも。

逆に、施設を建てるときはいつ誰に見られてもいいように綺麗に建てた方がいいかもしれないぞ。(体験談)

↓↓ここからダウンロード↓↓

タイミングに方向まで。戦略性が求められるリアルタイムバトル

ストラテジーゲームの多くは、バトル後に通知がくるというシステム。
メールが届いており、確認してみると勝負の勝敗が書いてある。といったものだ。

戦略性が求められるバトル!と言いつつ、全部オートで勝敗決まるんかい、とツッコんだこともある。

しかし、本作のバトルはガチで戦略が求められるしかもリアルタイムで

重要なのは攻め込むタイミングと方向

では、詳しくバトルシステムを紹介していこう。

バトルは攻撃したい他プレイヤー領地CPU(野蛮人)を選択し、部隊を出兵させる。ここまでは普段のストラテジーゲームと変わらない。

▲ここまでは変わらないが…?

本作の特徴は、出兵中の部隊を自由に移動させることができるところだ。

▲好きなタイミングで方向転換!側面から奇襲をかける。

この自由に操作できる機能により、今までのストラテジーゲームに多かったバトルにプレイヤースキルが無関係、なんてことがない。

この機能を使いこなせば、仲間とともに敵を挟み撃ちすることも可能。
攻め込むタイミング方向が物を言うリアルタイムバトルを楽しめるぞ。

↓↓ここからダウンロード↓↓

奇襲に援護。様々な出来事がリアルタイムで進行!

しれっと書いていたが、本作の出来事は全てリアルタイムに他ユーザーにも反映される。

マップを見れば、誰が今、何をしているかが一目瞭然でわかってしまうのだ。

他プレイヤーをじっくり観察して、出陣したのを見計らって奇襲する、などのことも可能。
逆に、襲われている仲間を助けに行くことも可能だ。

▲仲間と連携をとれば、1vs20で攻め込むこともできてしまう。

他プレイヤーやCPUへの攻撃に集中してしまうと、その瞬間を他プレイヤーから狙われてしまうかも?

▲領地を攻める他プレイヤーを後ろから攻撃!

従来のストラテジーであれば、内政だけに集中!CPU狩りに集中!といったことも可能だったが、本作では戦況が常に変わり続ける。
状況に合わせて部隊のリソースを調整していくことが求められるぞ。

↓↓ここからダウンロード↓↓

英雄を強化してスキル発動!

各国・時代の英雄が集結!

記事の導入でも書いたが、ストラテジーゲームをプレイするときに「キャラクターが魅力的じゃない…」と思ったことはないだろうか?
またリアルなイラストの武将か…みたいな。

その点本作は、人気の海外ゲームに多いイラスト&様々な国・時代の英雄が集結といった強い魅力がある。

特に英雄は、ジャンヌ・ダルク源義経など超有名どころばかり。
自分で最初の一体を選択できるのも嬉しいポイントだ。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

▲ジャンヌ・ダルク

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

▲源義経

しかも、英雄にはスキルが搭載されており、先ほどお伝えしたバトル中に発動してくれる。

▲スキルエフェクトもしっかり反映!

システムだけでなく、キャラクターもしっかり作り込まれているので、ぜひ触ってみてほしい。

▲キャラをレベルアップさせると天賦ツリーを上げられる。RPGさながらのやり込み要素だ。

↓↓ここからダウンロード↓↓

それぞれ特徴の違う文明

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

本作では自分が所属する文明(国)も選択できる。
三国志や戦国時代など1つに限定されないのが個人的に嬉しかった。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

文明は全部で11つあり、日本やフランスなどだけでなく、ローマブリテンなど昔栄えた文明も選択することができるぞ。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

▲日本は瓦の屋根がついており、江戸時代を彷彿とさせる。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

▲一方、ローマは石や木を使った屋根に。雰囲気がガラリと変わる。

また、文明によって建築する施設の見た目が変わるだけでなく、固有の部隊バフも変わってくるのもポイントだ。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

「重要な選択を最初から求められるのか…」と思った方もいるかもしれないが、文明はいつでも変更することができる

とはいえ、無料では1回しか変更できないので、慎重にじっくり考えてから文明変更するようにしよう。

プロゲーマーを目指すなら今かも!?

国づくり系のストラテジーでプロゲーマー?と疑問に思った方も多いだろう。

筆者も最初はどういうことかわからなかったが、よくよく調べてみると本作では30vs30の陣取りバトルも楽しめるようだ。先行プレイでは人数の問題で体験できなかった。

ルールは、時間制限内にマップに置かれたオブジェクトを制圧してポイントを獲得していくもの。
制圧するオブジェクトによって獲得ポイントが変わってくるのがこのバトルのミソだろう。

▲高ポイントのオブジェクトの周りでは、敵味方入り乱れた大乱戦に!

海外ではすでに大規模な大会も開催されているので、日本での大会開催も想定できる。
ゆくゆくは日本代表も誕生して、国際大会の開催も?

同盟に加入すればこのバトルを楽しむことができるので、その時に備えてリリース日からやり込んでみるのもいいかもしれない。

↓↓ここからダウンロード↓↓

まとめ

ここまで『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』をご紹介してきたがいかがだっただろうか。

国づくり系のストラテジーゲームで、微妙だなと思っていた部分が大幅に改善された本作は、今までこのジャンルをプレイしてこなかったユーザーにこそプレイしてみてほしい。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-の画像

また、普段からこのジャンルをよくプレイする方は、プレイの快適さに驚き、愛用ゲームに仲間入りすること間違いなしだ。

『RoK』は全世界4000万DL突破の実力は伊達じゃないと感じさせてくれる超大作。
この冬、やり込むゲームを探している人には『RoK』がおすすめだ。

↓↓ここからダウンロード↓↓

© LILITH GAMES - ALL RIGHTS RESERVED

Rise of Kingdoms -万国覚醒-をプレイしたユーザーのレビュー。

  • ずー

    全世界4000万DLの2019年一番のビックタイトルです。

    グローバル版が配信されてから1年以上経っていますが、アメリカ・カナダ・フランス・ドイツ・スペイン・中国・台湾・韓国・シンガポールのゲームセールスランキングでは今でも上位を維持し続けているので全世界4000万DL突破というのも納得です。

    ゲーム内のチャットは翻訳機能も付いているので、普段Google翻訳を使っている人は海外の人とも難なくコミュニケーションが取れるかと思います。

    同盟の仲間と一緒にどちらの方向に領土を拡大するかや、どの勢力と手を組むかなど話し合い自分の同盟の勢力を拡大していく楽しさは格別です。

    対人で人の感情や思惑がもろに絡んでくるゲームなので、この手のゲームは昔から日本では流行らないです。

    ですが、かつて日本では人気のなかったFPSが今では大人気ジャンルになった様に、このような戦略ゲームもいつの日か日本で大人気になる事を期待しています。

  • LION

    久々に見る神ゲー。海外版で無課金でやってたけど、これでやっと課金しまくれるぞ。

  • お湯を飲む

    ドハマりやんか!!!
    韓国人とか多いからまじで皆やってほしい。
    はよT5なりたいなー笑

Rise of Kingdoms -万国覚醒-に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Lilith Games
ジャンル ストラテジー
ゲーム
システム
リアルタイムストラテジー
タグ
リリース
iPhone:2019年12月16日
Android:2019年12月16日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
タグから探す