ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
勝率70%も狙える!?ボーテックス100戦レポート
ヴァンガードZERO攻略班

ヴァンガードZERO 勝率70%も狙える!?ボーテックス100戦レポート

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
勝率70%も狙える!?ボーテックス100戦レポート

攻略班が最新デッキでランクファイトに挑む!第64回はボーテックスデッキ(かげろう)のプレイレポートです。ランクファイトでの勝敗データ(勝率)や、警戒したいユニットと対策を紹介しています。

デッキレポートまとめ
第63回
Abyss
第64回
ボーテックス
第65回
ネムエル

使用デッキと勝敗データ

ボーテックスを使ってみた所感/今後の強化

デッキレポートとは?

実戦での立ち回りを解説

新しく追加されたカードを使ったデッキや、現環境でTier上位に君臨するデッキのプレイングを、実戦をもとに解説!勝利の要因となったポイントやデッキ運用の注意点を説明していく。

攻略班の思考を言語化

本記事の内容は1ユーザーの考えを言語化したものであってこれが100%正解とは限らないが、筆者が意識していることをできる限り詰め込んだ。この記事を読んで思考の引き出しを増やし、プレイング上達に役立てて欲しい。

基本的な立ち回りはこちら

ボーテックスデッキ|かげろう

オバロヌーベル型(25戦)

デッキレシピ

デッキコード:0191013
※7/14まで有効

デッキの詳細はこちら

ボーテックスでダメージを稼ぎ、必要に応じてオバロヌーベルバーグを使って詰めを狙う構築。こまめにCCを行えばCBは枯渇しにくい。

双闘面を安定させたい場合はペインレーザーを1枚増やそう。

オバロを入れた理由

抵抗持ちのG2が増えた影響で、退却一辺倒では厳しい相手が増えた。特にDuo(ネムエル)デッキは、クアンシーをループされると攻め手が完全になくなるため、オバロが必要になった。

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

ボーテックスをキープしつつ、ヌーベルロマン&ヌーベルバーグもセットキープするイメージ。ペインレーザーを妥協キープする際などはゴジョーが欲しいところ。

勝敗データ

勝率は68%(25戦)

データ集計:7/6〜7/7

ミラー戦で勝ち越せたのはもちろん、Abyss戦やDuo(ネムエル)戦の勝率が良かったのは注目したい。ただし、青き炎対面は苦手な印象。

攻略班
コメント
オバロINにより前列処理が安定して、環境で戦いやすくなった気がします。青き炎のガルモールへの対抗手段としても効果的!

ドロー重視BR型(25戦)

デッキレシピ

デッキコード:0941506
※7/13まで有効

デッキの詳細はこちら

ドラゴンナイト ネシャートのCB②でドローしつつ、適度にCCを挟んでいく構築。ブレイクライドのVスタンドに手札が必要なので、1ドローは重宝する。

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

完全ガード・ライド用を確保。完全ガードが確保できていれば双闘持ちの確保もアリ。特にリンクジョーカー対面なら、ブレイクライドに加えてボーテックスも確保しておきたい。

勝敗データ

勝率は60%(25戦)

データ集計:7/5〜7/6

対Tier2以下の勝率は安定しているが、対Tier1の勝率は負け越した。退却前にコスト処理やバウンスで対処できるAbyssDuo(ネムエル)が厄介なのはもちろん、退却に対策しつつ序盤から攻めれる青き炎は特にきつかった。

攻略班
コメント
ガルモールに対抗できるのがBRのVスタンドだけでした。ピン刺し枠はオバロで良いかも?

その他の使用デッキ(25戦/25戦)

ジ・エンドヌーベル型

デッキコード:7381186
※7/14まで有効

ストライケンジ・エンドorボーテックスで一気にダメージを稼ぎ、ヌーベルバーグで詰めを狙う構築。

上部ボタンのタップで画面が切り替わります。

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

ジ・エンドボーテックスのどちらかをキープしつつ、ヌーベルロマン&ヌーベルバーグをセットキープするイメージ。

攻略班
コメント
ストライケンが確保できていれば、ジ・エンドPBで即4ダメも夢じゃない...!

勝率は52%(25戦)

データ集計:7/2〜7/5

ミラー戦の負け越しが響いて勝率が伸び悩んだが、勝率6割のポテンシャルは十分あるように感じた。ちなみにミラー戦を除けば10勝5敗の勝率67%

攻略班
コメント
やはり現環境はボーテックス多いですね...。ミラー戦はさっさと5ダメまで詰めてヌーベルで詰めを狙うのが良さそうです。

パワー重視型

デッキコード:3219605
※7/13まで有効

たたき台として使用したデッキ。退却からR→Vのアタックを狙うのが難しかったため、G1に退却時パワーアップを5体採用し、CCはG2に任せる構築を試してみた。

上部ボタンのタップで画面が切り替わります。

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

完全ガード、手札交換、CC、ブレイクライドを最優先にキープした。

勝率は52%(25戦)

データ集計:7/1〜7/3

20戦の段階では12勝8敗と順調だったが、そこから負け越して勝敗は52%に落ち着いた。

ボーテックスを使ってみた所感/今後の強化

得意対面・苦手対面がある

リンクジョーカー・ロイパラは得意

どちらのデッキも後列展開にコストを割きにくいので、こちらの後列処理が刺さる。

対イマジナリープレーンは9勝1敗ボーテックスオーバーロードなどの前列一掃手段さえ確保しておけば、前列呪縛されても戦いやすい。

対探索者は3勝1敗。有効ヒールが強みの探索者には、詰めのヌーベルバーグが刺さる。

シャドパラ・バミューダは若干苦手

対Abyssは7勝9敗、対Duo(ネムエル)は2勝2敗。こちらの退却をコスト処理やバウンスでかわしてくるため、後列処理による相手への妨害が効きにくい。

ゴルパラは苦手

2勝6敗。退却対策ができる、序盤から展開して殴れる、退却や展開スキルで4パン5パンとアタック数を増やせる、などがかげろうにとって脅威。

ヌーベル構築運用のポイント

双闘時にヌーベルロマンが使える

双闘時はG2がVCにいるため、ヌーベルロマンのサーチスキルが発動可能。ボーテックスをサーチしつつヒールを山に戻せるので、ライド用G3が確保できていない序盤だけでなく、双闘スキル発動を狙う中盤〜終盤にも役立つ。

相手FVの処理が狙える

ミラー戦で有効。相手の完ガ確定サーチを1回失わせることができるため、可能ならヌーベルクリティックで焼いていこう。

ヌーベルバーグへのライドは慎重に

ヌーベルバーグに一度ライドしてしまうと以降は双闘できないため、トリガー等は山に戻せなくなる。パワー13000ライドにより延命できる可能性がある時や、確定で詰めが狙える時以外は双闘持ちで戦いたい。

かげろうの今後の強化は?

来月に新カードが来るかも?

煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレートが、ネオンメサイア(公式サイト)で追加されると予想している。ドラゴニック・オーバーロード(BR)に似たVスタンドが可能で、退却スキルも持ち合わせている。

攻略班
コメント
実装される新カードの種類にもよりますが、ペインレーザーの枠と交代する形になりそう?
この記事を書いた人

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 牡丹の銃士 マルティナの評価
    牡丹の銃士 マルティナの評価
    1
  2. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    2
  3. リセマラランキング最新版
    リセマラランキング最新版
    3
  4. 撃退者(Abyss)デッキ|シャドウパラディン
    撃退者(Abyss)デッキ|シャドウパラディン
    4
  5. ビッグバンナックル・バスターデッキ|なるかみ
    ビッグバンナックル・バスターデッキ|なるかみ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
最新情報
9月ランクファイトまとめ作成
新弾考察記事
Chrono Birthday Festival開催
上方修正された注目デッキ
9/1カード上方修正まとめ
スーパーデッキ
BGF2021最新情報
双闘解説
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
カードリスト
大会情報
イベント攻略
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
新カード予想
初心者記事
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
クラン別一覧
カード修正
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編の難関ストーリー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×