PS5 プレイステーション5の総合情報サイト
このサイトは一部広告を含みます
お母さん、私も悪の道へ落ちそうです。新時代のハクスラ"ヴィラン"シューター『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』をプレイレビュー!
PS5 Xbox PC
2024年2月2日 発売中
レビュー
総合点
カジュアル
ゲーマー

お母さん、私も悪の道へ落ちそうです。新時代のハクスラ"ヴィラン"シューター『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』をプレイレビュー!

最終更新 :

唐突で恐縮だが、いわゆる「悪魔の囁き」に悩まされたことはあるだろうか。ちょっと夜更かししてみようといったかわいいものから、気に食わない奴をぶっ飛ばしたい!といった過激な物まで人によって様々だろう。

そんな悪魔の囁きを思う存分叶えてくれるのが『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』。「DCコミックス」に登場する悪役たちを動かし、スーパーマンにバッドマンといった世界最強のDCスーパーヒーローたちを殺す任務へ挑むという過激な内容だ。

今回は特別にPS5版をプレイする機会を頂いた。正直なところ、プレイ前は悪役ロールに抵抗があったのと、アメコミ自体に筆者があまり明るくないのもあり、「本当に楽しめるんだろうか?」と懐疑的だったことを告白しておこう。

いざ蓋を開けてみれば、アドレナリン全開すぎて破壊衝動を抑えられなくなるバトルに、武器収集・強化といったハクスラ要素も掛け合わさり、全く本作のやめ時が分からない。お母さん、私も悪の道へ落ちそうです。

※本記事はWB Gamesの提供によりお届けしています。

ゴードンアイコン画像
この記事を書いた人
ゴードン
任天堂作品に育てられた結果、ルイージを愛しすぎてそのままゲーム関連の仕事を選んでしまったライター。最近してしまった悪いことは、夜更かししすぎて生活リズムが完全に崩壊したこと。

目次

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
Steamで詳細を見る

敵は名だたるヒーローたち。主役は悪の美学を体現した「スーパーヴィランズ」。【PR】

スーサイド・スクワッド集結シーン

まず本作の背景情報から紹介していこう。そもそも「スーサイド・スクワッド」とは、アメコミ出版社「DCコミックス」の作品に登場する「スーパーヴィランズ」、すなわち悪役たちのドリームチームだ。

そして敵は、異星からの侵略者と、侵略者によって洗脳されてしまった「ジャスティス・リーグ」の面々。DCコミックスのヒーローたちが集ったオールスターチームが、敵勢力に洗脳されているとはいえ、街の市民を容赦なく手にかけていく様子は中々ショッキングな展開だろう。

あの「バッドマン」や「スーパーマン」が敵、と聞くだけでアメコミに明るくない筆者でも震えあがったもの。こんな勝ち目のない戦いに放り込まれるのだから、「スーサイド」の名に偽りなしといったところか。

バッドマン

▲バッドマンが暗闇で敵を音も無く始末していくさまには少年の心をくすぐられるもの……その始末対象は自分たちなわけだが。

しかし、「スーサイド・スクワッド」のメンツも負けてはいない。バッドマンの宿敵「ジョーカー」と関わりの深い「ハーレイ・クイン」をはじめとして、「デッドショット」「キャプテン・ブーメラン」「キング・シャーク」と、こちらもドリームチームの様相だ。

ハーレイ・クイン

▲「ハーレイ・クイン」は言うまでもなく好きだろう。破滅的願望に、抑えられない衝動と実に破天荒だが、「ワンダーウーマン」相手など一度気に入った相手には意外と優しさを見せているような…気もする。

デッドショット

▲ヴィランらしくない生真面目な性格が目立つ「デッドショット」。度々振り回される苦労人ポジションに、娘に思いを馳せる姿も見せ…なんか好きになってしまいそうだ。

キャプテン・ブーメラン

▲軽口が多すぎる男と言えば「キャプテン・ブーメラン」。宿敵のヒーロー「フラッシュ」を前にしても食えない雰囲気を崩さないが、メンバーの誰よりもその実力を認めるような言動もあり…これは好きになってしまうのでは。

キング・シャーク

▲スクワッド内でも頭脳派なのが「キング・シャーク」。…と思いきや、見た目に違わぬパワーソリューションを提唱したり、突然どこか抜けた発言をしたり…ギャップで好きになってしまいかねない。

彼らの悪役らしさあふれる冷酷・非情さを武器にした物語の展開は、中々刺激も強いのだがそれ以上に痛快。核心部は伏せるとしても『キル・ザ・ジャスティス・リーグ』というタイトルは大言壮語ではない、という覚悟が感じられた。

もちろんシリアスばかりではなく、ユーモアあふれる掛け合いの数々も必見。軽快なジョークを飛ばしながら、喜々として死地へ赴くさまからは悪の美学を感じさせる。彼・彼女たちに人々が魅了される理由も思わず分かってしまうだろう。

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
Steamで詳細を見る

バトルはアドレナリン全開の「ヴィランシューター」! 侵略者を自由自在な戦い方で粉砕!

本作を一言で表すならば、ヒーローシューター……ではなく、「ヴィランシューター」という言葉がまさにピッタリだろう。それほどまでに、荒々しく激しい戦闘が楽しめる。

4人のヴィラン達それぞれ得意な戦闘スタイルが異なるが、いずれも撃つ!爆破する!ぶん殴る!仕留める!! といった感じで、アドレナリン全開のバトルを演出してくれる。

デッドショット 戦闘シーン

▲デッドショットはジェットパックによる機動力が何よりの売り。高所への移動も、敵との距離調整も自在なので、最初に動かすにはうってつけのキャラだと感じた。

キャプテン・ブーメラン 戦闘シーン

▲ブーメラン投擲先に超高速移動するというトリッキーな戦い方をするのがキャプテン・ブーメラン。一気に距離を詰めて、ショットガンで一掃するのはまさしく気分爽快。

キング・シャーク 戦闘シーン

▲重火器も駆使したパワフルな戦い方ならキング・シャークの出番。ダイナミックな移動から、ダイブによる急襲、そのまま一斉掃射で殲滅と最もシンプルな解決策を提示してくれる。

ハーレイ・クイン 戦闘シーン

▲ハーレイ・クインはワイヤーアクションを利用したスタイリッシュな戦いが特徴的。ワイヤー上からグレネードを投げたり、一気に急降下で距離を詰めたりと変幻自在に戦える。

そのアドレナリンをさらに加速させてくれるのが本作の細かいシステムの数々。

たとえば、本作の敵の攻撃は苛烈なので被弾せずに済むという場面はないのだが、なんと銃撃で弱らせた敵からシールドを近接攻撃で奪い取って自分の物にすることができる。つまり、大暴れするほどに体力が回復する。なんとヴィランらしいことか。

逆に近接攻撃から入れば、敵を吹き飛ばして弱体化状態にすることができたり、敵の大攻撃前はカウンターショットでキャンセルできたりと、あらゆる手段を尽くせる戦闘が最高に楽しい仕様となっている。

これだけの爽快感には、どのキャラクターにも「トラバーサル」システムによって自在な機動力が用意されているのも大きい。高所に居る敵一つ取っても、一気に距離を詰めたり、背後や上を取ったりといった動きが手軽に行えるので、戦闘の自由度が極めて高くなっているのでかなり工夫しがいがあった。

ここまで来ると複雑そうにも見えるかもしれないが、複雑なコマンド入力などは一切不要なので、戦闘中の動きは想像以上にシンプルなのも嬉しいポイント。どう敵をいたぶってくれようか、とヴィランらしい考えに思わず染まってしまうだろう。

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
Steamで詳細を見る

やめ時を失わせるハクスラ要素の数々!

カスタム要素

戦闘スキルを磨くのも本作の楽しみの一つだが、強くなる方法はこれだけではない。

ミッションをクリアするごとに新たな装備が手に入るのだが、これを厳選していく「ハックアンドスラッシュ」らしい楽しみもある。

レアリティが高いほど強い…というほど単純でもなく、設定されたデメリットに見合うかどうか、リロード速度などの欲しい能力が上がっているかなど最適を探していくのも、やめ時を失ってしまうほど奥が深い。

タレントシステム

また、最適を探すという意味では「タレント」もそうだろう。キャラクターごとにレベルが設定されており、レベルアップによってこのタレントツリーを解放してさらに強化していくことができる。

たとえば、ハーレイ・クインなら、とにかくグレネード関係のパークを開けてワイヤー越しに奇襲する爆弾魔的な方向性を目指すか、それともシールド関連のパークを開けて前線へガンガン突撃していくか…といったようにプレイスタイルに応じたカスタムができる。

物語を進めていくと、入手した装備のステータスを振り直す「調整」もできてしまうので、厳選はより快適に。伸ばし方によって、思った以上に得意な戦い方・最適な装備が変わってくるので、これを模索していくだけでも時間が溶けていった。

メトロポリスの街並み

他にも、エイリアンに支配されてしまった「メトロポリス」の探索も欠かせない部分。街の作り込みは驚異的なクオリティで、窓を覗いてみるとほぼ内装が用意されているという細かいこだわりが光っている。

こういった探索も、戦闘でご紹介した「トラバーサル」によってどのキャラも苦にならないのは嬉しいポイント。街を縦横無尽に駆け回っているだけでもスピード感があるので、これだけでも十分楽しめてしまう。

ハーレイクイン雑談の様子

▲移動中はスクワッドの面々による雑談も聞ける。ミッション進行状況によって逐一変わるというこだわりようなので、ついつい耳を傾けたくなる。

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
Steamで詳細を見る

本作の良かったところ・気になったところ

スーサイド・スクワッド

最後に本作の評価点と気になった点についてまとめさせていただこう。

良かった点
  • スピード感・爽快感ともに抜群の戦闘
  • ハクスラ要素に豊富なキャラカスタマイズ要素など、とことんまで遊びつくせる
  • 舞台となる「メトロポリス」の驚異的な作り込み
  • ローカライズのクオリティが高く、さながら映画を見ているような掛け合いの数々
気になった点
  • 現状のストーリーボリュームはやや控えめ
  • 戦闘条件付きサブクエストが若干もどかしい

本作を語るうえでは、やはり自由度抜群の戦闘面は外せないだろう。トラバーサルシステムがもたらすスピード感に加え、近接・銃撃・爆破の3点セットによるアグレッシブなバトルは、何度やっても飽きないと思わせるほど爽快だった。

一方で気になった点でピックアップしたいのは、サブクエストでの制限部分。自由度の高いバトルが非常に楽しいだけに、攻撃手段が限られてしまうとなんとももどかしい…! ただ、これに関しては、そう感じてしまうほどに本作の戦闘がよくできているという裏返しでもありそうだ。

デッドショット 勝利ポーズ

そんな本作は全4回のシーズンに分けてアップデートが予定されており、さらなるヴィランたちの活躍が描かれるとのこと。ますます目が離せないゲーム版『スーサイド・スクワッド』とともに、皆様もぜひ悪の道に落ちてみてはいかがだろうか。

■ 紹介記事はこちら!

関連記事
スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ
『スーサイド・スクワッド』発売日など最新情報まとめ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るPlayStation Storeで詳細を見るSteamで詳細を見るXbox Storeで詳細を見る

「ゲーム検索」で新しいゲームを見つける

関連記事

掲示板

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

このゲームが好きなあなたに

評価から探す

Marvel's Spider-Man 2
Marvel's Spider-Man 2
ゲーマー
10
カジュアル
10
Fate/Samurai Remnant
Fate/Samurai Remnant
ゲーマー
8
カジュアル
8
ブループロトコル
ブループロトコル
ゲーマー
9
カジュアル
9
もっと見る

注目の記事

ふしぎの大陸 PC2カラム

最新ニュース

PS5 右カラムの画像

新作・セール情報まとめ

おすすめ記事一覧

PS5を快適に!必見記事一覧