『七つの大罪』徹底解剖!連載企画第2弾は「キャラ&強化要素」
このゲームの関連記事一覧へ

『七つの大罪』徹底解剖!連載企画第2弾は「キャラ&強化要素」

最終更新 : GameWith編集部

リリース前に大解剖!忠実に再現されたキャラ&豊富な強化要素!『七つの大罪』連載企画第2弾!

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

ネットマーブル社が贈る新作ゲーム『七つの大罪~光と闇の交戦~』。大人気TVアニメ『七つの大罪』を題材にした注目作だ。

先日、配信日が2019年6月4日(火)であることが発表され、盛り上がりを見せる本作。

GameWithでは、そんな注目作をリリース前に大解剖していく連載記事を順次公開中
「バトルのコツ」「キャラ」「〈豚の帽子〉亭&村」の重要な3つのポイントに分けて、動画&記事で本作の魅力をガッツリ深掘りしていく。

<連載記事一覧>

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

本記事ではその第2弾として「キャラ」について徹底解剖。

原作を完全再現した3Dモデルから本作の為だけに用意されたオリジナル衣装ステータスやスキルなどのバトルでの性能までたっぷりとご紹介していくぞ。

バトルでの性能部分までご紹介予定なので、本記事を読む前にバトルのルールから簡単な戦略までをご紹介している連載記事第1弾「バトルのコツ」編を予め読んでおくことを強くオススメする。

オリジナル衣装も用意!ピックアップした3キャラの魅力に迫る!

まずは個性豊かな『七つの大罪』キャラ達の中から、筆者が独断と偏見でピックアップしたキャラ3体をご紹介。

記事後半では、そんなキャラ達の幅広い育成方法をご紹介していくぞ。

①「強奪」荒くれ者 バン

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

まずご紹介するのが〈七つの大罪〉の一人。〈強欲の罪 (フォックス・シン)〉「強奪」荒くれ者 バン

とある出来事によって不死身の体を手にしており、初登場シーンでは身体中の傷が一瞬で治る力が紹介されている。

また強欲の罪と呼ばれる所以は、彼の魔力「強奪(スナッチ)」にある。

「強奪」は相手の物だけでなく身体能力まで奪うことができ、本作のバトルでもその個性的な魔力が強力なスキルとして使用可能だ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

バンのスキルの内、一番の特徴はやはり”強奪(スナッチ)”

原作同様に相手の攻撃力・防御力を減少させるデバフ能力を持ちながら、減少させた分を自分のステータスに追加するという超強力なバフ・デバフ効果を持っているぞ。

「強奪」は使う相手が強ければ強いほどその真価を発揮する。強力な敵が登場するバトルでは大活躍間違いなしの性能になっているぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

バンといえば、基本的に真っ赤な服、または団長の店〈豚の帽子〉亭のキッチン担当時のエプロンを着ている姿が印象的だが、本作にはその他にもオリジナル衣装が用意されている。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

筆者が特に気になったのが、「浮浪者」コスチューム。
バンの粗々しさや、劇中で描かれる少年期のイメージ隆々とした筋肉が剥き出しになっていたりとバンの全てが詰め込まれたようなコスチュームになっており、男らしさが見て取れるデザインになっているぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

劇中での主人公メリオダスとの絡みの多さバトルでの強さコスチュームの豊富さから最初にこのキャラをご紹介させていただいた。

絡みの多い分『七つの大罪』を知らない人でも感情移入がしやすく、単純に強い。もしリリース時にリセマラをするのであれば、筆者の個人的な見解として「強奪」荒くれ者 バンをオススメしたいところだ。

②【鉄壁の騎士】守護者 グリアモール

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

次にご紹介するのが、【鉄壁の騎士】守護者 グリアモール

彼はリオネス王国の2大聖騎士長の一人ドレファスの息子で、ベロニカ王女の専属騎士を務める聖騎士だ。

ベロニカ王女を守る。という使命は幼少期から与えられており、魔力も「障壁」というディフェンシブなものになっている。

攻撃的な魔力を持ったキャラが多い中で防御寄りという個性的な魔力を持つ「グリアモール」をピックアップ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

グリアモールのスキルは防御特化。中でも必殺技「嘆きの壁」一定ターン数防御が上がり”挑発”の追加効果によって相手の攻撃を全て引き受けることができる。

相手を効率よく倒す周回系のクエストには少し不向きなものの、難易度の高いボスに対してはタンク(壁役)の役割を果たしてくれるので、大活躍間違いなしだ。

また、必殺技カードをよく見ると父ドレファスの姿も。親子での合技にも注目をしたいところだ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

グリアモールの衣装は顔の見えない兜をつけたものや兜を外したものなど様々。

進化画面で確認できる後ろ姿のグリアモールの衣装は、原作では登場しない、オリジナル衣装となっている。

全身鎧を着た状態だとより分かりやすいグリアモールの背中の大きさ。この男になら安心してパーティのタンクを任せられると言わせる程の鎧姿になっているぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

物語序盤では〈七つの大罪〉と直接的な関わりは少ないものの、劇中では重要な役割を果たすグリアモール。

性能面でいえば高難易度クエストで使えるのはもちろん、PvPなどでもタンクとして活躍が期待できそうだ。

③〈豚の帽子〉亭 酒場のマスター メリオダス

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

最後に紹介するのは〈七つの大罪〉の団長。物語の主人公でもある〈憤怒の罪 (ドラゴン・シン)〉メリオダス

メリオダスは「全反撃(フルカウンター)」の使い手。魔力による攻撃全て跳ね返す魔力を持っている。

過去や、秘められた力など謎が多い少年。何年経っても容姿が変わらないことから、少年であることすら疑ってしまう。

ゲームを進めていくと徐々に明らかになってくる「メリオダスの過去」は必見だ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

メリオダスの特徴的なスキルはもちろん「全反撃(フルカウンター)」

バトル中、自分のターンに発動しておくことで一定ターン数の間ダメージを受けた際に、反撃を行う。

またスキルカードのレアリティを3まで上げることができれば”回避”効果が追加され、ダメージを受けずに反撃可能だ。

相手の必殺技タイミングに合わせて使えば、相手の強力な一撃を回避しつつ反撃ができる。使い方次第でバトル不利ひっくり返す程の力を持っている。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

メリオダスの服装は聖騎士時代の鎧姿から酒場のマスター時の制服など5種類が用意されている。

惜しくもCβT環境ではオリジナル衣装を獲得できなかったものの、公式サイトの動画ではタキシードを着たメリオダスオリジナル衣装が公開されているぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

バトル中、”全反撃(フルカウンター)”を上手く使えば、相手のターンに反撃が可能

メリオダスがいるバトルでは、通常の読み合い以外にも「いつフルカウンターを使ってくるのか」の読み合いを作ることができ、さらに戦略性の高いバトルが展開される。

バトル部分の読み合いを楽しみたい人は絶対に獲得しておきたいキャラ性能となっている。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

ここまで独断と偏見で選んだ3キャラそれぞれの簡単なプロフィールと個性豊かなスキルオリジナル衣装についてご紹介してきた。

CβTの限られた時間の中では全てのキャラを獲得、育成までには至らなかったものの、全体の8割近く獲得した中から厳選した3キャラとなっているので、リリース時には是非参考にして見てほしい。

ここからは本作に用意された豊富な強化要素をご紹介して行くぞ。

キャラボイスやイラスト・キャラモーションが徐々に解放!豊富な強化要素をご紹介!

親密度をあげると解放されるキャラボイスやイラスト!

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

キャラにはそれぞれ親密度が最大ハート5個まで設定されており、個別に料理やアイテムを渡すことで親密度がアップ

親密度が一定値を超えることで、イラストやキャラボイス、キャラモーションが解放されて行くぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

また、キャラによってはステータス増加効果のついたコスチュームアイテムも解放される。

おしゃれをしながらステータスが上がる一石二鳥の親密度システム
新しいキャラを獲得したらどんなコスチュームが解放されるのかを確認しておこう。

覚醒ではあのシーンのムービーが!RPGならではの強化要素も満載!

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

本作のキャラ強化要素は強化・進化・超進化・覚醒など様々。

ステージクリア時に手に入る強化素材や進化素材を使えばレベルアップやレアリティアップが可能だ。

また超進化では特定アイテムを集めることでレベル上限の引き上げも可能。お気に入りのキャラさらに強化することができるぞ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

そして最後に紹介する強化要素「覚醒」は超進化同様に特定のアイテムを集め消費して行う。

覚醒を行うとキャラ毎に用意された「女神の琥珀」を解放し、ステータスの大幅アップが可能だ。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

また覚醒時の演出は、メリオダスが真の力を取り戻すシーンを忠実に再現。
魔力が空を覆い、その魔力がキャラに宿る姿全キャラで見ることができる。

原作ファン推しキャラがいる人には堪らない演出になっているぞ。

まとめ

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

ここまで『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』連載企画第2弾として、ピックアップしたキャラ3名豊富な強化要素をご紹介してきたが如何だったろうか。

『七つの大罪』個性的なキャラたちの魅力しっかりと再現されており、『七つの大罪』としても「RPG」としても楽しめる作品に仕上がっていた。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

次回連載記事第3弾では、ゲームの拠点となる「〈豚の帽子〉亭」スキル・合技・本作オリジナル技の演出部分をご紹介予定。

今回、記事でご紹介しきれなかったグリアモールとドレファスの合技などにも触れていくので、演出やアニメーションを見たい!という方は是非チェックしてみてほしい。

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

また、5月23日 21時よりGameWith編集部 かとー。も出演する『グラクロ徹底解剖スペシャル 第2弾』が公開予定!

GameWithでは収録現場の潜入レポートと題して、豪華出演者の収録を終えての感想などを掲載しているので、気になる方はぜひチェックして見てほしい

『グラクロ』徹底解剖スペシャル、撮影現場に潜入!

※イメージは、開発中のものです。
※本記事に掲載しているゲームの仕様は正式サービス時に変更となる場合がございます。

© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
© Netmarble Corp. & Funnypaw Co., Ltd. All Rights Reserved.

このゲームに関する記事

掲示板

七つの大罪 ~光と闇の交戦~に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 3227

なーんだギルド式かよ~サクラとのPVPとかありそう

名無しのゲーマー 3226

>>3217
お前気持ち悪いよ

名無しのゲーマー 3225

魔神王メリオダスと魔神王ゼルドリスどっちが強いん?

名無しのゲーマー 3224

>>3217
とりあえず改行してほしい、見辛すぎて読むきにならん

ニュース
他のゲームアプリを探す
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す