このサイトは一部広告を含みます
『鳴潮(Wuthering Waves)』の対応機種は?PCやアプリ、PS5など、プレイが可能な環境を紹介
アプリ
2024年05月23日 リリース済
2024年05月23日 リリース済
QRコード表示
AppStoreからダウンロード
QRコード表示
GooglePlayで手に入れよう

『鳴潮(Wuthering Waves)』の対応機種は?PCやアプリ、PS5など、プレイが可能な環境を紹介

最終更新 :
『鳴潮(メイチョウ)』ゲームイメージ

※当記事のAmazon/楽天のリンクはアフィリエイト広告を含みます。

『鳴潮(Wuthering Waves)』の対応機種や販売日を紹介!『鳴潮(メイチョウ)』に関するプレイ環境の情報を知りたい方は是非参考にしよう。

ここから今すぐ無料でプレイ!

目次

『鳴潮(メイチョウ)』:PC(Windows)版

『鳴潮(メイチョウ)』ゲームイメージとキャラの様子
販売日2024年05月24日
価格基本プレイ無料
Epic Gamesで詳細を見る

『鳴潮(メイチョウ)』:iOSアプリ版

『鳴潮(メイチョウ)』ゲームイメージと世界観
販売日2024年05月24日
価格基本プレイ無料

ここから今すぐ無料でプレイ!

『鳴潮(メイチョウ)』:Androidアプリ版

『鳴潮(メイチョウ)』ゲームイメージと戦闘シーン
販売日2024年05月24日
価格基本プレイ無料

ここから今すぐ無料でプレイ!

今注目のゲームアプリ4選【PR】







『鳴潮(メイチョウ)』のPS5版は販売される可能性はある?

『鳴潮(メイチョウ)』のPS5版のリリースは発表されていない。今後リリースする可能性もあるかもしれないので、続報を待とう。

※公式で発表されていない情報になるので、推測となります。

その他の新作ゲームもチェック!

新作ゲームアプリ 配信カレンダーの画像▲その他ゲームの配信日はコチラから!

『鳴潮(めいちょう)』とは?

鳴潮の画像

“パニグレ”開発のKURO GAMEが手がける終末世界を舞台にしたオープンワールドアクション!

『鳴潮(Wuthering Waves)』は、iOS&Androidにて好評配信中のアクションゲーム『パニシング:グレイレイヴン』を手掛けたKURO GAMEの新作オープンワールドアクション

本作を構成する広大なフィールドでは、壁を走る以外にもグライダーでの滑空やワイヤーアクションなど、多彩な移動が可能

ゲーム内ではスタミナ消費なくダッシュができるほか、壁を登ったり、パルクールなどの躍動感溢れるアクションが楽しめる。

関連記事
『鳴潮』の画像
サービス開始!遂に始動した鳴潮独自の魅力へ徹底的に迫る!
おすすめ無料ゲームアプリ3選【PR】





その他おすすめ無料ゲームはこちら!

ここから今すぐ無料でプレイ!

その他、スマホで遊べるおすすめRPG

RPGおすすめ導線
▲GameWith編集部厳選!おすすめRPGはこちら
レビューライター応募バナー

「ゲーム検索」で新しいゲームを見つける

関連記事

ユーザーレビュー

鳴潮(WUTHERING WAVES)をプレイしたユーザーのレビュー。

  • すずめ

    原神と似てるところは多いけど、ストーリーが全然違うし、原神より面倒くさくない。(原神の面倒くさいところもリアリティがあっていい)まだ初めて6日だけど、倒した敵をスキルとして使えるのが楽しい!あとモーションが色々あってこってるし...立体機動装置みたいなのもあって良い!

  • ならける☆

    馬鹿面白い。
    正直舐めてた。「どうせ原神のパクリだろ?」とか普通に思いながらプレイしてた。
    けど全然違う。何が違うってプレイしている時のストレスのかかり方が全く違う。

    最たる例を挙げるとするなら、スタミナ管理の頻度で原神なら走っている間はスタミナを消費し続けるので偶に歩いたりしないとキャラがバテてしまうが、鳴潮はそれが無い。たったこれだけかもしれないが、この機能が神だった。

    戦闘も原神より面白い。原神にも『元素システム)という一捻り加えた面白い戦闘技能があったが、鳴潮の戦闘はこれを遥かに上回る。
    というのも鳴潮には『重撃』と『変奏(だっけ)』という二つの戦闘技能がある。加えて敵の攻撃を回避した時に使える『カウンター』と、ボスどころかフィールドの少しだけ強い雑魚も頻繁に使用してくる強攻撃を阻止する『パリィ』というPS(プレイヤースキル)任せのシステムがある。
    パリィは兎も角、この『カウンター』があるおかげで原神の戦闘と比べると面白さの桁が段違いだった。

    そしてこんなに面白いし、低レアキャラで原神と同じく十分戦えるのに最高レアキャラを1体だけ好きな恒常キャラを配布してくれるという神運営っぷり。
    さらに武器ガチャを、交換所をうまく活用することができれば定期的に引かせてくれるという痒いところにも手が届くシステムを実現してくれた。
    具体的にいうと、『キャラガチャ』専用のアイテムと『武器ガチャ』専用のアイテムが存在して、一定の期間毎にどちらも一定個数を交換所で販売してくれることにより、どっちのガチャを引こうかという悩みを抱える必要がなくなった、ということ。個人的にこれは地味にありがたかった。


    しかしこんな神ゲーなのに、一つだけ残念なところがある。それがストーリーの不可解さと誤字。ある程度進めれば「要するにこういうことなんだな」と理解出来るのだが、一部分しか話を聞いていないとストーリーの理解がほぼ出来なくなる。

    そしてこのゲームのストーリーだけを遊んだ時の時間の配分は『戦闘3:ストーリーの文章を読んでる時間7』です。1章クリアするまでに俺はフルボイスで聞いていたら3回寝落ちした。クッッソ長いので覚悟して遊んだほうがいい。


    さて、最後に総評だがマジで神。ストーリーが理解できない、サブクエが何言ってるのかよく分からなくても神。
    戦闘がとにかく面白くてマジで時間泥棒。敵を倒した時の確率で獲得出来る『残響』の収集もマジで楽しい。これがあるから雑魚戦に価値が生まれる。
    鳴潮は冗談でもなんでも無く今年の覇権を握る(断言)。
    時間がある人は絶対にやるべき。

    最後に忠告するが、キャラの育成をサボると絶対に時間制限のある試練で詰むので育成要素を満遍なくいじることだけは欠かさないように!

  • ゲーム厨房

    悪いところが
    ストーリーが、ラノベの脇役、やられ役、すぐに忘れるような名前で頭に入ってこない

    アクションゲームとしては
    戦闘が原神より爽快感がある、
    回避あり、パリィあり、スタミナも壁登りで落ちること無し、原神より探索が快適

    原神2という感じの出来映えです
    凄く面白いです

掲示板

鳴潮(WUTHERING WAVES)に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

鳴潮(WUTHERING WAVES)の情報

会社 kuro games
ジャンル アクションRPG
ゲーム
システム
アクションRPG
タグ
リリース
iPhone:2024年05月23日
Android:2024年05月23日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
公式サイト
公式Twitter
この記事を共有
twitter share icon line share icon

このゲームが好きなあなたに

注目の記事

ゼンゼロ

最新ニュース

おすすめ記事一覧