関連記事一覧

ステラアルカナ~愛の光と運命の絆に関連する記事一覧

ステラアルカナ~愛の光と運命の絆をプレイしたユーザーのレビュー。

  • がっつき冷麺

    他のMMOと比べていいところは、アニメ調のイラスト、ストーリーがしっかりしててムービーとかもあるところかな。ボリュームは確かに凄そう。

    自分で操作もできるし、オートもあるしで誰でもプレイしやすい。ただ、お使いゲーと言われたらそこまでな気もする。

    今の時期、あまり外に出れなくて暇してる人はやってみては。

  • ちょめ

    特筆すべき点は見つからず、可もなく不可もなし。

    ビジュアルのトゥーン調とリアル調は人それぞれ好みがあると思うけど、グラフィックのクオリティは高い。
    目新しいシステムはないけど、コンテンツのボリュームはそこそこある。
    戦闘での操作がオートでないというのがイマドキのゲームのマンネリを抜け出そうとしたところかなと思う。
    ただ、この路線の覇権はTRAHAが握りそうな気がするので、MMOの前提とも醍醐味とも言うべき「常にそこにたくさんのプレイヤーがいる」という基盤が半年後には無いのでは…という懸念はある。

    少し人がいて少し楽しくて少し時間を消費できるアプリになりそう、という感想。

  • まっしー

    やれることが多い分、何をすれば強くなれるのかが分かりにくい。メイン画面のアイコンが多い上に1つアイコンを押した先の画面からも深く、最初にたくさん機能リリースしたせいでどこで何をするのか非常にとっつきにくいし、何を押せばどこに行くのか混乱する。商店のアイコンを押すと課金物の商店に飛ぶが、プレイして手に入る貨幣(これがまた種類が多い)を消費したり、回復アイテムを購入するための商店(これも種類が多い)に飛ばず、プレイしづらい。
    製造などに使えるアイテムがガンガン貯まるが、結局それを使うためには課金アイテムが必要(苦労して手に入れるのはほぼ無理)。
    定期イベントも似たような名前があって、なんの募集か混乱しやすい。5vs5や3vs3と2種あるのに3vs3でも5人PTが組めて入場は最初の3人だったりおかしい。
    PvPイベントが多めなので好きな人にはいいが「これなんでPvP要素入れてるの?」というイベントもあり、前衛職は後衛職から袋叩きに合う。暗殺者が強すぎるのでPvP好きや廃課金は暗殺者、それ以外は聖職者しか必要ないくらいのバランスの悪さ。また、PKありのボス狩りイベントはワールドの3位までのギルドによる取り合いになりそれ以外の多くのギルド民はボスに近づけもせず殺されるだけ。

    上記の通り、やたらややこしくて時間を食うのにやりがいはあまりないゲームでした。

ステラアルカナ~愛の光と運命の絆に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 YOOZOO GAMES
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
タグ
リリース
iPhone:2020年03月26日
Android:2020年03月26日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
ステラアルカナ~愛の光と運命の絆
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
タグから探す