ETERNAL(エターナル)
ETERNAL(エターナル)
ETERNAL(エターナル)
リアルの時間と連動するRPG 広大で美しいフィールドを駆け巡れ

ETERNAL(エターナル)の評価とアプリ情報

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
壮大な世界観!新作『ETERNAL(エターナル)』配信開始!
『プロジェクト エターナル』、第2回CβTの参加受付が開始!
アソビモ新作、クローズドβテスト二次募集実施!

作り込みによる圧倒的な没入感!豪華サウンド&グラフィックで楽しめるRPG!

『ETERNAL(エターナル)』は、様々な文化・宗教が存在する広大なノックシア大陸を冒険するオンラインRPG


プレイヤーはそんな様々な景色が存在する大地を、個性豊かなキャラクターたちと共に冒険していく。

細部まで作り込まれたグラフィックとサウンドは作品・ストーリーへ没入できる一つの要素。

キービジュアル・キャラデザインには『FF』シリーズで知られる天野喜孝さん、サウンドには多彩な映像作品を手掛けるMONACAを起用しており、リッチな映像とサウンドが楽しめる。

バトルはバーチャルパッドを使ったスマホRPGならではの王道操作
難しい操作は一切なく、視点やスキル配置を自由に変えられるので、自分好みの環境でバトルを楽しめる。

またバトル好きの人にも安心の歯応えのあるボスバトルやダンジョンも用意されているので、自信がある人はこちらも挑戦してみよう。

キャラ作成時に選択できるジョブは、ウォーリア/パラディン/メイジ/プリーストの4種類。
性別や目の色など自分好みの容姿にできる他、冒険のオトモとなる妖精の名前と容姿もここで決められるぞ。

1キャラ育成で、3つのバトルスタイルを楽しめる!

「特性」機能が解放されると、ジョブが持つ3つのスキル群の付け替えが可能に。

特性を付け替えることで、覚えたスキルの効果の変化や攻撃担当→防御担当などパーティプレイでの役割が変わるなど、1キャラを育てるだけで様々なバトルスタイルで楽しむことができる。

また特性機能があることで、攻撃担当3/防御担当1/回復担当1が必須のダンジョンに挑む際に、担当の人数調整できたりと様々な場面で調整の幅が効く便利な機能の一つだ。

『ETERNAL(エターナル)』はこんな人にオススメ!

  • 作り込まれた世界・ストーリーに没頭したい人
  • マルチ要素豊富なゲームを探している人
  • 長く遊べるゲームを探している人。

紹介動画

ETERNAL(エターナル)をプレイしたユーザーのレビュー。

  • 盆暮れに増殖するクラゲ

    AWSに出鼻をくじかれたMMORPG

    そもそもAWSが何なのかなど問題の本質が理解できていないユーザーに各所で悪評をばらまかれているが、戦術システムによるオート時の細かい動きの調整が可能、職業ごとに3タイプのスタイルが切り替えられマルチのマッチングに影響する、など今年リリースしたMMORPGの一歩先を行くシステムを搭載しており、プレイする価値は十分にある。

    相変わらずサーバーエラーは多いものの、課金要素もMMORPGにしては「比較的」良心的な方なので他のMMOに飽きているならやってみてもいいかもしれない。

    気になる点としては、マップの案内が貧弱、デフォルトでカメラが寄りすぎているので逐一操作が必要などがあるが、UIは全体的に良くできている。

    総じて他の凡百のMMOのいいとこどりをして改良した作りである。逆に言えば、既存のMMORPGに飽き、革新的なシステムを求めているならやめておいたほうがいいとも言える。

  • サイコ

    特に悪いといったところはないので今後に期待します

  • 心戒

    スペックはiPhone7の人の感想。

    重い。ひたすら重い。全ての動作環境に関わるものを全て最低にしたのに動きがカックカク。

    オープニングはめっちゃ綺麗。最新作のFFを見てるかのようだった。しかし作りが雑。
    具体的には、主人公がムービー中の敵を一刀のもと切り捨てるシーンがあるが何度見ても敵に当たってないのに敵が倒れる。ショック死かな?
    あまりアクション的な動きがない。動画は綺麗っちゃ綺麗だがそれだけ。

    戦闘についても詳しく語りたいが何しろクソスペックスマホなものなので、あくまで私個人の意見として受け止めてもらいたい。
    まず選べる職業は3種類、大雑把に言って「戦士」「魔法使い」「僧侶」。私は「戦士」を選択した。
    理由はアクティブな戦闘が好きなので。
    だが、私の想像した戦闘とは違い回避して側面から大打撃を喰らわせたり、防御して被ダメを抑えたりできるかと思いきや。
    回避は連続使用不可でクールタイムが10秒ある。そしてヒットアンドアウェイ的な戦闘は不可。一度敵と交戦状態に入ると敵に認識されているうちは逃げても逃げても相手の攻撃が見当違いな方向を向いていたとしてもこちらに当たる。なんぞこれ。
    こんなシステムなら5年前とかでも普通に存在してる。
    もっと言えば俺の知ってるゲームで12年前のゲームがこのシステム採用してた。(エ○メンタルナ○ツ)

    フィールドでは常に他のプレイヤーが表示されているのでMMORPGをプレイしてる感じがして良い。ただ、そのせいだろうかクッソ重い。

    キャラクター作成が1番楽しいかもしれない。
    あくまで人間族のアバターしかないがその代わりに顔、髪型、耳、瞳孔、肌カタログが豊富で結構自由にカスタマイズできる。
    だが、なぜか相棒の妖精のカスタマイズはないので3種類の中からしか選べないのはちょっとマイナス点。


    総合評価

    新しくリリースされたゲーム、ということで注目している人にはちょっとだけおすすめする。似たようなMMORPGにもう夢中だよ、ってなってる人にはおすすめしない。
    全ての動作環境を最低にしたにもかかわらずカックカクのゲームでストレスを溜めるよりかは既存のぬるぬる動くゲームを遊んだ方が何倍も良い。
    私は序盤も序盤の方で挫けたので上に並べて以外の良い点悪い点は知らないが、この調子だと解放されるシステムに期待が持てるかどうか聞かれると首を傾げざるを得ない。
    まぁ、あくまでiPhone7のクソスペック野郎の言うことなので全部鵜呑みにはしないようにお願いする。

    なんで黒い砂漠モバイルはあんなに綺麗なグラフィックで画質も落とさずにぬるぬる動いたのに後に生まれたエターナルはカックカクなんだろな?
    あ、そうか、技術の差k(((殴

会社 ASOBIMO
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
タグ
リリース
iPhone:2020年12月15日
Android:2020年12月15日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す