事前記事
ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜
ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜
iPhone : 2019年04月01日予定
Android : 2019年04月01日予定
1659人プレイ予定

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜 配信日と事前情報

最終更新 :

3/20 第4章の予告動画公開!

目次

高大な空の世界を冒険しよう!重力使いが旅する空の大冒険活劇RPG『ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜』 [PR]

『ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜』はセガとf4samuraiがおくる、広大な空を舞台にした新作RPG

行方不明の父親を探す「重力使いのヒューゴ」と、 病に侵された幼馴染を救おうとする「小さき種族 ピノのニール」が、未知のチカラを持つといわれる世界の底「エンドロール」を目指す冒険を描いていく。

脚本原案に、仮面ライダー電王進撃の巨人(アニメ)などを手がけた「小林靖子」氏を迎え、オープニングアニメに「スタジオM2」、ゲームサウンドにクロノトリガーイナズマイレブンなどを手掛けた「プロキオン・スタジオ」などの豪華スタッフが参加しており、世界観に重きを置いた王道のRPGを体験できるぞ。

現在、明らかになっている情報をお伝えしていこう。

『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』プロモーションムービー

配信日はいつ?

本作の配信日が4/1(月)であることが発表。
同時に、App Storeでの予約注文、Google Playでの事前登録も開始した。

リリース情報をいち早くキャッチしたい方はゲームウィズの「リリース通知」を設定しておこう。


リリースされたらすぐ知りたい!

「リリース通知を受け取る」を設定すると、このゲームがリリースされたタイミングでいち早くお知らせが届きます。


『ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜』ってどんなゲーム?

バトルシステム

本作のバトルシステムは『ドライブレーンバトル』と呼ばれる独自のシステムを採用。

詳しいシステムは明らかになっていないが、公開されているプレイ動画を見るに、「ドライブレーン」と呼ばれるレーンに流れてくる攻撃パネルに対して、編成したキャラクター(ピノ)割り当てて攻撃していくバトルシステムのようだ。

攻撃パネルには、「アタック」「アシスト」「ガードアタック」「ヒール」「属性ダメージ」といった様々な種類が用意されており、1つ1つ効果が異なる。どの攻撃パネルにどのキャラクターを割り当てるのかがバトルの勝敗に大きく関わってくるぞ。

他にも、ピノたちの必殺技「バーストアタック」や攻撃するピノの組み合わせに応じて「オーバードライブ」と呼ばれる連続攻撃「シンクロドライブ」と呼ばれる強力な合体攻撃が発生するなど、幅広い戦略が用意されているのが本作の魅力の1つだ。

クエストボスらしきモンスターが出現。

ゲーム画面のスクリーンショット

さらに、公式よりバトル以外のゲーム画面スクリーンショットも公開されており、ストーリーは会話形式で進行。

仮面ライダー電王進撃の巨人(アニメ)などを手がけた「小林靖子」氏による空を舞台にした本格的な冒険活劇が楽しめるぞ。

ピノの装備品『フィルム』

「フィルム」は、ワングラの世界の記憶を写真にしたもので、本作ではピノの装備品に位置する重要なアイテムだ。

ピノに装備することでパラメータがアップする他、「スキル」「タクティクス」が使用できるようになるとのこと。

10人vs10人のリアルタイムバトル

チームメイトと協力して戦うリアルタイムの団体戦「アストロボール」の情報が公開されている。

これは10人vs10人で空の大乱闘を繰り広げるスポーツバトルで、相手のゴールにシュートを叩き込んでポイントを奪い合うという内容だ。

仲間と攻撃がつながると「チェイン」が発生。チェインがつながるほど相手へのダメージ獲得ポイントが増えるぞ。

アストロボール専用の能力「タクティクス」も用意されている。発動するとメンバーのステータスが上がるなどバトルを有利に進めることが可能になる。

アバター機能

ゲームにはアバター機能も実装されている。サロンで作成した自分だけのアバターで、アストロボールに参戦しよう。

ストーリー

大陸も海もなく、高大な空で人間とピノと呼ばれる小さな種族が共存する世界< ウイトラスト >

行方不明の父親を探す「重力使いのヒューゴ」はピノのニールと出会い、未知なる空の最下層エンドロールを目指す冒険に出発する。

予告動画

▲第1章 予告動画「旅立ち」

3/5、公式twitterにて「シナリオアンロックキャンペーン」がスタートし、第1章の予告動画が公開された。

各章ごとに定められたRT数を達成することで、次章の予告動画が解放。
最終的に、3/31(日)までにアンロックされた予告動画の章が、4月中にゲーム内に実装されるとのことだ。

RTした人には抽選でプレゼントも当たるので、積極的にRTして多くの章を解放していこう。

世界観

ワールドマップ

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

公式サイトにてワールドマップが公開。
本作に登場する様々な国の位置関係と共に、その詳細が確認できるぞ。

世界観紹介

公式Twitterでは「世界観紹介」と題して、ゲーム内の様々なキーワードに関する情報が公開されている。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

【重力使い】
対象となるものの重力を自在に操る。
シップに重力をかけて降下させたり、『ピノ』の持つ力を引き出すことが可能。
自ら戦うこともできるが非常にエネルギーを要する。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

【りんごの木】
この微重力の世界で、重力を吸い成長する木。
強い重力場を発する『重力コア』の周りでしか育たない。
りんごが重力に引かれ落下することで『ピノ』が誕生する。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

【ウイトラスト】
大陸も海もない広大な空で生きる人々の世界。
人間と、『ピノ』と呼ばれる"小さき者"たちとが共存している。
下層に行くほど環境が過酷になり、『デブリ』と呼ばれるモンスターの危険度が上がるため、冒険は困難となる。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

【エンドロール】
『ウイトラスト』の最下層、つまり世界の底のこと。
これまで数多くの冒険者が『エンドロール』を目指して旅立ったが、いまだかつてそこに辿り着き、生きて戻った者はいないとされている。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

【ピノ】
りんごから生まれ、いつの頃からかこの世界にいる『小さき戦士』。
人間にはない特殊な力を持ち、生まれつきデブリを倒すことができる武器を持っている。
そうそう頻繁に誕生するものではないため、個体数は人間よりずっと少ない。

さらに世界観紹介を見る

【ピノと重力使い】
人間が「ピノ」のりんごを食べ、適合すると重力使いとなる。
契約を交わしたコンビ・相棒のことは『ノーツ』と称し、りんごの所有者は「ピノ」から重力使いへと移る。

【デブリ】
『ウイトラスト』に生息する正体不明のモンスター。
攻撃本能のままに周囲のものを襲うため、非常に危険な存在。
デブリを倒せるのは基本的に『ピノ』だけである。

【ワンダーグラビティ】
ヒューゴはひょんなことから、不思議なチカラを持つ『ピノ』ニールと出会う。
ニールと契約し、『重力使い』となったヒューゴは、父親に着せられた"詐欺師"の汚名をそそぐため、世界の底『エンドロール』に向けて旅立つ。

【霧の国フォグミスト】
ウイトラスト上層に位置する国。
年中湿度が高く、島の所々でよく濃い霧が発生する。
ウイトラストの中でも大きな発展を遂げている国で、治安も良い。
島の中心の時計塔はこの国のランドマークであり、1番人気の観光名所でもある。

【???】
レノンのログに記されていた場所。
一軒家がぽつんと建っている。

キャラクター

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の画像

公式サイトにてキャラクターのボイス設定が公開中。

▶︎ボイスはこちらからチェック(公式サイト)

3/1、新たに公式サイトにて、メインキャラクターたちの関係を示した相関図が公開された。

エンドロールを目指す少年「ヒューゴ」CV : 村瀬歩

はじまりの国にある空港で働いている少年。
ピノのニールと出会うことで重力使いとなり、父親の汚名をそそぐためエンドロールを目指す。

いつも真っ直ぐで、たまに人の話を聞いていない。普通より重力が“重い”という特殊な体質を持つ。

約束を果たしたい嘘つきのピノ「ニール」CV : 内山昴輝

ヒューゴの相棒であるピノ。
知恵がはたらき、嘘をつくのが得意。

故郷の友達が謎の病にかかってしまい、なんとかして助けたいと思っている。
他のピノとは少し違うところがあるらしい…?

未知なる空路を夢見るパイロット「ノンカ」CV : 佐藤利奈

ヒューゴが乗ることになるシップ・リューセーエンデバー号のパイロット。

未知の空路【ゼロライン】を見つけるのが夢。
さっぱりきっぱりした性格だが、とある者に対して復讐心を抱く。

願いを叶えたい流れ星「ティア」CV : 悠木碧

ノンカと行動を共にするピノ。
リューセーエンデバーでは客室乗務員を担当。かつては、ノンカの姉と契約していた。

大人しい性格で独特な言葉遣いをする。
ニールのことをちょっと毛嫌いしている様子。

捨てられて傷心中の食いしん坊「チプール」CV:大谷育江

シップのメカニックを担当するピノ。
よくタヌキと間違えられるがれっきとしたリス。

以前はヒューゴの父親と契約していたが、なぜかあるとき、突然捨てられてしまった。
どんなに傷心でも食べることはやめられない。

その日暮らしのプロフェッショナル「アポロ」CV : 松田るか

ヒューゴがしばしば遭遇する重力使い。
小悪党でその日暮らしのプロフェッショナル。
はたして彼女の目的やいかに…!?

へたれなビビリな内弁慶「ラヴェル」CV : 山口勝平

アポロの相棒であるピノ。
ヘタレでビビリだがアポロと一緒にいるときだけは強気。
こう見えて結構強く、才能を秘めているというウワサ。

世界機関の諜報機動隊「レイヤード」CV : 武内俊輔

世界機関の諜報部【アンブレラ】に所属。
国際指名手配犯のレノンを捕まえるべく、息子であるヒューゴを常にマークしている。
彼の姿を見て生き長らえた者はいないとか。

死に至る正義「イブリック」CV : 木村良平

レイヤードの相棒であるピノ。
非常に好戦的で、たびたびヒューゴたちの前に立ち塞がる。

レイヤードとはよく意見がぶつかるが、なんだかんだ言いながら彼を支えている。

国際指名手配の父親「レノン」CV : 山寺宏一

ヒューゴの父親で、優秀な重力使い。
エンドロールへ辿り着いたと嘘をつき、賞金を持ち逃げした罪で国際指名手配されている。
だが、ヒューゴは信じていないようで…。

神出鬼没のログハンター「ヒューストン」CV : 櫻井孝宏

世間にその名を知られたログハンター。
ヒューゴの持つ貴重なログを狙っている。

よくいえばクール、悪くいえばキザなヒューゴのライバル的存在。何かと世界機関にたてついて睨まれている様子。

母性あふれる乱雲「ナサ」CV : 堀江由衣

ヒューストンの相棒であるピノ。
ずば抜けた才能を持ち、双刃刀をたやすく振り回す。

常に余裕のある雰囲気を漂わせている彼女だが、ヒューストンを慕うのにはどんなワケが…?

型破りな天才医師「Dr.クランケ」CV : 中田譲治

酒や賭け事が好きな、だらしないオッサン。
だがその正体は並び立つもののない天才医師。

相棒のリルレロと共に、世界に蔓延する【オルター病】の謎を追っている。

Dr.ツンデレ「リルレロ」CV : 竹達彩奈

クランケの相棒兼助手のピノ。
あまり素直にはなれないタイプの性格で、ニールには「Dr.ツンデレ」と呼ばれている。

チプールが肥満体型であることを憂慮し、何かと気にかけてくれるなど優しい面も。

「アルトゥロ」CV : 子安武人

孤独を愛する旅人のピノ。非常に賢く物知り。その言動は哲学的で、ピノとは何かという問いの答えを探し求め、当てのない旅を続けている。

人やピノ以外のものと通じている感覚を有し、デブリの感情(オーラ)が見えるなど、浮世離れしているところがある。
自由を好み、束縛されることを嫌う。人に指図されるのが嫌いで、地図や看板を見ずに進むためよく道に迷う。

「アバウト」CV : 朝霧友陽

遠い昔に滅びた国で、森の番人をしているピノ。ピクシアリー種の中でも特に身体が大きい。
力も並外れており、過去には資源を奪いに来た者たちが乗ったシップをひとりで撃退したことも。

無口で何を考えているかわからない。だが、見た目に反してとても心優しく、何か他者の役に立つことがしたいと思っている。親を亡くした仔リスの世話をするのが日課。

「ヴァレント」CV : 堀江一眞

探検家のピノ。用心深い性格で、周りをよく観察しており、危険を察知する能力に優れている。味方にすると心強いが、寡黙で不愛想に見えるのが玉にキズ。

冒険日誌がとても細かく、書き終わるのに毎日3時間かかる。過去にとある航空事故でノーツの重力使いを失った。

「エールデ」CV : 佐倉綾音

ピノによる秘密結社「プラネテス」の構成員。性格は極めてマイペース。独特の感性を持ち、少しズレた言動をして周囲を戸惑わせることもしばしば。

常にぽややんとしており、忘れ物が多い。重力使いをスカウトしに来たはずが、そのまま観光を楽しんで帰ってしまったことも...。しかし、ピノとして力は非常に強く、天才的な戦闘センスを持つ。

「ルチア」CV : 久保ユリカ

空より高く、エンドロールより深いプライドの持ち主のピノ。高飛車で、他人に対して尊大な態度をとる。

美意識も高く、日々エステを欠かさない。頭の飾りをたいそう気に入っており、「ニンニクみたい」と言われると怒る。実は寂しがり屋で、暗所が怖いなど弱い部分も。

「ワルター」CV : 能登麻美子

国際指名手配犯のピノ。元々は夜の国の国防省にいたが、夜の国を消滅させた容疑で世界機関(コバルト)から追われている。

昔は温厚で人当たりのいい性格だった。頭もよく、国防省幹部だったノーツをよく支えた。荒くれ者の多かった自警団のメンバーからも慕われ、ついたあだ名は「裏総長」。寝るときは何も着ないという噂。

主題歌

ワンダーグラビティの主題歌に、10代から圧倒的な支持を得る5人組ポップロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」の新曲が書き下ろし提供された。楽曲タイトルは「SPLASH!!!」。昨年発売されたアルバム『ENSEMBLE』に収録されている。

『ENSEMBLE』のジャケット。

主題歌提供は、生み出す作品がゲームの世界観とマッチすることから「Mrs. GREEN APPLE」が抜擢された。「ワンダーグラビティ」のキーアイテムが「りんご」であることも相まって、タイアップが実現した。

「SPLASH!!!」を使用したオープニングムービー

事前登録特典

『ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜』の事前登録キャンペーンでは、
登録するだけで有償ガチャ10回分の「アップルジェム」がプレゼントされ、事前登録数が一定数を達成するごと報酬が追加される予定だ。

2019/3/13に、事前登録数は10万件を突破。累計ガチャ10回分のアップルジェムの配布が決定した。

登録数報酬
5万件
突破!
アップルジェム ガチャ3回分(累計6回分)
7万件
突破!
★4ピノ「ラヴェル」
8万件
突破!
★4フィルム「アポロ」
10万件
突破!
アップルジェム ガチャ累計10回分←New!
??????
事前登録はこちらから(公式サイト)

【3/20更新】その他実施中のキャンペーン

【3/20更新】シナリオアンロックキャンペーン

第4章予告動画「ニール奪還作戦」

公式Twitterにて、対象のツイートのリツイート・いいね数が規定数に達すると、予告動画が公開されていくキャンペーンが開催中。

3/20には第4章「ニール奪還作戦」がアンロックされた。

また、本作の公式Twitterアカウントをフォロー対象ツイートをRTした人の中から、抽選5名Amazonギフト券3000円分が当たるぞ。

生放送

セガアプリのニュースを告知する公式生放送、「セガステーション」に本作が登場した。

開発ディレクターの熊澤南氏(セガゲームス)、運営ディレクターの村松志紘氏(f4samurai)が出演し、ストーリー・キャラクターのおさらいや、「ピノ」の育成について説明した。

新情報として、事前登録が10万件を突破し、事前登録報酬のアップルジェムがガチャ6回分から10回分に増量となったことや、リアルタイムバトル「アストロボール」の開幕日が4月5日(金)であること、3月31日(日)のセガフェス2日目に登場することなどが発表された。

ゲームアプリ公式生放送 セガステーション2019年3月版

コミック公開

公式Twitterでは、主人公「ヒューゴ(CV:村瀬歩)」と「ニール(内山昂輝)」の出会いを描いたコミックを公開中。

以降、随時更新を予定しているとのことだ。

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜 の基本情報

配信日2019年4月1日(月)
会社SEGA
ジャンルRPG
対応OSiPhone,Android
事前登録あり(Twitter,LINE,メール)
公式サイトワンダーグラビティ 公式
公式Twitter@wonder_gravity

©SEGA・f4samurai

掲示板

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 65

札束ビンタボール 10vs10に震えろ

名無しのゲーマー 64

SEGAそろそろ倒産しろよ

名無しのゲーマー 63

エイプリルフール

中華ゲーマー
62

>>61
売りの重力に微塵関係もないから園児にもお優しい仕様

このゲームに関する記事
ニュース
他のゲームアプリを探す
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
タグから探す