現金強奪バトル『A.I.M.$(エイムズ)』が配信開始!

現金強奪バトル『A.I.M.$(エイムズ)』が配信開始!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
現金強奪バトル『A.I.M.$(エイムズ)』を先行プレイ!

現金強奪サバイバル!新作『A.I.M.$(エイムズ)』が配信開始![PR]

11月17日(火)、対戦アクションゲーム『#コンパス~戦闘摂理解析システム~』で知られるNHN PlayArtは、新作アプリ『A.I.M.$ -All you need Is Money-』をリリースした。

本作は1試合4分という手軽な時間で、総勢51人による白熱の“現金争奪バトル”が楽しめる3Dアクションゲームだ。

今回の記事では、そのリリースを記念して、個性的なキャラクターたちや、ついつい遊んでしまう魅力のゲームシステムをお届けしていこう。

金さえあれば何でもあり!?街中の金をかき集めよう!

武器を持って立ち上がるギャングたち!

まずは本作を構成する世界観について紹介していこう。

本作は“金”が全てを握る「極天シティ」を舞台に物語が進行していく。

お金の力で世界を牛耳る史上最悪のカンパニー・極天グループ

そんな奴らの溜め込んだ金を奪うべく、51人のギャングが立ち上がった。

街に眠る金を巡って、現金強奪バトルが今幕を開ける……というのが大まかなあらすじだ。

プレイヤーは、この騒動に1人のギャングとして参加することとなる。

ATMやお金を持っているギャングを攻撃して、手当り次第お金をかき集めよう

個性豊かなギャングが登場!

長所を活かして勝利を掴み取れ!

プレイヤーは全10体の中から自身の分身となる操作キャラクターを選択できる。

キャラクターは、固有のアクションやゲージを使用して発動できる必殺のギャングスキルを持っている他、大まかに4つのタイプ(スプリンター、アサルト、タンク、ハンター)に分けられており、それぞれ得意とする戦い方も異なっているぞ。

ここでは各タイプの特徴と、タイプを代表するキャラクターを紹介していこう。

<タイプ:スプリンター>
● M・ホット(CV:中村悠一)

高い機動力を活かしてヒット&アウェイの戦法を得意とするスプリンタータイプ。

武器は消化器の形をした火炎放射器。固有アクションでは、空中に飛び上がり自身の周囲を対象に炎を吹き付けるぞ。

▲相手を炎上させて、継続的なダメージを与えられる。

ギャングスキルでは、自身の直線上に炎の化身を飛ばして攻撃する。

<タイプ:アサルト>
● M・ローズ(CV:朴璐美)

高い攻撃力で敵の殲滅を得意とするアサルトタイプ。

武器はサブマシンガンで、固有アクションを使用すると範囲攻撃が可能なバズーカを撃てる。

▲攻撃範囲も広く、敵が集まる激戦区などで有用な固有アクションだ。

ギャングスキルでは、自身を自動で援護してくれる戦闘ヘリコプターを呼び出すぞ。

<タイプ:タンク>
● 竜児&みかん(CV:木村昴&花守ゆみり)

高い防御力で生き残ることを得意とするタンクタイプ。

武器はパートナーのみかん。固有アクションでは遮蔽物に関係なく周囲のキャラクターを索敵できる。

▲他キャラクターとは違った追尾型の攻撃がとても当てやすい。

ギャングスキルでは、一定時間“ピュアーズ”たちによる自動攻撃を行う。

<タイプ:ハンター>
● 神門(CV:柿原徹也)

遠距離戦と得意とするハンタータイプ。

武器は両手から放つ特殊な弾・ジアース。固有アクションでは撃ち出したジアースの起爆が行える。

▲設置からの起爆攻撃など、唯一の立ち回りが楽しめる。

ギャングスキルでは、広範囲にジアースを設置できる。固有アクションとのコンボで広範囲への攻撃が可能だ。

なお、先行プレイ記事では、他の4キャラクターについても紹介している。

「他のキャラクターも気になる!」という方はこちらを参考にしていただければ幸いだ。

先行プレイ記事はこちら

手にしたお金を守り抜け!

集金方法は自分次第!

本作のバトルは、リアルタイムで他プレイヤーと対戦していく3Dアクション

戦闘には51人のプレイヤーが参加し、制限時間4分で試合が進行していく。

制限時間内に最も多くのお金を集めたプレイヤーが優勝だ。

お金を集める方法主に2つある。

1つは、ATMや現金輸送車を攻撃して街にあるお金を集めること。そしてもう1つが、お金を持っているプレイヤーから攻撃して奪うことだ。

体力が0になってしまうと、所持しているお金を全て落としてリタイアになってしまうため、まずは大前提として“4分間生き延びる”ことが最優先事項と言えるだろう。

生き延びるという最優先事項さえ守れれば、お金の集め方は自由だ。

プレイヤー同士が戦っているエリアに向かって漁夫の利を狙っても良いし、落ちているお金を拾いながら逃げ回っても良い。

ただし、優勝を目指すとなると相応のリスクも背負う必要があるのだけは忘れてはならない。

筆者が特に好きなのは、優勝を巡る終盤戦の攻防だ。

1位のプレイヤーの位置は、参加者全員のプレイヤーに表示されるため、必然的にプレイヤーが集まっていく。

少しでも順位をあげようとプレイヤーが集まり、銃弾やスキルが飛び交う様子はまさにカオスと言えるだろう。

▲4分という手軽な時間でも、緊張感のある戦闘を楽しめる。

バレットでプレイヤーの戦闘スタイルをサポート!

キャラクターは、固有のアクションやスキルの他に、「バレット」と呼ばれる装備品のスキルも使用可能だ。

バレットのスキルには「周囲にあるお金を回収する」といった便利系スキルや、「受けるダメージを一定値半減する」などの戦闘系スキルが用意されており、これらを最大で4つ装備できる。

体力回復系スキルのバレットを複数装備して、積極的に相手のお金を奪いにいく。といった戦略にも関わるシステムなので、自身のプレイスタイルに応じたバレットを装備すると良いだろう。

試合終了時に、生き延びることが出来て持ち帰ったお金は、この「バレット」の強化に使用できる。

通貨はあればあるだけ困らないため、バレットの強化のためにも“生き延びる”ことを目標に試合に臨もう。

まとめ

以上、11月17日に念願のリリースを迎えた『A.I.M.$(エイムズ)』についてお届けしてきた。

1試合4分で手軽に遊べるシステムと、何試合プレイしても緊張感のあるバトル飽きることなく楽しめる本作をぜひとも一度プレイしてみてはいかがだろうか。

© NHN PlayArt Corp.

A.I.M.$ -All you need Is Money-をプレイしたユーザーのレビュー。

  • アピ頂戴

    ゲーム性が新鮮と感じた!ただ私のスマホの性能が悪いのかめちゃくちゃ重いのでラグいところがしんどい(^ω^;);););)

  • YukiFlood

    バトロワ×スコアという新しいタイプのゲームです
    バトロワと違う点は、一位になるには金というスコアを稼いだ人が勝つゲームで、基本マップ中央にある輸送車を破壊したら出てくる金を誰が一番多く取れるかで勝敗が分かれます

    悪い点中心で書きますが、スタイリッシュとは程遠いほどもっさりとした戦闘は、スピード感なんて微塵もありません。
    金を持ちすぎると足が遅くなると言う意味不明なルールの所為で、先に金を取ると負けやすい(ジャッジメントとアンチ以外)仕組みもなぜと思ってしまった。
    キャラは、移動スキルが優秀で尚且つ漁夫がしやすいアンチが強いと感じました。特にオートエイムの恩恵が凄い。
    ダッチもあるが、スワイプなため思った通りの位置になかなかいかず、練習が必要。
    操作性も微妙で、全部UIをボタンにしてほしいレベルです
    視野も縦持ちなので狭く、視野角を広げて欲しい。
    連射撃キャラがまた不憫で、弾着が遅いため結構偏差が必要な上、ヒットエフェクトが激しすぎて頭が見づらい
    マッチング速度が遅すぎて試合時間と同レベル
    ラグい人と相対するととんでもないことが起こる
    等、色々ありますが、今後アプデなどでキャラやモードが追加されたりしてコンテンツが増えれば今よりもっと面白くなるのは間違いないとは思いました。

  • 心戒

     ゲームどころじゃない。

     私のスマホはiPhone7と結構古い。そのせいか動作がモサモサもっさりでゲームどころじゃない。

     チュートリアルは不親切。基本的な動作を教えてくれるものの、そこまで通信量がないはずなのにこちらの動作はやはりもさっとしている。
     そしてこのゲーム、基本攻撃は銃撃だ。だからチュートリアルでも攻撃を試させてくれるものの、対象はその場から微動だにしない建物とダミーターゲット。狙い撃ち(エイム)の練習には一切ならない。

     グラフィックは5年くらい前のPCゲーみたいな感じ。(高画質に変更できたりするのかは試してないのでわからない)
     ぶっちゃけ同じ会社が出してるコンパスよりグラフィックがひでぇ。

     このゲームには「操作チュートリアル」と「システムチュートリアル」が存在して、一応リセマラの為にチュートリアルのスキップができるのだが、スキップできるのは「操作チュートリアル」だけで、システムチュートリアルは飛ばせない。しかも動きがもっさりなもんだからかなりイライラする。

     このアプリの容量は約150MBとかなり小さいが、本当に必要なデータ全部ダウンロードしてるのかって思うくらい色々ひどい。

     ガチャの確率は最高レアが1%なのでもれなく皆さんリセマラコース行き。
     演出はしょぼい。すごくしょぼい。オールスキップでも後悔しないレベル。

     上にも書いたけどバトルはスマホの発熱と動作がカクカクすぎて目も当てられない惨状。もう少しなんとかならなかったのか。
     今の状態だと敵を倒すのはおろかメインの金集めすらできない。


     総評で言えば「今は」やるのはおすすめしない。多少改善されたのを確認してからプレイした方がいいと思う。
     なんでコンパスよりも先の時代に生まれたはずのこのアプリが全てにおいて下位互換のグラフィックと操作性のゲームになったのかマジで理解不能。
     私も一応このアプリアンストせずに残しておくがこの先気持ちよくプレイできる日は来るのかどうか……。

A.I.M.$ -All you need Is Money-に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 NHN PlayArt
ジャンル 3Dアクション
ゲーム
システム
3Dアクション
タグ
リリース
iPhone:2020年11月17日
Android:2020年11月17日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す