『アークナイツ』ついに配信日決定!声優も登壇した発表会に潜入

『アークナイツ』ついに配信日決定!声優も登壇した発表会に潜入

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
ログイン後、即10連ガチャ!『アークナイツ』を始めるなら今!
唯一無二のダークな世界観に注目!『アークナイツ』配信開始!
本格戦略タワーディフェンスゲーム『アークナイツ』先行プレイ!

メインヒロイン・アーミヤの声優・黒沢ともよさんも登壇!

Yostarが運営する新作ゲームアプリ『アークナイツ』。中国・Hypergryphが開発したゲーム『明日方舟』の日本語版だ。

1月8日(水)に行われた本作のプレスカンファレンスでは、配信日が2020年1月16日(木)と発表。満を辞しての国内サービス開始に向け、期待が高まってきた。

今回、GameWith編集部もプレスカンファレンスに参加。
配信日以外にも最新情報の公開や、声優・黒沢ともよさんによるゲームプレイも行われたので、その様子をお届けしていくぞ。


リリースされたらすぐ知りたい!

リリース済み

「リリース通知を受け取る」を設定すると、このゲームがリリースされたタイミングでいち早くお知らせが届きます。


声優・黒沢ともよさんがゲームをプレイ!

ステージには、yostarの広報担当者とともに、本作のメインヒロイン・アーミヤの声優を務める黒沢ともよさんが登壇。

本作の世界観ゲームシステムの紹介が行われた。

アークナイツの魅力の一つはダークな世界観
治療不可能な感染症「鉱石病」(オリパシー)が蔓延した世界では、感染者たちが迫害され続けており、荒廃した世界が描かれている。

アークナイツの画像

▲迫害される感染者

プレイヤーは感染者たちが起こした暴乱を解決すべく、仲間を率いて戦っていく。

主人公たちが所属する組織「ロドス・アイランド」だけでなく、様々な勢力が入り乱れる展開が繰り広げられる。
いろんなフェチを抑えたキャラクターが多数登場するので、そこも注目してほしいポイントだ。

▲勢力・キャラクターは多数存在。

世界観の紹介が終わると、実際に黒沢さんがゲームをプレイ

普段あまりゲームをしないという黒沢さんだったが、親切なチュートリアルのおかげもあり、サクサク進めていた。
ゲームをあまりプレイしない人でも手を出しやすいゲームシステムと言えそうだ。

▲ゲームシステム紹介画像

プレイ中「爽快感がすごい!」と黒沢さんが何度も口にしていたのが印象的。
タワーディフェンスゲームというと、そこまで派手なゲームシステムではないが、本作ではキャラを育成し、戦略的に戦うことで爽快感まで味わえるようだ。

GameWithでは先行プレイをさせて頂き、記事と動画にまとめてる。バトルの流れや、バトル以外のコンテンツを動画で確認したい人はこちらもチェックしよう。

公式コスプレイヤーに伊織もえさんが就任!

『アークナイツ』の公式コスプレイヤー伊織もえさんが就任したことも発表された。

アーミヤのコスプレ姿で登壇した伊織さんは「ゲーム(アークナイツ)の入口を増やせるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

既に本作がリリースされている海外では、本作のコスプレが流行している。
リリース後には、日本でも多くの場所でアークナイツのコスプレを見ることができそうだ。

▲声優・黒沢ともよさん(左)と伊織もえさん(右)


リリースされたらすぐ知りたい!

リリース済み

「リリース通知を受け取る」を設定すると、このゲームがリリースされたタイミングでいち早くお知らせが届きます。


アニメーションPVが公開!

本日初公開となるアニメーションPVのスタッフトークも行われた。

▲『アークナイツ』アニメPV フルVer.

アニメPVの見所は「世界観の表現」「キャラクターの描写」「アクションシーン」とのこと。

ゲームやイラストでは見ることのできない動きや表情を細部まで表現しているPVは、本作の期待度をグンっと上げてくれる

音響にもこだわることができたとのこと。ぜひ、音ありでPVを見てみてほしい。

事前登録報酬が追加!

アークナイツの事前登録数が20万人を突破したことで、事前登録特典にさらにアイテムが追加された。

どれもリリース後のスタートダッシュに役立つアイテムになっているので、忘れないうちに登録しておこう。

事前登録は公式サイトから可能だぞ。

事前登録はコチラ(公式サイトへ)

リリースされたらすぐ知りたい!

リリース済み

「リリース通知を受け取る」を設定すると、このゲームがリリースされたタイミングでいち早くお知らせが届きます。


『アークナイツ』とは?

『アークナイツ』は魅力的なキャラクターや、独特な世界観を楽しめる新作ゲームアプリ。

ジャンルは、敵の潜入を防ぐタワーディフェンスゲーム
ステージの端にある赤い場所から敵が湧いてくるので、オペレーター(キャラクター)を設置しながら迎撃していこう。

▲緑色に光っている場所へオペレーターを配置していこう。(※画面は開発中の画面です)

ステージに配置していくオペレーターはコストを消費することで配置可能。
バトルでは、時間経過によってコストが溜まっていったぞ。

▲オペレーターには配置コスト、画面右側には使用可能なコストが表示される。(※画面は開発中の画面です)

本作はオペレーターによって配置できる場所が決まっている

▲近接攻撃のオペレーターは地面に配置可能。敵の進行をブロックしよう。(※画面は開発中の画面です)

▲遠距離攻撃やサポートのオペレーターは高台に配置可能。(※画面は開発中の画面です)

近接攻撃を持つオペレーターは、敵が実際に進行する地面に。遠距離攻撃やサポート系のオペレーターは高台に配置することができるぞ。

▲ジョブの組み合わせが勝敗を握る!(※画面は開発中の画面です)

敵の進行を食い止めるオペレーターを地面に配置し、食い止めている間に遠距離から攻撃、が基本的な攻撃になりそうだ。

バトル以外もボリューム満載なのが本作の嬉しいところ。

キャラクターの経験値限定アイテムを獲得することができる基地や、キャラクターの相関関係を確認できる図鑑など様々なコンテンツが搭載されている。

※画面は開発中の画面です

独特な世界観を味わえる重厚なストーリーも本作の魅力。

ストーリーはぜひ自分でプレイして確認していただきたい。


リリースされたらすぐ知りたい!

リリース済み

「リリース通知を受け取る」を設定すると、このゲームがリリースされたタイミングでいち早くお知らせが届きます。


『アークナイツ』の基本情報

配信日2020年1月16日(木)
会社Yostar
ジャンルタワーディフェンス
対応OSiPhone,Android
事前登録あり
公式サイト『アークナイツ』公式サイト
公式Twitter@ArknightsStaff

©2017 Hypergryph
©2018 Yostar

アークナイツをプレイしたユーザーのレビュー。

  • シトラ

    キャラクターが個性的でいいのと頭使うゲームなのでやりがいがあるかと。
    世界観は明るい物ではないけどそこがいい。

  • グレブナー基底

    世界観がいい
    作戦失敗しても理性が返ってくるのがいい点

  • platon

    タワーディフェンス系はゲーム性が似てしまうため過去作と比較されがちだが、今のところストーリ―/キャラ/ゲーム性は悪くない。今後長くかは実装が先になっている中国版のキャラとストーリー次第なので、楽しみにしたい。
    また、キャラの個性が強く星6(最高レア)使ってればOKというわけでもない点や、障害物などのギミックによってよりプレイヤーに考えさせる仕組みも高評価である。

アークナイツに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Yostar
ジャンル シミュレーションRPG
ゲーム
システム
タワーディフェンスRPG
タグ
リリース
iPhone:2020年01月16日
Android:2020年01月16日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す