遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
ダメージ計算について徹底解説!

【遊戯王デュエルリンクス】ダメージ計算について徹底解説!

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王デュエルリンクスのバトル時のダメージ計算について解説しています。バトルの勝敗判定や貫通効果などについても解説しているので、遊戯王デュエルリンクス攻略の参考にしてください。

目次

関連記事

バトルとダメージ計算について

バトルとはモンスター同士の戦いのこと

遊戯王におけるバトルとは、モンスター同士の戦いのことを指す。バトルの勝敗はデュエルの勝敗に直結するので、処理を覚えておこう。

表示形式によってダメージ計算が違う

モンスターは攻撃表示または守備表示で場に出る。バトルするときには、表示形式によってダメージ計算の仕方が変わってくるので注意しよう。

攻撃表示vs攻撃表示の場合

双方の攻撃力を比べる

攻撃表示同士のバトルの時は、双方の攻撃力を比べる。守備力は完全に無視してしまってOKだ。

数値が高いほうが勝つ

単純に数値が高いほうが勝者となる。バトルに負けたモンスターは破壊され、墓地に送られる。さらに、負けた側のプレイヤーに攻撃力の差分のダメージが入る。

同じ場合は相打ち

どちらの数値も同じだった場合は、双方のモンスターが破壊され、ダメージは入らない。

攻撃表示vs守備表示の場合

攻撃力と守備力を比べる

攻撃表示と守備表示のモンスターがバトルする時は、攻撃側の攻撃力と、守備側の守備力を比較して処理する。

攻撃側が勝つ場合

攻撃側の方が数値が高かった場合、守備モンスターは破壊されるがダメージは入らない。
そのため、守備力の低いカードでも使い捨ての壁として使うことができる。覚えておこう。

守備側が勝つ場合

守備側の数値のほうが高かった場合は、攻撃側のプレイヤーにダメージが入るがモンスターは破壊されない。

数値が同じだった場合

双方の数値が同じだった場合は、ダメージは入らず、双方のモンスターが破壊されることもない。相打ちにはならないので注意。

貫通効果ってなに?

守備表示を貫通してダメージを与えられる

守備表示モンスターが相手の場合戦闘ダメージは与えられないが、「貫通効果」と呼ばれる効果を持ったモンスターは例外。
この効果を持ったモンスターは、相手が守備表示であっても数値の差分のダメージを与える事ができる。

デュエルリンクスの他の攻略記事

初心者向け記事

初心者向け攻略記事まとめはこちら

おすすめランキング

カード一覧

全カード一覧はこちら

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中