遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス徹底攻略ガイド
最強デッキTierランキング | 環境まとめ
【遊戯王デュエルリンクス】最強デッキTierランキング | 環境まとめ

【遊戯王デュエルリンクス】最強デッキTierランキング | 環境まとめ

最終更新 : 遊戯王DL攻略班
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!
おすすめの関連記事

デュエルリンクスの最強デッキランキングです。環境TOPのデッキや環境上位のデッキ、また新デッキなども紹介中!デュエルリンクスの最強デッキを探す際の参考にしてください!

最強デッキのアイキャッチ

目次

デュエルリンクスの最新情報はこちら!

ネオスフュージョンジャックイベント

注目!新デッキ・強化デッキ紹介

最新デッキ

ネオス六武衆ブンボーグ
【8.0点】【9.5点】【8.5点】
シンクロン絶対運命力マドルチェ
【8.0点】【8.0点】【8.5点】

一部修正した既存デッキ

ワイルドマンXセイバー-
【8.0点】【8.0点】-
コアキヴァンパイア魔導
【9.5点】【9.0点】【9.0点】

新パック実装や、リミットレギュレーション変更の発表を受け構築をやや変更。新たなレシピを要チェックだ。

最強デッキ/Tierランキング

ランキング/Tierの基準【重要】

強さを元に決定

この記事におけるTier(ティア)とは、環境における強さの事。基本的にはTier1が強いが、相性によって不利なデッキも存在するぞ。

Tierの基準
Tier1
【環境トップ】
高い完成度とデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。
Tier2
【準環境デッキ】
Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。
Tier3
【中堅デッキ】
Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。もしくは、デッキパワーは高いものの、同じクラスの別のデッキタイプがTier上位に位置するデッキのことを指す。
OTHER
【趣味よりデッキ】
デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。新カードの追加やカード調整を待ち、Tier上位に入り込む機会を窺っている。

Tierの更新履歴

4/7古代の機械Tier1からTier2
コアキメイルTier1からTier2
生存恐竜Tier1からTier2
4/1六武衆Tier1
3/13マドルチェTier3
シュトロームベルクTier3
バスブレTier1からTier2
3/8生存恐竜Tier3からTier1
3/1生存恐竜Tier3
2/24ネフティスTier2
ラヴァルTier3
2/21アマゾネスTier3からTier2
メタビートTier2からTier3
D-HEROTier2からTier3
2/20全体的にTierを大幅変更

Tier1デッキ《環境TOP》

Tier1バナー

Tier1デッキの強さ目安

【環境トップ】
高い完成度とデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。

Tier1デッキ紹介

デッキ名点数構築必要パック
六武衆六武衆9.5ウォリアーズユナイト
▼Tier1デッキの紹介はこちら

Tier2デッキ《準環境》

Tier2バナー

Tier2デッキの強さ目安

【準環境デッキ】
Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。

Tier2デッキ紹介

▼Tier2ランクデッキの紹介はこちら

Tier3デッキ(環境)

Tier3バナー

Tier3デッキの強さ目安

【中堅デッキ】
Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。もしくは、デッキパワーは高いものの、同じクラスの別のデッキタイプがTier上位に位置するデッキのことを指す。

Teir3デッキの紹介

デッキ名点数変動
沈黙魔導魔導9.0
アマゾネスHERO8.5
生存恐竜生存恐竜9.5
カラクリカラクリ8.5
マドルチェ8.5NEW
シュトロームベルク8.0NEW
ネフティス8.5
ラヴァルラヴァル8.5
バスブレ8.5
ヴァンパイア8.5
ワイルドマンビートワイルドマンビート8.5-
ドラグニティナイトヴァジュランダマドルチェサイマジ8.5-
4軸炎星8.5NEW
3軸炎星8.0NEW
ドラグニティナイトヴァジュランダメタビート8.5-
ドラグニティナイトヴァジュランダD-HERO8.5-
芽吹き+ジャンク芽吹き+ジャンク8.5-
ドラグニティナイトヴァジュランダブルーアイズ8.5-
ドラグニティナイトヴァジュランダ武神8.5-
空牙団空牙団8.0-
UAUA8.0-
デュアルデュアル8.0-
▼Tier3デッキの紹介はこちらその他のデッキはこちら

Tier1ランクのデッキ紹介

ヴァンパイアデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

ヴァンパイアデッキの強いところ

ヴァンパイアデッキはサーチ手段に優れており、毎回、決まった動きを行える最強の安定性を持つ。能動的にライフポイントを減らすことができるので「バンデット」「ディスティニードロー」といったスキルと相性が良い。

ヴァンパイアデッキの弱いところ

ライフポイントを消費しながらモンスターを展開していくので、1度でも大ダメージを受けてしまうとその後の展開ができなくなってしまう。また、アンデット族は守備力が低いモンスターが多いので、貫通効果を持つモンスターの攻撃に弱い。

ヴァンパイアデッキの詳細はこちらから

メタビートデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

メタビートデッキの強いところ

流行中のヴァンパイア、魔導、D-HEROに有効な札を多く採用しており、それらの環境デッキ相手に相性良く戦うことができる。

メタビートデッキの弱いところ

メタの対象外のデッキには機能しないカードが多く、うまく立ち回ることが難しい。

メタビートデッキの詳細はこちらから

Tier2のデッキ紹介

ブルーアイズデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

ブルーアイズの強いところ

最高クラスの攻撃力を誇るだけではなく、《コスモブレイン》を確実に初手に引けるスキル「マーキングカード」との相性の良さ、《白き霊龍》によるバックの除去が売り。

ブルーアイズの弱いところ

デッキの大半が上級モンスターで、単体では機能しないことが多い。また、モンスターを効果で破壊する手段が少ないため、《アマゾネス女王》などの戦闘破壊されないモンスターには弱い。

ブルーアイズデッキの詳細はこちらから

沈黙魔導デッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

沈黙魔導デッキの強いところ

サーチ手段が優れており、毎回、同じ動きをすることができる。《ゲーテの魔導書》による汎用除去が非常に強力で苦手なデッキが少ない。《沈黙の魔術師サイレントマジシャン》の特殊召喚に成功すれば、毎ターン1度だけ、魔法を無効にすることもできる。

沈黙魔導デッキの弱いところ

《ゲーテの魔導書》《ヒュグロの魔導書》といった、主要カードは魔法使いモンスターがフィールド上に存在しなければ、発動することができない。また、《沈黙の魔術師サイレントマジシャン》を引くことができなければ、相手のライフを削るのに時間がかかってしまう。

沈黙魔導の詳細はこちらから

D-HEROデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

D-HEROデッキの強いところ

《マスク・チェンジ》からの《M・HERO 闇鬼》の特殊召喚により、速攻で勝負を決められるパワーが持ち味。

D-HEROデッキの弱いところ

《マスク・チェンジ》を引くことができなければ、下級モンスターの攻撃力が1600以下とステータスが物足りない。

D-HEROの詳細はこちらから

Aランクのデッキ紹介

ワイルドマンビートデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

ワイルドマンビートデッキの強いところ

罠カードを多く採用しているデッキに強く、イージーウィンが可能。また、一撃でゲームを終わらせるパワーがあるので初動が遅いデッキにも相性が良い。

ワイルドマンビートデッキの弱いところ

《猪突猛進》《エネミーコントローラー》などの魔法カードを多様するデッキには弱く、《人喰い虫》《スノーマンイーター》などのモンスター効果にも弱い。

ワイルドマンビートの詳細はこちらから

武神デッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

武神デッキの強いところ

初手に《武神-ヤマト》を引くことができれば、安定して戦うことができる。また、パワーカードの《同胞の絆》を採用することが可能。

武神デッキの弱いところ

《武神-ヤマト》の召喚、特殊召喚に成功しなければ動きが弱い。《バージェストマ・カナディア》「墓所封印」といった採用率の高いスキルで簡単に対策が取れてしまう。

武神の詳細はこちらから

バスターブレイダーデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

バスターブレイダーデッキの強いところ

ドラゴン族のメタデッキなので【ブルーアイズ】には相性が良い。《DNA改造手術》を引くことができれば、全てのモンスターをドラゴン族にすることができ、《竜破壊の剣士バスターブレイダー》での完封も可能に。

バスターブレイダーデッキの弱いところ

単体で動けるカードが少なく、初手に依存している。

バスターブレイダーの詳細はこちらから

蠱惑魔デッキ

蠱惑魔デッキの強いところ

「落とし穴」カードを手札から発動することができるだけでなく、相手の「落とし穴」カードの効果を受けない。

蠱惑魔デッキの弱いところ

「落とし穴」カードを引かなくては効果を発動することができず、単体で強く動けるカードがない。

蠱惑魔デッキの詳細はこちらから

芽吹き+ジャンクデッキ

芽吹き+ジャンクデッキの強いところ

《ジャンクシンクロン》1枚から《幻層の守護者アルマデス》などのレベル5シンクロが簡単にできる。今後のシンクロモンスター実装で更に強化が見込める有望株。

芽吹き+ジャンクデッキの弱いところ

《狡猾な落とし穴》《バージェストマ・カナディア》などの妨害札でシンクロが阻止されやすい。《霊滅術師カイクウ》などで《ダークヴァージャー》を除外されてしまうとシンクロができなくなってしまう。

芽吹き+ジャンクデッキの詳細はこちらから

空牙団デッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

空牙団デッキの強いところ

1ターンでモンスターの大量展開が可能。《空牙団の叡智ウィズ》による制圧力もある。

空牙団デッキの弱いところ

《空牙団の剣士ビート》を引くことができなければ、展開力が低く、罠カードでの妨害に弱い。フィールドが埋まってしまうと自分が動けなくなってしまう危険性がある。

空牙団の詳細はこちらから

UAデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

UAデッキの強いところ

《UAスタジアム》を引くことができれば、モンスターの供給が途切れず、モンスターを展開することができる。上級モンスターの攻撃力が軒並み高く、制圧力も兼ね備えている。

UAデッキの弱いところ

上級モンスターがデッキの大半を占めているので、リリースができない事故が起きやすい。

UAの詳細はこちらから

デュアルデッキ

ヴァンパイアスカージレットのカード

デュアルデッキの強いところ

スキルをバランスにすることで初期手札での事故がなくなり、《スーペルヴィス》《デュアルスパーク》でアドバンテージの確保が容易にできる。また、どのデッキに対しても幅広く戦える対応力を持っている。

デュアルデッキの弱いところ

複数のモンスターを展開することができないので、相手に溜め込まれて一気に巻き返されてしまう危険性がある。

デュアルの詳細はこちらから

レジェンド決闘者40攻略デッキまとめ

レジェンド40攻略

5D'sレジェンド40の攻略

GXレジェンド40の攻略

DMレジェンド40の攻略

デュエルリンクス最新情報

ネオスフュージョンジャックイベント

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶遊戯王デュエルリンクス公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキTierランキング | 環境まとめ
    最強デッキTierランキング | 環境まとめ
    1
  2. 六武衆デッキの評価|レシピと使い方を紹介
    六武衆デッキの評価|レシピと使い方を紹介
    2
  3. 「ネオス」デッキの評価レシピと使い方
    「ネオス」デッキの評価レシピと使い方
    3
  4. 『D-HERO』デッキのレシピ|評価と使い方を紹介
    『D-HERO』デッキのレシピ|評価と使い方を紹介
    4
  5. 古代の機械(アンティーク)デッキの評価|レシピと使い方を紹介
    古代の機械(アンティーク)デッキの評価|レシピと使い方を紹介
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなが最強だと思うデッキ

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(247件)
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中