ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -
ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -
ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -
ダンス&キラートリックで目指せトップダンサー!美少年ダンサー育成ゲーム!

ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! - の評価とアプリ情報

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
コナミ『ダンキラ!!!』配信日決定!
コナミ『ダンキラ!!!』色紙が当たるキャンペーン第2弾開催!
コナミ新作『ダンキラ!!!』Twitterキャンペーン開催!

ゲーム概要

ダンスキラートリックでオーディエンスからの投票数を競うダンスバトルゲーム
プレイヤーはコーチ科の生徒になり、ダンサーの育成やダンスバトルに励む。

ゲームはダンスバトル育成を繰り返していくもの。

ダンスバトルが始まると、手前にある4つのサークルノーツが流れてくる。
ノーツがサークルの重なったタイミングで、ノーツをタップしていこう。
ダンスバトルの進行度はタイムラインで確認可能だ。

ダンスバトルは、「CLAP!!!」の数(スコア)で勝者が決まる。
ダンス中、どちらのチームが優勢かは画面上部にあるメーターで確認できるぞ。

また、ダンスはオートモードも存在し、リズムゲームが苦手な人でも楽しめる仕組みになっている。

キラートリック

キラートリックは、ダンスバトル中に各チーム1度だけ発動できるアピール協力技
発動させるときは、画面下部でキラートリックを発動させたいダンサーパートナーを選択しよう。

発動タイミングは任意で選べるが、対戦相手のキラートリック発動中は発動できなくなるので注意が必要。
相手がキラートリックを発動しようとするときには「!」が画面中央に表示される。
「!」表示中は、自チームのキラートリックを発動して被せることが可能だ。

ダンサー

ダンサーには「Body」「Technique」「Spirit」3属性が振り分けられている。
ダンス中に属性ごとにボーナスタイムがあり、属性値が高いほど「CLAP!!!」を得ることができるぞ。

ダンスバトルに挑むチームは、所属チームに関係なく好きなダンサー3人で編成可能。
ダンサーはガチャで入手しよう。

育成

育成2種類存在。
トレーニングでは、アイテムを使用することで属性値を上げることができる。

ダンサーツリーでは、キラートリックウェア、ボイスを解放することが可能だ。
こちらもアイテムを使用するぞ。

楽曲

本作の楽曲は、全てオリジナル楽曲になっている。
難易度3種類から選ぶことができるぞ。

ストーリー

ストーリーではダンサーたちの物語を楽しむことができる。
ストーリーには解放条件が設定されているものもあるので、条件達成を目指そう。

舞台はダンキラマイスターを目指す若者たちの学び舎“名門・紅鶴学園中学高等学校”
学園に通う幾千の学生ダンサーから選ばれた “ゴールド生”たちは 時には競い、時には協力しながら日々ダンキラ技術を磨く。

コーチ科に通う“あなた”は、ダンキラや日常生活を通して 彼らを一人前のダンサーに育てあげることを目指し、彼らと共に歩んでいく。

このゲームの評価

◯ここがGOOD!

  • カッコ良く魅力的なダンサーが多く、ストーリーも重厚なので、ハマる人が多そう
  • ダンサーの動きがキレキレで、見ているだけでもテンションが上がる。

×ここがBAD・・・

  • ストーリーが特定のチームから始まるので、好きなチームによってはストーリーを見るまでに時間がかかることも。

紹介動画

ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! - をプレイしたユーザーのレビュー。

  • t2

    美少年ダンサー育成ゲームということで、女性向けゲームかなーと思いきや男性でもハマる内容になっています。

    ダンスのクオリティはもちろんですが、ストーリーの作り込みが半端じゃないです。普通にアニメレベル…。
    声優陣も豪華なので声優ファンにもウケそう。

    楽曲がオリジナル曲だけなのが少し残念ですが、それはそれで世界観を大事にしていていいのかなーとも思う。
    サービス続かないだろって声も聞きますが、ゲームのクオリティは高いので個人的には結構大きくなるタイトルかなと感じています。

  • しょぼんぬ

    【良い点】
    ・フルボイス
    ・思ってたより動く3Dキャラ
    ・豊富なジャンルの楽曲
    ・易しめのリズムゲーム

    【悪い点】
    ・リズムゲームの難易度が3種類のみ
    ・3Dモデルのデザインが割と雑
    ・UIもろもろ地味に不便
    ・(仕方ない部分ではあるが)少ない楽曲数
    ・DLが重い


    最初に言っておくが、これを「リズムゲーム」としてやると面食らう。

    難易度は3つだけで、どれも後ろに流れるダンスをガン見してクリアできる難易度設定。
    デ*ステのような2D表示、背景の明るさ・ノーツの色…などの設定変更は無い。最低限の設定のみだ。

    そして「対戦相手のキラートリック(以下キラトリ)を防ぐために、こちらのキラトリを被せて発動する」というのがあるのだが…

    このキラトリ、リズムゲームを一時的に中断しないと行えない。
    そしてそのデフォルト設定が「オーバーヘッド(交互にとび箱)*」なので非常にシュールだ。あと地味に長い。
    *育成状況やらキャラの絆やらで変わる。

    まあ難易度がアレなので構わないのだが…一応リズムゲームとして出しているのに、というモヤモヤが残る。

    他にもカード強化でツリー解放するたびにポップアップが出たり、マイペの3Dモデルが棒立ちだったり、イマイチ操作しにくいUIだったり…不満は尽きない。
    (マイペはLive2Dの方が動いてるレベル)

    とはいえ…今後の展開次第では何とかなるところではあるため、甘めに☆3としておく。
    ストーリーに関してはスキップしているため他の方にレビューを任せる。

会社 KONAMI
ジャンル 音ゲー
ゲーム
システム
リズムアドベンチャー
タグ
リリース
iPhone:2019年05月21日
Android:2019年05月21日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す